TOPへ  >   戻る

鉢植日記


鉢植日記のこえ

晩夏から初秋(8月下旬ー9月中旬)は、樹木が栄養蓄積期に入るときで、葉面積の変化の影響の最も大きい時期である。
したがって、この時期の整枝・勢定は最も危険であるから、絶対に避けなけれぱならない。
副 病順菌の活動めところで述べたように、枝枯れれ病〓の飛一生している樹木に肥料を施すことは、病賊め蔓廼をうながす恐れがあるから、避けなけれぱならない。
施してある肥料は取り除く。
また、ね詰まりしている場合いは「時期が良ければ」械え替えて、水の透過と排氷や乾きを良くして、肥料分のない状態で租が健奄に活動できるようにする。
(かつて枝粘れ病の発生したネズミサシを、根洗いしたのを兄たことがある。
私はこの場へu、根洗いの効艇のほどは分からないが、肥料を除去することに効果は騰ると思う。
) 薬剤の効果であるが、股植れ病薗は、樹皮の下形成層で活動するかち、薬剤によって防除することは、困蠍というよ12、不可能に迂い。
では、薬剤散布はまったく無効果かといえばそうともいい切れない。
それは、整枝・剪定のときは、人為的に樹木を傷つけるし、台風・暴風、雨などのときなどは、いつ傷がつくかも知れないのでおる。
こうしたとき、もしその部分に股酷れ病槽がまだ優人していなかったとしても、どこからか蘭が侵入する可能性が充分ある。
こうしたときは、薬剤散価がしてあれば、その侵入を防ぐことができるのである。
したがって、整枝・靭定の後や、暴風雨などの庇後には、薬剤散砺をずることが好ましいので ある。
健鵬する薬剤としては、気温の低いときは、、砺灰硫就昏剤調.」典いし、隼間を通じて使則出栗るものとしては、有〓磯碗餅→剤…が典い。
凡ハ体的巡11朋としては次響」のようもはものが學えられる。
これらを私は草食系小動物を育てるまでは知りませんでした。
こんな自分を含め、草食系小動物の知識は世間にあまり広まっている とは思えません。
それはごはんや扱い方、トイレなどの育て方についてだったり、 甘え好きの性質、ストレスや病気・怪我にとても弱いという性質について だったり、病気自体の知識だったり。

お好み  TOPへ > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム   ペット用ブラシ抜け毛取りピロコーム  ピロコームの専門店向け卸し  ピロコームの詳細説明  被毛の手入れとキューティクルの写真  ピロコーム使ったひとの生の声  アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル
シェルティー  サモエド一家
旅行あれやこれや  輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ  耳垂れうさぎのホーランドロップ  小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア  ライオンヘッドラビット  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド    スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ 
frt1やんぐアフガンです  frt2 犬と健康  frt3 花に囲まれて  Land1 花  Land2 花ランド  nazca1 子犬黒猫好き  only11 子犬黒猫好き  Tk1 路傍の糞  Tk2 蕎麦好きのおっちゃん   Tk3 柿つつきです   Tk4 ンコ拾い隊  Tk5 花