自作サイクロン集塵装置1号機   → 工房日記   → HOME 心響太鼓工房 

 原理は、空気といっしょに吸い込んだ塵を筒の中で渦巻きを起こすようにして空気と塵を遠心分離するものです。塵は空気よりも重いから遠心力でコーンの筒に沿って加速して回りながら重さで下に落ちます。空気は、渦の中心を吸い出せば塵と分離してきれいになった空気だけが出てきます。空気の流れは、時計回り、反時計回りどちらでもいいようです。
本体の内側にセットして、渦をおこさせる筒の太さや、長さがポイントのようです。家庭用の掃除機では、遠心分離をするために、本体の直径が10僂ら25僂らいまでで、大きくするためには空気の流量を大きくしなければ遠心分離がうまくできません。
 サイクロン方式には、二通りあります。サイクロン集塵機の前に塵を吸い込むブロワーがあるもので、吸い込んだ塵をサイクロン集塵機に送り込んで分離する方式と、今回作った物は、ブロワーの前に置き、きれいになった空気だけを吸い出す方式です。この方法で作るためには、掃除機の吸引力に負けないようなしっかりした塵受けが必要です。
 塩ビ管の異径継ぎ手を上と下につなぎ合わせて作っている人や、空調ダクトの異径継ぎ手を使って作っている人、その他、コーンの分部をプラスチックの植木鉢、メガホン、工事用のコーン等を使って作った人もいるようです。
 直径15僂覆里韮.3个瞭屡弔悩遒蠅泙靴拭コーン部分は、高さを決め、円錐の展開図を描く要領で描いて実測した。はんだ付けは、銅板のため熱伝導率が良くはんだごては使えなかった。バーナーで熱してはんだ付けした。板金加工は、けっこうたいへんです。

自作のモデルにしたサイクロン部 

 家庭用精米機に取り付けられていた糠を分離するサイクロン部をモデルにして、集塵装置を自作した。

 モデルにしたサイクロン部の大きさ

 直径150弌▲好肇譟璽班遙隠毅悪弌▲魁璽麌遙横毅悪弌▲魁璽鵑旅覆衂直径75弌入り口直径50弌▲ぅ鵐福爾猟招贈牽悪伉垢毅隠娃悪个任后

 

 サイクロン集塵装置を組み立てた。ダクトホースは、50个鮖藩僂靴拭

 ストレート部直径150伉垢毅隠毅悪弌入り口と出口50弌▲魁璽麌遙横毅悪仆亳75弌▲ぅ鵐福蕊直径75伉垢毅隠娃悪弌■.3个瞭屡弔鮖藩僉∪楾腓蓮▲弌璽福爾撚断してはんだ付けした。

 蓋の部分、コンパネ12丕暇腓呂蟾腓錣察直径230弌▲献哀宗爾農擇辰凸攅旋盤で外形を削り、直径150个僚蠅帽造鯆Δ辰橡楝里般閉できるようにした。インナー部も木工旋盤で溝を彫りゴムパッキンと共に接着剤で止めた。出口部分は、50丱侫スナービットで穴をあけ接着剤で止めた。

 空気漏れを防ぐために、本体の縁にコの字型のゴムパッキンを被せた。本体を集塵受けの蓋に取り付けるため、糸のこ盤でコーンの形に合わせて切って接着剤で止めた。3本のロングボルトは、サイクロンの蓋部分を止めるものです。

 集塵受けの蓋は、コンパネ12丕暇腓呂蟾腓錣察直径42册眤Γ械広冖攅旋盤で削り、スポンジゴムパッキンを貼り付けた

 集塵受けは、40リットルの漬物樽です。

 

 サイクロン部を、掃除機から木工用集塵機につなぎ替えたので、65个離瀬トホースを使えるように新たに作った。さび止めスプレー空き缶の直径がホースにぴったりだったので使った。

 組み立てた後、ダクトホースを取り付けた様子です。

 出口部分に透明プラスチックのエルボーを取り付けた。径が同じなので入らない、プラスチックエルボーをバーナーで加熱してから、押し込んだ。エルボーとダクトホースのつなぎに、ねじ込み式のゴムつなぎを使った。ジョイフルホンダで購入した。

 DIY用木工用集塵機マキタM440と一緒に、移動できるようキャスター付台を作った。

 細いダクトホースは、洗濯機の排水ホースを使って、サンダ−ポリッシャーやベルトサンダ−につなぐためのものです。

自作サイクロン集塵装置2号機

 スポークシェープ1.5HP集塵機に取り付ける。

 単相100V200V兼用モータ1.5HPの木工用集塵機を、キャニスターフィルター付きで、リブロスデルムンドから購入した。空間利用と木片等の大きな物が、直接ファンに行かないように、サイクロン装置を設置した。大きな物は、バケツに溜まり、細かな物はビニル袋に溜まる。  キャニスターフィルターは、布袋式の物より表面積が6倍ほど有り、目詰まりしにくく集塵力を長期間維持できる。フィルターの掃除は、外側からブロワーで吹き飛ばすようにすればよい。高さが、2230侏り天井の電灯ぎりぎりだった。

 集塵受けは、60リットルのスチールバケツを使い、縁にはU字型のゴムパッキンを取り付けた。集塵機の入り口が125个覆里妊瀬トホース125个鬟汽ぅロン部の高さに合わせて400仍箸辰拭

 蓋は、コンパネ12丕暇腓呂蟾腓錣察外形をジグソーで切り、木工旋盤で外形440弌▲丱吋弔瞭眤Γ苅隠悪个忘錣辰拭Fり口と出口の穴を糸のこ盤で切り取り、塩ビ管つなぎストレート100侏僉外形124个韮隠横記个離瀬トホースにちょうどよい。入り口は、100个離瀬トホースを使うので、75侏儕ビ管つなぎのエルボーを接着剤で止めた。

 

 U字型のゴムパッキンを貼り付けてある。

 削り屑の分離が悪いのでインナー部を12儕篦垢靴拭

 

サイクロン集塵装置3号機 

 金子農機サイクロン集塵器ゴミとるもんを改造してKERV1HP集塵機に接続する。 

 工房の集塵機につなぐために金子農機サイクロン集塵器ゴミとるもんを手に入れた。鉄製で直径280弌長さ905仟翩佞。 ネットで調べると新型は、ステンレス製になっている。

入り口100弌⊇亳140弌.好繊璽訐修里燭畛が出ている。

台は高さをかえることができる。

 機械の銘板 

 インナー部140弌長さ230

 コーン部120弌袋を取り付けやすいように、280个療に覆われている

 35个糧弔肇好肇譟璽鳩僂手を使って100个離瀬トホースにつなげるように自作した。

 自作した継ぎ手を取り付けた様子です。

 ライトグレーで塗装した。

 屑受けに70リットルのポリ容器を用意して、取り付け用の蓋を作った。12个離灰鵐僖唯暇臈修蠅△錣察内側445亞安Γ苅牽悪佶楝里亮茲衂佞鰻蝪横牽悪弌板をサイクロン部に接着剤で取り付ける。

 貼りあわせた板を木工旋盤で削って、サイクロン部が入る穴を旋盤であけて本体に取り付け接着剤で接着した。

 ライトグレーで塗装した。

 空気漏れを防ぐゴムパッキンを貼り付けた。

 70リットルのポリ容器と組み合わせた。

 サイクロン部の入り口と出口100个離瀬トホースを使う。

 サイクロン集塵装置の全体像です。70リットルのポリ容器に載せただけだが、けっこう安定している。

 銘板等にマスキングテープを貼ってライトグレーで塗装した。

 移動できるようにキャスター付き台を作り、KERV1HP集塵機とサイクロン集塵装置を接続して完成した。

サイクロン集塵装置4号機

 スポークシェープ1.5HP集塵機を改造して、金子農機サイクロン集塵器ゴミとるもんを取り付ける。

 残りの2台を高圧洗浄機で洗った。1.5HPの集塵機に接続していた自作サイクロン集塵装置2号機と交換します。

 厚さ21个糧弔鯏修蟾腓錣擦討ら木工旋盤で削って、100个離好肇譟璽鳩僂手を接着して異径継ぎ手を作った。め止めをしてから塗装した。 異径継ぎ手を作ったが直接取り付けのため使わないことにした。

 塗装後マスキングテープを剥した。

 入り口と本体のスポット溶接部分や本体のスポット溶接の間に隙間があって空気漏れするので瞬間接着剤を塗布してから、銘板等にマスキングテープを貼ってパールグレーで塗装した。

 屑受けを取り付けるための蓋を作って接着してから塗装した。

 1.5HPの集塵機に取り付けるためゴムパッキンを貼り付けた。

 サイクロン出口と直径を合わせるために集塵機入り口にスポンジゴムパッキンを貼り付けた。

 屑受けは、サイクロン装置2号機を作ったときの容量60リットルのスチールバケツを使う。   12丱灰鵐僖唯暇臈修蟾腓錣察内側直径41儚安Γ苅喚儼蝪横賢僉▲献哀宗爾捻澤舛棒擇蠎茲辰討ら接着して木工旋盤で削って作った。穴は、パーティングツールで切り取った。

 ゴミとるもんサイクロン集塵器を取り付けるために、スポークシェープ1.5HP集塵機のブロアー部を高くするために改造した。1インチのビニルハウス用鉄パイプで55儿發した。補強のために同じ鉄パイプ(76僉砲鮖箸辰謄好董爾鮗在クランプで固定した。

 屑受けのバケツとサイクロン部の気密性を高めるために、蓋にスポンジゴムパッキンを貼り付け、バケツにキャッチクリップを厚さ18个糧弔鮖箸辰討佑源澆瓩靴拭キャッチクリップ3個使っている。

 サイクロン部の出口をブロアーの入り口にねじ止めして、本体を支柱に角材を使って取り付けた。

 改造した集塵装置で、高さ197僂砲覆辰拭カートリッジフィルターを下向きに取り付け、上の部分はビニルをかぶせてバンドで締めている。 補強のためのステーが、片側だけだがかなりの補強になっている。

 改造に使った金子農機製のサイクロン集塵器ゴミとるもんは鉄製だが、ネットで調べたらホクエツ農機でまったく同じ大きさの物をステンレスで製造して販売していることがわかった。販売店での値段は、値引きして37,000円ほどでした。

 移動するためには、もう少し補強をする必要がある。1インチの鉄パイプとクランプを使って補強する予定です。高さも2m以内におさまり、占有面積も元のまま使えるようになった。60リットルのバケツは、削り屑をゴミ袋に移しやい大きさです。この大きさでないと支柱やフィルターに当たって取り付けることができない。

ビニルハウス用1インチ鉄パイプとクランプを使って支柱を再補強した。

サイクロン集塵装置5号機 

 改造スポークシェーブ1.5HP集塵機の2段サイクロン集塵装置化

 金子農機サイクロン集塵器ゴミとるもん3台目を使って、改造スポークシェーブ1.5HP集塵機を2段サイクロン集塵装置にすることにした。

 90リットルのポリ容器を用意して寸法を測ってコンパネを切って張り合わせた。(内側500亞安Γ毅毅悪亳さ12亰蝪横牽哀潺蝓法        〔攅旋盤で外形を削り、穴をあけてサイクロン部を接着します。

 1インチの鉄パイプとクランプと板を使ってポリ容器を載せる台にした。集塵器の重量バランスを取るためここにした。

 木工旋盤で外形を削り、パーティングツールで穴をあける。

 万能タイプの瞬間接着剤で接着してから塗装した。

 スポンジゴムパッキンを貼り付けてからライトグレーで再塗装した。

 サイクロン集塵器ゴミとるもん2台をホースでつないで試運転をした。

 70リットルのポリ容器に半分程溜まった削り屑を吸い込ませてみた。90リットルのポリ容器にほとんど溜まり、スチールバケツには細かい粉状の物がうっすらと溜まっていた。

 フィルターを外してサイクロン部を取り付ける部材をねじ止めした。

 サイクロン部を上から降ろして引っ掛けるようにした。

 ポリ容器に溜まった削り屑を捨てるときは、サイクロン部を持ち上げると外すことができる。

 柱を再補強して完成した。

 

 

 金子農機サイクロン集塵器ゴミとるもんを集塵機と接続するために作り、使わなくなった異径継ぎ手の活用を考えた。ゴム脚3個のねじ止めとあまったスポンジゴムを貼り付けて集塵ホースの先端に取り付けることにした。

 ホースが床に吸い付くこともなく集塵できる。また、箒で塵を先端付近まで掃くとどの方向からでも吸い込まれるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

  → 工房日記   → HOME 心響太鼓工房