源ノ義朝の家臣団と軍団、源ノ義平の軍団、源ノ範頼の軍団のページです。

 源ノ義平 肖像のつもり。

  ホームTOP   源氏の系譜・源義家   源ノ頼朝の家臣団と年表    平安期 奥州 藤原氏TOP 

  平安期 桓武平氏の系譜TOP  平安期 平ノ清盛 年表と家人TOP

源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団 

<清和源氏> 源ノ義朝の家臣団、源ノ義平の軍団、源ノ範頼の軍団 清和天皇、貞純親王の子孫。

源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団 

 源ノ義経の軍団

  (源氏骨肉の争い その2)

 源ノ義朝の家臣団

源ノ義朝 (11231160)鎌倉・(首藤)・左典厩・下野守。河内源氏。源ノ為義の長男。関東の鎌倉亀谷で育ち、鎌田(首藤)通清に養育される。政略婚、大江広元の娘、三浦義明の娘、藤原季範の娘、波多野義通の娘と婚姻。三浦義澄・波多野義通は義兄弟。東海道にかけて勢力を持つ。成人して父親・為義や弟達(義賢・為朝)と、源氏の棟梁の座を争う。1153年従五位上・下野守に任官。1156年「保元の乱」に後白河法皇に味方し父と弟を討ち、1159年「平治の乱」に平ノ清盛に敗れる。尾張にて郎党の長田忠致(知多半島の豪族)に謀殺される。

 

   源ノ頼朝の家臣団と年表

 <義朝血縁衆(義朝の息子達)> 

1156年〜1159年に一手の将。 *義朝本人と縁の深い御由緒家(譜代郎党)

⇔↓源ノ義平 11411160)鎌倉・(三浦)・悪源太・義衡。母は三浦義明の娘。源ノ義朝の長男。新田義重の婿となる。母の出自から源ノ頼朝が嫡流とされるという。15歳で関東に進出しようとする叔父の源ノ義賢を討つ。武名の誉れ高い。「平治の乱:1159年」で敗れ飛騨に逃走。再び京に戻り、平ノ清盛の暗殺を計画するが捕縛される。

  飛騨国要所図。

源ノ朝長 (1143〜1159)(波多野)・「松田冠者」・中宮大夫進。母は波多野遠義の娘。源ノ義朝の息(次男)。弟に頼朝。叔父・波多野義通の後見。相模国松田郷の豪族。「平治(1159)の乱」で負傷し美濃国で自害。16歳。

▽大谷忠太 (*)朝長の守役。六条河原に晒し者にされた朝長の首を盗み、遠江国豊田郡友永(朝長?)村に埋葬。

源ノ頼朝 (1147〜1199)征夷大将軍。母は藤原季範の娘。源ノ義朝の三男。

八田知家 (*)源ノ・(宇都宮・小田)・四郎・右衛門尉・筑後守・朝家。下野国の有力豪族、宇都宮氏の一門、宇都宮(八田)宗綱の息。兄に宇都宮朝綱。実父は源ノ義朝、母は宇都宮朝綱の娘で、外曽祖父の宗綱が養子として迎え養育したともいう。横山党・中条(出羽守)家長を娘婿とする。1180年の頼朝挙兵以来従う。1183年「野木宮の合戦」では小山朝政、下河辺等の小山一族と、志田義広を撃破する。1184年、中国攻め範頼軍。奥州征伐東海道軍両大将。常陸守護職。1191年には北陸道管領職。「承久の乱」では執権・北条義時を補佐し鎌倉に留まる。

 

  この頁のTOP ホームTOP

<八幡太郎・義家流一門衆>

 *先々代(頼義・義家)からの御由緒家(譜代郎党) *義朝本人と縁の深い御由緒家(譜代郎党)

源ノ義隆 (*〜1160)陸奥・六郎。源ノ義家の末子。源氏の長老。「平治(1159)の乱」乱後、東国に逃れる際に討死。

 

志田義広 (*〜1184)信太・志太・三郎・信濃守・義憲・義弘・義範。義朝・義賢の弟、源ノ義朝の弟で養子。常陸国志太荘に土着する。「平治(1159)の乱」に関東留守居。1180年頼朝軍に参軍するが、1181年頼朝に叛意。常陸国で源ノ義範・八田知家・小山朝政・小山宗政と激突。1183年、足利忠綱、小山朝政とともに反頼朝の挙兵。木曾義仲に合流する。1184年逃亡先の伊勢国にて波多野盛通、大井実春に討たれる。

 

  この頁のTOP ホームTOP

 <源氏氏族一門衆> 義朝昵懇の他流源氏。 *義朝本人と縁の深い御由緒家(譜代郎党)

平賀義信 (1143〜1207)源ノ・大内・四郎・武蔵守・義宣。義光流信濃源氏一門。佐久郡平賀郷を領する。義光流の平賀(大内)盛義の息。義光の孫。義朝の従兄弟。源ノ義宗の養子。源ノ義朝からの累代家人。一門衆筆頭。「平治(1159)の乱」に参戦。平治の乱に敗戦後、義朝とともに都落ち。1180年頼朝が挙兵すると直ちに参じた。1184年(元暦元)年に頼朝の推薦で後白河院から武蔵守を拝領。1189(文治5)年の「奥州征伐」に従軍。1194年頼朝主催の北条泰時元服式に列席。<信濃に進出した源ノ義賢との関係は定かではありません。><八島重成とともに源ノ義朝の信頼の厚い武士のようです。>

 

八島重実 (*)八島冠者・佐渡源太。源ノ満政流、八島重宗の息。美濃源氏。多田満仲の曾孫。美濃国八島を領する。句当大夫・宗成の娘婿。鳥羽院西院の武士。「鳥羽四天王」のひとり。1079年源ノ国房と合戦。1109年源ノ義忠暗殺の疑惑で捕縛される。「保元(1156)の乱」に活躍。息に重貞、重成、重遠。<近江・美濃・尾張に勢力を持つ豪族のようです。山田・安食氏の祖。>

平ノ重遠 (*1100〜*)源ノ・浦野・四郎・前出羽守・信濃守。近江の豪族。源ノ(八島)重実の息。源氏累代の家人。源ノ義家の娘婿。1185年京都に乱入した木曾義仲軍の不法を頼朝に訴える。息に重直、重弘、重房。<頼朝に挨拶に訪れた時に85歳頃といいますから、年齢的に重実本人なのかもしれませんね。><平家の姓となっているのは清盛に従ったということなのでしょうか。>

八島重成 (1140〜1159)佐渡式部大夫・大炊助・兵部少丞・式部丞・近江守。源ノ満政流。美濃源氏。近江国に本拠を移す。重実の三男(嫡子とも)。「保元(1156)の乱」に70余騎を率い活躍。「平治(1159)の乱」に従軍。平治の乱に敗戦後、義朝とともに都落ち。美濃国青墓宿にて義朝の影武者(身代わり)となり戦死。29歳。<平賀義宣とともに源ノ義朝の信頼の厚い武士のようです。年齢的には義平と同世代です。>

 

新田義重 (1135〜1202)太郎・冠者・大炊助・左衛門尉。上野国の豪族、上野寺尾城城主。源ノ義国の息。娘婿に源ノ義平。頼朝の兄・源ノ義平と親しい。母は藤原敦基の娘。上野に進出し猛威を振るう源ノ義賢・秩父家に対抗し、義朝勢力と結ぶ。1157年藤原忠雅に領地を寄進する。平氏政権下で京都大番役。1180年「以仁王」の挙兵に鎮圧に出動し先陣。頼朝の挙兵には中立。形勢をみて鎌倉に遅参したため頼朝に冷遇される。68歳。<娘婿・源ノ義平が討たれてしまってからは、平家に忠節を尽くさないと立場がなかったのでしょう。>

 

源ノ頼清 (*)山県。相模の豪族。田所目代。1144年義朝の命で相模大庭領を襲撃する。義朝の名代・清原安行とともに大庭景宗館を襲撃。<義朝とは同格、または同盟者の関係のようです?源ノ国政が山県姓、息に山県頼清。美濃源氏です。><頼朝配下、義経与力の田代冠者・源ノ信綱に血がつながるか?。>

 

  この頁のTOP ホームTOP

源ノ義朝の家臣団◆*義朝本人と縁の深い御由緒家(譜代郎党)*先々代(頼義・義家)からの御由緒家(譜代郎党)

(源氏譜代家老衆) 源ノ義平の与力衆

<義朝一門、親族衆> 婚姻関係のある武家。

*▲熱田季範 (1090〜1155)熱田大宮司・藤原・尾張・額田冠者。熱田大宮司社家。尾張の豪族。尾張員職の息。源ノ義朝・足利義康は娘婿。源ノ頼朝・足利義兼は甥。子息に範忠。<のちに熱田社家の千秋家に。><伊勢の名張は「なばり」よ読みますし、尾張氏も元々は「おわり」という縁起的に嫌われる名ではなく、「おばり」とか、動物の「尻尾」に関しての名だったのでは。九州では緒方(尾形)氏とかありますし(またの名、大神から「狼」または三輪大神の系統でしょうか)、神道的呪術的な古代名だったのでしょう。>

⇔藤原範忠 (*)熱田・(尾張)・式部丞。熱田大宮司神職。藤原(尾張)季範の息。母は美濃の豪族・源ノ(平野)行遠の娘。義朝の義兄弟。娘婿に足利義康。1156年「保元の乱」に義朝に援軍を送る。後白河上皇の近臣。後白河院「北面の武士」。義朝の5男・希義を捕縛し平家にわたす。1161年二条天皇呪詛事件に関係し周防に配流される。1178年平ノ時子の縁で孫・忠兼が熱田大宮司職。<最初は義朝派、のち平氏方に転じる。><この頃に千秋氏(のち信長家臣)、星野氏が派生するようです。>

⇔藤原範雅 (*)熱田・(尾張)。熱田大宮司神職。藤原(尾張)季範の息。義朝の義兄弟。熱田大宮司職を継承するが、父の死後に兄・範忠により没収される。1161年兄の失脚により大宮司復帰。1181年忠兼の失脚で再び大宮司。<義朝の遺児の蒲冠者・源ノ範頼を匿うことができたのは、この方の力があってこそだったんじゃないのでしょうか。>

⇔藤原長暹 (*)熱田・(尾張)。藤原季範の息。義朝の義兄弟。<熱田藤原氏、野田御所の藤原氏、渥美の兵藤藤原氏、皆、藤原南家繋がりなのでしょうか。在地の豪族と婚姻関係を結んでいったのでしょうね。>

⇔藤原祐範 (*)熱田・(尾張)。藤原季範の息。義朝の義兄弟。伊豆に配流される頼朝に従者を付属し送る。<平家勝利後も親源氏。>

 

 

首藤能通 (*)藤原・(山内)・刑部丞・義通。藤原秀郷流。源ノ義朝の家人。1156年「保元の乱」に従軍。息に俊通(1160年没)。孫に俊綱(1160年没)。

首藤俊通 (*〜1159)山内・首藤・須藤・刑部丞。藤原秀郷流。相模の豪族。源氏累代の家人・首藤資通の子孫。頼清(親清)の息子の義通の息。相模国山内領主。幼少に安倍貞任・宗任の征伐に加わる。妻は源ノ義朝の三男・頼朝の乳母となる。悪源太義平に従い「保元・平治の乱」で活躍するが四条河原で討死。義平17騎のひとりとして武名を残す。<鎌田家と縁戚。鎮西八郎・為朝の側近に須藤兄弟あり、どちらが本家なのか不明です。>

首藤俊綱 (*〜1159)山内・首藤・須藤・滝口。藤原秀郷流。相模国山内領主。首藤俊通の息。「保元(1156)の乱」に活躍。悪源太義平に従い「平治(1159)の乱」に去就を定めない源ノ頼政陣に乱入、流矢(下河辺行義の矢)で深手を負い味方の斎藤実盛に介錯される。弟・経俊は1180年頼朝の挙兵に平家方。<鎌田家と縁戚。><滝口武者として独立した動きも見せる山内家です。>

 

三浦義明 (*〜1180)平ノ・村岡・三浦介・吉明。相模の豪族。三浦庄司・義継(義次)の息。妻は秩父重綱の娘。娘婿に源ノ義朝。娘婿に波多野義通の弟・大友経家、畠山重能、金田頼次。親戚に安西氏。<つながりを深めるための源氏・三浦・波多野の重婚。鎌倉・梶原・大庭氏と同祖。>

三浦義澄 (1127〜1200)平ノ・矢部・荒次郎・三浦介。三浦義明の次男。姉妹が源ノ義朝の妻(義平を出産)。義朝の長男の悪源太・義平は甥。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。<子孫は扇谷上杉氏に吸収されます。>

 

波多野遠義 (*)藤原・秦野・筑後権守。藤原秀郷流。相模の豪族、波多野秀遠の息。義通の父、源ノ義朝は娘婿。<つながりを深めるための源氏・三浦・波多野の重婚。>

波多野義通 (*)秦野延景・藤原・次郎・小次郎・義通。藤原秀郷流。弟に河村秀高、大友経家。姉妹が義朝の妻で、その息子・源ノ朝長(義朝次男)は「平治の乱」で討死。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。相模国波多野荘の領主。子息に波多野義常。

《個人的感想》

 室町・戦国時代、「応仁の乱」に三河の東軍細川党として波多野全慶(時政)あり。

尾張国には、波多野氏と同じ家紋の丹羽五郎左衛門・長秀あり。

幕府直参の京都松田氏、相模国国人の松田氏、丹波の波多野氏、尾張の丹羽氏、関連が気になるところです。

 皆、藤原秀郷の子孫なのでしょうか。

(丹後松田氏の系譜が坂東平家の分流にあたる家系図が残されているそうなのですが(写本という事で)。波多野氏が平安時代末に平清盛に従い頼朝の挙兵に駆け付けなかったこと、鎌倉時代北条家(坂東平氏)全盛期に生き残ったこと、室町時代政所の伊勢(平家)氏に近いことから、系譜として平家に寄せるということもあったのではないでしょうか。何が確かなのかはよくわかりません。これから先は子孫の気持ち次第であるということで)

 

  この頁のTOP ホームTOP  源ノ頼朝の家臣団と年表

 <義朝御由緒家・側近衆> 婚姻関係と、頼信からの累代の家人。<義朝と同じ1120年代生まれが主体。>

鎌田正清 (1123〜1160)藤原・次郎・左兵衛尉・政家・正家・政清。相模国人。藤原秀郷流。源氏累代の家人・首藤資通の子孫、道清(通清)の次男。母が義朝の乳母。義朝と乳兄弟。1156年父・通清は源氏の棟梁・為義に従う。保元(1156)・平治(1159)の乱を義朝とともに戦う。義平17騎のひとりとして武名を残す。舅・長田忠致(知多半島の豪族)を頼るが、義朝と共に討たれる。子息・盛政と光政は源ノ義経に臣従する。養子に政治(義朝の庶子)。<山内首藤家と親戚。>

渋谷重家 (*)河崎基家・平・三大夫・平三・土佐守。相模の豪族。秩父武綱の息。源ノ義朝の「後三年の役」に従軍。堀川天皇に出仕し「渋谷」姓。息に重国、金王丸(土佐房昌俊・常光)。

渋谷常光 (1141〜1185)平ノ・秩父・河島(河崎)・金王丸・土佐房昌俊・。相模の豪族。平三大夫(土佐守)重家の息。渋谷重国の弟。源ノ義朝の小姓。尾張にて長田忠致の家人二人を切り倒し、忠致を追う。上洛し常盤に義朝の最後を伝え出家。<のちの土佐坊昌俊とも。>

清原安行 (*)清ノ・大夫・散位。義朝腹心の側近。1144年義朝の命で、義朝の御名代として軍勢を率い相模大庭領を襲撃する。源ノ頼清とともに大庭景宗館を襲撃。

字ノ* (*)新藤太。義朝の郎党。1144年義朝の命で相模大庭領を襲撃する。

中村宗平 (*)三浦・庄司。相模の豪族。義朝の郎党。1144年義朝の命で相模大庭領を襲撃する。弟(息とも)に土屋宗遠。子息に中村重平、土肥実平。娘婿に岡崎義実。<山辺頼尊の息・経遠(恒遠)→常宗へ繋がる系譜。>

和田助弘 (*)太郎。義朝の郎党。相模の豪族。1144年義朝の命で相模大庭領を襲撃する。<のちの三浦義明の息、杉本太郎・義宗の系統と関係あり?。>

後藤実基 (*)藤原・兵衛。藤原実遠(実信)の息。畿内の武者。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年源ノ頼朝の挙兵に、養子の後藤基清とともに従う。源ノ義経の帷幕にあり、那須与一を推挙する。1185年無許可で任官し頼朝から叱責。

大庭景義 (1128〜1210)平ノ・村岡・懐島権守・平太・太郎・景能。相模の豪族、大庭景宗の息。鎌倉景正の末孫。「保元(1156)の乱」に活躍。源ノ為朝の弓で負傷。後遺症で歩行困難となり家督を弟・大庭景親に譲る。娘婿に松田義常。<大庭・梶原氏は同族で、源氏を支える一族。><1144年義朝が大庭景宗と抗争していることから、大庭家では源氏(義朝系統)に対して良い印象を持っていなかったかもです。>

源ノ経国 (*〜1156)河内源太・河内御曹司・河内経国。祖母は平ノ正盛の息女。源ノ義忠の息。平ノ忠盛に養育される。のち叔父・源ノ義国に従い関東に下向。のち源ノ義朝を補佐。息(養子とも)に稲沢盛経。<源氏の嫡流家で。平ノ正盛の婿だった総領・源ノ義忠の子孫が、河内判官と代々尊称されていたらしいです。歴史から抹消された源氏嫡流でしょうか。>

 

 源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団 

 源ノ義朝の軍団   源ノ頼朝の家臣団と年表

《東海道軍団》 *義朝本人と縁の深い御由緒家(譜代郎党) 

*先々代(頼義・義家)からの御由緒家(譜代郎党) *源ノ義平の与力衆

<尾張国先方衆>

熱田範忠 (*)藤原範忠・熱田大宮司。尾張の豪族。季範の長男。源ノ義朝は姉妹の婿、義兄弟。1155年家督相続。弟・範雅と家督争い。「保元の乱」には源ノ義朝に協力。1159年「平治の乱」に義朝の息(5男)希義を捕縛。平家に接近する。1161年に失脚。足利義康は娘婿、息に足利義兼。

長田忠致 (*〜1185*)尾張国野間内海荘の領主。鎌田正清の舅。「平治(1159)の乱」後に義朝と正清を騙し討ちする。頼朝挙兵に従うがのち誅殺される。<信長様の初陣での戦った相手が今川方に離反した長田氏。><信長様の息子・織田(三好)信孝が美濃国主となったとき、長田氏を羽柴秀吉に例えた。>

長田景致 (*〜1185*)尾張の豪族。長田忠致の息子。鎌田正清を討ち取る。主殺しを遂行したため、かえって平ノ清盛に冷遇されるという。<長田氏は南北朝期は南朝方について大河内家と縁戚。津島社神官の大橋家と縁戚。>

<三河国先方衆>

富永親兼 (*)志多良・設楽・兵藤三。設楽大夫・富永資兼の息。三河の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。<のちの足利尊氏の家臣として設楽(富永)氏あり。六郎大夫、孫に資時、資隆。徳川家康が親戚の富永氏を滅ぼしたことで江戸300年の時代に改竄がひどいようです。>

▽富永俊実 (*)六郎大夫。三河の豪族。息子達は頼朝に出仕し「奥州征伐」に軍功。息に資時、資隆。<兵藤三と六郎大夫は別人で親子では?。>

足助重秀 (*)源ノ・(浦野)・冠者。美濃源氏分流。三河加茂郡足助庄の豪族。息に足助重成。<1221年「承久の乱」に上皇方。のちの足利尊氏の家臣として足助氏あり。勤皇の足助一族です。>

中條義勝 (*)横山・中条義勝房法橋・成尋。成田(小野)成綱の弟・成尋。「保元(1156)の乱」に従軍。甥の盛綱とともに武蔵国北埼玉郡中条保に住す。息に中条家長、(刈田)義季、家広。<武蔵の(横山党)中条家とは別系か。室町初期に足利尊氏の家臣として活躍し、尾張守護となった中条秀長の先祖か。>

重原* (*)兵衛。三河の重原庄領主。「平治(1159)の乱」に活躍。<三河重原庄の領主は知立神社神官の山岡氏。>

<遠江国先方衆>

横地* (*)遠江の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。

勝俣* (*)勝間田・勝田。東遠江の勝田荘の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。

井ノ* (*)八郎。遠江の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。<戦国時代の井伊家の先祖?>

<駿河国先方衆>

入江* (*)藤原・右馬允・左馬允。駿河の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。<狩野氏と同族。><のち駿河国の子孫は足利直義を救う。>

高階* (*)藁科・十郎。駿河の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。<足利尊氏の執事・高ノ師直は高階氏で、先祖が源ノ義家の頃からの源氏累代の家人としている事から、関係人物か。>

息津* (*)興津・四郎。駿河の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。<戦国時代の今川家臣、興津氏の先祖?>

神原* (*)蒲原・五郎。駿河の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。<源ノ頼朝に出仕した蒲原弥五郎は子孫か。><南北町時代に今川家に吸収されるか。>

 

  この頁のTOP ホームTOP

 《関東軍団》

<伊豆国先方衆>

狩野親光 (*)工藤・四郎・藤四郎。伊豆の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。のち伊勢加藤氏の伊豆進出を後援する。

狩野親成 (*)工藤・五郎・藤五郎。伊豆の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。

<相模国先方衆>

*⇔大庭景親 (*〜1184)三郎。大庭景忠の息、景能(景義)の弟。義朝の家人として「保元(1156)の乱」に活躍。のち平氏に従い、相模守護職。平氏の威勢を背景に兄、豊田(大庭)次郎・景俊を圧迫。1180年「以仁王の挙兵」の鎮圧に活躍。のち関東に下り、伊豆での「頼朝挙兵」にも鎮圧に出動する。<大庭・梶原氏の祖で源氏を支える一族。>

海老名季貞 (*〜1180)源八・季定。相模国の豪族、海老名基兼の息。源ノ有兼に養育される。横山党。「保元(1156)の乱」では源ノ義朝に従う。1180年頼朝挙兵に平家方として出動。のち頼朝により誅殺される。<子孫は鎌倉時代に足利家内衆となるか。>

荻野忠義 (*)四郎。横山党。海老名一門。「保元(1156)の乱」に活躍。<海老名季貞の息を養子に迎えるようです。>

 

 源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団      この頁のTOP ホームTOP

 <武蔵国先方衆> 武蔵七党=横山西(野)村山児玉丹(治)猪俣野与私市

(秩父党)

豊島康家 (*)平ノ・四郎。桓武平氏秩父氏。豊島常家(源ノ頼俊の家人)の息。「前九年」に活躍した豊島武常の孫。「保元(1156)の乱」に活躍。為朝配下の須藤九郎の弓で負傷。息・清光(清元)は頼朝の「鎌倉入り」に軍功を揚げる。娘婿に武蔵豪族・足立遠元。<父・常家は奥州に従軍し、津軽地方を平定。><子息の清光は三郎なので、四郎は父の康家を指すものかと・・。>

*足立遠元 (*)右馬允。武蔵の豪族。豊島康家の娘婿。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年頼朝の挙兵に参陣。

河越重頼 (*1152〜1185)太郎。秩父党平氏。武蔵国高家。秩父重綱の次男か(諸説あり)。1155年源ノ義賢に従った祖父・河越(秩父)重隆は悪源太・義平に討伐され、秩父党惣領の跡職を継承する。「保元の乱」に活躍。のちに源ノ義経を娘婿に迎える。<重隆の跡は河越能隆が継承し、能隆は河越重頼・小林重弘・師岡重経の父という説もあり。>

師岡重経 (*)河越・師岳・兵衛尉・重保。秩父党平氏。武蔵国高家。秩父重綱の息。河越重頼の弟。「保元(1156)の乱」に活躍。1189年「奥州征伐」に軍功。

(横山・小野・中条党)

中條有家 (*)藤原・新五。武蔵の豪族。横山党。中条(武蔵判官)常光の息。「保元(1156)の乱」に活躍。息(養子?)に中条家長。<三河の中条家とは別系か。八田知家の婿となった横山党・中条家長が養子として次々と一門の領地を相続し武蔵の有力者となるか?>

中條家資 (*)藤原・新六。武蔵の豪族。横山党。中条(武蔵判官)常光の息。「保元(1156)の乱」に活躍。息に盛綱。<三河の中条家とは別系か。「承久の乱」に小野盛綱が京都方として失脚し、中条家長がその跡職を継承するという。>

小野成綱 (*)横山・成田・太郎。資孝の孫。横山義孝の曽孫。北埼玉郡成田の豪族。野三大夫・成任の息。1156年「保元の乱」に義朝に従い軍功。弟に中条成尋(義勝)。息に義成、盛綱。

*平山季重 (*)武者所。武蔵の豪族。横山党。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年頼朝の挙兵に参陣。

相原* (*)平山・藍原・粟飯原。武蔵の豪族。横山党。「保元(1156)の乱」に活躍。<千葉家に吸収されるか。>

横山広保 (*)由木・室伏・悪次・悪次郎・六郎。武蔵の横山党。由木保経の息。「保元(1156)の乱」に活躍。<室伏氏の始祖。>

横山時遠 (*)粟飯原・藍原・相原・悪五・五郎。横山党。相原孝遠の息。「保元(1156)の乱」に活躍。弟に野部(矢部)義兼。<南北朝期に活躍する千葉氏流の粟飯原氏もある。鎌倉期は横山党相原氏が北条家御内人として隆盛。>

(成田党)

成田助広 (*)太郎・助弘・資広。武蔵国の豪族。成田助高の息。「保元(1156)の乱」に活躍。息・助綱は頼朝に従う。<戦国時代、成田氏の先祖。>

稲田* (*)成田・次郎。武蔵国の豪族。成田一門。「保元(1156)の乱」に活躍。<姓・箱田?>

河上* (*)成田・太郎・三郎。武蔵国の豪族。成田一門。「保元(1156)の乱」に活躍。

別府行隆 (*)成田・次郎・二郎。武蔵国の豪族。成田助高の息(次男)。大里郡別府領主。「保元(1156)の乱」に活躍。息に義行、行助。

奈良高長 (*)成田・三郎。武蔵国の豪族。成田助高の息(三男)。「保元(1156)の乱」に活躍。

玉井助実 (*)成田・四郎。武蔵国の豪族。成田助高の息(四男)。「保元(1156)の乱」に活躍。

(長井党)

*斎藤実盛 (*〜1183)藤原・長井・斎藤別当。武蔵国長井荘の領主。藤原利仁流。木曾義仲2歳で孤児になるのを不憫に思い、中原兼遠に義仲を預ける。「保元・平治の乱」に活躍するが義朝没後は、平宗盛に仕える。義平17騎のひとりとして武名を残す。のち挙兵した木曾義仲軍に討たれる。<もともと源ノ義賢の郎党か。>

斎藤実員 (*)藤原・長井・三郎・実俊。藤原利仁流。斎藤実盛の弟。「保元(1156)の乱」に活躍。<もともと源ノ義賢の郎党か。><越前の平泉寺の神官にも斎藤氏あり。一門のようです。>

(猪俣党)

*岡部忠澄 (*)猪俣・六弥太。猪俣党。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年相模三浦党を攻撃。1180年頼朝の挙兵には遅れて臣従。「一ノ谷の合戦」に平ノ忠度を討つ。

*猪俣範綱 (*)小平六。武蔵七党・猪俣党のひとり。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。平家方の平盛俊と組討ち勝利する。

(村山党)

*金子家忠 (*)村山・十郎。武蔵七党・村山党のひとり。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年頼朝の挙兵には遅れて臣従。

金子親範 (*)村山・与一。武蔵七党・村山党のひとり。

山口家俊 (*)村山・六郎。武蔵の入間の豪族。村山党。山口家継の息。「保元(1156)の乱」に活躍。

仙波家信 (*)村山・七郎・十郎。武蔵の入間の豪族。村山党。山口家継の息。家俊の弟。「保元(1156)の乱」に活躍。息に信平。

(児玉党)

秩父行成 (*)平。武蔵の豪族。児玉党。「保元の乱」に活躍。<未確定、調査中。もともと源ノ義賢の郎党か。>

児玉* (*)庄ノ太郎・庄太郎・城太郎。児玉党。「保元(1156)の乱」に活躍。<義経に従い「一ノ谷の合戦」に庄氏は活躍。>

児玉* (*)庄ノ次郎・荘次郎。児玉党。「保元(1156)の乱」に活躍。

(私市党)

*熊谷直実 1141〜1208)次郎。武蔵の豪族。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年頼朝の挙兵には遅れて臣従。

久下直光 (*)権守。武蔵私市党。「保元(1156)の乱」に活躍。1180年源ノ頼朝に従う。のち梶原景時の腹心となる。熊谷直実との関係が悪化。息に重光。

 

  斎藤実盛の肖像のつもり

源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団 

<上総国先方国>

上総常澄 (*)平・千葉。1145年義朝と同盟。相模御厨をめぐり下総の千葉常胤と抗争する。

*上総広常 (*〜1183)平・千葉・介ノ八郎。上総常澄の八男。1156年「保元の乱」に活躍。1159年「平治の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年平家方の上総介、兄・印東常茂を討ち、頼朝軍に合流する。

<下総国先方国>

千葉常胤 (1118〜1201)平・村岡・千葉介。下総の豪族、下総介・常重の息。秩父重弘の娘婿。1135年家督相続。1145年源ノ義朝に相馬御御厨を奪取される。1156年「保元の乱」に活躍。<分家に三浦、大庭、梶原氏。>

相馬師国 (*)四郎。千葉一族。千葉師常を婿養子に迎える。<千葉家に吸収されるか。>

相馬師常 (1139〜1205)小次郎・二郎・次郎・師胤。千葉常胤の次男。母は秩父重弘の娘。下総国千葉の豪族、相馬師国の婿養子、相馬郡を領して姓とする。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。1189年「奥州征伐」の軍功から陸奥国行方郡地頭職。

<下野国先方国>

足利俊綱 (*〜1183)藤原・太郎。下野国の豪族、足利家綱の息。「保元(1156)の乱」に活躍。のち平ノ重盛と主従関係を結ぶ。小山氏との抗争から源ノ頼朝に従わず、志田義広に加勢する。<のち平家の坂東の有力家人となる。>

<常陸国先方国>

中宮* (*)三郎。「保元(1156)の乱」に活躍。

*関ノ時員 (*)平・次郎・俊平。常陸の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。

<安房国先方衆>

安西景益 (*)三浦・駿河・三郎。安房国の土豪。三浦氏分家、安西為景(駿河八郎)の子孫。三浦義澄の娘婿。源ノ頼朝と幼少時の友人。「保元(1156)の乱」に活躍。1180年頼朝の挙兵後に安房で出迎える。1184年源ノ範頼の軍で西国遠征。1195年頼朝の上洛に従軍する。

金余* (*)金丸。「保元(1156)の乱」に活躍。<室町期、越後上杉家の雑掌、神余氏と関係有り?>

沼ノ* (*)平太。「保元(1156)の乱」に活躍。<室町期、和泉国の豪族に沼氏。水軍系の姓か。>

丸ノ* (*)太郎。「保元(1156)の乱」に活躍。為朝配下の鬼田興三の弓で負傷。<信濃、相模の丸子氏と関連ありか。>

 

 源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団      この頁のTOP ホームTOP

 《中仙道軍団》

<甲斐国先方衆>

監見* (*〜1156)塩海・五郎。「保元(1156)の乱」に活躍。鎮西八郎為朝の矢に倒れる。

監見* (*)塩海・六郎。「保元(1156)の乱」に活躍。

井澤信景 (*)伊沢・四郎。「平治(1159)の乱」に活躍。<甲斐源氏代表?1180年代甲斐衆に伊沢信光。頼朝に石和(伊沢)氏が厚遇され甲斐守護となるのはこの先祖の縁によるものか。>

<上野国先方衆>

瀬下* (*)太郎。「保元(1156)の乱」に活躍。

物射* (*)五郎。「保元(1156)の乱」に活躍。

岡本* (*)介。「保元(1156)の乱」に活躍。

名波* (*)太郎。「保元(1156)の乱」に活躍。

深巣清国 (*〜1156)七郎。「保元(1156)の乱」に源ノ為朝の強弓から義朝を庇い討死。

大胡* (*)上野の豪族。当初、義朝の弟・源ノ義賢に従う。「平治(1159)の乱」に活躍。<もと源ノ義賢の家人。>

大室* (*)上野の豪族。「平治(1159)の乱」に活躍。<もともと源ノ義賢の郎党か。>

大類* (*)秩父・児玉・太郎。上野の豪族。「平治(1159)の乱」に活躍。<秩父(児玉)行重→行弘→行綱の次男・行義が大類氏を称すとされますが、大類太郎は年代的に行義の一世代前のようです。>

<信濃国先方衆>

海野* (*)宇野・太郎。信濃武士団・滋野党の頭領。「保元(1156)の乱」に活躍。<木曽義仲の四天王・根井氏と同族。中原兼遠の兄は海野家の養子となり海野幸親と称する。真田の先祖。>

望月* (*)三郎。「保元(1156)の乱」に活躍。<木曽義仲の四天王・根井氏と同族。戦国時代、武田家が継承。>

諏訪* (*)「保元(1156)の乱」に活躍。<木曽義仲に従った手塚・金刺氏と同族。戦国時代、武田家が継承。>

木曾* (*)中太。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍。<木曽義仲の養父となる中原家の一族か。>

木曾* (*)弥中太。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍。<木曽義仲の養父となる中原家の一族か。>

根井行親 (*)木曽・大弥太・小弥太。「保元(1156)の乱」に活躍。信濃佐久郡の豪族。上皇方の鎮西八郎・為朝の守備する白河御所西門を襲撃するが、矢で胸板を射られ負傷し退却する。のちの木曽義仲四天王のひとり。

*片桐景重 (*)小八郎・大夫。信濃の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。

蒔ノ* (*)牧。「保元(1156)の乱」に活躍。<尾張、斯波一門の牧と関連有り?家康家臣、牧野と関連有り?>

桑原* (*)「保元(1156)の乱」に活躍。<戦国時代、美濃国人・氏家卜全の姓・桑原氏と関連有り?。>

安藤* (*)次郎。「保元(1156)の乱」に活躍。<戦国時代、美濃国人・安藤氏は関連有り?>

安藤* (*)三郎。「保元(1156)の乱」に活躍。<戦国時代、美濃国人・安藤氏は関連有り?>

 

 源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団 

 <美濃国先方衆>

 

源ノ行遠 (*〜*1159)平野・内記大夫・大夫。美濃青墓の豪族。白河院「北面の武士」。1156年「保元の乱」に従軍。娘は為義の室(大炊)、息に政遠、真遠。<美濃衆、吉野太郎は一門か。>

源ノ政遠 (*)内記・平太。美濃青墓の豪族。源ノ行遠の息。源ノ義朝に従う。「保元(1156)の乱」に活躍。1159年「平治の乱」の敗戦に美濃青墓に義朝・頼朝を匿う。<1156年「保元の乱」の平野平太は政遠を指すか。>

吉野* (*)太郎。「保元(1156)の乱」に活躍。<浦野?>

<浦野重遠 (*)八島・源ノ・四郎・信濃守・出羽守。美濃の豪族。源重実の息。八島重成の弟。源ノ義家の娘婿。1185年鎌倉幕府に出仕。息に重直、重弘、重貞。>

<浦野重直 (*)八島・源ノ・太郎・山田先生・河辺冠者。重遠の長男。尾張国春日井郡浦野を領する。>

<近江国先方衆>

佐々木秀義 (1112〜1184)源三・三郎・秀能。近江の豪族。佐々木季定の息。母は安部宗任の娘。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。負傷して近江におちる。義朝の没後、本領の佐々木荘を没収される。奥州に縁戚の藤原秀衡を頼る途中、相模国にて渋谷重国の娘婿となり、子息は伊豆に流された頼朝の郎党となる。1184年伊賀国にて平氏の反抗にあい戦死。<後世、同じような立場であろう足利尊氏の執事高ノ師直・師泰兄弟の父の師重も畿内にて戦死したりしてるので歴史の不思議な縁というか、繰り返しを感じます。>

 

 源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団       この頁のTOP ホームTOP

 《北陸道軍団》

<越後先方衆>

根津貞道 (*)神平。「保元(1156)の乱」に活躍。<木曾義仲に従う祢津氏あり、南北朝時代に越後新田氏に禰津氏あり。>

静妻* (*)風間・小次郎。「保元(1156)の乱」に活躍。<南北朝時代に越後新田氏外様衆に風間氏あり。>

常葉井* (*)「平治(1159)の乱」に活躍。<坪井?>

* (*)「平治(1159)の乱」に活躍。

強戸* (*)次郎。「平治(1159)の乱」に活躍。

熊坂* (*)四郎。「保元(1156)の乱」に活躍。 

 

 源氏の系譜・源義家

   源ノ頼朝の家臣団と年表

(天下分け目 両雄激突)

 鎌倉期 源ノ頼朝の家臣団と年表

源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団   この頁のTOP

 <源ノ義平の親衛隊> 義平17騎

源ノ義平 11411160)鎌倉・(首藤)・悪源太・義衡。母は三浦義明の娘。源ノ義朝の長男。新田義重の婿となる。関東に進出しようとする叔父の源ノ義賢を討つ。<飛騨と関係が深い様子です。「平治の乱」以前の「保元の乱」の軍功などで所領が与えられたのでしょうか。>

須藤俊綱 (*〜1159)山内・首藤・滝口。俊通の息。「保元(1156)の乱」に活躍。悪源太義平に従い1159年「平治の乱」に去就を定めない源ノ頼政陣に乱入、流矢(下河辺行義の矢)で深手を負い味方の斎藤実盛に介錯される。弟・経俊は1180年頼朝の挙兵に平家方。<鎌田家と縁戚。>

三浦義澄 (1127〜1200)矢部・荒次郎・三浦介。三浦義明の次男。姉妹が源ノ義朝の妻(義平を出産)。義朝の長男・悪源太義平は甥。1159年「平治の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。

波多野義通 (*)秦野延景・波多野・次郎・小次郎・義通。姉妹が義朝の妻で、その息子・源ノ朝長(義朝次男)は1159年「平治の乱」で討死。「保元の乱」に活躍。「平治の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。相模国波多野荘の領主。

鎌田正清 (11231160)藤原・次郎・左兵衛尉・政家・正家・政清。源氏累代の家人・首藤資通の子孫、道清(通清)の次男。母が義朝の乳母。義朝と乳兄弟。相模国人。1156年父・通清は源氏の棟梁・為義に従う。保元(1156)・平治(1159)の乱を義朝とともに戦う。義平17騎のひとりとして武名を残す。舅・長田忠致を頼るが、義朝と共に討たれる。子息は源ノ義経に臣従する。<山内首藤家と親戚。>

後藤実基 (*)藤原・兵衛。藤原実遠(実信)の息。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年源ノ頼朝の挙兵に、養子の後藤基清とともに従う。源ノ義経の帷幕にあり、那須与一を推挙する。1185年無許可で任官し頼朝から叱責。

佐々木秀義 (1112〜1184)源三・三郎・秀能。佐々木季定の息。母は安部宗任の娘。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。負傷して近江におちる。義朝の没後、本領の佐々木荘を没収される。奥州に縁戚の藤原秀衡を頼る途中、相模国にて渋谷重国の娘婿となり、子息は伊豆に流された頼朝の郎党となる。1184年伊賀国にて平氏の反抗にあい戦死。<後世、同じような立場であろう足利尊氏の執事高ノ師直・師泰兄弟の父の師重も畿内にて戦死したりしてるので歴史の不思議な縁というか、繰り返しを感じます。>

斎藤実盛 (*〜1183)武蔵国長井荘の領主。藤原利仁流。木曾義仲2歳で孤児になるのを不憫に思い、中原兼遠に義仲を預ける。「保元・平治(1156・1159)の乱」に活躍するが義朝没後は、平宗盛に仕える。義平17騎のひとりとして武名を残す。のち挙兵した木曾義仲軍に討たれる。

岡部忠澄 (*)猪俣・六弥太。「保元の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年相模三浦党を攻撃。1180年頼朝の挙兵には遅れて臣従。「一ノ谷の合戦」に平ノ忠度を討つ。

金子家忠 (*)村山・十郎。武蔵七党のひとり。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年頼朝の挙兵には遅れて臣従。

足立遠元 (*)右馬允。武蔵の豪族。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年頼朝の挙兵に参陣。

猪俣範綱 (*)小平六。武蔵七党のひとり。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。平家方の平盛俊と組討ち勝利する。

熊谷直実 1141〜1208)次郎。武蔵の豪族。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年頼朝の挙兵には遅れて臣従。

平山季重 (*)武者所。武蔵の豪族。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年頼朝の挙兵に参陣。

上総広常 (*〜1183)平・介ノ八郎。上総常澄の八男。1156年「保元の乱」に活躍。1159年「平治の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。1180年平家方の上総介、兄・印東常茂を討ち、頼朝軍に合流する。

関ノ時員 (*)平・次郎・俊平。常陸の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。

片桐景重 (*)小八郎・大夫。信濃の豪族。「保元(1156)の乱」に活躍。「平治(1159)の乱」に活躍、義平に従う。義平17騎のひとりとして武名を残す。

《個人的感想》

源ノ義朝が、もしくは義平が生き延びて関東に落ち、東国の軍勢を全て率いて、「平治の乱」の逆襲をしていたなら、

・・・

チャンスを潰してまで、

義平が京都に潜入してテロに走るということは、すでに東国での支持をうしなっていたのかな・・・。

 

織田信忠が自領に逃げ延びて、光秀打倒に走っていたなら、という「IF」並みの、二代目の不可解な行動です。

 

 この頁のTOP ホームTOP

源ノ為義の系譜

この頁のTOP  源ノ頼朝の家臣団と年表     源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団 

 

 

 源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団 

 平家討伐軍本隊 

<源ノ範頼の軍団  将軍:源ノ頼朝 1147〜1199)征夷大将軍。源ノ義朝の嫡男。

平家討伐軍本隊 軍監:和田義盛 1184年1月「宇治・瀬田の合戦」

 *頼朝本人と縁の深い御由緒家(譜代郎党) *先代(義朝・義平)からの御由緒家(譜代郎党)

源ノ範頼 (*11531193)浦冠者・三河守。源氏一門衆・遠江国浦御厨で成長する。のち武蔵国比企郡吉見を領す。甲斐源氏と深く関わりを持つ。「富士川」大手軍大将50000余騎。「一ノ谷の合戦」50000余騎。

 

▲藤原範兼 (1107〜1165)岡崎三位。藤原南家。能兼の息。源ノ頼政の従兄弟。息に範光、(養子)範季。

△藤原範季 (1130〜1205)近江守・常陸介・上野介・陸奥守・鎮守府将軍・左大臣。藤原南家。藤原能兼の息。源ノ頼政の従兄弟。後白河上皇の側近。九条兼実の家司。1176年陸奥守。息に範資。<のちに範頼に従う小山氏と縁ありか。>

藤原範資 (*)源ノ範頼の義兄弟とも。源ノ義経追討に摂津豊島源氏を率いる。

 

  この頁のTOP ホームTOP

 <源ノ範頼の一門衆・御親類衆>

<軍団長級>  赤文字は失脚する武将。

 信頼厚く一門として御家人の旗頭に抜擢された者、軍団の統率者として才能を認められたもの。↑上記参照

足利義兼 (*〜1199)源ノ・蔵人・上総介。下野国の豪族。兄・義清は木曾義仲に従い戦死。北条政子の妹を娶り、頼朝の義弟となる。1184年、中国攻め範頼軍。1190年第二次奥州征伐軍大将

(源ノ範頼の準一門衆) 将軍の信頼厚く頼朝との由緒があり御家人の旗頭に抜擢された者、軍団の統率者として才能を認められたもの

八田知家 (*)宇都宮・小田・四郎・右衛門尉・筑後守・朝家。下野国の有力豪族、宇都宮氏の一門、八田宗綱の息。父は源ノ義朝、母は宇都宮朝綱の娘で、外曽祖父の宗綱が養子として迎え養育したともいう。1180年の頼朝挙兵以来従う。1183年「野木宮の合戦」では小山朝政、下河辺等の小山一族と、志田義広を撃破する。1184年平頼盛の送別の宴に出席。1184年、中国攻め範頼軍。奥州征伐東海道軍両大将。常陸守護職。1191年には北陸道管領職。「承久の乱」では執権・北条義時を補佐し鎌倉に留まる。養子に中条家長。

比企能員 (*〜1203)藤四郎・右衛門尉。阿波出身。出自出生は明らかでない。源ノ頼朝の乳母・比企尼の養子。1180年頼朝の挙兵に参陣する。1182年頼家が誕生し二代将軍の乳母夫を務めた。1184年信濃国に義仲の息・清水義高残党を討つ。1184年、中国攻め範頼軍。1184年源ノ範頼に従い西国遠征。1189年「奥州藤原氏討伐」に北陸道大将として出陣。1190年第二次奥州征伐「大河兼任討伐」に東山道大将として出陣。1190年頼朝の上洛に供奉する。右衛門尉に任官。上野・信濃守護職。1194年頼朝主催の北条泰時元服式に列席。二代将軍・頼家の外戚となり権勢北条家を凌ぐが、後1203年政敵・北条家により討たれる。

比企朝宗 (*)藤内・藤内所。父母不詳。比企能員と兄弟とも。木曾義仲の滅亡後に北陸道勧農使<1184−1191>。1184年8月鎌倉に召集され頼朝出陣式。1184年、中国攻め範頼軍。1185年に源ノ範頼に従い西国遠征。1186年頼朝の命で京都に上洛。一条能保を補佐し、大和国興福寺に源ノ義経の家人を追討する。1189年「奥州征伐」に従軍。1191年越後守護。1192年北条義時を娘婿に迎える。1194年頼朝主催の北条泰時元服式に列席。

 

武田信義 (1128〜1186)竜光丸・太郎。甲斐源氏惣領、武田清光の息。源義光の曾孫。1180年以仁王の令旨に従い挙兵。信濃に平氏与党を討ち、駿河に進出して橘遠茂を撃破する。「富士川の合戦」に奇襲を掛け勝利。駿河を領国とする。1584年源ノ範頼に従い西国遠征。1184年「宇治川の合戦」に範頼軍。のち子息・一条忠頼が謀反の疑いで誅殺される。頼朝により蟄居不遇のうちに死去。59歳。

一条忠頼 (*〜1184)次郎。武田信義の息。甲斐源氏の惣領。1184年「宇治川の合戦」範頼軍副将・6000余騎。天野遠景、工藤祐経、小山田有重に誅殺される。

⇔▽加賀見長清 (1162〜1242)小笠原・次郎。甲斐源氏。遠光の息。母は和田義盛の娘。1181年上総広常の娘婿。1184年「宇治川の合戦」範頼軍。1186年信濃国伴荘の地頭。「承久の乱」に東山道大将軍として上洛。阿波守護となる。

 

 源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団 

 <源ノ範頼の軍団長級・有力御家人>

 将軍の信頼厚く御家人の中から旗頭に抜擢された者、軍団の統率者として才能を認められたもの。

千葉常胤 (1118〜1201)正六位上・下総権介・千葉介。千葉常重の息。上総広常は又従兄弟。1156年源ノ義朝に従い「保元の乱」に出陣。1180年子息以下300余騎とともに参陣し、頼朝に鎌倉を拠点とすることを進言。下総国の千田親政、常陸国の佐竹氏を討伐し地盤を固める。1184年「一ノ谷の合戦」に範頼軍。中国攻め範頼軍。1185年豊後に渡り軍功。1189年奥州征伐東海道軍両大将。1190年第二次奥州征伐東海道軍大将。1190年頼朝に従い上洛。東国御家人の重鎮として幕府に重きをなす。84歳。

和田義盛 (11471213)小太郎。三浦一族、杉本義宗の息。侍所別当。1184年、中国攻め範頼軍、範頼軍の軍奉行。山陽道から九州に上陸し、平家の背後を抑え退路を断つ。1189年「奥州征伐」に従軍。のちに北条義時と対立し滅亡。

梶原景時 (*〜1200)侍所所司。播磨・美作守護。父は鎌倉景清頼朝の命で上総広常を謀殺する。源ノ頼朝の側近。上洛軍の目付。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。一ノ谷・生田の森の合戦に奮戦する。四国攻め義経軍副将。土肥実平とともに中国総追捕使。<お目付け役。父と子で前半、後半の義軍⇔範軍への配置換えは、頼朝の意向か。>

土肥実平 (*〜*1191)「宇治川の合戦」範頼軍副将・2000余騎。「一ノ谷の合戦」義経軍の副将・7000余騎。梶原景時とともに中国総追捕使。一族に中村、土屋氏。<お目付け役。義軍⇔範軍への配置換えは、頼朝の意向か。>

 

 この頁のTOP    源ノ頼朝の家臣団と年表

(平家討伐軍)

  源ノ義経の軍団

 <平家討伐軍本隊 源ノ範頼の軍団◆ 将軍:源ノ頼朝 1147〜1199)征夷大将軍。源ノ義朝の嫡男。

平家討伐軍本隊 軍監:和田義盛 1184年1月「宇治・瀬田の合戦」  赤文字は失脚する武将。

源ノ範頼 (*11531193)浦冠者・三河守。源氏一門衆・遠江国浦御厨で成長する。のち武蔵国比企郡吉見を領す。甲斐源氏と深く関わりを持つ。「富士川」大手軍大将50000余騎。「一ノ谷の合戦」50000余騎。

<範頼の将校級武将・御家人> 部隊長として扱われたもの

 *頼朝本人と縁の深い御由緒家(譜代郎党) *先代(義朝・義平)からの御由緒家(譜代郎党)

≪個人的感想≫ 将校級は先陣を切る侍大将といったところの武将です。

<本座者御家人> (一門衆・御親類衆)

板垣兼信 (*)武田・三郎。甲斐源氏。武田信義の息。1184年「宇治川の合戦」に範頼軍。1185年土肥実平とともに西国遠征。中国総追捕使・土肥実平の越権行為を頼朝に訴える。頼朝の実平への信頼厚く逆に叱責される。1589年朝廷に非礼を働き隠岐に配流される。遠江の所領は没収される。

加賀美遠光 1143〜1230)武田・小笠原・豊松丸・二郎・信濃守。甲斐源氏。源ノ清光の息、武田信義の弟。和田義盛の娘婿。1157年新田義重の加冠で元服。1180年武田信義に従い「富士川の合戦」に従軍。「宇治川の合戦」範頼軍。1184年源ノ範頼に従い西国に遠征。1185年(文治元)年に頼朝の推薦で後白河院から信濃守を拝領。頼朝に厚遇され武田家から独立する。信濃国守護。1189(文治5)年の「奥州征伐」に従軍。88歳。<源ノ頼朝の同世代の武将です。>

逸見有義 (*〜1200)武田。甲斐源氏。武田信義の兄・逸見光長の跡職を継承。1184年源ノ範頼に従い西国に遠征。1184年「宇治川の合戦」範軍。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。中国攻め範頼軍。1200年梶原景時と同心し謀反。戦死する。

北条義時 (11631224)江間・四郎・小四郎・陸奥守・右京権大夫。北条時政の次男。「石橋山」100余騎。武芸に優れ、1181年頼朝の命で身辺警護担当(親衛隊)。1184年、中国攻めに範頼軍。1185年九州渡海に先陣の四将、原田種直軍を破る。<頼朝の信頼厚く、検使として従軍か。>

  この頁のTOP ホームTOP

 <範頼の部隊長級・御家人 

(範頼の準一門衆・御由緒家)

八田知重 (*)宇都宮・小田・太郎・朝重。八田知家の息。1181年頼朝の命で身辺警護担当(親衛隊)。1184年、中国攻め範頼軍<頼朝の信頼厚く、検使として従軍か。>

小山政光 (*)五郎・左馬助・下野守・入道・下野大掾。大田行政の息。小山惣領家。下野国都賀郡小山荘を領する。妻は八田(宇都宮)宗綱の娘、頼朝の乳母・寒河尼。小山朝政・結城朝光・小山宗政の父。「宇治川の合戦」範頼軍

小山朝政 (1158〜1238)小四郎・右兵衛尉・下野守。小山惣領家。下野国の豪族。藤原秀郷流。実父・小山政光の妻が源ノ頼朝の乳母。1181年志太義広・足利忠綱に攻撃されるが、源ノ範頼の救援にて是を撃退する。1183年志田義広を「野木宮の合戦」で破る。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。1184年平頼盛の送別の宴に出席。1184年、中国攻め範頼軍。1189年「奥州征伐」に従軍し、「阿津賀志山の合戦」に奮戦。1190年頼朝の上洛に従い右兵衛尉に任官、下野守護。のち常陸村田荘の地頭、播磨守護を拝領する。「承久の乱」には鎌倉留守居。81歳。

長沼宗政 (1162〜1240)小山・五郎・淡路守。小山政光の息。1183年志田義広を「野木宮の合戦」で破る。「宇治川の合戦」範頼軍。1184年中国攻め範頼軍。1189年「奥州征伐」に従軍。1190年「大河兼任の乱」に足利義兼らとともに出陣し鎮圧。1203年「引企能員の乱」の残党を鎮圧。1221年「承久の乱」に北条泰時・時房の軍に従軍し上洛。1221年摂津守護、淡路守護に任官。79歳。

結城朝光 (1168〜1254)小山・七郎・宗朝。1184年平頼盛の送別の宴に出席。1184年「宇治川の合戦」範軍。中国攻め範頼軍。第二次奥州征伐軍。母は源ノ頼朝の乳母。梶原景時と並ぶ、源ノ頼朝の側近。頼朝の庶子と噂がある。足利氏と同格に位置付けられる(足利義氏と対立)。畠山重忠の友。1199年梶原景時に替わり播磨守護。1221年「承久の乱」に東山道の大将として出陣。

下河辺行平 (*)庄司。藤原秀郷の子孫。小山一門。下総国下河辺荘の領主。下河辺行義の息。以仁王の挙兵を頼朝に伝える。1183年「志田義広の挙兵」に小山朝政、弟・政義と共に撃破。1184年平頼盛の送別の宴に出席。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。1185年九州渡海に先陣の四将、原田種直軍を破る。1185年播磨守護。1189年「奥州征伐」に従軍。弓射に優れ、将軍・頼家の弓術師範。1195年源家一門に加えられる。<摂津源氏・源ノ頼政と累代の縁あり。><頼朝の信頼厚く、検使として従軍か。>

下河辺政義 (*)四郎・政能。下総の豪族。河越重頼の娘婿。源ノ義経と義兄弟。1181年志田義広を破る。1184年、中国攻め範頼軍。1185年源ノ範頼に従い九州渡海。1185年義経事件に連座し所領没収される。1192年永福寺工事に参加する。<摂津源氏・源ノ頼政と累代の縁あり。>

阿曽沼広綱 (*)小山・四郎。下野国淵名流足利氏。1184年8月鎌倉に召集され頼朝出陣式。1184年、中国攻め範頼軍

小野寺道綱 (*)小山・太郎・光綱。下野国須藤氏。1184年8月鎌倉に召集され頼朝出陣式。1184年、中国攻め範頼軍

安西明景 (*)三浦・太郎。安房の豪族。三浦家分家。1184年8月鎌倉に召集され頼朝出陣式。1184年、中国攻め範頼軍

(三河衆)

兵藤正之 (*〜1185)治部太夫。三河渥美の豪族。源氏譜代の郎党。源ノ頼朝に出仕。範頼軍に所属し上洛。平家との「生田森の合戦」に戦死。<先祖は源ノ義家に従い「奥州征伐」従軍。祖父・政職は摂津源氏・源ノ頼政に従い「宇治山田の合戦」に戦死。>

 

 

 源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団 

 <平家討伐軍本隊 源ノ範頼の軍団> 将軍:源ノ頼朝 1147〜1199)征夷大将軍。源ノ義朝の嫡男。

平家討伐軍本隊 軍監:和田義盛 1184年1月「宇治・瀬田の合戦」

源ノ範頼 (*11531193)浦冠者・三河守。源氏一門衆・遠江国浦御厨で成長する。のち武蔵国比企郡吉見を領す。甲斐源氏と深く関わりを持つ。「富士川」大手軍大将50000余騎。「一ノ谷の合戦」50000余騎。

 

範頼の部隊長級・御家人◆ (東国豪族・譜代家老衆) *頼朝本人と縁の深い御由緒家(譜代郎党)*先代(義朝・義平)からの御由緒家(譜代郎党)

(相模衆)

曾我祐信 (*)太郎・助信。相模国の豪族。1180年頼朝挙兵時は平家方。のち頼朝に臣従。1184「木曽義仲追討」に義経軍。1184年「一ノ谷の合戦」に範頼軍。1193年自身養育した曽我祐成・時致の兄弟が工藤祐経を襲撃した事件では、頼朝に罪を許された。

梶原景季 (1162〜1200)源太。景時の息。騎射の達人。1181年頼朝の命で身辺警護担当(親衛隊)。1184年木曽義仲追討軍に従軍。1184年「宇治川の合戦」義経軍。宇治川で先駆け二番手。「一ノ谷の合戦」範頼軍、「生田の森」に軍功。平ノ重衡を捕虜とする。1189年「奥州征伐」に従軍。藤原泰衡を撃破。1190年頼朝の上洛に供奉。1200年父・景時の失脚に行動を供にし戦死。39歳。<お目付け役。父と子で前半、後半の義軍⇔範軍への配置換えは、頼朝の意向か。>

和田宗実 (*)三浦・三郎。杉本義宗の息、和田義盛の弟。1184年、中国攻め範頼軍。1189年「奥州征伐」に従軍。1190年頼朝の上洛に供奉。越後奥山の地頭職。

和田義茂 (*)三浦・次郎・義重。杉本義宗の息、和田義盛の弟。早くから伊豆に配流された頼朝に出仕し、信任厚い。武芸に優れ、1181年頼朝の命で身辺警護担当(親衛隊)。1181年頼朝の命で下野国に出陣し足利俊綱を攻撃する。

和田義胤 (*)三浦・四郎。1184年、中国攻め範頼軍

大多和義成 (*)三浦・次郎。1184年源ノ範頼に従い西国に遠征。範頼軍

三浦義澄 (1127〜1200)三浦義明の息。三浦家惣領として弟・三浦義連、一門衆の和田義盛、金田頼次、長江義景、大和多義久を率いる。1180年「以仁王」挙兵時に京都大番役。頼朝挙兵に「石橋山」に参陣するため500余騎を率いる。畠山重忠を撃破した。頼朝敗走先の安房国では千葉一門の長狭常伴を撃破した。1184年平頼盛の送別の宴に出席。1184年、中国攻め範頼軍。「壇ノ浦」に義経に従い軍功。1189年「奥州征伐」に藤原泰衡の家人・若次郎を討ち取る。

三浦義村 (*〜1239)男・平六。三浦義澄の息。母は伊東祐親の娘。1184年、中国攻め範頼軍。父に従い各地に転戦する。駿河守護職。常に北条義時とともにあり、のち鎌倉幕府の中心となる。

渋谷重国 (*)河島(河崎)。相模国の豪族、河崎(河島)重家の息。近江佐々木家の親戚。佐々木秀義は娘婿。相模国渋谷庄司の領主。1180年頼朝挙兵時は平家方。のち次男・渋谷高重とともに頼朝に臣従。1184年西国遠征に従軍。1185年源範頼軍に属し九州に渡り、豊後に原田種直軍を破る軍功。<1183年一門の渋谷重助は義経とともに任官し頼朝の弾劾を受ける。>

↑土佐房昌俊 (1141〜1185)渋谷常光・金王丸。渋谷(河島土佐守)平三大夫・重家の息。渋谷重国の弟。義朝以来の郎党(元、小姓)。1184年、中国攻め範頼軍。頼朝の命で義経を襲撃するが返り討ちされる。<1183年一門の渋谷重助は義経とともに任官し頼朝の弾劾を受ける。>

(伊豆衆)

工藤祐経 (*〜1193)伊東・左衛門尉・一臈。伊豆国の住人。工藤祐継(伊東祐次)の息。元・平重盛の家人。伊東祐親に所領を奪われ1176年富士野にて伊東祐親を攻撃し、子息・祐泰を討つ。1184年、中国攻め範頼軍。1193年「富士野の巻狩」にて曽我兄弟に襲撃され落命。

宇佐美助茂 (*)工藤・三郎・右衛門・祐茂。工藤祐継の息、祐経の弟。伊豆国の住人。1180年頼朝の挙兵に参陣する。1184年、中国攻め範頼軍。1189年奥州征伐に従軍。1190年の頼朝上洛に従軍。1212年常陸国の地頭職。

仁田忠常 (1168〜1203)新田・日田・四郎。伊豆国の住人。1180年頼朝挙兵以来これに従う。1184年中国攻め範頼軍に従軍。1189年「奥州征伐」に従軍。1190年頼朝の上洛にも従軍。1193年「富士ノ巻狩」に曽我祐成兄弟の私闘を鎮圧。1203年「比企一族の乱」に巻き込まれ、北条時政に討たれる。

加藤景廉 (*〜1221)次・藤次郎。加藤景員の息。藤原利仁流。伊豆国に移住し加納茂光の後援で土着住人となる。1180年頼朝の挙兵に参加し、伊豆の代官・山木兼隆を討ち取る。頼朝とともに安房には渡らず甲斐に走る。1184年範頼軍西国攻め。1189年「奥州征伐」に従軍する。1200年梶原景時と昵懇の為、事件に連座し失脚。「和田合戦」に力戦し帰参する。西行法師の親戚。

(上総・下総衆)

相馬師常 (1139〜1205)小次郎・二郎・次郎・師胤。千葉常胤の次男。母は秩父重弘の娘。下総国千葉の豪族、相馬師国の婿養子、相馬郡を領して姓とする。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。1189年「奥州征伐」の軍功から陸奥国行方郡地頭職。

境ノ常秀  (*)千葉・平次・上総介・左兵衛尉。千葉胤正の次男。1184年祖父・千葉常胤とともに「西国遠征」に従軍。1184年中国攻め範頼軍。1185年範頼とともに九州に渡海。1190年左兵衛尉に任官。上総国一宮を領する。1189年「奥州征伐」に従軍。1205年北条義時に従い畠山重忠を攻撃。<「境」から、「坂井」や「酒井」に別れるか。>

 

 源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団     この頁のTOP ホームTOP

 <平家討伐軍本隊 源ノ範頼の軍団> 将軍:源ノ頼朝 1147〜1199)征夷大将軍。源ノ義朝の嫡男。

平家討伐軍本隊 軍監:和田義盛 1184年1月「宇治・瀬田の合戦」

源ノ範頼 (*11531193)浦冠者・三河守。源氏一門衆・遠江国浦御厨で成長する。のち武蔵国比企郡吉見を領す。甲斐源氏と深く関わりを持つ。「富士川」大手軍大将50000余騎。「一ノ谷の合戦」50000余騎。

 

範頼の部隊長級・御家人> (東国豪族・譜代家老衆)

 *頼朝本人と縁の深い御由緒家(譜代郎党)*先代(義朝・義平)からの御由緒家(譜代郎党)

武蔵衆)

(秩父党)

稲毛重成 (*〜1205)畠山・小山田・三郎。秩父一族。小山田有重の息。北条時政の娘婿。畠山重忠(1164〜1205)の従兄弟。1184年「宇治川の合戦」に範頼軍。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。1184年「一条忠頼誅殺」に父と弟・榛谷重朝とともに従軍。1189年「奥州征伐」に従軍。1190年頼朝の上洛に従軍。1205年従兄弟の「畠山重忠誅殺」に北条時政と共謀したことが発覚し、大河戸行元に討たれる。子息・小沢重政は宇佐美祐村に討たれる。

榛谷重朝 (*)畠山・小山田・四郎。秩父一族。小山田有重の息。稲毛重成の弟。1184年「宇治川の合戦」範頼軍。1181年頼朝の命で身辺警護担当(親衛隊)。

小山田行重 (*)畠山・稲毛。秩父一族。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍

(丹治党)

畠山重忠 (1164〜1205)武蔵国の豪族。「由比ガ浜の合戦」で三浦義明を討つ。郎党500余騎。数々の合戦に常に先陣を勤める。後年北条家により謀殺される。1184年平頼盛の送別の宴に出席。「宇治川の合戦」義経軍。宇治川で先陣。「一ノ谷の合戦」範頼軍。奥州征伐東山道軍先陣。丹治党500騎を率いる。

品川清経 (*)紀ノ。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。<畠山重忠の弟・畠山重清を養子とするか?>

河原有則 (*)勅使河原。丹党。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍

阿保実光 (*)次郎。武蔵の豪族。丹党。1184年2月平家追討軍として摂津在陣。「一ノ谷の合戦」範頼軍。1189年「奥州征伐」に従軍。

中村時経 (*)小三郎。武蔵丹党。1184年2月平家追討軍として摂津在陣。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍

河原高直 (*)太郎。武蔵丹党。1184年2月平家追討軍として摂津在陣。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍

河原忠家 (*)次郎・盛直。武蔵丹党。1184年2月平家追討軍として摂津在陣。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍

(猪俣党)

岡部忠澄 (*)六弥太・六郎・忠純。猪俣党。1159年「平治の乱」に源ノ義平に従う。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。「一ノ谷の合戦」に平ノ忠度を討取る。1189年頼朝の「奥州征伐」に従軍。

(児玉党)

秩父行綱 (*)武者四郎。武蔵の豪族。児玉党。「一ノ谷の合戦」範頼軍<次男・行義は大類姓。>

庄ノ家長 (*)庄司・太郎。武蔵国の豪族。児玉党。忠家の兄。1184年2月平家追討軍として摂津在陣。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍

庄ノ忠家 (*)庄司・三郎。武蔵国の豪族、児玉党。1184年2月平家追討軍として摂津在陣。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。「一ノ谷の合戦」に平ノ重衡を捕虜とする。

庄ノ弘方 (*)庄司・五郎・広方。武蔵豪族。児玉党。1184年2月平家追討軍として摂津在陣。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍

四方田弘長 (*)三郎。武蔵国の豪族、児玉党。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍

塩谷惟広 (*)五郎・是広・是弘・惟弘。児玉党。1184年2月平家追討軍として摂津在陣。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。塩谷惟広 (*)

小代行平 (*)八郎。武蔵児玉党。1184年2月平家追討軍として摂津在陣。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍

(私市党)

久下重光 (*)源ノ・次郎。私市党。1184年2月平家追討軍として摂津在陣。「一ノ谷の合戦」範頼軍<子孫は丹波篠村にて足利高氏の討幕挙兵に従う。「一番」旗印で勇名。>

(横山・小野・八田党)

中条家長 (*)藤次。横山党。武蔵の豪族。中条成尋の息。叔母は宇都宮宗綱の室で、頼朝の乳母。八田(宇都宮)知家の養子。1184年「一ノ谷の合戦」範頼軍。1221年「承久の乱」に失脚した小野盛綱の跡職を相続。尾張守護、西三河高橋荘の領主。息に家平。<児玉党とも。>

 

  この頁のTOP ホームTOP

 (そのほか関東衆)

大河戸広行 (*)太郎。1184年「一ノ谷の合戦」義経軍。1184年、中国攻め範頼軍

大河戸* (*)三郎。1184年、中国攻め範頼軍

一品房昌寛 (*)1184年、中国攻め範頼軍

《個人的感想》 父、義朝の創り上げた東国での基盤を元に、義平が諸豪との絆をふかめ、

頼朝が継承し、弟の範頼がそれを率いて、平氏討幕(平氏の幕府とはいいませんけど、あったとしたら福原幕府でしょうか)が成ったのでは。

それにしても、

 源ノ範頼は、父・兄の成せなかった平家の武力討伐を実行した大将として、

名将の部類に入ってもおかしくない人物だと思います。

 鎌倉幕府の変遷。

 

  この頁のTOP

鎌倉期 九州・四国・中国の豪族 TOP  鎌倉期 近畿・東海の豪族 TOP

  鎌倉期 北陸・中仙・関東・奥州の豪族 TOP   鎌倉期 北条氏TOP

 源ノ義仲(木曾義仲)の家臣団と軍団 

 

九州・四国・中国TOP  近畿・東海TOP  北陸・中仙・関東・奥州TOP

 鎌倉期 九州・四国・中国の豪族 TOP  鎌倉期 近畿・東海の豪族 TOP  鎌倉期 北陸・中仙・関東・奥州の豪族 TOP  

 鎌倉期 北条氏TOP   平安期 奥州 藤原氏TOP  平安期 桓武平氏の系譜TOP  平安期 平ノ清盛 年表と家人TOP

 この頁のTOP ホームTOP  鎌倉期 源ノ頼朝の家臣団と年表 源氏の系譜・源義家