ハチロク 中古車

ハチロクの中古車探し、今から始めるのは危険か?

ハチロクの中古車をよく検索して探しています。

トヨタの車は丈夫だって聞くので、中古にそれほど心配はないと思いますが、

中古だとエンジンとかブレーキ、改造あと、ラジエーターなどなどどうなんでしょうね。

 

やっぱり価格が安いのはそういったところも痛んでいるのかなって思ったりもします。

最悪、トラブルを抱えてなければ良いんですが・・・

 

 

今は中古車専門店のサイトだけじゃなくてオークションも頻繁に見るようにしています。

きっかけはモバオクで、最近、モバオクから頭文字Dの藤原とうふ店の拓海のハチロクを再現したものが

出品されたことです。

 

これでオークションで探すのもありだなって思って、オークションも探すように。

 

 

ただ、オークションでハチロクとかレビン、86って検索するとプラモデルが出てきちゃうので、

それに見とれちゃったりしちゃうんですけどね(笑)

車もプラモも数が相当数出てきますからね。

それを見るとやっぱり人気なんだなって思います。

ハチロク復活と中古車選びは難しい‥

AE86こと「ハチロク」の中古車を調べているのですが、

中々在庫というかタマ数が少なくてまいってます。

 

イニシャルD人気でかなりの数のハチロクが売れてしまったし、

ざんねんながら廃車になってしまったクルマも多いでしょう。

ただでさえ走り屋に絶大な支持を昔から受けていたクルマでもありますからね。

 

今は数年前よりもガソリン価格が高騰して、燃費が最重要視されハイブリット車

全盛の時代でもあります。それはそれでいいことですが、

少し寂しい気もします、そうスポーツカーが少なくなっているのです。

 

さまざまな自動車メーカーがスポーツカーの系譜をなくしていっています、

「今の時代」のニーズに合わせることはいい事ですけど、

同時にどこか淋しい気がしてしまって。熱い物が失われている現状に。

 

 

ですが、AE86を生んだトヨタ自動車が新たなハチロクを復活させるのです。

FT-86として生まれかわる現代のハチロク、個人的に注目しているクルマです。

 

 

 

以下は友達がメールで送ってきた文章です‥

 

 

トヨタ車は丈夫だとよく聞くので、中古車購入にそれほど不安はないのですが、

かなり年式の古いハチロクですからね。

 

もう中古車しか市場に残ってないので、多かれ少なかれ「ヤレ」は存在しています。

ワンオーナー車で程度を求めるとすると、ハチロクの購入予算も今のクルマが

新車で買えるような値段は覚悟しなきゃいけないでしょうね、

それでも普通の感覚の中古車としては走行距離は多め、ボディ自体も軽微の修復跡あり

という状態も念頭に入れないと。

 

でもハチロクの程度がいい、悪いというのは今は中古車価格(車両価格)で

ハッキリしていると思います。

ハチロクに「今」乗る覚悟

トヨタのハチロクことAE86・カローラレビン、スプリンタートレノの人気は

今どうでしょうか?一時期漫画頭文字Dの影響もあって、

中古車価格がうなぎ上りに上がってしまって、ホントにあのAE86の値段なの?

っていうタマが多かったですが、今でもそうなんでしょうかね?

 

あの当時はやっぱり主人公の藤原拓海の愛車である

AE86スプリンタートレノ3Dハッチバック、白黒パンダカラーが

特に人気でしたよね。

 

トヨタから新しい現代のハチロク、FT-86が発売されても、

元祖ハチロクのAE-86の中古車相場には影響があるのか、どうか?

 

まぁ違うクルマですしね、でも今から程度のいいハチロクって見つけるのは大変なんじゃないかと‥

 

年式が古いハチロクにどのくらい予算を掛けるかにもよるでしょうし、

ハチロクとどのように付き合っていくのか?、それもあるでしょう。

 

サーキットでのスポーツ走行、グリップでのタイムアタックや

草レース参加、あるいはチューニングショップ主催の走行会に参加して

ドリフトクラスでのドリフト走行を楽しむ。

 

ましてやサーキットなどスポーツ走行を一切やらず、

過度なチューニングもせず、乗り心地優先で通勤や街乗りなど普段の足としてハチロクと付き合っていく‥

 

どちらもオーナー次第ですよね、まぁ後者の方が何かと維持費やカスタム費用は

おさえられるんじゃないかと。

 

でも、ハチロクを選ぶからにはドライビングテクニックを極めたいと思っている

方が多いのではないでしょうか?