◆ 仮想化の秘訣 ◆
-通常のCD/DVDの仮想化について-

「仮想化の秘訣」という記事を掲載したところ、通常の仮想Discまで「仮想化はむずかしいもの」と受け取った方から通常のDiscの仮想化設定について質問が寄せられました。

通常のDiscについては基本的には何の「秘訣」もない、つまり敢えて説明の必要もないと言っても良いのですが、「仮想化の秘訣」という記事から特殊CD/DVDと同じ ように通常のDiscの仮想化でもRAWモードやAsIsモードで何らかの設定が必要と考えられたようです。そこでこれは何の「秘訣」でもないのですが誤解されたことを 訂正する意味で通常のCD/DVDの仮想化について仮想化の「秘訣」を掲載することに しました。


  1. vMediaでは通常のDiscは「Cookモード」で設定不要の自動的仮想化を選ぶことが「秘訣」です。ノンプロテクトDiscは必ずCookモードを選んでください。

  2. CCCDプロテクトはマルチセッションのCDであり、音楽とデータ部分と二つのセッションを持つCD-Extraフォーマットです。この場合にはCookモードでないと仮想化できません。(RAWモードの設定で仮想化できるかのごとく振舞うソフトがありますが、これは実際の動作モードとは異なるものでRAWデータのCDを復元しているわけではありません。)

  3. vMediaではEasyWriterやDiscMakerという独特のライティングツールを使って仮想のブランクDiscに書き込むことができます。この方法で実際のDiscのマスターとなる仮想Discを作ったり、仮想Disc化する際に編集する機能が装備されていますが、これらを利用するとこのサイトの別項(*1.でレポートしているような方法で映画やTVの録画を仮想化することが容易に行えます。
    (*1.★2004/02/28公開 追加レポート★
    DVD ShrinkとvMedia Deluxe/Virtual Master StudioによるDVDバックアップテストレポート

  4. DVD-Rのディスクに仮想CDなどを複数焼いて収納すればHDを消費しなくてすみます。この利用方法もこのサイトの別項(*2.を参照してください。
    (*2.★2003/01/22公開追加レポート★
    研究:Virtual Master 5 の一歩進んだ使用方法


-----------------------------------------------------------
パシフィック北大 トップに戻る