プロジェクトP

 

                              project of planaria
















Yahoo!ジオシティーズ
project of planaria
 プロジェクトPの活動内容

 

私たちは、そんなプラナリアの分布を調査しています。

つまり、どこの川にプラナリアがいるかということです。

しかし、外来種(アメリカ産?)の移入問題もあり、

各地のプラナリアの分類を始めることになりました。

 

 

プラナリアの採集から標本作製まで

img4.gif

 _聾兇農个鮹気

img2.gif

 

 ∪个鯲∧屬靴討澆

img5.gif

3筆などでやさしくはがし取る

 

ぅ侫ルムケースに入れて持ち帰る

 

 5〜10匹ほど、ブアン固定を行なう 

    (ホルマリンよりも組織浸透が早いので、     固定時間は1時間以上2時間以内。)

    

生体を20℃以下で4〜7日間絶食させる

Д▲襯魁璽訃弾任靴織瓮垢波側1/3を切断し、無菌状態で再生させる

 

※この時、背側と腹側が接するようにしておくと、再生が促進される(阿形清和博士「プラナリアを用いた脳の進化と再生に関する分子・細胞生物学的アプローチ」より)

 

    

(http://www2.inforyoma.or.jp/~kochiko/D/D01.html)

┝詑慮家鏡下で再生芽を切断し、10-6mol/l コルヒチン液中に移して1〜3時間程度つける

 

【細胞分裂中期で停止させる】

好きな画像に差し替えます この画像を削除後、使用する画像をドラッグ&ドロップしてください

コルヒチン液につけた切断片を0.1%KCl溶液中にうつし30〜60分間程度つける

 

【染色体の輪郭を明瞭にさせる】

 

※この操作は長時間かけて行なう方が良い

好きな画像に差し替えます この画像を削除後、使用する画像をドラッグ&ドロップしてください 切断片をスライドガラス上にうつし、KCl 溶液をできるだけ吸い取る。

 

好きな画像に差し替えます この画像を削除後、使用する画像をドラッグ&ドロップしてください

4%ギムザ染色液を1、2滴おとし、静かにカバーガラスをかけその上からゴム栓で軽く押す

 

好きな画像に差し替えます この画像を削除後、使用する画像をドラッグ&ドロップしてください

ピンセットでカバーガラスをはがして上向けに置き、染色液をカバーガラスとスライドガラスの両方に数滴滴下後、5〜30分間放置する。

 

【染色体の染色】

好きな画像に差し替えます この画像を削除後、使用する画像をドラッグ&ドロップしてください

スライドガラスの上にカバーバラスを元通りにかけて余分な染色液を吸い取り、上から軽く押す

 

好きな画像に差し替えます この画像を削除後、使用する画像をドラッグ&ドロップしてください

徐々に力を加え、場所を変えながら押しつけていく

好きな画像に差し替えます この画像を削除後、使用する画像をドラッグ&ドロップしてください

封入剤をカバーガラスの4辺に塗る

img1.gif

(http://www.nagano-c.ed.jp/kiso/03risuuka/kadaiken

nkyu/2003kadaikennkyuu/11.pdf)

哀廛譽僖蕁璽箸鮓家鏡で観察し、染色体を探して本数と形状を調べる

雲效任靴1/3を再生させた個体をブアン固定

 


TOP