TOPへ  >   戻る

絵日記


絵日記のこえ

採取した根は乾燥させると枯死するので、ただちに根伏せ用の穂作りをします。
穂の長さは30阻前後で、上都3分のーの佃梗は切り藩としておきます。
穂作りが終わったら庭先の露地に20㎝ほどの穴を掘り、穴底に横に寝かせて来春の3月中旬まで埋め込んでおきます。
(寒冷地では穴の深さを30㎝ほど深くし、寒さから保護する)埋め込まれた根は土中が温かいので、冬期間中でも発芽準備をしています。
根伏せの適期と伏せ方 4月上旬になったら掘り上げ、根の上部を2㎝ほど地上に出し、斜めに穂作りした根を伏せ床に植え替えます。
根伏せ床のない場合は、庭先の日当たりのよいところに植え直してもかまいません。
根伏せ床 根の長さにもよりますが、30㎝ほどの深さの木箱か、発泡スチロールのトロ箱を使用します。
根伏せ床の培養土 この時期になると早い根は上部の付近が白く盛り上がっています。
新芽はこの白い部分から伸びはじめて、やがて新梢となります。
関東では硬質の赤玉土8に砂礫や軽石を2割ほど混ぜます。
関西地方では、赤玉土8に花崗岩の風化した砂礫土を2割ほど混ぜた方がよいでしょう。
粒土の大きさは、ミジン粉を除いた直径2~5nm位を使用します。
伏せ床には水抜き穴を開け、排水性をよくしておきます。
もちろん、床底にはー㎝大粒のゴロ土を二重ね程度入れておいてから、培養土を床縁1㎝ほど下まで入れます。
植 え込みが終わったら十分に灌水します。

お好み  TOPへ > 戻る