ホーム  今週のハナマル メッセージ 初めての方へ 教会紹介 子どもページ おまけ リンク



ウエスレアン・ホーリネス戸畑高峰教会のページへ、ようこそ。

 このページは、
 1.牧師の証
 2.ページ上の留意点
 からなっています。 


           牧師です。
 初めまして。私が当教会の牧師の、塩屋 弘です(写真を見て、ページを閉じるのはやめてください)。
 私は1959年、宮崎県に、小さな鉄工所をやっていた両親の、男3人兄弟の次男として生まれました。
 両親はクリスチャンでしたので、私も母の胎にいるときから教会に通っていたそうです。
 しかし、周りの友達がみんなのんびりしている日曜日の朝に、私だけが教会に行かなければならないというのは、不満でした。
 学校では、キリスト教の唯一の証言者として、少数者としての圧迫を感じつつ、教会では、子どもとして、十分な発言の場を与えられない、というジレンマの中で、次第に教会に対して傍観者的な態度をとるようになっていきました。
 そんな私でも、ある聖書の箇所を知った時には、「さすがに、聖書はすごい、。」と思いました。それは、「義人はいない。ひとりもいない。」ローマ人への手紙3章10節)というみことばでした。
 斜めに構えて教会をみるとき、「なるほど、教会にだって正しい人間なんて一人もいないじゃないか。」と妙に納得したのでした。
 中学生になって反抗期を迎えると、いよいよ教会や、家族に対する反発は強くなっていきました。教会を離れるのは、今日か、明日か、もう時間の問題でした。
 そんな中2の5月か6月のことだったと思います。もう殆ど言葉を交わすこともなかった父が、私のところに来ると正座して一言、「弘。洗礼を受けないか。」と言ってまた立ち上がって行ってしまったのです。こちらは、いつ教会をやめてやろうか、とその機会をうかがっていたのに、よりによって洗礼を受けろ、とは。
 しかし、父が出て行って一人部屋に残されたとき、私が自分一人で身勝手にもつっぱっていたことがわかったのです。そして、「義人はいない。ひとりもいない。」と周囲の人を裁くために使っていたみことばが、実は私自身に語られていたことを知りました。
 「私は、人を裁き、見下すことはできる。しかし、自らはどうだ。父が愛し、気にかけていてくれても、その人を愛することさえ出来ないで、自分の殻の中に閉じこもっている。私こそが、聖書の語る『罪人』ではないか。」
 そして、イエス・キリスト様の十字架が、ほかのだれでもない、まさしく、私の、この罪のためだ。ということが分かったのです。イエス様は、罪人を断罪するためではなく、罪人を救うために来て下さった。父が、反抗期の私を叱るのでなく、受け入れていてくれたように、いえそれとは比べようもない自ら身代わりとなって十字架にかかって下さるほどに、神様は私のことを気にかけていて、愛して、私がその愛に気づくのを待っていて下さったのです。
 私はその夏、1973年8月19日に、あとから信仰を告白した、弟、それに夏休みで帰省していた兄と、3人そろって洗礼を受けました。現在、兄は医師を、弟はサラリーマンをしています。
 神様は、いつでも、どこまでも、待っていて、温かく迎えて下さるお方です。まだ、教会に行ったことがない、という方も、是非、お近くの教会をお訪ね下さい。必ず喜んで、皆さんを歓迎いたします。



当ページ上の留意点                        topへ
 こころから、おいでを歓迎いたします。
 ウエスレアン・ホーリネス戸畑高峰教会は、ウエスレアン・ホーリネス教会連合に属するプロテスタントの教会です。
 九州は福岡県北九州市戸畑区にあり、地域の諸教会や、ミッションスクールとも連携しながら、神様の愛に生き、愛し合う教会として歩んでいます。
 モルモン教やエホバの証人、統一教会などとの関係は全くありませんが、そうした問題でお悩みの方は、ご相談ください。
 
 当ページ上のイラストや素材、アイデアなどは、ご自由にお使い下さい。
ただし、教会のロゴマークとアスランのデザインは、「スタジオ・ジオソルト」制作によるものですので、ご使用の場合はご連絡下さい。
 その他マンガ等に関しては、営利目的を除く、伝道用の素材として広くご利用下さい。
現在、インターネット・エクスプローラを使用しての、ページの公開を想定してやっております。勿論、それぞれお使いのブラウザで、ご覧いただけばよろしいのですが、IEですと、ホームページの「今年の聖句」以下の文字が、横スクロールしているのがご覧頂けると、思います。
    当web関する、ご感想やご質問など、お聞かせいただければ感謝です。

 尚、個人の写真は、肖像権の問題が派生いたします。 また、悪質な改ざんや、他者への誹謗中傷などは、当然のことながら、認められるものではありません。



ホーム  今週のハナマル メッセージ 初めての方へ 教会紹介 子どもページ おまけ リンク