硫黄島からの手紙

戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が、本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し、西郷(二宮和也)ら部下に対する理不尽な体罰も戒めるなど、作戦の近代化に着手する。
toraの感想

劇場にて。
なかなか良い映画です。戦争をテーマにした映画は今までですと、どちらかに偏る内容が多いのですが、この作品はそうではありません。
太平洋戦争に関していろいろと書物を読んでいますが、硫黄島の攻防戦は特に特異な戦いです。バンザイ突撃や自決を禁止して、ゲリラ戦で抵抗し続ける戦い方を選んだ栗林中将はアメリカでも一目置かれる将軍です。その栗林中将役を演じた渡邉兼はハマリ役です。嵐の二宮君の演技もなかなかでした。
手榴弾による自決シーンはとてもリアルなので、気の弱い方は観ない方がよいです。
出口のない海

太平洋戦争末期、海の特攻兵器と呼ばれた人間魚雷“回天”に乗り込んだ若者たちの姿を通し、生きることの意味を問いかける戦争ドラマ。原作と監督は『半落ち』の横山秀夫と佐々部清、脚本は名匠、山田洋次と『うなぎ』の冨川元文という、日本映画界を担う一流スタッフが結集した。主演は、映画初出演となる歌舞伎俳優の市川海老蔵。共演に伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬など期待の若手俳優ら豪華キャストがそろった。何のために生き、何のために死ぬのかを問いつづけた若者たちの姿が痛切。
toraの感想

劇場にて。
戦争オタクとしては色々と思うところがあります。ただ、解説にありますように「何のために生き、何のために死ぬのか?」という簡単には答えが出せない事に暫く考えさせられます。
ダメだしとしては、油槽船1隻に1人の命を犠牲しないで、普通に魚雷攻撃をすべき。夜間浮上して航行中に、ハッチを空けたままでは艦内の明かりが外に漏れて敵に見つかります。そして、主人公が戦死ではなく事故死なのがとても可哀想でなりません。
UDON

「踊る大捜査線」シリーズの名コンビ、亀山千広プロデューサーと本広克行監督が再びタッグを組み、うどんを愛する人々の心の交流を描いたエンターテインメント作。ユースケ・サンタマリアがうどんとの出会いによって人生を取り戻していく主人公にふんし、共演者には小西真奈美、トータス松本、小日向文世、鈴木京香ら個性豊かな面々が集結した。“うどん”という日本独自の食文化を通し、日本の魅力が存分に表現されている。
toraの感想

劇場にて。
讃岐うどんを題材にした映画ってないですね。うどん巡りってものをしてみたくなりました。やっぱ本場のうどんは一味違うのでしょう?
ストーリーはありきたりですが、面白おかしく工夫がされてます。映画でなくて、ドラマっぽい仕上がりです。取材シーンにでてくるうどん屋(製麺所)さんと店の人は本物ですヨ。
日本沈没 

大規模な地殻変動によって日本列島が海中に沈没するという危険性が指摘され、それを証明するかのようなマグニチュード8以上の大地震が次々と発生する。そんな中、大地震の被害にあった潜水艇のパイロット小野寺(草なぎ剛)と幼い少女美咲(福田麻由子)は、ハイパーレスキュー隊員の阿部(柴咲コウ)に救出される。
toraの感想

公開日に劇場にて。
いやぁ〜、柴咲コウがカワイィ!ポンズのCMの時から気に入ってますw。
前作(1973年)はよく覚えていませんが、ストーリー云々より日本独特の特撮が見ものです。大仏さんが首まで水没しているのには笑いましたw。
テレビでみると冷めてしまいますよ。劇場で観ることをオススメします。
M:I: 

不可能なミッションを遂行してきた天才的スパイのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、敵の罠に落ち、前例のない衝撃的な計画に翻ろうされてしまう。イーサンは己との戦いを克服し、成功率0%の任務を成し遂げるため、ヨーロッパやアジアへと飛ぶ。そして最高機密組織I.M.F.の新たなるメンバーとともに任務を遂行するが……。
toraの感想

公開日に劇場にて。
シリーズ3回目ともなると、話も単調になりがちですが、コレはそーではありませんでしたね。(内部の裏切りは相変わらずですが)「んなのできね〜だろ〜!」っていうのを可能にしてしまうところが、スパイもののいいところですw。
こーいうアクションものは劇場で観たほうがいいですよ。
LIMIT OF LOVE 海猿

人命救助のエキスパートである潜水士を目指す若者の友情や挫折、恋愛をさわやかに活写した青春ドラマの続編。監督の羽住英一郎、主演の伊藤英明、加藤あいをはじめ、前作のスタッフ&キャストが再結集。乗員・乗客620名を乗せたまま座礁した大型フェリーを舞台に、史上最大の海難事故の救助に挑む若き精鋭たちの活躍を描く。再び実現した海上保安庁の全面協力の下、圧倒的なスケールで繰り広げられるスリリングな救出劇が見ものだ。
toraの感想

いやぁ〜、久しぶりの更新です。
今回は公開中ですんで、劇場で観て来ました。テレビシリーズも含めて観ていましたが、今回は流石に映画とあってスケールはデカいです。よくあるパニック映画に似てますが、生きることへの執念とチームワークの大事さなどがよく伝わってます。一言苦言としては、プロポースなんてしてないで、相棒を早く助けてあげなよ!って観ていておもいましたw。
容疑者 室井慎次

2005年2月某日、警視庁・室井管理官(柳葉敏郎)が、自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとらされ、逮捕されてしまう。警察庁と警視庁の確執が絡み、新城(筧利夫)や沖田(真矢みき)の尽力も虚しく、事態は最悪の状況になり……。
toraの感想

劇場にて鑑賞。全体的に「踊る大捜査線」シリーズとは少し違った構成となっていた。スートーリーは基本的にどんな映画も楽しめる私としては、可もなく不可もなくといった感じ。ただ、事件の重大さを強調している割に、犯人はチンピラのような男でガクっときた。
画像ナシ デイアフタートゥモロー デニス・クエイドジェイク・ギレンホールイアン・ホルム

南極で研究を続ける古代気象学メジャック・ホール教授(デニス・クエイド)は調査データから地球規模の自然危機を予感する。そして、その4か血縺A東京などで異常気象が発生し彼の嫌な予感は現実味を帯びてくる。
toraの感想

典型的なアメリカのパニック映画です。CGなど良く出来ていました。
交渉人 真下正義 

クリスマス・イブを雪乃(水野美紀)とデートするはずだった警拠。交渉課準備室課長の真下(ユースケ・サンタマリア)は、室井管理官(柳葉敏郎)に呼び出され、何者かにのっとられた東京の地下鉄の最新鋭タ験車両事件に挑むが……。
toraの感想

久しぶりに劇場へ。そして邦画を観ました。
「踊る・・・」シリーズにしては結構話のテンポが早くて私好み。ただ、相変わらず犯人はオ・タ・ク。まともな犯人は思い浮かばないのかなぁ?
アイロボット 

ロボットとの共存が当たり前となった近未来で、ロボット工学の第一人メラニング博士が(ジェームズ・クロムウェル)が殺害されるという不可解な事件が起こり、シカゴs警のデル(ウィル・スミス)は謎の究明に乗り出す。
toraの感想

う〜ん。ストーリーというか、話の展開は理解できたけど、なんでロボットが自己理解するのか分からなかった。結構話題(配給会社の戦略?)になったけど、それほどのモノではなかったです。お時間のある方はどうぞってかんじです。
エネミーオブアメリカ

弁護士ディーンはある日、本人も気づかないままに暗殺膜盾フ証拠を手にしてしまう。膜盾フ首謀メは、NSA(国家安全保障局)の行政官レイノルズ。NSA は最新鋭のテクノロジーを駆使した隠蔽工作を開nし、ディーンを証拠と共に抹Eしようとする。愛する妻の信頼と職業上の成功を失い、犯罪者の濡れ衣まで着せられ、追いつめられるディーン。孤立無援の彼は元諜報工作員ブリルを味方につけ、全能の監視追跡システムを操る巨大な敵を相閧ノ、反撃を開nするが……。
toraの感想

テレビのオンエアーを観ました。vわずスパイモノは観てしまうのです(^^ゞ
特に良くもなく、悪くもなくですね。スパイモノが好きな方にはいいかも。。
マジェスティック 
1951年のハリウッド。新進の脚本家ピーターは見事ハリウッドデビューも果たし幸福な時を過ごしていた。しかし、ふとした誤解から当椁メ威をふるっていた赤狩りの標的となってしまう。絶望したピーターは、当てのないまま車を走らせ、やがて橋の上で事故を起こして川に転翌キる。見知らぬ海岸に流れ着いたピーターは、偶然通りかかった老人に助けられ、彼の住む町ローソンへとやって来る。膜フのショックで記憶をなくしていたピーターだったが、町では第二次大戦に出征し行方不明になった町の英雄ルークと間違われ、大歓迎を受けるのだった……。
toraの感想

コメディー系の映画だと思ったけどいい意味で違った。50年代当桙フ世相がにじみ出ている。多く語らないほうが良いと思うので興味があれば観てください。なかなかいい映画でオススメです。
ウインドトーカーズ 
 1943年、南太平洋ソロモン諸島ガダルカナル。上官の戦死で小隊を指揮することになったエンダーズ伍長だったが、日本軍の猛攻の前に若い兵士たちを次々と失い、ゥらは負傷しながらも唯一の生き残りとして心と体に深い傷を負い帰還する。責任を感じるエンダーズは一刻も早い復隊を希望する。ようやく復隊が認められたエンダーズに課せられた新たな任務は、“ウインドトーカーズ”と呼ばれたナバホ族の通信兵とペアを組んで護衛し、彼の戦場での安全を確保することだった。しかし、真に必要とされたのは暗号の秘密の死轤ナ、そのためにはいかなる犠牲を厭うなとの極秘指令も含まれていた……。
toraの感想

ジョン・ウー(監督)らしい映画でした。火薬をふんだんに使い、お得意の銃Jきというか白兵戦に近い銃撃戦タップリの作品でした。最近の戦争映画も、「プライベートライアン」を見習ってか?とてもリアルな部分が増えましたね。ストーリーよりも戦闘シーンでのカメラ回しに注目してしまいました。

PS ニコラスケイジって前から思っていたのですが
「ルー大柴」に似てますよね(w


なんか、戦争映画ばっかり観ているな。。
エネミー・ライン 

アラビア海に浮かぶ米海軍の原子力空母USSカールヴィンソン。兵士たちは民族紛争が終結したボスニアの平和維持活動に当たっていた。クリス大尉は偵察飛行ばかりの単調な毎日に不満が爆発、レイガート提督の注意にも耳を貸さず海軍を辞めると言い出す始末だった。そんなある日、いつものように偵察飛行に向かったクリスは突然にもセルビア人民軍による民間人の惨E現場を撮影したためにミサイル攻撃を受け、敵陣のど真ん中に不梺オてしまう。そして彼らは、目撃メであるクリスを捕まえるために執拗な追跡を始めたのだった……。
toraの感想

NOJIMAでデモを観て借りてしまいました。
F−18と対空ミサイルの追いかけっこは面白いです。強いアメリカがよく描ハされています。米軍の2倍の兵力と戦車までがありながら、蜷l公及び救出するヘリには一切損傷を与えられず、逆にヘリの機銃掃ヒを浴びて次々と倒れるセルビア軍がある意味で可愛そうでした。
K-19 
 
1961年、米ソ冷戦の最中、ソ連国家首脳部は原子力潜水艦K−19の処女航海の艦長にアレクセイ・ボストリコフを任命した。副艦長には経験豊富なミハイル・ポレーニンが就き艦は出航。この2人の意見はしばしば対立するが、K−19は次々にテストを成功させていった。困難なテストを乗り切り乗組員たちは束の間リラックスする。しかしその直後、新たな任務の遂行中、艦内の冷却装置のひび割れが判明する。原子炉は過熱し始め、このままでは炉心の溶融が避けられない。ボストリコフはじめ乗組員は、大惨魔陲い止めるべくひとつの決断を下すのだった」
toraの感想

潜水艦モノのパニック映画はいつも観てしまいます。
70年代に当檮ナ速の戦闘機だったミグ29が亡命して、その機体をアメリカが調べたらICではなく真空管をしようしていた話を思い出しました。
そんな技術力だから放射能漏れなどは当たり前のように起こったかもしれませんね。それとは別に人の上に立つ人は、勇気と非情なまでの決断力を求められる事を改めて感じました。