TOPへ  >   戻る

秋のみやび


この花秋のはな

ローマ入もまた、はじめはバターを知らなかった。

かれらは[スイスの]ヘルペティア人からバタ」のことを学んだ。

ローマ入は、戦争のときもそうだが、旅行者としてかれらと交渉があった。

裕福なローマ入は、休暇をアルプスで過ごすことを好んだ。

そこへは、ローマ帝国の整備された道路を馬や馬車に乗って、たやすく行き着くことができた。

ス/スでは、ローマ入はミルクやチーズを食べて保養したのである。

ヘルベティア入のミルクは、ローマのふつうの混ぜものミルクよりもはるかにすぐれていると、歴史家たちにほめられている。

ローマとアウグスブルクでの牛の価格ローマ貴族のぜいたくな饗宴の話などから私たちが想像するのとちがって、ローマ入の肉の消費量ははるかに小さいものであった。

民衆は、一きれの焼肉にありつけることさえ稀であった。

かれらは、むしろ魚や家禽にたよっていた。

カルタゴ入との戦いで最後の勝利をおさめたのち、ローマの「経済の奇跡」の期間、仕事をもたない人びとー実際には職につくことができない人たちーにたいして国家が扶養の義務を負うという法律が成立した。

はむ太郎出産後のえさはえさの不足や、栄養バランスの偏り、水の不足などから、母親のはむ太郎が子供を食べてしまうこともあります。
静かな環境を心がけるとはいっても、えさやりは確実に。
妊娠中と同じように、栄養あるえさをたっぶりやりましょう。
子供が巣から出たら子供は戻すと良い、生まれたばかりの子供は、毛が生えていなくて、目も開いていません。
体重は5gくらいと本当に小さいのです。
巣箱の中にいてよく見えませんが、巣の中で兄弟同士体を寄せあい、お互いに暖め合っています。
母親が巣から出たとき、乳首に吸いついた子供が一緒に出て巣箱の外で落ち、そのまま外にいることがあります。
でも、たいていの場合は母親がくわえて巣に連れ戻します。
寒いときや、母親がそのまま放っておく場合は、1匹だけになると保温ができないし、自分で動くこともできないため、人間が巣箱に戻してやるようにしましょう。
このとき、人間のにおいがつくと親が不安に思って食べてしまうおそれがあるので気をつけます。
巣からはい出た子供がそのままにされている場合は、わりばしなどを使って巣に戻してあげます。

お好み  TOPへ > 戻る