木工旋盤WT−300の改良    → 工房日記   → HOME 心響太鼓工房

 木工旋盤WT−300を手に入れたので、台に固定して動かしてみた。問題点が、いくつか見つかった。使いやすいものにしようと、改良に取り組んだ。
本体
 ・電源を入れると、モータがごとごと振動する。
 ・回転速度の変更が、ベルト掛け替えなので面倒である。
 ・ベアリング部分からガラガラ音がする。
 ・プーリーロックノブがつかみにくい。
ツールガイド
 ・ガイド受けに固定する部分の遊びが大きすぎて固定しにくい。
カップセンター台座
 ・ハンドホイール部分の遊びが大きい。
 ・ハンドホイール部分にバリがあって手にあたる。
 ・ベッドに固定するねじが2個あるが、クランプレバーが1個だけでもう1個は六角穴付ボルトで固定するようになっているので使いにくい。

木工旋盤WT−300の改良点
モータの振動対策
 本体側のモータベースの補強
  ・厚さ24oの木材をL字に切ってベースの下に入れて台に固定した。
  ・本体の台座が、斜めになっているので中央の高さが足りなくなるため、ワッシャーを2枚入れた。
  ・主軸とモータ軸が平行になるように固定した。
  ・モータ側のベース1箇所を台にねじで留めた。
  モータの振動は、激減した。
 回転速度の変更は、3相交流200Vモータをインバータでコントロールすることにした。
  ・日立3相交流200V、0.4kw 富士電機100V入力、200V出力0.4kw用にした。
  ・モータ側のプーリー2"1/2インチ、主軸側は中央を使うことによって、50Hzで1000回転程になる。Vベルトは、元のまま使える。M−29インチ
  ・インバータの周波数は、120Hzまでにセットした。
  大変使いやすくなった。

ベアリング部分からのガラガラ音対策
 ・ベアリングを交換して音がしなくなった。2個500円
 (深溝玉軸受NTN6004ZZ2個、外径42o、内径20o)
 ・主軸を外すときに、ねじの部分を傷めないように木片をあて、木槌でたたいて外した。
 本体に残っているベアリングは、太さ18oの木の丸棒を反対側からあてがい、木槌でたたいて外した。(注意すること 内側にベアリング留めのCリングがある。)
 ・ベアリングが入っていたところに、本体を塗装したときのペンキが穴半分にかなりの厚さでこびりついていた。外したベアリングにもペンキがついていた。このためにベアリングが変形していたのかもしれない。
 ・ベアリングが入る部分の塗料を、カッターナイフで削り取り、1000番のサンドペーパーを丸棒に巻きつけて磨き、布で拭き取ってきれいにしてから、新しいベアリングに木片をあてがい、木槌でたたいてはめ込んだ。
 ・主軸をはめるとき、チャックを固定するねじを傷めないように、チャックロックねじを外側いっぱいにして木片をあてがい、木槌でたたいてはめ込んだ。
 ・主軸の抜け留めカラーも、貧弱な物だったので交換した。
 1個240円(内径20o、幅15o、六角穴付ねじ2個で固定するタイプ)

 ・プーリーロックつまみに、10oの真鍮六角棒に穴をあけ、穴の部分を半分削ってからたたいて入れた。つかみやすくなった。
 ・ツールガイドを固定する部分に、真鍮製のワッシャー直径50o、厚さ4.5oとカラー直径15o長さ15oに8.5mmの穴をあけて作ったものをいれた。
 ・カップセンターを動かすハンドホイール部分にも、厚さ4o程のワッシャーを作って入れた。
 ・カップセンター台座をベッドに固定するねじ穴に、ガイドバーを傷つけないように真鍮の丸棒、直径6oを入れて、クランプレバーで固定できるようにした。

 ・チャックは、中国で生産されたグリズリーの4-Jawを取り付けています。(VM100もどき)
 このチャックにも問題がありました。Jawを固定するねじの1本に変形があった。8本とも取り替えた。(六角穴付皿ねじ、M5 1 0o)

 インバータで回転数を設定できるようになり、また、振動も少なく大変静かに回転するようになって使いやすいものになった。

 回転型ライブセンターを自作した。材料A2017ジュラルミン直径40o長さ50o、6001ZZベアリング2個、ドリルチャックアーバーMT1先端JT2を使って、ジュラルミンを旋盤でベアリングの入る穴28o深さ17oに削り、3/4インチ16tpiのネジを切ってから、アーバーの先端を直径12o長さ17oに削った。アーバーにベアリングを圧入してからベアリングを削った穴に圧入して出来上がった。

 WT-300の改良

 モータベースの補強厚さ24oの木材

 ベアリング交換NTN6004ZZ

 内側も交換 外側と同じ物

プーリロックつまみ

交換したベアリング

主軸と抜け止めカラー取り付け

交換したカラー

自作カラーとワッシャー

クランプレバー

19o穴ワッシャー取り付け

2"1/2プーリ50Hzで1000回転程になる。VベルトM−29"

 欅11pのお椀

 締太鼓胴削り・塗装

 チャックの振れ止めのためのワッシャーを取り付けた

回転型ライブセンターを自作した。

 

 

 

 外側の面版を使ってバキュームアダプタを作った。

 

 

 

  → 工房日記   → HOME 心響太鼓工房