TCH研究会

Home |よくある質問 |TCH是正指導を受けられる施設 | セミナー案内 | 関連書籍・文献

よくある質問・誤解

 

 

TCHは新しい概念であり、歯科関係者でも知らなかったり誤解していることが多いようです。

よくある質問や誤解について解説します。

 

 

 

〇は咬んでいるのが普通ではないのですか?

 

咀嚼・嚥下・会話時以外は歯と歯は僅かに離れています。これを専門用語では「安静位空隙」と呼びます。

 

1日で歯と歯が接触しているのは約20分以下と報告されています。

 

 

 

TCHとブラキシズムは違うのですか?

 

TCHはブラキシズムの1種類です。

覚醒時に起こる歯と歯の接触で自覚できません。

 

 

 

 

 

 

TCHはクイシバリと違うのですか?

 

最大咬合力の70〜80%ぐらいの強い力で咬むと「咬んでいる」と自覚します。「気が付いたら喰いしばっている」と自覚できるのはこの状態です。

 

通常は自覚したらクイシバリを止めます。また筋肉も疲労しますので長時間持続することはありません。

 

ところが自覚するまでにも歯と歯は接触していることがあります。この自覚できない歯と歯の接触をTCHと呼びます。

 

弱い力でも長時間作用すると顎関節や口腔内に問題にを起こす要因となります。

 

 

 

 

 

ど畸覆六と歯は離れていますが・・・

 

リラックスしている時には安静位空隙がある人でも、何かに集中しているような時にTCHが起こっている可能性があります。

 

特にパソコン・スマホ・ゲームなどモニター作業時に多いようです。

他にも料理・手芸や模型製作などの趣味・車の運転・読書・スポーツ・洗髪など「黙って集中する作業」の時に起こりやすいようです。

 

 

TCHがあると必ず問題が起こりますか?

 

問題が起こる要因は多数考えられ、TCHはその1つです。

今は問題が無くても加齢などで衰えてくると、問題が表面化するかもしれません。

 

予防的な力のコントロールとしてTCH是正は意義があると思います。

特別な装置や処置を必要としないTCH是正をして損はありません。

 

 

Δ困辰函嶢まない」と意識するのですか?

 

ずっと意識する必要はありません。むしろしないことをお勧めします。

認知行動療法を応用したリマインダー法(TCHをしているか確認する合図を設定する方法)が有効です。

 

TCH是正指導を受けられる施設で相談してください。

 

 

 

 Home |よくある質問 |TCH是正指導を受けられる施設 | セミナー案内 | 関連書籍・文献