TOPへ  >   戻る

鉢植日記


鉢植日記のこえ

秘めたる魅力を語る 掛する盆霧界で.ザクロほその中姫となる樹 と与えて艮いものである・翼をはほとんど毘糖てられた撲寒で、人々の話題になることもなく、感動的な名本の登揖も見られない。
藤めら柾た多くの魅力を思うと掌、何故にこの木が人々の心を湿えることができないのか、改めて考えて見たいと愚ラ。
伝えられる所では、陶治30年代の終わ9頃から異常な人気となり、それ以来大正から昭和の初期まで.40年近くも綾いたのである。
今日残さ仇た当寿の名木集にも、他の雑本類を圧して多くの名木が登場している。
ザクロが人々から好まれた要因としては、美事な花を咲かせる事であり、その花容にも幅広のものがあり、一重から八重、咲き分け.綾り、牡丹咲きと多彩であり.色彩も、赤.臼、ピンク、と大小さまぎまな変化に富んでいる桓花期は皐局の終わった後の盛夏を迎えるが、見所は花だけでなく.春先の茅立ちの
広範囲に適応し、旺盛な繁殖力で世界各地に分布する飼いウサギのルーツは現在飼われているウサギなどは、すべてヨーロッパラビットがもとになっています。
ラビットは南アメリカ、北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカなど、極地を除く各地に分布していますが、ヨーロッパラビットのもともとの生息地は、イベリア半島やアフリカの北西部で、住んでいるのは草原や森林、湿地や沼地、砂地、砂丘や岩場、さらに農地など、さまざまな環境条件の場所でした。
現在では、人為的に放たれたり、家畜化したものが逃げ出したりして、各地で野生化し、広範囲の環境に適応しています。
繁殖力が旺盛であっという間に増え、畑の作物を食べたり、森林の樹木をかじったりして被害を与えることも。
このため、オーストラリア、ニュージーランドなど多くの地域で害獣とされています。
ヤギとうさぎは人が食料として大航海時代に放した。

お好み  TOPへ > 戻る