ゼロヨン シルビア s14

S14シルビアでゼロヨン仕様に改造したい‥

ゼロヨン会場にシルビアs14は結構いますよね。

日産の車であれば他にもゼロヨンとかサーキット、ドリフト出来る車はあると思うのですが、

特にシルビアは多い気がします。

 

特にs14は前期型と後期型があるので、多く見えるかもしれないですね。

最初こそまったく別物の車だと思ってましたけど、

どっちが後期かわかると後はヘッドライトとかアイラインとかホイルとか

結構違うところが分かるようになりましたね。

 

ただ、サーキット会場とかだとマフラーとかエアロパーツ、部品、トランク、

サイドステップなどで個性がありますからね。

それであんまり分からないこともあったりします。

 

てか、サーキット会場とかだと人のDIYを見ているのも楽しいですね。

みんないろんな工夫をしていて、

今まで見たので凄かったのはワイパーにちょっと工夫をしてオシャレにしているのは感動でしたね。

もしかしたら、あの人は普段からシルビアに触っているプロの方なのかなって思うくらいでしたから。

ゼロヨン仕様なS14シルビアと燃費・ガソリン価格とか

友達が日ごろメンテナンスやチューニングでお世話になっているショップ主催の

サーキット走行会に参加したときにギャラリー・写真撮影班として同行したときに、

ゼロヨン仕様らしきシルビアS14をグリップ走行で走らせているショップかな?が

走行会の休憩時間にあって、直線が速かったですね。

 

ゼロヨンもドリフトやグリップ走行と違った魅力がある種目?だと思います、

ゼロヨンならではのスタートの緊張感はたまらないものでしょう。

 

S14はFR車後輪駆動、全盛期にはかなりの数のシルビアS14をみました。

チューニング系の雑誌でもターゲット車にシルビアを選んでいることも多かったですし。

 

個人的には前期・後期型で言うと外観的に後期のツリ目が好みですけど、

仮に次乗り換えるマシンが中古車のシルビアS14だったなら、

車両価格が安い前期型でも構いませんね。

 

オークションか解体屋から後期型マスク一式のパーツをゲットしてきて、

DIY作業で後期仕様にしますし。

 

ただイチヨンシルビアだとボディサイズが個人的に大きめかなぁと。

少しシャープなS15の方がいいなと思いますが、車両価格はさらに高いですね‥

スペックRは特に。

 

生産終了したのが残念です、また日産シルビアが復活してほしいです。

ガソリン価格が高騰、燃費性能が注目される時代でこの手のFRスポーツカーが

肩身が狭い思いをしているので。しかしガソリンの値段もう少し安くなってほしいなぁ。

ハイオクリッター105円ほどで給油できた時代が懐かしいです‥