TOPへ  >   戻る

秋のみやび


この花秋のはな

水がおお過ぎて根腐れするということはまずありませんから、鉢の表土が乾いたら根水・葉水ともたっぷり与えてくだきい。

肥料は油カスの玉肥を用い、切らさないように与え続けましょう。

ネズミサシの最大の難敵は赤ダニです。

赤ダニは生長期,とくに高温の日が続いた年には大景発生しますので.防除も根きよく行わなけれぱなりません。

アカール剤を散柘してください。

冬期は、石灰硫黄合剤20-30倍液を12月上旬.または2月下旬に散布します。

ネズミサシの魅力のひとっである舎利や神は、彫刻後の処理でその後の維持力がちがいます。

彫刻直後ばまず墨を塗って保護し、2-3ケ月以降に石灰硫黄合剤を塗り仕上げるのが通例です。

また.生き幹を舎利にした場合は、卜ップジンMを塗ると相当の効果があることを付け加えておきます。


お好み  TOPへ > 戻る