TOPへ  >   戻る

鉢植日記


鉢植日記のこえ

他の事由が加わり作用したとみるぺきでしょう。

先人の言に「存在するものは合理的なり」というのがあります。

ゴロ土を敷くことが盆栽界の常識であり、長い慣行であるならば,それにはそれなりのメリットが必ずあるはずです。

このように古い慣行の中に新しい合理性を見出すこともまた重要と思われるので、今回はこのことを中心に述ぺたいと思いますが、例によっていくつか関連事項を述ぺさぜていただきます。

さらに、「寂しいと死んでしまう」という俗説は大げさではありますが、あながち嘘ではないようです。
乱暴に構われるのは大嫌いですが、優しくされるのはとっても好きな動物です。
仕事や出産などの理由である日を境に突然構うことができなくなったり、入院や手術後に「飼い主に捨てられた」という不安で落ち込んでしまったり、簡単な手術の連続がストレスとなったりした子が結果 亡くなった、というケースを何件か聞きました。
もとから構わないとどんどん心を閉ざして人に慣れない肉食でない可愛い小動物になってしまいますし、変化にとても弱い動物、精神的に飼い主に依存しやすい、デリケートな動物であることは間違いありません。

お好み  TOPへ > 戻る