自転車 フレーム 修理

自転車のフレームを修理するのは大変?

自転車のフレームの中古を

販売しているところに行くのは

やっぱりそれなりに本格的な

自転車をやっていたりする人ですよね。

 

そういう人であれば

自転車を自作したりっていうのも

出来なくはなさそうですね。

 

てか、そういうクロモリとか

サイズとか気にかける人って

自転車のこと何て呼ぶんでしょう?

 

バイクですかね・・バイシクルとか!?

まさかチャリンコとは呼ばないと思うのですが、

一般的なママチャリのことであれば

チャリンコって呼んだりもするんですかね?

 

 

てか、自転車って

修理したりするとって案外大変ですよね。

 

特にパンクっていうのは

身近な故障だったりしますけど、

あれをタイヤの種類に合わせて

修理キットの素材を買ってきて、

パンク箇所を特定して修理っていうのは・・・

出来なくもないですけど。

 

それを自転車のフレームを中古で買ってきて、

サドルやタイヤをつけて

走れるように出来る人っていうのは尊敬です。

 

名称とかもばっちりなんでしょうね。

 

やっぱりそういった自転車には

カバーとかもしっかりかぶせるんでしょうね。

 

 

普通は自転車の販売っていうと

すでに完成されたもので購入しますけど、

自作するためにパーツから吟味っていうのは

一種のミニ四駆?みたいな感じなのかなとも思います。

 

自転車ってバイシクルやチャリンコって言い換えたくなりますけど、

パーツの種類や素材などを吟味して

自分だけの一台を作るっていうのは

やってみると楽しいのかも。

 

プラモデル作りとか好きな人は

名称とか種類とかそういうのを覚えれば案外、

楽しいのかもしれませんね。