TOPへ  >   戻る

鉢植日記


鉢植日記のこえ

病原体を区分する。
つい先日、ネズミサシの枝枯れ病が発生した樹がもちこまれた。
そこで、その病気の樹をモデルにして考えてみたい。
まず、病気を知るためには病原菌のことを知らなけれぱならない。
植物に病気を発生させる病原体.病原菌・微生物などは、だいたい次ぎのように分けられる。
①ウイルス(VirUS)。
非常に小さいので、濾過性病原体と呼ばれた時代もあった。
景近ではエイズ(AIDS)の病原体として、悪名が高く一般に知られるようになったが、植物の病気としては、モザイク(梅の新葉や、トマ十などが、縮れるもの)の病原体がある。
これは、あまりに小さいので、病原菌の中には含まれず、別に病原体として扱われている。
②細菌(さいきん)。
多くの動植物に加害するバクテリアをいう。
身近なものでは、赤痢菌・コレラ菌などが知られている。
③菌親(きんるい)。
病害虫を起こす微生物のうち、黴(かび)の伸間を菌類と呼び、細菌とは別に扱っている。
④その他。
その他のものでは、②にも③にも入らないものに、線虫類(せんちゅうるい)がある。
複雑な構造の巣穴に暮らしている野生のラビットは、地下に巣穴を掘り、そこに群れで生活しています。
巣穴には寝室、産室などがあり、それらはウサギがちょうど通れるくらいの大きさのトンネルの通路でつながっています。
産室には、草や、メスが自分で抜いた毛などがしきつめられた、子供のための寝床があります。
また、産室は他の巣穴から少し離れた所に作られることもあり、普段は母ウサギが土で入り口を埋め、子ウサギを隠しておきます。
巣穴には、地上から見えない緊急脱出用の出ぐちや、敵を惑わせるためのニセの巣室などもあり、複雑な構造をしています。

お好み  TOPへ > 戻る