福祉のお仕事 求人でお探しの方にもお勧め情報


Google


googlelabs- youtube- アドワーズ- Google Earth - Google ツールバー Google Scholar
慶応大学- 東大- ハーバード

リンク先には、福祉のお仕事 求人でお探しの方にもお勧め情報、その他の情報などがいっぱいです

福祉のお仕事 求人
でお探しの方にもお勧め情報

仕事

仕事(労働)とは、奴隷制の一形態として人間が肉体や道具を用いて対象にはたらきかけ、人間や動物にとって有用なものをつくりだす行為である。

また、商品としての労働力は、肉体や頭脳を提供する代わりに、賃金を得る行動であるとも定義され、賃金奴隷制度ともいわれる。賃金を得ない活動はボランティアと呼ばれる。

道具・機械・建物・交通・通信(労働手段)を用い、土地・森林・水域・地中資源・原料(労働対象)に対して行なわれる。労働手段と労働対象を合わせて生産手段という。

国際労働機関では、望ましい労働の形としてディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現を目標に挙げている。また、フィラデルフィア宣言において「労働は商品ではない」という原則を掲げている。

 

 


福祉のお仕事 求人
でお探しの方にもお勧め情報


----------------------------------------------------------------------------------------------------
(以下 その他の情報)




アテナイ

アカイア人分派のイオニア人がアッティカ地方に定住したのは前2000年ころと推定され、紀元前1200年ころから紀元前1100年ころにかけてドーリス人の侵入をうけ周辺村落は次々と征服された。アテナイは、これを鎬いで続く暗黒時代を通して王政を維持しつつ存続した(もっとも、当時のアテナイは経済的に未熟で土地も肥沃ではないため、ドーリス人が攻略する価値を見出せなかった)。このころ代々の王家に代わって、移住者の子孫であるピュロス王家が成立する。

アテナイは立地条件を生かし、エーゲ海や黒海での海上交易を中心に、交易都市として発展していく。ソロンの改革によって経済的に活性化され、主に陶器や奴隷の輸出や穀物や織物の輸入などが扱われていく。また、アイギナとコリントスの経済を巡る覇権争いでは、当初はアイギナ側に立ったが後にコリントス側に移ってその優位を助け、後にコリントスが衰退の気配を見せると並び立った。この動きに拍車をかけたのはラウリオン銀山( Λα?ριον、Laurion)の存在である。その発掘の歴史はカルタゴのイベリア開発等と比べ遅れるものの、ギリシア世界では殆どとれなかった銀を唯一大量にとれる同銀山の本格的な採掘が開始されると、短期間のうちにその豊富な資金でアイギナ・コリントスに並ぶ存在となり、やがてギリシャ地方有数の都市となった。

ペルシア戦争に勝利し海上交易における覇権的地位を確立したアテナイは、ギリシア第一のポリスとなり、軍事のみならず経済の中心都市としても発展した。また、前の戦争において市民による重装歩兵が都市の防衛の主役となったほか、海戦における軍艦の漕ぎ手として無産市民も活躍したことで彼らも政治的地位を向上させ、軍事民主制による政治体制が確立されていった。こうした状況下で、優れた政治的指導者であるペリクレス将軍統治の下、アテネは繁栄した。






-------------------------------------------------------------------


姫路 仕事
福祉のお仕事 求人
家でできる仕事 内職
羽田空港 仕事
羽田空港の仕事
羽田空港での仕事
仕事探し 在宅
寮付きの仕事
en派遣の仕事情報
札幌 仕事探し
特殊な仕事
週3日の仕事
仕事探し 札幌
秋田 仕事
給料の良い仕事
聴覚障害者 仕事
仲居の仕事
名古屋 仕事探し
長崎 仕事
給料のいい仕事
給料がいい仕事
仕事 高給
溶接の仕事
電気工事士 仕事
ネット 仕事 在宅
インターネット 仕事 在宅
茨城県 仕事
バイク 仕事
福井 仕事
横須賀 仕事
福島県 仕事
青森 仕事
貿易事務 仕事内容
いろんな仕事
徳島 仕事
美容関係の仕事
仕事探し 関西
関西仕事探し
高知 仕事
音響 仕事

荘官

荘園の支配・管理は、現代のように明確な法規定があった訳ではなく、荘園領主の権威に依存する不安定なものだった。そのため、他の荘園の荘官や国衙との間に、荘園の支配・管理権や境界をめぐる紛争が発生することも多く、荘官がその対処に当たっていた。当時、中央の官職にあぶれた武士身分の下級貴族が多数、地方へ下向してきており、荘官たちは荘園を巡る紛争解決のために、それらの武士貴族と主従関係を築いていき、中には武士となる荘官も現れた(全ての荘官が武士化した訳ではないことに注意)。

鎌倉時代になると、鎌倉幕府によって御家人や地頭として認められる荘官も出てきた。このことは、荘園領主による地位保全では十分とは言えなくなり、新たな権威として台頭した幕府を頼り始めたことを意味する。荘官は次第に荘園領主(本所)を軽視していき、本所の権益を奪うようになっていった。室町時代に入った頃から、荘官は在地領主としての国人へ変質した。それでも荘官は荘園制とともに戦国時代まで存続したが、荘園が解体した太閤検地により荘官も消滅した。ただし、江戸時代も荘官の名残として「庄屋」や「名主」などの呼称は残った