徳島 仕事でお探しの方にもお勧め情報


Google


googlelabs- youtube- アドワーズ- Google Earth - Google ツールバー Google Scholar
慶応大学- 東大- ハーバード

リンク先には、徳島 仕事でお探しの方にもお勧め情報、その他の情報などがいっぱいです

徳島 仕事
でお探しの方にもお勧め情報

仕事

仕事(労働)とは、奴隷制の一形態として人間が肉体や道具を用いて対象にはたらきかけ、人間や動物にとって有用なものをつくりだす行為である。

また、商品としての労働力は、肉体や頭脳を提供する代わりに、賃金を得る行動であるとも定義され、賃金奴隷制度ともいわれる。賃金を得ない活動はボランティアと呼ばれる。

道具・機械・建物・交通・通信(労働手段)を用い、土地・森林・水域・地中資源・原料(労働対象)に対して行なわれる。労働手段と労働対象を合わせて生産手段という。

国際労働機関では、望ましい労働の形としてディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現を目標に挙げている。また、フィラデルフィア宣言において「労働は商品ではない」という原則を掲げている。

 

 


徳島 仕事
でお探しの方にもお勧め情報


----------------------------------------------------------------------------------------------------
(以下 その他の情報)




オーデル・ナイセ線

オーデル・ナイセ線は、1945年のポツダム会談により、第二次世界大戦後のドイツ・ポーランドの暫定的な国境として設定された。それ以前のドイツ・ポーランドの国境は、歴史的なプロイセンとポーランドの国境が適用されており、オーデル・ナイセ線よりもずっと東側にあった(参照:ポーランド分割による各国の獲得領土)。

中世フランク王国の時代にはエルベ・ザーレ川付近が境となり、以東、現在のブランデンブルク州やザクセン州付近まで、スラブ系のソルブ人が住んでいた。カール大帝らによるエルベ以東遠征以降、13世紀頃まではおよそオーデル・ナイセ線付近がドイツ(神聖ローマ帝国)とポーランド王国の国境であった。この一帯のシレジア地方では17世紀までポーランド王家のピャスト朝の分家が諸侯として支配したが、13世紀に襲来したモンゴル人が一帯を荒廃させて撤退すると、疎開から戻ってきたポーランド人住民だけでは戦後の復興のために人手が足りず、西方のドイツ、フランス、オランダなどから多くの移民が招かれた。そのうち特に多かったのはドイツ人で、各地で次第にドイツ語が優勢となっていった。17世紀に最後のピャスト家の侯が死亡しシレジア侯家が断絶すると、シレジアはオーストリアに相続された。その後この地方は戦争によってプロイセン王国の手に渡った。以後1945年にナチス・ドイツが第二次世界大戦に敗北するまでは、ドイツの一地方と認識されていた。この地域では統計においては「ドイツ人」が多かったものの、実はそのうちの多くは俗に「シレジア人」、「ポメラニア人」、「マズーリア人」などと呼ばれる、ポーランド人やチェコ人の家系が近世から徐々に母語を西スラヴ語からドイツ語に変えることで文化がドイツ化した土着のスラヴ系の人々で、彼らは統計においてはドイツ人と見做され、第一次世界大戦後に国家の帰属を問うために行われた住民投票でも母語のドイツ語が国語であるドイツを選んだ。






-------------------------------------------------------------------


姫路 仕事
福祉のお仕事 求人
家でできる仕事 内職
羽田空港 仕事
羽田空港の仕事
羽田空港での仕事
仕事探し 在宅
寮付きの仕事
en派遣の仕事情報
札幌 仕事探し
特殊な仕事
週3日の仕事
仕事探し 札幌
秋田 仕事
給料の良い仕事
聴覚障害者 仕事
仲居の仕事
名古屋 仕事探し
長崎 仕事
給料のいい仕事
給料がいい仕事
仕事 高給
溶接の仕事
電気工事士 仕事
ネット 仕事 在宅
インターネット 仕事 在宅
茨城県 仕事
バイク 仕事
福井 仕事
横須賀 仕事
福島県 仕事
青森 仕事
貿易事務 仕事内容
いろんな仕事
徳島 仕事
美容関係の仕事
仕事探し 関西
関西仕事探し
高知 仕事
音響 仕事

荘官

荘園の支配・管理は、現代のように明確な法規定があった訳ではなく、荘園領主の権威に依存する不安定なものだった。そのため、他の荘園の荘官や国衙との間に、荘園の支配・管理権や境界をめぐる紛争が発生することも多く、荘官がその対処に当たっていた。当時、中央の官職にあぶれた武士身分の下級貴族が多数、地方へ下向してきており、荘官たちは荘園を巡る紛争解決のために、それらの武士貴族と主従関係を築いていき、中には武士となる荘官も現れた(全ての荘官が武士化した訳ではないことに注意)。

鎌倉時代になると、鎌倉幕府によって御家人や地頭として認められる荘官も出てきた。このことは、荘園領主による地位保全では十分とは言えなくなり、新たな権威として台頭した幕府を頼り始めたことを意味する。荘官は次第に荘園領主(本所)を軽視していき、本所の権益を奪うようになっていった。室町時代に入った頃から、荘官は在地領主としての国人へ変質した。それでも荘官は荘園制とともに戦国時代まで存続したが、荘園が解体した太閤検地により荘官も消滅した。ただし、江戸時代も荘官の名残として「庄屋」や「名主」などの呼称は残った