戻る

戻る
平和に。
犬が根っからの猟犬でも、同じ家に飼われている動物に手を出してはいけないと教えることは、きわめて容易ではない。
外の道では言うに及ばず、庭でも、幾ら懲らしめてもネコを追いかけることをやめない手におえないネコ追跡者でも、家のなかではネコやその他の動物に対して同じことをしないように訓練するのは、ごくやさしい。
そんな訳で、新しく手に入れたどんな動物でも、書斎の四つの壁のなかでイヌに合わせるというのが、私の習慣となっている。
家のなかのイヌがなぜそう殺気立って居ないのかは、私には分からない。
しかし一つの事だけは確かである。
すなわち、家の中に有って弱まるのは狩りたてる欲望だけであり、戦う欲望はそうではないということである。
私が飼っているイヌは全部、私の部屋に入ってこようとする見知らぬどんなイヌに対しても極めて攻撃的である。
私には、他のイヌについて同じことを観察する機会はなかった。
家族のような柴犬・ビーグル  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び   マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  うさぎ  日本のネコに野生猫 
原則として私は、イヌを飼っている人の家には私のイヌを決して入れなかったからである。
それは他人に対する簡単な配慮である。
それは単に犬の戦いが大抵の人の神経に障るからだけではなく、私は個人的にはこの事を気にしない。
私のイヌはいつでも勝つからである。
見知らぬ同類が訪ねて来ると大抵の雄イヌは、どこの家の主婦にとっても歓迎できない反応を示すからである。
イヌが足を上げる仕草は、非常に決定的な意味を持って居て、それは、逆にいえば、小鳥の歌とまさに同じ意味をもっているのだ。
縄張りの印づけであり、すべての侵入者に対して、彼らの感覚ではっきりと分からせて、彼らが他人の所有している領域に侵入したことを知らせて、立ち入ることを禁止する為の物である。
殆ど全ての哺乳類は、その縄張りを彼らの最も鋭い感覚能力である匂いによって印す。
よく訓練されたイヌは、自分の家ではこの縄張りの印づけを行なわない、いずれにしてもそこの雰囲気には、彼自身の匂いが人間の持ち主の匂いが十分にゆきわたっているからである。
見知らぬイヌが、悪いことに、よく知っている大嫌いな敵が、ほんの瞬間であっても入口をまたぐと、この抑制はただちにとり払われる。
この場合、多少とも元気のよいイヌならどれも、自分の濃縮した尿を振り掛けて、敵の匂いを消してしまうことを、どうしてもしなければならぬ義務だと考える。
飼い主にとって、とくにそれが婦人である場合にはなおいっそうやりきれぬことに、清潔な飼いイヌが、家中を足をあげて、恥ずかし気もなく家具から家具へと歩きまわるのである。
イヌを飼っている人の家に自分のイヌを連れて入る前に、このことを考えてもらいたい。

ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは 

自分の家の中でのイヌのこの平和主義は、こうして、いずれは獲物になるものか、自分とは同じ種に属さない物に対してだけ発揮される。
ここに、動物王国に於ける積年の、そして非常に広範囲に渡る行動反応、或いはもっと適切に表現すれば抑制を見ることかできる。
タカやその他の猛禽類がその巣の近くで獲物を漁らないことはよく知られている。
十分に成長した雛のいる鳩の巣はタカの巣のすぐ近くで発見されるし、カモがキツネの住んでいる穴に巣を構えて雛を孵すと言う、 信頼するに足る情報もある。
オオカミが自分の穴のすぐ近くでシカの子どもが成長していくのを放置しておく、という報告もある。
わが家の飼いイヌたちが家の中で様々な種類の動物に対して非常に友好的なのは、まさにこの長年に渡る平和の決まりの為だと言うのも、有り得る事だと私は考えている。
家の中で獲物を殺す事に対する抑制は絶対的なものではない。
獲物を追いかけることに強い欲求を持って居る血気盛んな若イヌに、ネコ、アナグマ、ウサギ、ネズミその他の動物たちが、これからは自分と同じ主人に仕えるのだということ、そして彼らは食べてはいけないだけでなく触れてもならぬ、神聖な、換言すれば完全にタブーであるということを教えるには、思いきった手段をとる必要がある。
何年も前に、最初のネコを連れて家に帰り、もっとも熱心なネコ追跡者の一匹であるイヌに、どうやってこの小さな生き物に手出しをしてはいけないと教えたかを、私は昨日のことのようにはっきりと思いだす。

私か小さな子ネコを取り出すと、イヌは期待して飛んできた。
めったに聞かれぬ、大変特徴的なやり方で鼻と喉を鳴らし、木の根株のような尻尾を非常に早く振ったので、それは殆ど見えない位だった。
もちろんイヌは、玩具にして酷く振り回す為に与える目的で私がネコを作ったのだと堅く信じていた。
この確信は、決して不当なものではなかった。
私はそれ以前に、彼に古くなった玩具のクマや剥製のイヌなどを与えていたからである。
そうした偽の獲物と演ずる彼のおどけた身振りは、実に愉快なものであった。
所が今度は、彼にとっては実に残念な事に、私は子ネコであることをきっぱりと示したのである。
イヌは並み外れて性質の良い、従順なイヌだったので、私には彼が命令を無視して子ネコを苛めるのでは無いかという心配は殆ど無かった。
そこで私は、彼が子ネコに注意深く近づいてきて、頭の先から尻尾の先まで匂いを嗅いだ時にも邪魔しなかった。
そうしていながらも彼の全身は興奮して震え、その滑らかで艶のある毛皮は、首と肩の部分の黒い不吉な鈍い光を放つ毛が逆立って、気持の高まりを示していた。
イヌはネコに何もしなかったがときどき私を見上げては低く鼻をならし、扇風機の様に尻尾を振って行きつ戻りつ、四木の足で足踏みしていた。
これは、この素敵な新しい玩具を追いかげてやっつける、待ち望んでいた遊びを始めようという彼の訴えであった。
戻る

戻る