TOPへ  >   戻る

鉢植日記


鉢植日記のこえ

予防・繁殖を抑えるコツ。
短期間で繁殖を繰り返すので、発生初期に有効薬剤を散布して駆除するしかない。
虫の発生に気付いて「そのうちに」と恩っていると、すぐに集団を形成して被害を拡大させてしまう。
見つけた瞬間に指で潰すか、エアゾールタイブの薬剤も効果的。
発生初期の3月~4月に展着剤を加えた薬剤散布を、7~10日間隔で3回程度散布するのも有効である。
薬剤散布は葉裏を狙って丁寧に行なうこと。
中途半端に行なっても全減しなけれぱそれを足がかりに増えてくるので、注意したい。
参考までに、テントウムシはアブラムシを食ぺるので、アブラムシ駆除には大いに役立つ。
テントウムシがいる時は薬剤散布を少し養えて様子を見ても良い。
家の中で飼っているとどうしてもストレスが溜まります。
たまには広い原っぱなどに連れていってあげてください。
たぶん逃げないと思います(たぶんです)。
慣れると草食系小動物は走りますよ~。
なんでも最高速度は時速80kmとか。
ただし蛇・カラス・毒草には注意をします。

お好み  TOPへ > 戻る