TOPへ  >   戻る

秋のみやび


この花秋のはな

「生きた豚を持てない貧乏入は、ねり粉で豚の形をつくり、それを焼いていけにえにした」(ヘロドトス『歴史』)という。
私たちは、祭司たちのずるがしこさがここに現れていると考えてよいのだろうか。
おそらく、たいそう豚肉の味を好んだ祭司たちは、このごちそうを自分たちだけのものにするため、豚は「触れてはならないもの」であるという考えを推し進めたものであろう。
さらに不思議なことには、同じような豚に対する禁止令がヘブライ入によって引きつがれている。
しかし、ここでは別な要因によったものであろう。
すなわち、豚の悪評は、たぷん泥のなかをころげまわる習慣、あるいは、何でも食べる意地きたなさに由来したものであるらしい。
しかし、ある専門家たちは、イスラエル入が家は丸焼きの豚奮されたが・それには厳選したごちそう、鳥肉、野菜や果物が詰めこまれていた。
そして、パリパリした豚の皮だけが賞味されたので、豚はただぜいたくな料理を入れるための容器に過ぎなかったのである。
おそらく倹約のためであろうが、古代のゲルマン人は、豚をいけに.乏用いた。
そして、まもなく豚は牛やヤギのかわりに使われるようになった。
出産や出産する環境は交尾して10日過ぎたころから、メスの下腹部は一目でわかるほど膨らんできます。
また、12~14個の乳首も赤くなり膨らみます。
そうなったら出産の準備をしましょう。
一度に何匹もの子供が生まれるので、前もって大きな巣箱を入れて準備しておきます。
巣材も増やしましょう。
落ちついて出産できるように、えさをやるとき以外は、なるべくケージに近づかないようにしましょう。
えさやりのため、えさ入れや給水器を洗うためにケージに触るときも、できるだけ静かに行ないます。
ケージは暗く静かな部屋に置くか、ケージを布で覆ったりしてあげます。

お好み  TOPへ > 戻る