陸っぱり ルアーケース

陸っぱりのルアーケース選びで

陸っぱりでルアーケースっていうのはやっぱり必要になるんですかね?

 

陸っぱりで釣れる魚っていうのは、ブラックバスやシーバス、個人的に釣りたいヒラメなどなど

いろいろとあるとは思うのですが、おかっぱりなのでそれほど竿の本数を増やして歩けませんけど、

ルアーローテーションを考えればやっぱり使いやすいルアーケースは必要だろうなって思ったりしています。

 

まぁ、中には陸っぱりにルアーケースは必要なくて、タックルをバッチリきめたそのルアー(竿)

で充分だっていう結論が出るかもしれないのですが、

それを調査してみないと何ともいえないところはあるかと思います。

 

後、場所によっても陸ぱっりにルアーケースが必要だとか必要ないとかっていうのが変わってきたりするんですかね?

 

東京湾だったり、なら、千葉、西湖に琵琶湖、相模湖などなど例をあげれば

たくさん陸っぱりが出来るとこっていうのはあると思うのですが、

こういった場所にはルアーケースが必要だとかっていうのもあるかもしれません。

 

あとはワーム禁止の釣りスポットも把握しておかないとなぁ。ワームの代わりにポークリンドで

釣るか‥とか。あとおかっぱりは足場が不安定ですから、あまり動きたくない気持ちもあります‥

(ルアーケースに入りきれなくて忘れ物して、クルマへ取りに行きたくないという意味です、

おかっぱり釣行は足でかせぐランガンスタイルでやっています)

 

そもそも、今あげた場所で具体的にどこの陸っぱりポイントがいいか?っていうのは分ってないので、

もしやるとすればそこからポイントやローカルルール・マナーなど調べてみないといけないなって思ってます。

 

なので、陸っぱりでルアーケースが必要かっていうのも自然と分るのかもしれないですね。

 

それと、陸っぱりをする際にもちろんばっちりタックルもセッティングすることが必要になると思うのですが、

これもどの魚を狙う際にどのタックルがハマるのか?っていうのがあるのだと思います。

陸っぱりでルアーケースが必要なワケ

陸っぱりメインの釣行時に使いやすい最適なルアーケースを探しています。

つねにポーチも常備していますが、ワイヤーベイト系や、

ダーダーも使いたいので、まぁシーズンに合わせての使用ですけど、

ルアーケースもそろそろ新しいのが必要な時期かなぁ‥と。

 

普段陸っぱり(岸釣り)で狙っている魚は主にブラックバスですけど、

たまにナマズや雷魚もひっかけてしまうこともあるんですよね。

特にライギョはフックを外すのに道具が必要なんで、

ボックスの中に入れてますけど。

 

たまにはボート釣りもやりたいんですけど、

レンタルボートはお金掛かるしスポット自体も遠いんで、

早起きできないのが最大の問題なんです。

 

そしておかっぱりですから一度に持ち運べるロッドの本数も決まってしまうんですよね。

 

今年は「ルアーローテーション」をキモに考えてるんで、

使いやすいルアーケースがなおさら必要なわけです。

 

じつは今日・明日と仕事が休みで2連休なのですが、

天気予報によれば台風が四国のほうに接近しているとのことで、

雨風がともに強い日々だそうです、なので流石にオカッパリ釣行は

中止せざるをえませんね。

 

そうじゃなくても岸釣りはもともと危険と隣り合わせですからね‥

年齢と共に足腰が弱ってきていると実感してきているので、

足で稼ぐおかっぱりは多少の運動不足解消にも効果あるんじゃないかと

勝手に思い込んでいます。リアルに段差を乗り越えたり、

魚がヒットしたときに水辺に降りてランディング、

あるいは一気に抜いちゃうとか‥

 

せめて会社まで自転車通勤かスクワットを毎日少しずつでも

実践していかないと、陸っぱり釣行時の足腰の負担に身体が

ついていかなそうに思える年頃です‥

陸っぱりのルアーケース‥なんですが、

バス釣りの経験ない友達に書かせてみたらとんでもない内容でした(汗

丘っぱりというかブラックバス釣りにはキビシイシーズンなんで、久しぶりに日記でも更新しようかなと

思っていた矢先‥

 

周りはワカサギ釣りや管理釣り場ですね、なにせ今は2012年明けて1月5日ですからね。

休み中はわかさぎだったらしいです、自分は行かなかったですけど。

 

友達の車内を真似て天井にワンピースのロッドを通したいと思っていたので、

仕事の休み中はそれでしたね。

 

 

陸っぱりのルアーケースっていうのは、

船の上に持っていくようなルアーケースとはまた違った特徴があったりするのでしょうか?

 

そもそもルアーケースにどこ向きっていうのかあるのかどうかも

イマイチ分かってないところがあるので、調べてみます。

 

釣り方についてもいろんなところで釣りは出来ますから、

もしかしたら物凄い分かれているかもしれないなっていうのも思いますし、

調べてみるまでどうかっていうのは分からないですよね。

 

陸っぱりのルアーケースっていうのは

何かそれなりの特徴があるんですかね?

 

ルアーケースって言ってもいろいろ種類があると思うし、

ルアー自体の数も多くなってくれば

それなりに数が必要にもなってくると思うので、

そう考えると狙う魚にもよるのかな?

 

人それぞれだとは思いますけど、ヒラメ、シーバス、

バスなどなど陸っぱりから狙える魚ってありますよね。

 

これらの魚の釣り方がまったく同じっていうことはないと思うので、

そう考えるとヒラメのときはこのルアーケース、

シーバスのときはこのルアーケースって感じなのが便利なのかな?

 

 

もしかしたら、現地に行って釣りをしている人たちが

どんなルアーケース持っているかっていうのを

見たほうがよく分かるんじゃないかって今、思いました(笑)

 

陸っぱりっていうのが地方的にはどの辺りでやっていることが多いんでしょうね?

千葉、西湖、琵琶湖、東京湾などなど適当に上げてみただけですが、

他にもいろいろありますね。

 

なかなかここらを全部まわるっていうのは難しいので、

1つぐらいは行ってみても良いのかな〜?

 

 

実際に行けば、陸っぱりに適した

ルアーケースっていうのもそうですけど、

ルアーもどんなの使っているかっていうのが分かりますよね。

 

 

そうなればルアーケースもルアーもどっちも知ることが出来て、

まさに一石二鳥って感じを狙うことも出来る!のかなって。

 

そんなに上手くいくかは微妙なところですけど・・・