412号室。

2004 Spain                                                                             



 ねものスペイン旅行は、情熱のアンダルシアから。
 フラメンコを習っているからには、セビーリャに行かないわけにはいきません。
 すでにスペイン経験者だったマチルダに、手取り足取り教えてもらいながら、スペインという国をちらりと覗いてきました。
 ずいぶん長い距離を移動していたつもりだったんですが、今になってみると、たいしたことないですね。
 いやー、スペインは広いわー。

map  2004年8月6日〜8月17日 スペイン 情熱のアンダルシア紀行12日間

 これが2004年の旅のルートマップ。赤字の街は宿泊(数字は宿泊順)、緑字は、立ち寄って観光した場所です。
 
 注:またまた手作りです。町の位置はまったくもって正確ではありません。概ねこのあたりだと思ってくださいませ。
   (ベースの白地図は、三角形さんが運営されているサイト『白地図、世界地図、日本地図が無料』からいただいてます)

map
  date route stay
1 2004/8/6 10:55成田出発〜15:15ロンドン経由16:40〜20:20セビーリャ着
 英国航空利用。ロンドンから先はイベリア航空。イベリアの機内食は有料だった…。
Hotel Las Casas de la Juderia
2 2004/8/7 セビーリャ滞在
 観光、フラメンコグッズお買い物、フラメンコ観賞(ロス・ガリョス)
Hotel Las Casas de la Juderia
3 2004/8/8 セビーリャ滞在
 観光、フラメンコ観賞
Hotel Las Casas de la Juderia
4 2004/8/9 セビーリャ〜カディス 路線バス利用
 カディス観光、パラドールで食事(サイアク)
Parador Atlantico Hotel Cadiz
5 2004/8/10 カディス〜ロンダ 路線バス利用
 ロンダ観光、激うま!仔豚の丸焼き!
Husa Reina Victoria Hotel Ronda
6 2004/8/11 ロンダ〜グラナダ アンダルシアエクスプレス利用
 グラナダ観光、ハマム体験、夜アルハンブラ宮殿見学
Catedral Suites Granada
7 2004/8/12 グラナダ滞在
 現地ツアーでアルプハラの白い村観光。ミネラルウォーターの水源地や生ハムの産地へ。
Catedral Suites Granada
8 2004/8/13 グラナダ〜ネルハ 路線バス利用(バスに乗り遅れた)
 海へ向かう道路は大渋滞。
 到着後は徒歩でバルコン・デ・エウロパ、ミニトレインで市内観光
Hotel Perla Marina
9 2004/8/14 ネルハ滞在
 路線バスで、美しい白い村フリヒリアナへ
 ネルハにもどり、海辺でのんびり
Hotel Perla Marina
10 2004/8/15 ネルハ〜マラガ 路線バス利用
 フェリア(お祭)の真っ最中
Hotel AC Maraga Palacio
11 2004/8/16 12:40マラガ発〜14:20ロンドン経由15:45
 フェリアのせいでマラガの地下鉄は運休。しかたなくタクシーで空港へ
 帰りはマラガ〜ロンドン間も英国航空。機内食はもちろんタダだった。
機中泊
12 2004/8/17 〜10:40成田着
 ねものスーツケースは、ロンドンで置き去りに…。
 

map

2004.8.6〜9 Sevilla

 初めてのスペインは、セビーリャでした。奇妙な曲線が多用された建物、どでかい樹木。アラブの色がそこかしこに濃く残り、ねもが今まで知っていたヨーロッパのどこにも似ていない街でした。
 とにかくガスパチョがおいしくて、エルコルテ(デパート)が楽しくて、気を失うくらい暑かったです。
 3泊したラス・カサス・デ・ラ・フデリアは、建物もインテリアめちゃめちゃ素敵。朝食もすんごくおいしかった。当時は安い方だったけど、今や高級ホテルに。もう泊まれません・・・。
 セビーリャの有名タブラオ、ロス・ガリョスのフラメンコは素晴らしかった…と思うんだけど、昼間の疲れとワインの酔いのおかげで、途中から爆睡。
 サパテアードの振動が心地よかったのかも(こら!)

Hotel Las Casas de la Juderia
Hotel Las Casas de la Juderia
可愛らしいホテルエントランス
Hotel Las Casas de la Juderia
お部屋も超ラブリー。何もかも素敵
Hotel Las Casas de la Juderia
専用テラスからお部屋を撮ってみた
Hotel Las Casas de la Juderia
朝食コーナー(別棟)も食事も豪華
Hotel Las Casas de la Juderia
ホテルパティオの噴水

Others
セビーリャ空港
空港からして奇妙な造形美
ヒラルダの塔
町の何処からでも見える
EL CORDOBES(サンタ・クルス街)
この旅一番のレストランだった
EL CORDOBES ガスパチョ
冷たくて酸っぱくて元気出る〜。
EL CORDOBES フラン(プリン)
いまだに激うまトップの座に君臨中
セビーリャ大学(旧タバコ工場)
カルメンの舞台として有名
黄金の塔
建造当時は金ぴかだったらしい
旧市街 グアダルキビール川より
ひと際背が高いのがカテドラル
真夏のアンダルシアで雨!テレビでもトップニュース扱いだった プラド・デ・サン・セバスティアン・バスターミナル ここから出発


2004.8.9〜10 Cadiz

 パラドールは前評判どおり、ハードは素晴らしいのにソフトがまるでだめ。食事もイマイチ。本当にクチコミどおりで笑っちゃうくらい。新市街のホテルに泊まった方がよかったのかも。
 カディスの街自体は、カテドラルも素敵だし、お店もセンスよくてお買い物も楽しい。おいしそうなバルもたくさんあったし、ビーチもキレイだし、何よりオープンな雰囲気が居心地良かったです。
 カディスは天然の良港で、紀元前から栄えた歴史ある港町なんだそうです。1805年には、このカディスから無敵艦隊がトラファルガー沖に出撃しました。
 そして、フラメンコが生まれた町でもあるのですよ。
 今度は違うお宿で、都会的なリゾートを気取りつつ、ゆったりと滞在したいものです。

Parador Atlantico Hotel Cadiz
Parador Atlantico Hotel Cadiz
近代的な建物のパラドール
Parador Atlantico Hotel Cadiz
部屋はシックで広くて快適
Parador Atlantico Hotel Cadiz
バスルームも清潔で使いやすかった
Parador Atlantico Hotel Cadiz
夕食。よかったのはこの前菜まで
Parador Atlantico Hotel Cadiz
大西洋に沈む夕日(ホテル遊歩道)

Others
セビーリャ〜カディス間
真っ白な街があちこちにある
カレータビーチ 町の傍なのに、キレイなビーチだった カテドラル
ねもはこのカテドラルの形が好き
カテドラル前広場のレストラン
またガスパチョ。巨大グラス入り
芋のトルティージャ(オムレツ)に、芋のコロッケ。芋芋しい…。


2004.8.10〜11 Ronda

 カディスからバスに揺られてたっぷし3時間、ねもたちは、ただ子豚の丸焼きを食べるためにロンダへ向かいました。
 もちろん仔豚ちゃんも美味でしたが、千尋の谷にかかるヌエボ橋やどこまでも広がる沃野の眺めは、一見の価値があります。
 ウサ・レイナ・ビクトリア・ホテルは、一瞬イギリス?って思っちゃう不思議空間でした。名前からしてそうっぽいんですが、サロンやレストランも英国調で、どこぞのマナーハウスみたいでした。
 どこへ行くにも、坂を上がるか下るかするしかないロンダ。ホテルは新市街の上の方にあるので、名所のある旧市街にはずいぶん下っていかなければなりません。
 そして当然ながら帰りは登りです!同じく新市街にある鉄道駅に近いのはいいのだけれど、駅に向かうのはタクシーが無難。かなりの急坂なので、荷物引きずって登るのは大変ですよ。
 カディスからやって来ると、なんとも田舎っぽい街でした。お土産とかちょっとダサい感じ。しかも、どこへ行くのも坂。ここに住んでたら足腰が強くなりそうです。

Husa Reina Victoria Hotel Ronda
Hotel Husa Reina Victoria
なんだかチロルな雰囲気も
Hotel Husa Reina Victoria
私たちが泊まった204号室(3階)
Hotel Husa Reina Victoria
イギリスのB&Bみたい
Hotel Husa Reina Victoria
白い壁に青の花柄が可愛い
Hotel Husa Reina Victoria
ここはどこの国?

Others
ヌエボ橋
レストランからの眺め
断崖絶壁の展望台
この後行きました。すごかった
旧市街
岩山にへばりついてる
Palador de Ronda 人気のパラドール。予約が取れなかった 町中のお菓子屋さん
懐かしい、いい雰囲気のお店
レストラン ドン・ミゲル
またガスパチョ。うまし。
ドン・ミゲル 右が仔豚の丸焼き(の一部)。左が焼き林檎。めちゃうま 町中のスーパーマーケット
やはり田舎っぽい
RENFE(国鉄)のロンダ駅
駅舎もキュート
ロンダ駅 30分も遅刻してきた2両編成のアンダルシアエクスプレス


2004.8.11〜13 Granada

 スペインと言えば、やっぱりアルハンブラでしょう。グラナダまで行っておいて、ここを外すことは有り得ません。なのに私たち、混雑も暑いのもイヤなので、夜の部だけで見学終了(マチルダはすでにコンプリート済み)。庭園が見られなかったのは残念だけど、アラブの宮殿の夜はなかなか濃密な雰囲気でした。
 そして、昼間のアルハンブラもアルバイシンも(世界遺産を!)見ずに、アルプハラ一日ツアーに行ってきました。
 カトリック両王に敗れたアラブ王国の残党が、グラナダから逃れて隠れ住んだというアルプハラ。イベリア半島最高峰のシエラ・ネバダを背後に、雪解け水が川となって流れていく谷に、いくつかの小さな集落があります。ねもたちは、単に生ハムの名産地がある!ということを知ってツアーに申し込んだのですが、図らずして名水の水源を訪れる旅ともなりました。天空に浮かんでいるかのような小さな白い村は、どこも不思議な響きの名前を持ち、思いのほか賑わっていました。こういう場所を知るのも面白いものですね。行ってよかったです。
 お宿は、カテドラル・スウィーツという、レイナ・クリスティーナ・ホテルの姉妹ホテル。短期貸しもやっているアパートメントホテルのようなところです。エントランスもカードキーで管理されたカテドラル・スウィーツにはレセプションがないので、クリスティーナでチェックイン・チェックアウトします。ホテルスタッフはいないけれど、気ままで気軽な滞在を楽しめましたよ。
 新築だったのかとーってもキレイで、快適そのもの。そして、二人ともお部屋のソファに一目惚れ。緑色した大きなソファは、担いで帰りたいほどの心地よさでした。カテドラルは目の前だし、またグラナダに行ったら、超有名だけど、超不便なパラドールなんかより、絶対こっちに泊まりたいです。

Catedral Suites Granada
CATEDRAL Suites
右手前から2軒目の建物
CATEDRAL Suites
外装は街並みに溶け込んでいる
CATEDRAL Suites
建物入口は、カードキーで開閉する
CATEDRAL Suites
扉入ってすぐ。奥がエレベーター
CATEDRAL Suites
この緑のソファが最高だった!
CATEDRAL Suites
ミニキッチンもある
CATEDRAL Suites
モダンな洗面台
CATEDRAL Suites 水が飛び散るシャワーブース。でも素敵だから許す CATEDRAL Suites
お部屋の窓からカテドラルが見える

Others
Aljibe アラブ風呂に挑戦。やっぱ湯船はいいね〜。ほぐれた〜。 アルハンブラ 夜の宮殿の天井
ほとんど悪夢のような精緻さ
アルプハラ1日ツアー
グラナダから小一時間の古い橋
ランハロン村 
鉱泉とミネラルウォーターで有名
奥はシエラネバダの山並み
万年雪もちらりと見えた
パンパネイラ村
お土産屋さんも多い
トレベレス村 イベリア半島で最高地点の村。生ハムの名産地なのだ! カピレイラ村 この建物がランチを取ったレストラン。味はイマイチ カピレイラ村
空がとても近い
グラナダ 出発の朝
路地のマーケット


2004.8.13〜15 Nerja

 グラナダで山のスペインを楽しんだ後は、コスタ・デル・ソルのネルハへ。
 ヨーロッパのバルコニーと呼ばれる小さな岬が有名です。
 外国人に人気のリゾート地ということでしたが、意外とスペイン人のお客さんが多かったです。ホテル前は小石のビーチでしたが、小さな岬ひとつ隣の砂浜では、子供がスコップ持って砂遊びしてたり、椰子の木やシャチの浮き輪が浮かんでたり。なんだか江ノ島っぽい懐かしい雰囲気で、マルベーリャやトレモリノスみたいなハイソなリゾートではなく、素朴に夏休みを楽しむ海水浴場という感じでした。日本人がよっぽど珍しいのか、何処へ行っても、子供といわず大人といわずガン見されました。
 そして、ネルハにはお気楽なスペイン料理屋さんがありません。ステーキとかピザとか、どこのアメリカ村かと思いました。ひ弱な日本人は、中華に逃げました・・・。
 ネルハからバスで15分ほどで、スペイン一美しい白い村に選ばれたことのあるフリヒリアナに行けます。本当に美しいところだけど、猛烈な急坂はロンダの比ではありません。サンダルは絶対危険。滑り落ちるから。
 ホテル・ペルラ・マリナは、街の端っこだったけど、海の真ん前でした。お部屋はセンスが良いとはいえないけれど、素朴であったかい雰囲気。スタッフは事前に街の地図を郵送してくれたり、レセプションでもとっても感じが良いです。そろそろ疲れてきた頃だったので、ずいぶん癒されました〜。

Hotel Perla Marina
Hotel Perla Marina 一応スウィートルーム。ちとラブホみたい? Hotel Perla Marina このリビングでアテネオリンピック見てた Hotel Perla Marina
ホテルテラス。夕焼けがきれい
Hotel Perla Marina
ホテル前のビーチ
Hotel Perla Marina
水がこんなに透明!

Others
バルコン・デ・エウロパへの遊歩道
南国ムードたっぷり
バルコン・デ・エウロパから
下の海はこんなにきれい!
ネルハのミニトレイン
もちろん乗ったよ!
ホテル前のビーチ
マチルダ、十数年ぶりの海開き
ホテル近く
何処まで行ってもきれいな海
フリヒリアナへ
路線バスからの眺め
フリヒリアナ
高台から。白い壁が眩しい
フリヒリアナ
ものすごい急坂、分かります?
フリヒリアナキャット爆睡中
猫はシエスタの街に似合うなあ
近寄ったら、ごろんと寝返り。どこまでも気持ち良さそう


2004.8.15〜16 Maraga

 いよいよこの旅最後の街、マラガです。
 到着日のマラガはフェリア(お祭)の真っ最中でした。着飾った人々が次々に広場に向かい、あちこちで乾杯をしていて、あちこちでセビジャーナスを踊る人々がいて、そりゃもう楽しい!
 フェリアのせいだか知りませんが、翌日の地下鉄は昼まで臨時運休。きっとみんな二日酔いだったに違いない。
 しかし、非常に残念なことにマラガの写真はほとんどありません。
 当時まだデジタル化して間もなかったため、メモリーカードの容量が足りなくなるという大失態を演じてしまいました。
 ゼーハーいいながら登ったのに、タイムオーバーで中に入れなかったヒブラルファロ城、登り道の途中で覗かせてもらった闘牛場(闘牛してた!)、レストラン エル・チニータスでの超おいしかった夜ご飯、フェリアの派手なゲート、カラフルな露店、緑多く美しい街。ぜーんぶねもとマチルダの記憶の中だけにあります。すんません。
 お宿は初のACホテル。ねもたちは、ここで初めてACホテルチェーンの存在を知りました。スタイリッシュかつ使いやすい清潔なお部屋に、超モダンでかっこいいロビー。そしてすんごくおいしい朝ごはん。今思い返しても、マラガのACさんは素敵でしたー!

Hotel AC Maraga Palacio
Hotel AC Maraga Palacio 建物自体も、ロビーも全部カッコよかった! ホテルからの眺め 奥の広場がフェリアの主会場だったみたい マラガの朝
絶対もう一回来るぞ!



 毎日毎日、楽しかったスペイン。この旅を契機に、以降のスペイン年が閣議決定され、一年おきに巡礼することになりました。
 香港の例に漏れず、ねもとマチルダって、そんなんばっかりですが(失笑)。
 どこまで行けるか分かりませんが、とりあえずは四角いスペインの四辺をやっつけ、その後内陸部を征服してやろうという野望をいだいております。

 ところで、この旅の終わりに、(ねもだけに)とんだおまけが待っていました。

 なななんと、成田でねものスーツケースが出て来なかったのです!
 一緒に預けたマチルダのは出てきたのに〜!

 ねも茫然。
 すっかり海外旅行をナメまくってたねも、おうちの鍵やら携帯やら日本円やらまでスーツケースの中に入れてたんです。
 そんな大それたコトをしたのは、後にも先にもこの時だけでした。バカですね〜。
 どうにか手持ちのユーロを両替して帰りの成田エクスプレスは乗れたものの、OttoへのSOS電話代はマチルダに借りました・・・ハズカシイ。

 どうも、ターンテーブルの荷物が少ないと思ったんだよな〜。
 英国航空さんたら、コンテナ丸々1個はロンドンに忘れてきた様子。ねも以外にも20人ほどが茫然としてました。
 ま、手ぶらで帰れたのは楽でしたけどね。
 ヒースローに置き去りにされた可哀相なスーツケースは、3日後くらいに、無事自宅に宅配されました。
 その時にはすでに出勤して数日経過。職場へのばら撒きお土産は、なんとも間が抜けたものになってしまいました…。
2004.8 Sevilla