TOPへ戻る

はな絵日記 家のなかでは彼を完全に無視していたか、戸外では熱心に追いかけた。
そのために、ある日ネコがまるで姿をみせなかったとき、私はかなり疑わしく思ったほどである。
同じ家の屋根の下で余儀なく共同生活を営む異種の動物を追い駆けたいという強い欲望を抑え付ける事の難しさは、イヌが突き合わされる動物の種に応じて変わる。
最も頑固な猟犬にでも、飼っている鳥を殺さないように教えることは、非常に優しい。
それは主人に対する伊達男の答に見る如くである。
同じ感情をさまざまな小さい哺乳動物に対しても抱くことは、イヌにとって著しく困難である。
小さい獲物のうちでも最も誘惑をそそるのはウサギのようであり、ネコについては完全に訓練してあるイヌでも、ウサギに対しては常に信頼が於けるとは限らない。
私自身のイヌもご多分に漏れない。
驚くべきことにハムスターには関心を示さなかったイヌが、手出しをしてはならぬと最も厳しく命令しておいた、私の部屋を自由に飛び回る愛嬌のある小さいネズミに対しては欲望を隠そうとはしなかった。

破損させない心がけ。
鉢は、周知のように陶器か磁器で創られるのが一般的ですが、この陶磁器は、ある水準以上に造型され焼成されたものであれぱ、時が経つにつれて、よく言われる「わび」「さび」の味わいが生まれてくるものです。
ここに陶磁器の魅力があります。
ですから、細心の注意を払って扱い、決して破損させないこと。
そして長く持ちこむことが大切です。
この点は、鉢植えと共通するところです。
とくに、陶器の中で軟陶で焼成したものには気を配る必要があります。
けれど鉢植え鉢は、箱に入れてしまっておくものではありません。
使ってこそ、器物としての用をなすわけですから、使いながら破損させない注意が必要です。
ちなみに、軟陶というのは、軟質陶器の略で、低温で焼成されたものを指します。
低温焼成には2種あって、耐火度の高い粘土を用いて温度不足で焼き締めが十分でないものと、はじめから強い焼き締めをしないで低温で熔ける紬薬を使って創ったものです。
軟陶ものは、概して吸湿性が強いため、冬期に凍結させるとヒビ割れて破損することがありますから冬期には凍結からの保護が必要です。
では、棚に置く時の注意に触れておきましょう。
鉢植え棚は、条件が許す限り、採光と通風の良い場所が望まれます。
それは、樹木の生育にとって不可欠な条件です。
しかし、風通しが良いということは、時に強風も受けやすいということです。
しかも、鉢植えの多くは、鉢という器の上に扇を広げたような形に植えられているものですから、強風を受けると、帆に風を受けたような状態になります。
よほど重量があるか、安定した樹でないと、倒れたり棚から落ちて破損する危険性があります。
しかしそうは言っても、鉢植え鉢は、使ってこそ意味があるわけですから倒れる危険性があるとは三目っても、しまっておいたのでは用をなしません。
では、どうするか。
まず、ボンサイが倒れやすい場所と比較的安金な場所を見きわめておくことです。
さらに、風速の程度による危険性の度合いを熟知しておくことも必要です。
そして、必要に応じて棚から下ろすか、細ヒモで棚に結わえるなどの対策を立てて、事故を未然に防ぎましょう。
台風などで強風が予想される場合は、もちろん棚下に置くとか屋内に移すなりして保護します。

絵日記のこえ


bk_index

0703580

0703581

0703582

0703584

0703585

0703587

0703588

0703589

0703590

0703591

0703592

0703593

0703596

0703597

0703599

0902001

0902002

0902003

0902004

0902005

0902006

0902010

0902011

0909011

0909022

0909023

0909106

0909107

0909108

0910232

0910233

0910234

0910235

0910236

0910237

0910238

0910240

0910241

0910243

0910244

0910246

0910247

0910248

0910310

0911204

0911205

0911206

0911207

0911208

0911209

0911210

0911211

0911212

0911213

0911214

0911215

0911216

bk_index

0911217

0911218

0911219

0911220

0911221

0911222

0911223

0911224

0911225

0911226

0911227

0911228

0911229

0911230

1005003

1005004

1005005

1005006

1005007

1005011

1005012

1005035

1005036

1005037

1005040

1030002

1120001

1120002

1120003

これ秋のはな


大好き TOPへ > 戻る