TOPへ戻る

秋のみやび

この花秋のはな


kikka011

kikka012

kikka013

kikka014

kikka015

kikka016

kikka017

kikka018

kikka019

kikka020

kikka021

kikka022

kikka023

kikka024

kikka025

kikka026

kikka027

kikka028

kikka029

kikka030

kikka031

kikka032

kikka033

kikka034

kikka035

kikka036

kikka037

kikka038

kikka039

kiki
kiki
kikka040

kikka041

kikka042

kikka043

kikka044

kikka045

kikka046

kikka047

kikka048

kikka049

kikka050

kikka051

kikka052

kikka053

kikka054

kikka055

kikka056

kikka057

kikka058

kikka059

kikka060

kikka061

kikka062

kikka063

kikka064

kikka065

kikka066

kikka067

kikka068

kikka069

kikka070

kikka071

kikka072

kikka073

kikka074

kikka075

kikka076

kikka077

kikka078

kikka079

kikka080

kikka081

kikka082

kikka083

kikka084

kikka085

kikka086

kikka087

kikka088

kikka089

kikka090

kikka091

kikka092

kikka093

kikka094

kikka095

kikka096

kikka097

kiki
この花秋のはな

水掛け三年。
普から,氷掛け三年事という言葉があるように、一人前の水やりができるようになるには、かなりの習練が必要とさ忙ております。
どうも我が国には,石の上にも三年とかいうように、やたらに三年とか八隼とかいう言葉が出てきますが、これは比瞼ですからそのことははなしの外におくとして、水やりとははたしてそんなに難しいものなのか。
あるいはもっと簡単にみてよいものなのかも一考の余地があると思います。

わたし自身も、三卜甲ほとの隼月を鉢植えに課しんでおりますが、現ていませんし、また初心者であっても、基本概念さえ誤らなければ、今日からでも80点位の水やりはできるものだというのが結論だと思っております。
水やりは.用土の種類や大きさ、樹種や樹齢、環堀や培幾方法などが極めて複雑に作用しますから、その方法に完壁さを求めること嵐体所詮無理なことかも知れません。
その反面、作業自体完壁でなくても、鉢植え自体がほぼ満足に近い生育をしめすならば、それほ及第生ないし優等生の水やりということができます。
しかし現実に多くの愛好者の会をみる眼り、先生の方は別として、多るようです。
これはプロに較べ時間的制約のあることも考えられますが、最大のものは概念に誤りがあるからで、このことは購習会などで多くの方々と接するとき、痛切に感じられるところです。
例えば、水が多いことが根腐れに通ずるなどというのは、誤りの中でも罪深いものといわなけれぱなりません。
ここでは八○点から九〇点を回指す水やりをめぐって、その概要を述べたいと思います。
灌水の目的。
鉢植えは、植木鉢という隈られた範囲の中て生活し、かつ生長することを強いられています。
限られた鉢の土は.当然限られた水の供給源を意味しますから、人工的に水を供給してやらなければならないこともまた当然で、これは鉢植え人の一つの責務でもあります。
このように水やりとは、水の供綸ないし補給という主圓的をもつものといえます。
そしてこの孝え方は少なくても誤りではないけれども、水やりのすぺてであるとは言いきれない多くの意味をもっております。
では水やりとは何か。

さて、その水やりの目的ですが、これは分けて考えれぼ次のようになります。
1水の供総または補給や鉢温の調節。
2肥料濃度の調節や空気の人れ換え。
これらについて所見を述べたいと存じますが、これらはいずれも煙雑に作刷しますので、内容は重褸したリクドクなることもあると思いますが、これは筆掃の表現力の低劣さですのでお許し戴きたいと俘じます。
①水の供給または補給。
人体は、体派の六〇%前後が水分であるといわれておりますが、植物の場命は慨してそれよりも多く、断構部分や卓本植物ではほとんどが90%を超えており、はなはだしいものでほ九八%以上の水分をもつものさえあります。
これらの水分は、綱胞を形成するもの、養分を流勤させるための樹液、光合成の材糾となるもの等に分けて孝えることができますが、一部は常に蕪からの蒸紋という形で消費されております。
そして樋物は、根から供給される水が途絶したり、葉から蒸散が異状に多いような場合は、体内の水分バランスを失い、いわゆる脱水症状を起し、技構れをしたり、はなはだしいときは枯死します。
このように生体構造の大半を占め、かつ生俘に欠くことのできない水分の補給が贋要なことは、今さら論議するまでもありませんが、髄物生長の根源が光合成であり、その主材料が水であることを思えば、水の多少は植物の生長を支配するものということができます。
繁殖については、繁殖は割合簡単で、まずもらい手を確保してから繁殖をします。
繁殖させる前に自分のはむ太郎が子供を生んだら楽しいと思う人は多いでしょうが、子供を生ませるのは簡単で、特別な世話は必要ありません。
繁殖力が強いはむ太郎は、オスとメスを一緒にすれば比較的容易に繁殖できます。
はむ太郎は、自然の食物連鎖の中では、他の動物に食べられる存在なので、子供をたくさん生まないと種が絶えてしまうので、繁殖力が強いのです。
繁殖させると、一度に10匹以上の子供が生まれることもあります。
あなたは10匹ものはむ太郎を世話するか、もらい手を探すことができますか? その点をよく考え、無責任に繁殖させるのはやめましょう。
繁殖させたくなければ、1匹だけ、あるいはオスとメスを分けて育てることです。

お好み  TOPへ > 戻る