研究課題等研究課題等研究課題等研究課題等教育活動研究課題等研究課題等

 

What's new?
12th Oct. 2018

 北隆館 『eco選書⑬ 水生半翅類の生物学』 を執筆・編集しました。2018年6月22日発売です(6/1)

>> English page

大庭 伸也(おおば しんや,Shin-ya Ohba

所属・身分 国立大学法人 長崎大学教育学部・准教授               
     
 
〒852-8521
  長崎県長崎市文教町1-14

  長崎大学 教育学部
  数理情報講座(理科専攻) 生物学教室 
  
  E-mail: ooba"atmark"nagasaki-u.ac.jp

  Researchmap  ResearchGate  Google Scholar  ORCID


研究課題                            

教育に活かす”蚊学”プロジェクト ~蚊とその捕食者を用いた観察法の確立

大型ゲンゴロウ類の生活史・行動形質、集団遺伝構造の比較

亜社会性コオイムシ科昆虫の性選択、paternal careの機能と進化

安定同位体比を用いた水田食物網と栄養段階の推定

病原媒介蚊を含む止水性水生昆虫類の生態学的研究

捕食性昆虫における捕獲形態形質の機能と発生学的解析

これまでの研究の詳細ページ

研究に関するキーワード

  
行動生態学,保全生態学,群集生態学,個体群生態学,昆虫生態学,衛生動物学,絶滅危惧種,侵略的外来生物,系統地理,性選択,捕食行動,Paternal care,水生昆虫,天敵,生活史,一時的水域

所属学会

  Entomological Society of America日本生態学会日本動物行動学会日本半翅類学会 佐賀自然史研究会水生昆虫談話会,長崎昆虫研究会

  日本昆虫学会 (自然保護委員,2017-・学会誌編集委員,2018-

  日本環境動物昆虫学会 (評議員、学会誌編集委員,2017-)
  
  長崎県生物学会 (運営委員、学会誌編集委員長,2013-)
  
  日本応用動物昆虫学会 (学会誌編集委員,2013-2016)

  日本衛生動物学会 (学会誌編集委員,2016-)
 


略歴 

  
1979年12月 福岡県生まれ

  1998年 3月 福岡県立武蔵台高等学校卒業

  2002年 3月 玉川大学農学部農学科卒業

  2004年 3月 愛媛大学大学院農学研究科修士課程修了

  2007年 3月 岡山大学大学院自然科学研究科博士課程修了

  2007年 3月 博士(学術)取得


  2007年 4月 岡山大学大学院環境学研究科博士研究員


  2008年 8月 長崎大学熱帯医学研究所 講師(研究機関研究員)

  2010年 4月 日本学術振興会特別研究員-PD(受入先:京都大学生態学研究センター)

  2012年 4月 長崎大学教育学部 数理情報講座 准教授 (現在に至る)
  
  2015年 4月~ 放送大学 非常勤講師(兼務)


研究業績

学術論(査読付き)

2018 and in press
59) Okumura K, Honki K, Ohba S (2018) Male description of Coelotes nasensis Shimojana 2000 (Araneae: Agelenidae) from Amami-ōshima Island, Japan. Acta Arachnologica 67: in press.-New

58) Okumura K, Honki K, Ohba S (2018) A new species of the spider genus Callobius Chamberlin 1947 (Araneae: Amaurobiidae) from Amami-ōshima Island, Japan. Arachnology 17(9): in press.-New

57) Hayashi M, Ohba S (2018) Mouth morphology of diving beetle Hyphydrus japonicus (Dytiscidae: Hydroporinae) is specialized for predation on seed shrimps. Biological Journal of the Linnean Society 125: 315-320.

この論文の内容について、下記で紹介されました。

天狗の鼻のような突起をもつゲンゴロウの幼虫がカイミジンコの捕食に特化していることを論文発表しました (ホシザキグリーン財団HP)
天狗の鼻のような突起を持つゲンゴロウの幼虫がカイミジンコの捕食に特化していることを国内共同研究で論文発表(教育学部 大庭准教授) 
(長崎大学HP)
ゲンゴロウの幼虫の長い突起はミジンコを捕食するためのもの 長崎大の研究
(財経新聞)

56)
Ohba S (2018) Ecology of giant water bugs (Hemiptera, Heteroptera, Belostomatidae). Entomological Science in press.
-New

55)
大庭伸也・大串俊太郎・田中颯真・山本賢・本木和幸・上田浩一 (2018) 福江島・五島市三井楽町におけるアメリカザリガニの駆除の現状と課題.環動昆 29: 21-26.[Ohba S, Ogushi, S, Tanaka R, Yamamoto K, Honki, K, Ueda K (2018) Current status and problem in extermination of an exotic crayfish, Procambarus clarkii, in Fukue Island, Nagasaki. Japanese Journal of Evironmental Entomology and Zoology 29: 21-26]

54) Ohba S, Matsuo S, Trang Huynh TT, Kudo S (2018) Female mate preference for egg-caring males in the giant water bug Diplonychus rusticus (Heteroptera: Belostomatidae). Ethology, Ecology & Evolution 30: 477-484.

53) Ribeiro JRI, Ohba S, Plout-Sigwalt D, Stefanello F, Bu W, Meyin-a-ebong E, Guilbert E (2018) Phylogenetic analysis and revision of subfamily classification of Belostomatidae genera (Insecta: Heteroptera: Nepomorpha). Zoological Journal of the Linnean Society 182: 319-359.


2017
52) Ohba S, Maeda A (2017) Paternal care behaviour of the giant water bug Kirkaldyia deyrolli (Heteroptera: Belostomatidae) against ants. Ecological Entomology 42: 402-410.

この論文の内容について、下記で紹介されました。
卵を守るオス -タガメの父親による卵保護行動はアリに対しても有効か?  (academist Journal)
長崎大学が新知見 タガメの父親「カメムシ臭」で天敵のアリ排除
 (大学ジャーナルオンライン)
教育学部の大庭准教授がタガメの卵保護行動で新知見:卵を守るオスは天敵のアリを物理的・化学的に排除する(長崎大学HP)


2016
51) 田中颯真・山本賢・大庭伸也 (2016) カダヤシの除去法としての釣りの効果.環動昆 27: 89-91.[Tanaka R, Yamamoto K, Ohba S (2016) The effect of fishing as a method of removal of the western mosquitofish, Gambusia affinis (Cyprinodontiformes: Poeciliidae). Japanese Journal of Evironmental Entomology and Zoology 27: 89-91]

50)
Okumura K, Noine M, Ohba S (2016) New synonymy of the species group of Coelotes univatus Yaginuma 1977 with a first description of the male of Coelotes sanoi Nishikawa 2009 (Araneae: Agelenidae) from Shikoku District, Japan.
Acta Arachnologica 65(2): 71-76.

49
) Ohba S, Okuda N, Kudo S (2016) Sexual selection of male parental care in giant water bugs. Royal Society Open Science 3: 150720

この論文の内容について、下記で取り上げられました。

<コオイムシ>「イクメン」がメスの好み
(毎日新聞)  昆虫もイクメンがもてる?(長崎新聞)
虫の世界もイクメンがモテる!コオイムシ類のパートナー選びが明らかに
(長崎大学HP)

48) 安倍 弘・大庭伸也 (2016) 日本の水生動物に寄生するミズダニ類Acari: Hydrachnidiae and Stygothrombiae).日本ダニ学会誌 25: 1-35.

47) Ohba S, Tsuda Y (2016) A comparison of predacious aquatic insect fauna and density in ground pools and concrete pools created during the Great East Japan earthquake in 2011. Medical Entomology and Zoology 67: 45-50.

46)
Ohba S, Tatsuta H (2016) Young giant water bug nymphs prefer larger prey: changes in foraging behavior with nymphal growth in Kirkaldyia deyrolli. Biological Journal of the Linnean Society 117: 601-606

プレスリリースはこちら(生まれてすぐに『巨大な餌』を捕食するタガメの採餌行動が明らかに)(長崎大学HP)

45)
Ohba S,
Trang Huynh TT, Kawada H, Loan Luu L, Tran Ngoc H, Le Hoang S, Takagi M (2016) The effect of Olyset Net on mosquito larvae and their Heteroptera predators in water jars in southern Vietnam. Japanese Journal of Infectious Diseases 69: 262-265.


2015
44)
市川憲平・大庭伸也
(2015) 兵庫県西部におけるタガメとゲンゴロウが繁殖する池と水田の水生昆虫相.環動昆 26: 89-93 [Ichikawa N, Ohba S. (2015) Aquatic insects in paddy fields and ponds in western Hyogo Prefecture, Japan, where Kirkaldya deyrolli and Cybister chinensis breed. Japanese Journal of Evironmental Entomology and Zoology 26: 89-93]

43) Abe H, Ohtsuka Y, Ohba S (2015) Water mites (Acari: Hydrachnidiae) parasitic on aquatic hemipterans in Japan, with reference to host preferences and selection sites. International Journal of Acarology 41(6): 494-506

42)
日隈徳子・大庭伸也・古賀雅夫 (2015) 長崎市の人工池周辺におけるツチガエルRana rugosaとニホンヒキガエルBufo japonicus japonicusの食性.環動昆 26: 17-28 [Higuma N, Ohba S, Koga M. (2015) Feeding habits of Rana rugosa and Bufo japonicus japonicus around two artificial ponds in an urban environment in Nagasaki. Japanese Journal of Evironmental Entomology and Zoology 26: 17-28]

41) Ohba S, Ushio M (2015) The effect of water depth on predation frequency by diving beetles on mosquito larvae prey.
Entomological Science 18: 519-522.

40)
大串俊太郎・山崎和久・
大庭伸也 (2015)
佐賀県におけるムネアカハラビロカマキリの初記録佐賀自然史研究 20: 39-40

39) Ohba S, Van Soai N, Van Anh DT, Nguyen YT, Takagi M (2015) Study of mosquito fauna in rice ecosystems around Hanoi, northern Vietnam. Acta Tropica 142: 89-95.


2014
38) Inoda T, Ohba S, Rullan JK (2014) Gonad development and sperm motility of diving beetle Cybister brevis Aube, 1838 (Coleoptera: Dytiscidae) in response to seasonal changes in Japan. Aquatic Insects 35: 39-45.


2013
37) Ohba S, Ohashi K, Pujiyati E, Higa Y, Kawada H, Mito N, Takagi M (2013) The effect of Pyriproxyfen as a "population growth regulator" against Aedes albopictus under semi-field conditions. PLoS One 8(7): e67045.

36) Nakazawa T*, Ohba S*, Ushio M (2013) Predator-prey body size relationships when predators can consume prey larger than themselves. Biology Letters 9: 20121193. *Both authors equally contributed to this study

35) Ohba S, Matsuo T, Takagi M (2013) Mosquitoes and other aquatic insects in fallow field biotopes and rice paddy fields. Medical and Veterinary Entomology 27: 96-103.

34) Ohba S, Takahashi J, Okuda N (2013) A non-lethal sampling method for estimating the trophic position of an endangered giant water bug using stable isotope analysis. Insect Conservation and Diversity 6: 155-161.


2012
33) Ohba S, Ohtsuka M, Sunahara T, Sonoda Y, Kawashima E, Takagi M (2012) Differential responses to predator cues between two mosquito species breeding in different habitats. Ecological Entomology 37: 410-418.

32) Ohba S, Izumi Y, Tsumuki H (2012) Effect of loach consumption on the reproduction of giant water bug Kirkaldya deyrolli: dietary selection, reproductive performance, and nutritional evaluation.
Journal of Insect Conservation 16: 829-838.

この論文の内容がグリーン・パワー(公益財団法人 森林文化協会発行)、2012年10月号にて紹介されました。

31) Ohba S, Inatani Y (2012) Feeding preferences of the endangered diving beetle Cybister tripunctatus orientalis Gschwendtner (Coleoptera: Dytiscidae). Psyche 2012: 3 pages (Aricle ID 139714). (Focus issue "Coleoptera")

30) 大庭伸也 (2012) 野外におけるタガメによるニホンマムシの捕食事例昆蟲ニューシリーズ 15: 92-93.[Ohba S. (2012) Field observation of predation on a Japanese mamushi, Gloydius blomhoffii, by a giant water bug, Kirkaldyia deyrolli. Japanese Journal of Entomology (New Series) 15: 92-93]


2011
29) Ohba S (2011) Density dependent effects of amphibian prey on the growth and survival of the endangered giant water bug.
Insects 2: 435-446. (Special issue "Trophic Interactions of Insects and Amphibians")

28) Ohba S, Trang Huynh TT, Kawada H, Loan Luu L, Tran Ngoc H, Le Hoang S, Takagi M (2011) Mosquitoes and their potential predators in rice agroecosystems of the Mekong Delta, southern Vietnam. Journal of the American Mosquito Control Association 27: 384-392.

27) 後藤直人・伊藤 明・大庭伸也 (2011) 広島県尾道市御調町の中山間地谷津田地域におけるトノサマガエル Rana nigromaculataの生息場所利用環動昆 22: 129-138. [Goto N, Ito S, Ohba S (2011) Habitat utilization of pond frog Rana nigromaculata in intermediate and mountainous area in Mitsugi Town, Onomichi City, Hiroshima. Japanese Journal of Environmental Entomology and Zoology 22: 129-138.]

26) Ohba S (2011) Impact of invasive crayfish Procambarus clarkii on the giant water bug Kirkaldyia deyrolli (Hemiptera) in rice ecosystem. Japanese Journal of Environmental Entomology and Zoology 22: 93-98.

25) Ohba S (2011) Field observation of predation on a turtle by a giant water bug. Entomological Science 14: 364-365.

この論文の内容(+α)がBBC Nature News(イギリス:英語版ポルトガル語版),GMX(ドイツ)1UND1(ドイツ)WEB(ドイツ)UOL(ブラジル)Pravda daily(スロバキア)INFOX(ロシア)にて紹介されました。

24) Ohba S, Trang Huynh TT, Kawada H, Loan Luu L, Tran Ngoc H, Le Hoang S, Higa Y, Takagi M (2011) Heteropteran insects as mosquito predators in water jars in southern Vietnam.
Journal of Vector Ecology 36: 170-174.


2010
23) Ohba S, Kawada H, Dida OG, Juma D, Sonye G, Minakawa N, Takagi M (2010) Predators of Anopheles gambiae sensu lato (Diptera: Culicidae) larvae in wetlands, western Kenya: Confirmation by Polymerase Chain Reaction method.
Journal of Medical Entomology 47: 783-787.

22) Ohba S, Kashima S, Matsubara H, Higa Y, Piyaseeli UKD, Yamamoto H, Nakasuji F (2010) Mosquito breeding sites and people's knowledge of mosquitoes and mosquito borne diseases: a comparison of temporary housing and non-damaged village areas in Sri Lanka after the Tsunami strike in 2004. Tropical Medicine and Health 38: 81-86.

21)
Ohba S, Takagi M (2010) Predatory ability of adult diving beetle on Japanese encephalitis vector, Culex tritaeniorhynchus.
Journal of the American Mosquito Control Association 26: 32-36.

20)
Kawada H, Maekawa Y, Abe M, Ohashi K, Ohba S, Takagi M (2010) Spatial distribution and pyrethroid susceptibility of mosquito larvae collected from catch basins in parks in Nagasaki city, Nagasaki, Japan.
Japanese Journal of Infectious Diseases 63: 19-24.

19) Ohba S, Perez Goodwyn PJ (2010) Life cycle of water scorpion, Laccotrephes japonensis, in Japanese rice fields and a pond (Heteroptera: Nepidae). Journal of Insect Science 10.45 available online: insectscience.org/10.45

18) Ohba S, Kato K, Miyatake T (2010) Breeding ecology and seasonal abundance in the giant water bug, Appasus japonicus Vuillefroy (Heteroptera, Belostomatidae). Entomological Science 13: 35-41.


2009
17) Ohba S (2009) Ontogenetic dietary shift in larvae of Cybister japonicus (Coleoptera: Dytiscidae) in Japanese rice fields. Environmental Entomology 38: 856-860.

16)
Ohba S (2009) Feeding habits of the diving beetle larvae Cybister brevis Aube (Coleoptera: Dytiscidae) in Japanese wetlands.
Applied Entomology and Zoology 44: 447-453.

15)
Ohba S, Swart CC (2009) Intraguild predation of water scorpion Laccotrephes japonensis (Nepidae: Heteroptera).
Ecological Research 24: 1207-1211.

14)
Ohba S, Perez Goodwyn P (2009) Early maturation in males of the giant water bug Appasus major Esaki (Heteroptera: Belostomatidae).
Japanese Journal of Environmental Entomology and Zoology 20: 27-30.


2008
13) Ohba S, Tatsuta H, Nakasuji F (2008) Variation in the geometry of foreleg claws in sympatric giant water bug species: an adaptive trait for catching prey? Entomologia Experimentalis et Applicata 129: 223-227.

12) Yanagi S, Kashima S, Ohba S, Matsubara H, Piyaseeli UKD, Yamamoto H, Nakasuji F (2008) The comparison of population density of Musca domestica nebulo (Diptera: Muscidae) between a temporary housing area and an unaffected village in Sri Lanka after about one year from a tsunami. Medical Entomology and Zoology 59: 81-84.

11) Miyasaka H, Genkai-Kato M, Miyake Y, Kishi D, Katano I, Doi H, Ohba S, Kuhara N (2008) Relationships between length and weight of freshwater macroinvertebrates in Japan. Limnology 9: 75-80.

10)
Ohba S (2008) The number of tadpoles consumed by the nymphs of the giant water bug Kirkaldyia deyrolli under laboratory conditions. Limnology 9: 71-73.

9)
Ohba S, Miyasaka H, Nakasuji F (2008) The role of amphibian prey in the diet and growth of giant water bug nymphs in Japanese rice fields. Population Ecology 50: 9-16.


2007
8) Ohba S, Nakasuji F (2007) Density-mediated indirect effects of a common prey, tadpole on interaction between two predatory bugs: Kirkaldyia deyrolli and Laccotrephes japonensis. Population Ecology 49: 331-336.

7)
Ohba S (2007) Notes on the predators and their effect on the survivorship of the endangered giant water bug, Kirkaldyia (= Lethocerus) deyrolli (Heteroptera, Belostomatidae), in Japanese rice fields. Hydrobiologia 583: 377-381.


2006
6) Ohba S, Nakasuji F (2006) Dietary items of predacious aquatic bugs (Nepoidea: Heteroptera) in Japanese wetlands. Limnology 7: 41-43.

5) Perez Goodwyn PJ, Ohba S, Schnack JA (2006) Chorion morphology of the eggs of Lethocerus delpontei, Kirkaldyia deyrolli, and Horvathinia pelocoroides (Heteroptera: Belostomatidae). Russian Entomological Journal 15: 151-156.

4) Ohba S, Tatsuta H, Sasaki M (2006) Raptorial legs and claws are not influenced by food condition in nymphal stages of Lethocerus deyrolli. Annals of the Entomological Society of America 99: 151-156.

3) Ohba S, Hidaka K, Sasaki M (2006) Notes on paternal care and sibling cannibalism in the giant water bug Lethocerus deyrolli (Heteroptera: Belostomatidae). Entomological Science 9: 1-5.


2002-2005
2) Ohba S, Takagi H (2005) Food shortage affects flight migration of the giant water bug, Lethocerus deyrolli in pre-wintering season. Limnology 6: 85-90.

1)  大庭伸也 (2002) タガメの卵塊における一斉孵化メカニズムとその意義.昆蟲ニューシリーズ 5: 157-164. [Ohba S (2002) Synchronized mechanism and its meaning in the egg hatching of the giant water bug, Lethocerus deyrolli (Heteroptera: Belostomatidae). Japanese Journal of Entomology (New Series) 5: 157-164.]


投稿中・準備中の論文

Ribeiro JRI, Stefanello F, Estevez AL, Ohba S, Melo AL, Nieser N, Iglesias MS, Guilbert E. Phylogenetic test of Smith's evolutionary scenario: the evolution of paternal care in giant water bugs (Insecta: Heteroptera: Belostomatidae) by revisitng body size constraints and sexual size dimorphism.

Ohba S, Suzuki K, Sakai Y, Shibata J, Okuda N. Physical alteration of irrigation systems decreases top predator trophic position in rice field ecosystems.

著書

7) 大庭伸也 (2018) 稲作水系におけるタイコウチとコオイムシの生活史.『環境eco選書⑬ 水生半翅類の生物学』大庭伸也 編,pp. 99-118,北隆館,東京.

6) 大庭伸也・立田晴記 (2018) タガメの採餌戦略.『環境eco選書⑬ 水生半翅類の生物学』大庭伸也 編,pp. 185-199,北隆館,東京.

5) 大庭伸也 (2018) タイコウチ上科の採餌生態:直接的・間接的に餌に及ぼす影響.『環境eco選書⑬ 水生半翅類の生物学』大庭伸也 編,pp. 200-216,北隆館,東京.

4) 渡部晃平・大庭伸也 (2018) タガメが減少した要因 -なぜ全国的に激減したのか?-. 『環境eco選書⑬ 水生半翅類の生物学』大庭伸也 編,pp. 258-276,北隆館,東京.

3) 大庭伸也 (2018) 外来種が水生半翅類に与える脅威.『環境eco選書⑬ 水生半翅類の生物学』大庭伸也 編,pp. 277-289,北隆館,東京.

2) Culler LE, Ohba S, Crumrine P. (2014) Predator-prey interactions of Dytiscids. In: Ecology, Systematics, and the Natural History of Predaceous Diving Beetles (Coleoptera: Dytiscidae) (Yee DA ed), pp. 363-386, Springer, The Netherlands.

1) Ohba S (2009) Foraging behavior and raptorial character in giant water bug. In: Handbook of Aggressive Behavior Research (Caitriona Quin and Scott Tawse eds), pp. 515-528, Nova Science Publishers, NY.

学術論文(査読なし)

19) 大浦ひなた・大庭伸也 (2018) 長崎市浦上川沿いにおけるコオイムシの記録.長崎県生物学会誌 (82): 11-12.

18) 本木和幸・大庭伸也 (2018) 2012年度~2017年度に長崎大学教育学部周辺で小学校理科の受講生が採集した動物.長崎大学教育学部教育実践研究紀要 (17): 93-100.

17) 大庭伸也・本木和幸 (2018) 長崎大学教育学部周辺で確認されたトンボ類.長崎大学教育学部紀要 (4): 19-26.

16) 大串俊太郎・大庭伸也 (2017) 野外におけるヒメミズスマシの越冬生態に関する知見.長崎県生物学会誌 (80): 36-38.

15)
山永・高橋稜一・中濱直之・大庭伸也・清拓弥・溝田浩二・高橋純一 (2017) 対馬島に生息する絶滅危惧昆虫4種のDNAバーコード領域(ミトコンドリアDNAのCOI領域)の塩基配列報告.長崎県生物学会誌 (80): 20-21

14) 大庭伸也・田中颯真 (2017) 長崎県五島列島初記録のヒメミズカマキリ.Rostria (61): 19-20

13) 大庭伸也・市川憲平 (2016) アメリカザリガニはタガメの餌として適さない.Rostria (59): 28-30

12) 大庭伸也 山本賢・河合恭典 (2015) 壱岐市で採集された昆虫:壱岐市立一支国博物館のイベントおよびその予備調査から.長崎県生物学会誌 (77): 23-24

11) 大庭伸也 (2015) 長崎大学教育学部の噴水池で確認されたトンボ類.長崎大学教育学部紀要 (1): 43-49

10) 四方圭一郎・大庭伸也 (2015) 長野県南部で外来種トガリアメンボの生息を確認伊那谷自然史論集 16: 35-36.

9) 大庭伸也 (2014) 長崎県本土および壱岐におけるトガリアメンボの記録.長崎県生物学会誌 (75): 52-54

8) 大串俊太郎・大庭伸也・深川元太郎 (2014) 長崎県におけるシジミガムシ属の記録.長崎県生物学会誌 (75): 9-13

7) 大庭伸也
(2014) 長崎市相川町ビオトープにおけるコガタノゲンゴロウ.長崎県生物学会誌 (74): 27-29

6) 日隈徳子・大庭伸也 (2014) 長崎大学文教キャンパスにおけるニホンヒキガエルの繁殖行動と越冬場所.長崎県生物学会誌 (74): 7-11

5) 稲谷吉則大庭伸也 (2012) 兵庫県西播磨地方にてコガタガムシを採集.きべりはむし 35: 13-14.

4) 大庭伸也 (2011) [日本環境動物昆虫学会] 奨励賞受賞論文 希少種を含む水生昆虫類に関する生態学的研究:捕食者-被食者の関係から保全と応用を考える.日本環境動物昆虫学会誌 22: 39-48[Ohba S (2011) The society award study: Ecological studies in lentic aquatic insects including rare species: consideration of their conservations and applied aspects from the predator-prey relationships. Japanese Journal of Environmental Entomology and Zoology 22: 39-48]

3) 大庭伸也・稲谷吉則 (2010) 兵庫県西部と島根県東部におけるコガタノゲンゴロウの記録.きべりはむし 33: 15-16.

2)
大庭伸也松尾公則・高木正洋 (2010) 長崎市休耕田ビオトープにおけるカ科およびその天敵水生昆虫長崎県生物学会誌 (67): 1-5.

1) 森 哲・大庭伸也 (2004) 野外におけるタガメによるヘビ類の摂食例.爬虫両棲類学会報 2004: 78-81.

解説・報告書・書評

23) 大庭伸也 (2018) ボウフラの不動は捕食回避に役立つか? 捕食回避行動のコストとベネフィット.環境管理技術 36: 89-94.

22) 大庭伸也 (2018) 絶滅危惧種タガメの生態:彼らは何を食べ、どのように暮らしているか化学と生物 56: 301-305.

21) 大庭伸也 (2018) むし博士たちの事件簿/父タガメのマル秘攻撃!子供の科学 2: 60-61

20) 大庭伸也 (2017) 卵を守るオス -タガメの父親による卵保護行動はアリに対しても有効か? (academist Journal,2017年4月24日)

19) 大庭伸也 (2017) 新刊紹介『徳田 誠 (2016)「植物をたくみに操る虫たち─虫こぶ形成昆虫の魅力」東海大学出版部,B6判,277頁,本体価格2,000円(税別),ISBN978-4-486-02097-4』昆蟲ニューシリーズ 20 (2): 89.

18) 大庭伸也立田晴記 (2017) タガメの若齢幼虫は大きな餌を好む昆虫と自然 52(4): 18-22.

17) 大庭伸也 (2017) 水田生態系の昆虫たちの研究動向昆虫と自然 52(4): 2-4.

16) 大庭伸也 (2016) 調べてみて分かること タガメとゲンゴロウの幼虫の食性は?.ぎょぶる 5: 50-51.

15) 大庭伸也 (2015) 壱岐の水生半翅類・水生甲虫類島の科学 (52): 1-26.

14)
大庭伸也 (2015) 水田生態系に生息する水生昆虫類の生態と保全農業および園芸 90(2): 243-255.

13) 大庭伸也 (2014) 水生半翅類、最新の話題昆虫と自然 49(2): 2-3.

12) 大庭伸也 (2013) 水田におけるゲンゴロウ幼虫の保全に関する野外調査研究 ~常識を覆したゲンゴロウ類の研究Green Letter 35: 64.

11) 大庭伸也 (2013) 止水域に棲む水生昆虫たちの研究概説昆虫と自然 48(4): 2-3.

10) 大庭伸也 (2013) タガメはドジョウトリムシか?昆虫と自然 48(4): 12-15.

9) 大庭伸也・稲谷吉則 (2011) 岡山県北部におけるアメリカザリガニの増加とタガメの減少.昆虫と自然 46(11): 30-33.

8) 大庭伸也 (2011) 書評『昆虫の低温耐性 その仕組みと調べ方』積木久明・田中一裕・後藤三千代/編.衛生動物 62 (1): 81.

7) 大庭伸也 (2010) ゲンゴロウ属幼虫の食性:オタマジャクシは重要か?昆虫と自然 45(1): 30-33.

6)
大庭伸也 (2009) タガメは田んぼで何を食べているのか.昆虫と自然 44(1): 8-11

5) 大庭伸也 (2007) 助成事業 水田におけるゲンゴロウ幼虫の保全に関する野外調査研究.Green Letter 29: 31.

4)
大庭伸也 (2006) 助成対象 水田におけるゲンゴロウ幼虫の保全に関する野外調査研究.Green Letter 28: 34.

3)
大庭伸也・中筋房夫 (2006) タガメの生態学的研究:幼虫のオタマジャクシ依存仮説の検証.2006年度岡山大学大学院自然科学研究科高大連携・一般公開 高校生・大学院生による研究紹介と交流の会 pp 10

2) 大庭伸也 (2006) カルタラ地域における仮設住宅と一般家庭間での蚊の発生源に関する比較研究.文部科学省「魅力ある大学院教育」イニシアティブ『いのち』をまもる環境学教育 平成17年度報告書 岡山大学大学院環境学研究科 pp 51-52

1) 大庭伸也 (2005) 父と子の共同作業 タガメの卵塊における一斉孵化メカニズムとその理由.昆虫発見!!4: 22-25.


学位論文など

博士論文: タガメと餌動物および捕食者間の種間相互作用に関する生態学的研究(岡山大学大学院自然科学研究科,20073月), pp 104

修士論文: タガメ幼虫の生存率に関わる諸要因 -とくに捕食と被食の関係から-(愛媛大学大学院農学研究科,20043月), pp 73


国内学会・談話会発表(2005年~)


大庭伸也
・山田知帆乃・吉村愛菜.コオイムシ類における繁殖生態の種間比較.第78回日本昆虫学会大会.名古屋.2018年9月.(口頭)

大庭伸也・沼田 郁・川野敬介.長崎県におけるゲンジボタルの地理的変異.第62回日本応用動物昆虫学会大会.鹿児島.2018年3月.(口頭)

沼田 郁・川野敬介
大庭伸也.長崎県におけるゲンジボタルの系統地理学的研究.長崎県生物学会第47回大会.佐世保.2018年1月.(ポスター)

山田知帆乃・吉村愛菜・大庭伸也.コオイムシ類における配偶者選択と卵保護行動の種間比較.長崎県生物学会第47回大会.佐世保.2018年1月.(ポスター)

本木和幸・大庭伸也・山田真子.アラレタマキビの海水逃避行動に及ぼす塩類濃度と潮位差の影響.長崎県生物学会第47回大会.佐世保.2018年1月.(ポスター)

大浦ひなた・大庭伸也.西彼杵半島にはRDB種が多いのか?:学校プールの生物相からの評価.長崎県生物学会第47回大会.佐世保.2018年1月.(ポスター)

大庭伸也
・本木和幸・田中颯真・大串俊太郎・上田浩一.2017年の福江島・五島市三井楽町のアメリカザリガニの駆除の成果と課題.長崎県生物学会第47回大会.佐世保.2018年1月.(口頭)

本木和幸・山田真子・大庭伸也.高等学校「生物」におけるアラレタマキビとイシダタミのすみわけ行動の教材化.日本生物教育学会第102回全国大会.熊本.2018年1月.(口頭)

大庭伸也
.メダカに対するボウフラの捕食回避行動.第77回日本昆虫学会大会.松山.2017年9月.(口頭)

大庭伸也
・野稲 充.ボウフラの捕食回避行動の教材化に向けた研究Ⅰ:行動と生活史形質に着目して.日本衛生動物学会第69回大会.長崎.2017年4月.(口頭)

大庭伸也・野稲 充.ボウフラの捕食回避行動の教材化に向けた研究Ⅱ:簡易な観察法の確立.日本衛生動物学会第69回大会.長崎.2017年4月.(口頭)

大庭伸也.野稲 充.ボウフラの捕食回避行動の観察とその教材化.第64回日本生態学会大会.東京.2017年3月.(口頭)

吉村愛菜・大庭伸也.コオイムシ類2種のメスによる配偶者選択とオスの卵保護行動.第61回日本応用動物昆虫学会大会.東京.2017年3月.(口頭)

野稲 充・大庭伸也.ボウフラの行動と成長に捕食者が及ぼす影響の評価.長崎県生物学会第46回大会.長崎.2017年1月.(ポスター)

田中颯真・大庭伸也.特定外来生物・カダヤシの採餌生態とその水域間比較.長崎県生物学会第46回大会.長崎.2017年1月.(ポスター)

吉村愛菜・大庭伸也.コオイムシ類のメスによる配偶者選択とオスの卵保護行動.長崎県生物学会第46回大会.長崎.2017年1月.(ポスター)

山本 賢・大庭伸也.教員養成課程の学生におけるメダカ-カダヤシ間の種判別能力.長崎県生物学会第46回大会.長崎.2017年1月.(ポスター)

大庭伸也・大串俊太郎・田中颯真・山本賢・野稲充・吉村愛菜・沼田郁・山田知帆乃・福井瑞生.続 福江島・五島市三井楽町のアメリカザリガニの駆除について.長崎県生物学会第46回大会.長崎.2017年1月.(口頭)

中溝桃果・大庭伸也.イシクラゲの応用に関する研究.長崎県生物学会第46回大会.長崎.2017年1月.(ポスター)

奥村賢一・野稲 充・大庭伸也.後牙堤2 歯のヤチグモ類の分類 〜どの範囲を同属とみなすか〜.日本蜘蛛学会第48回大会.柏市.2016年8月.(口頭)

大庭伸也
.増加・北上するコガタノゲンゴロウの生態と行動.日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会.大阪.2016年3月.(口頭)

田中颯真・山本 賢・ 大庭伸也.カダヤシの駆除方法の模索:ベイトの検討と採餌生態.長崎県生物学会第45回大会.佐世保.2016年1月.(ポスター)

山本 賢・ 大庭伸也.意識調査から見るカダヤシの認知度と対策.長崎県生物学会第45回大会.佐世保.2016年1月.(口頭)

寺園康秀・高田 尚・大庭伸也.ゲンゴロウ類の種間比較に関する研究 ~生活史、競争及び形態に着目して~.長崎県生物学会第45回大会.佐世保.2016年1月.(ポスター)

平井祥子・中島かりん・大庭伸也.ゲンゴロウ類における飛翔頻度及び集団遺伝構造の種間比較.長崎県生物学会第45回大会.佐世保.2016年1月.(ポスター)


大庭伸也・田中颯真・野稲 充・吉村愛菜.福江島・五島市三井楽町におけるアメリカザリガニの駆除について.長崎県生物学会第45回大会.佐世保.2016年1月.(口頭)

山本 賢・ 大庭伸也.カダヤシの駆除に向けての取り組み:意識調査と駆除方法の検討.第27回日本環境動物昆虫学会 年次大会 合同大会.大阪.2015年11月.(口頭)

大庭伸也.ボウフラの対捕食者行動の種間比較.第68回日本寄生虫学会南日本支部大会・第65回日本衛生動物学会南日本支部大会 合同大会.長崎.2015年10月.(口頭)

大庭伸也・高田 尚・中島かりん・寺園康秀・平井祥子・鈴木智也・東城幸治.コガタノゲンゴロウはなぜ増えているのか?第75回日本昆虫学会大会.福岡.2015年9月.(口頭)

奥村賢一・野稲 充・
大庭伸也.分子系統に基づくヤチグモ類分類の補完と再構築.日本蜘蛛学会第47回大会.京都.2015年8月.(口頭)

大庭伸也・高田 尚・中島かりん・村上 陵.大型ゲンゴロウ類における生活史と行動形質の比較.第59回 日本応用動物昆虫学会大会.山形.2015年3月.(口頭)

大串俊太郎・大庭伸也・繁宮悠介.アメンボ類3種における口吻の形態と食性の関係.長崎県生物学会第44回大会.長崎.2015年1月.(ポスター)

高田 尚・大庭伸也.大型ゲンゴロウ類における生活史・行動形質の比較.長崎県生物学会第44回大会.長崎.2015年1月.(ポスター)

中島かりん・大庭伸也.大型ゲンゴロウ類における移動分散能力および集団遺伝構造の比較.長崎県生物学会第44回大会.長崎.2015年1月.(ポスター)

村上 陵・大庭伸也.学校プールの水生昆虫類とそれを利用した環境評価の試み.長崎県生物学会第44回大会.長崎.2015年1月.(ポスター)

大庭伸也・津田良夫.東北地方津波被災跡地の湿地および水溜りから発生する水生昆虫類.第26回日本環境動物昆虫学会.長崎.2014年11月.(口頭)

大庭伸也・潮 雅之.ボウフラに対するハイイロゲンゴロウの捕食頻度と水深の関係.第74回日本昆虫学会大会.東広島.2014年9月.(口頭)

大串俊太郎・大庭伸也・大場和彦・繁宮悠介.アメンボ類における口吻の形態比較~彼らは何を食べているのか~.長崎県生物学会第43回大会.佐世保.2014年1月.(ポスター)

前田愛理・大庭伸也.タガメの父親による卵保護のアリに対する防衛効果.長崎県生物学会第43回大会.佐世保.2014年1月.(ポスター)

松尾明香・大庭伸也.捕食性水生カメムシの成長パターンに餌の違いが及ぼす影響.長崎県生物学会第43回大会.佐世保.2014年1月.(ポスター)

鈴木滉大・大庭伸也.水生動物における炭素・窒素安定同位体比の濃縮係数の推定.長崎県生物学会第43回大会.佐世保.2014年1月.(ポスター)

相知紀史・大庭伸也.ジョロウグモとナガコガネグモの採餌行動の観察.長崎県生物学会第43回大会.佐世保.2014年1月.(口頭)

大串俊太郎・大庭伸也.口吻の形態から推測するアメンボ類の食性.平成25年度 日本昆虫学会九州支部・日本鱗翅学会九州支部 合同大会.長崎.2013年11月.(ポスター)

門司麻衣子・大庭伸也・沼田英治.タガメの父親による卵保護行動の概日リズムと孵化のタイミング.第20回日本時間生物会学術大会.東大阪.2013年11月.(ポスター)

大庭伸也.教育に活かす“蚊学”:ボウフラの対捕食者行動.第57回日本応用動物昆虫学会大会.藤沢.2013年3月.(口頭)

大庭伸也.危ないときはじっとする!:ボウフラの対捕食者行動.長崎県生物学会第42回大会.長崎.2013年1月.(口頭)

大庭伸也.捕食者に対するボウフラの行動変化.平成24年度 日本昆虫学会九州支部・日本鱗翅学会九州支部 合同大会.佐賀.2012年12月.(ポスター)

大庭伸也奥田 昇非破壊的サンプリングによる高次捕食者の栄養段階の推定.第59回日本生態学会大会.大津.2012年3月.(口頭)


大庭伸也高橋純一・奥田 昇殺さずにタガメの栄養段階を推定する:安定同位体分析のための非侵略的サンプリング法の確立.第23回日本環境動物昆虫学会大会.宮崎.2011年11月.(口頭)

大庭伸也工藤慎一コオイムシ類における保護オスに対するメスの産卵選好性.日本昆虫学会71回大会.松本.2011年9月.(口頭)


大庭伸也松尾公則・高木正洋休耕田ビオトープとその近隣の水田の蚊
.日本衛生動物学会63回大会.東京.2011年4月.(口頭)

大庭伸也高橋純一・奥田 昇Microsatellite DNAマーカーを用いたコオイムシ科昆虫における父系解析日本応用動物昆虫学会第55回大会.福岡.2011年3月.

大庭伸也松尾公則・高木正洋長崎市休耕田ビオトープにおけるカ科およびその天敵水生昆虫.長崎県生物学会第40回大会.長崎.2011年1月.(口頭)

大庭伸也・立田晴記・工藤慎一.タガメの繁殖形質に働く表現型選択の測定.日本昆虫学会第70回大会.鶴岡.2010年9月.(口頭)

大庭伸也Gabriel O DidaDuncan Juma川田 均皆川 昇高木正洋.Anopheles gambiae complex幼虫の捕食者 ―PCR法を用いた捕食の有無の確認―.日本衛生動物学会第62回大会.鹿児島.2010年4月.(口頭)

大庭伸也・大塚雅和・高木正洋.異なるサイズの水域で繁殖する蚊2種に与える捕食者の効果.第28回日本動物行動学会.つくば.2009年11月.(ポスター).

大庭伸也・泉 洋平・積木久明.タガメの繁殖に適した餌の解明.日本昆虫学会第69回大会.三重.200910月.(口頭).


大庭伸也・高木正洋.ゲンゴロウ類成虫のコガタアカイエカ幼虫に対する捕食能力.日本衛生動物学会第61回大会.高松.2009年4月.(口頭).

大庭伸也・高木正洋.日本産ゲンゴロウ類成虫のボウフラに対する捕食能力の評価.日本応用動物昆虫学会第53回大会.札幌.2009年3月.(口頭).

大庭伸也.タガメにおけるオタマジャクシ食の利益.第24回個体群生態学会年次大会.東京.200810月.(ポスター)

大庭伸也・立田晴記.続・タガメ幼虫の形態形質と餌サイズの関係.日本動物行動学会第27回大会.金沢.20089月.(ポスター)

大庭伸也.ゲンゴロウおよびクロゲンゴロウ幼虫の食性.日本昆虫学会第68回大会.高松.20089(口頭)

大庭伸也・中筋房夫.水田におけるゲンゴロウ幼虫の食性.日本応用動物昆虫学会第52回大会.宇都宮.2008 3月.(口頭)

大庭伸也・中筋房夫.ゲンゴロウとタガメにおける幼虫の採餌生態.日本生態学会第55回大会.福岡.20083月.(ポスター)

大庭伸也・立田晴記・中筋房夫.タガメ幼虫の形態形質と餌サイズの関係.日本動物行動学会第26回大会.京都.200710月.(ポスター)

大庭伸也・中筋房夫.オタマジャクシに依存したタガメの食性.日本昆虫学会第67回大会.神戸.20079月.(口頭)

大庭伸也・中筋房夫.タガメ,タイコウチ間の種間相互作用系におけるオタマジャクシの間接効果.日本応用動物昆虫学会第51回大会.東広島.20073月.(口頭)

大庭伸也・中筋房夫.タガメの捕獲形質と採餌行動.日本動物行動学会第25回大会.岡山.200610月.(ポスター)

大庭伸也・中筋房夫.タガメ幼虫期の前脚の湾曲爪はオタマジャクシを捕獲するための適応形質か?日本応用動物昆虫学会中四国支部会.倉敷.200610月.(口頭)

大庭伸也・中筋房夫.タガメ幼虫期の前脚の湾曲爪はオタマジャクシを捕獲するための適応形質か?日本応用動物昆虫学会第50回大会.つくば.20063月.(口頭)

大庭伸也・立田晴記・佐々木正己.タガメ幼虫期の捕獲形質の成長パターンは餌条件に影響されるか?日本昆虫学会第65回大会.岡山.20059月.(口頭)

国際学会・会議・シンポジウムなど

Ohba S. Female mate choice in two closely related species of giant water bug: Appasus japonicus and A. major (Belostomatidae). Workshop "Interplay between parental care and sexual selection". Fiskebackskil, Sweden, 26th February-3rd March 2018 (Oral).


Ohba S, Maeda A. Paternal caring behavior against ants in a giant water bug. XXV International Congress of Entomology. Orland, USA. 2016. September (Oral).

Ohba S. Differential responses to predator cues between two mosquito species breeding in different habitats. XXIV International Congress of Entomology. Daegu, Korea. 2012. August (Poster).

Ohba S, Ohashi K, Pujiyati E, Sonoda Y, Kawashima E, Kawada H, Minakawa N, Takagi M. Potential use of pyriproxyfen for control of mosquito-borne diseases: (2) Impact on Aedes albopictus populations in semi-field condition. Entomological Society of America 2010 Annual Meeting. San Diego, CA, USA. December 12-15, 2010. (Poster)

Ohba S. Feeding habits of two diving beetle larvae, Cybister japonicus and C. brevis in Japanese wetlands. An Inordinate Neglect of Dytiscids: Behavior, Ecology, Evolution, and Systematics of Predaceous Diving Beetles. Entomological Society of America 2010 Annual Meeting. San Diego, CA, USA. December 12-15, 2010. (Oral) Invited Symposium, >> see all speakers

Ohba S. Differential responses to diving beetle cue in Aedes albopictus and Culex tritaeniorhynchus: oviposition site selection, larval behavior, and life history trait. Nagasaki Symposium on Ecology, Physiology, and Control Strategy of Vector Mosquitoes in South East Asia. Pompe Memorial Hall, Faculty of Medicine, Nagasaki University, Japan. 2010. March. (Oral)

Ohba S, Huynh TTT, Kawada H, Luu LL, Ngoc HT, Hoang SL, Takagi M. Effect of Olyset net on the mosquitoes and Heteroptera predators in jars in Tan Chanh, Long An, southern Vietnam. Annual Science Conference Year 2009. Pasteur Institute in Ho Chi Minh City, Vietnam. 2009. November. (Oral)

Ohba S, Miyasaka H, Hidaka K, Nakasuji F. Is the giant water bug, Lethocerus deyrolli, a tadpole eater or a general predator? 5th Asia-Pacific Congress of Entomology. Jeju, Korea. 2005. October. (Poster)

談話会・講演・セミナー等

大庭伸也.西日本で増加しているコガタノゲンゴロウの謎.水生昆虫談話会 第435回例会.熊本.2018年8月.(口頭)

大庭伸也
.コオイムシ科昆虫の卵保護行動に関する最近の話題.水生昆虫談話会 第435回例会.熊本.2018年8月.(口頭)

大庭伸也.大陸からの移動!?長距離移動をしている(かもしれない)水生昆虫.第62回日本応用動物昆虫学会大会.小集会『虫たちは長い旅路の果てに何を見る?:長距離移動性昆虫学の最前線』鹿児島.2018年3月.(口頭)

大庭伸也
.公開シンポジウム 五島の外来生物を考える コメンテーター(島の生態系を本来の姿に).五島市.2017年10月.

大庭伸也.水生カメムシに見られる卵の特徴と卵保護の機能.第77回日本昆虫学会.小集会『昆虫の家族をめぐる進化生態学 第9回』.松山.2017年9月.

大庭伸也
.タガメの父親はアリから保護卵塊を守れるのか?日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会.小集会 KAMEMUSHI TODAY ~カメムシ学の現在を語る~.2016年3月28日.

大庭伸也
.タガメの採餌を巡る生態学的研究.2016年度 日本昆虫学会若手奨励賞受賞講演.日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会.大阪.2016年3月26日.

大庭伸也.増えるゲンゴロウ-コガタノゲンゴロウは何者か?-.日本甲虫学会第6回大会・日本昆虫分類学会第18回大会合同大会 水生甲虫小集会.2015年11月22日.

大庭伸也
.コオイムシ科昆虫の父親による卵保護に関する行動生態学的研究.特別講演.九州病害虫研究会 第90回研究発表会(秋季大会).2015年11月11日.

大庭伸也
壱岐の水生昆虫.壱岐市立一支国博物館 特別講座壱岐.20158月23日


大庭伸也
.コオイムシ科昆虫の父親による卵保護の効果と機能.京都大学大学院理学研究科動物行動学研究室ゼミ.京都.20156月.

大庭伸也.水田の生物多様性の指標としてのタガメの食性.第73回日本昆虫学会.小集会『里山昆虫談話会』.札幌.2013年9月.

大庭伸也コオイムシ科昆虫における父親による子の保護の進化:性淘汰仮説の検証.第19回長崎最西端進化生態学セミナー.長崎.2012年12月.

大庭伸也脊椎動物を好む昆虫 —タガメの生活史と生態—.特別講演.平成24 年度 日本昆虫学会九州支部・日本鱗翅学会九州支部合同大会.佐賀.2012年12月.

大庭伸也性淘汰が駆動する雄による卵保護行動の進化:コオイムシ亜科昆虫における実証研究.第72回日本昆虫学会.小集会『昆虫の家族をめぐる進化生態学 第4回』.東京.2012年9月.

大庭伸也
A vertebrate specialist ~タガメの食性から見えてくること~.第6回名無しet al.セミナー.那覇.2012年3月.

大庭伸也.脊椎動物に依存したタガメ:生活史,形態形質そして採餌行動.第224回生態研セミナー.大津.20112月.

大庭伸也.希少種を含む水生昆虫に関する生態学的研究.2010年度 日本環境動物昆虫学会奨励賞受賞講演.第22回日本環境動物昆虫学会大会.彦根.2010年11月.

大庭伸也呑みながら講義  14限目 「タガメのはなし」 主催:Loki ACADEMICA 協力:井戸端サイエンス工房.京都.2010年9月.

大庭伸也.絶滅危惧種タガメの繁殖・越冬成功に適した餌の解明.財団法人 八雲環境科学振興財団 平成21年度研究発表会.岡山.2009年10月.

大庭伸也.タガメと餌動物および捕食者間の種間相互作用.日本昆虫学会第68回大会,公開シンポジウム『ため池と田んぼの昆虫たち』.高松.20089月.

大庭伸也.タガメの生態学的研究:生活史,形態,そして採餌行動の解析.京都大学大学院理学研究科動物行動学研究室ゼミ.京都.20086月.

大庭伸也.タガメのオタマジャクシ依存性に関する生態学的研究.第225回岡山大学昆虫学土曜セミナー.岡山.200610月.

大庭伸也・中筋房夫.タガメの生態学的研究:幼虫のオタマジャクシ依存仮説の検証.2006年度岡山大学大学院自然科学研究科高大連携・一般公開 高校生・大学院生による研究紹介と交流の会.岡山.20067月.

大庭伸也.タガメ幼虫の生存率に関わる要因.関西淡水動物談話会.神戸.200311月.


教 育

2018年度
ゼミナールⅠ(中学校理科、小学校、幼稚園)  (3年前期、15回)
卒業論文    (4年前後期、30回)
小学校理科   (2年前期、分担、10/15回)
生物学実験Ⅰ  (2年前期、分担、9/15回)
ゼミナールⅡ    (3年後期、15回)
専門ゼミナール   (1年後期、分担、2/15回)
生物学実験Ⅱ    (3年後期、15回)
生物学概論     (1年後期、分担、8/15回)
中等理科教育b   (3年後期、分担、5/15回)
教育と社会(身のまわりの科学) (全学モジュール2年3Q、15回))
野外生物実習   (3年通年、15回)
生命と地球分野の教材研究(大学院、5/15回)
自然環境と科学技術の理解と授業実践課題(大学院、3/15回)

その他(授業以外の講座など)

平成30年度 教員免許状更新講習 『中学校と高等学校の理科の内容A』 2018年7月7日
平成30年度 教員免許状更新講習 『中学校と高等学校の理科の内容と指導』 2018年7月28日
放送大学「自然科学入門」 2018年6月23日

あぐりの丘 イベント 『棚田の生物観察会』など 2018年7月22日、8月26日、10月28日、3月10日


2017年度
ゼミナールⅠ  (3年前期、15回)
卒業論文    (4年前後期、30回)
小学校理科   (2年前期、分担、10/15回)
生物学実験Ⅰ  (2年前期、分担、8/15回)
ゼミナールⅡ    (3年後期、15回)
専門ゼミナール   (1年後期、分担、2/15回)
生物学実験Ⅱ    (3年後期、15回)
生物学概論     (1年後期、分担、8/15回)
中等理科教育b   (3年後期、分担、5/15回)
動物学        (2-3年後期、15回)
野外生物実習   (3年通年、15回)
(生命と地球分野の教材研究(大学院、5/15回))
(自然環境と科学技術の理解と授業実践課題(大学院、3/15回))

その他(授業以外の講座など)

平成29年度 教員免許状更新講習 『中学校と高等学校の理科の内容と指導』 2017年7月22日
平成29年度 教員免許状更新講習 『中学校と高等学校の理科の内容A』 2017年7月8日
放送大学「現代科学入門」 2017年6月25日

壱岐市立一支国博物館 体験イベント『身近な昆虫採集』 2017年8月16日
あぐりの丘 イベント 『棚田の生物観察会』など 2017年5月4日、5月6日、7月30日、8月13日
、9月16日(中止)、10月29日、11月3日、3月11日

平成29年度 未来の科学者養成講座 生物マスターコース 1名受入


2016年度
初年次セミナー  (1年前期、15回)
ゼミナールⅠ  (3年前期、15回)
卒業論文    (4年前後期、30回)
小学校理科   (2年前期、分担、10/15回)
生物学実験Ⅰ  (2年前期、分担、8/15回)
ゼミナールⅡ    (3年後期、15回)
専門ゼミナール   (1年後期、分担、2/15回)
生物学実験Ⅱ    (3年後期、15回)
生物学概論     (1年後期、分担、7/15回)
中等理科教育b   (3年後期、分担、5/15回)
野外生物実習   (3年通年、15回)
(生命と地球分野の教材研究(大学院、5/15回))
(自然環境と科学技術の理解と授業実践課題(大学院、3/15回))

その他(授業以外の講座など)

平成28年度 未来の科学者養成講座 生物マスターコース 2名受入
平成28年度 教員免許状更新講習 『中学校と高等学校の理科の内容A』 2016年5月21日
放送大学「科学入門」 2016年6月26日
あぐりの丘 イベント 『昆虫採集』など 2016年7月24日、8月21日、11月20日、2017年3月12日
壱岐市立一支国博物館 体験イベント『身近な昆虫採集 in 壱岐』 2016年7月24日
第33回 雲仙・自然体感ツアー『雲仙いきもの観察会』 2016年8月28日(中止


2015年度
ゼミナールⅠ  (3年前期、15回)
卒業論文    (4年前後期、30回)
小学校理科   (2年前期、分担、10/15回)
生物学実験Ⅰ  (2年前期、分担、8/15回)
ゼミナールⅡ    (3年後期、15回)
専門ゼミナール   (1年後期、分担、2/15回)
生物学実験Ⅱ    (3年後期、分担、8/15回)
生物学概論     (1年後期、分担、7/15回)
中等理科教育b   (3年後期、分担、5/15回)
動物学        (2-3年後期、15回)
教育と社会(身のまわりの科学) (全学モジュール2年後期、15回))
野外生物実習 (3年通年、15回)
生命と地球分野の教材研究(大学院、5/15回)
自然環境と科学技術の理解と授業実践課題(大学院、3/15回)

その他(授業以外の講座など)

平成27年度 未来の科学者養成講座 生物マスターコース 5名受入
平成27年度 未来の科学者養成講座 中学理科コース 『ボウフラの対捕食者行動の観察』 2015年7月11日
平成27年度 未来の科学者養成講座 小学理科コース 『身近な昆虫の採集(大学内の昆虫相)』 2015年8月1日
平成27年度 教員免許状更新講習 『中学校と高等学校の理科の内容A』 2015年5月23日
平成27年度 教員免許状更新講習 『中学校と高等学校の理科の内容A』 2015年7月25日
放送大学「身近な科学」 2015年5月31日
壱岐市立一支国博物館 体験イベント『身近な昆虫採集 in 壱岐』 2015年8月24日



2014年度

ゼミナールⅠ  (3年前期、15回)
卒業論文    (4年前後期、30回)
小学校理科   (2年前期、分担、10/15回)
生物学実験Ⅰ  (2年前期、分担、8/15回)
ゼミナールⅡ    (3年後期、15回)
教養ゼミナール  (1年前期、15回)
専門ゼミナール   (1年後期、分担、2/15回)
生物学実験Ⅱ    (3年後期、分担、8/15回)
生物学概論     (1年後期、分担、7/15回)
中等理科教育b   (3年後期、分担、5/15回)
野外生物実習 (3年通年、15回)

その他(授業以外の講座など)

平成26年度 未来の科学者養成講座 生物マスターコース 3名受入
平成26年度 教員免許状更新講習 『中学校と高等学校の理科の内容B』 2014年7月5日
平成26年度 教員免許状更新講習 『中学校と高等学校の理科の内容と指導』 2014年8月19日
平成26年度 未来の科学者養成講座 生物・地学基礎コース 『昆虫の形態と行動の観察』 2014年7月26日
平成26年度 未来の科学者養成講座 理科基礎コース 『身近な昆虫の採集(大学内の昆虫相)』 2014年8月6日
時津北小学校・大串小学校4年生の長崎大学交流計画2014 『昆虫について知ろう』 2014年11月25日
長崎CST事業「理科教材検討会」 『生物の捕食回避行動を観察する』 2015年1月6日



2013年度
ゼミナールⅠ  (3年前期、15回)
卒業論文    (4年前後期、30回)
小学校理科   (2年前期、分担、10/15回)
生物学実験Ⅰ  (2年前期、分担、8/15回)
自然環境研究A (大学院 1-3年前期、15回)
ゼミナールⅡ    (3年後期、15回)
専門ゼミナール   (1年後期、分担、2/15回)
生物学実験Ⅱ    (3年後期、分担、8/15回)
生物学概論     (1年後期、分担、7/15回)
中等理科教育b   (3年後期、分担、5/15回)
動物学        (2-3年後期、15回)
現代の教養Ⅰ(自然の科学) (全学モジュール1年後期、15回))
教職実践演習 (4年後期、分担、1/15回)
野外生物実習 (3年通年、15回)

その他(授業以外の講座など)

平成25年度 未来の科学者養成講座 生物マスターコース 2名受入
平成25年度 教員免許状更新講習 『中学校と高等学校の理科の内容B』 2013年5月25日
平成25年度 教員免許状更新講習 『中学校と高等学校の理科の内容B』 2013年7月27日
平成25年度 未来の科学者養成講座 生物・地学基礎コース 『ペットボトルトラップ』 2013年7月13日
平成25年度 未来の科学者養成講座 生物・地学基礎コース 『昆虫の形態と行動の観察』 2013年12月7日
時津北小学校・大串小学校4年生の長崎大学交流計画2013 『昆虫について知ろう』 2013年10月29日
サイエンスワールド2013 ワークショップ 『動物と一緒に宇宙へ行こう(動物の箱舟)』 2013年11月17日


2012年度
ゼミナールⅠ  (3年前期、15回)
小学校理科   (2年前期、分担、10/15回)
生物学実験Ⅰ  (2年前期、分担、8/15回)
ゼミナールⅡ    (3年後期、15回)
専門ゼミナール   (1年後期、分担、2/15回)
生物学実験Ⅱ    (3年後期、分担、8/15回)
生物学概論     (1年後期、分担、7/15回)
中等理科教育b   (3年後期、分担、3/15回)
動物学        (2-4年後期、15回)

その他(授業以外の講座など)

平成24年度 理数系教員のための基礎講座 『動物の誕生と体のつくり』 2012年8月3日
平成24年度 未来の科学者養成講座 生物プレマスターコース 『身近な昆虫の観察(ペットボトルトラップ)』 2012年8月4日
平成24年度 未来の科学者養成講座 基礎コース 『身近な昆虫の観察(大学内の昆虫相)』 2012年9月1日
サイエンスワールド2012 ワークショップ 『動物と一緒に宇宙へ行こう(動物の箱舟)』 2012年11月11日
平成24年度 未来の科学者養成講座 プレマスターコース 『昆虫の形態の観察』 2013年2月17日


賞罰・社会貢献・その他

 賞罰
   
   2018年度: 第28回佐々賞(日本衛生動物学会若手奨励賞)受賞 (2018年5月12日)

   2016年度: 日本昆虫学会若手奨励賞受賞 (2016年3月26日)

  平成22年度:日本環境動物昆虫学会奨励賞受賞(2010年11月23日)

  平成
18年度:岡山大学大学院自然科学研究科長賞受賞 (2007年3月23日)

  平成18年度:独立行政法人 日本学生支援機構 特に優れた業績による大学院 一種奨学生返還免除(全額)認定

   2004年度:ハート昆虫研究奨励基金(株式会社ハート)優秀賞
 
 資格
 
  
    統計士(2009年6月取得)

    多変量解析実務講座(2010年12月修了)

    データ解析士(2011年8月認定)

    環境社会検定試験(eco検定)(2012年2月合格
      
 
競争的外部資金の獲得
 

   文部科学省 平成29年度基盤研究(C):特定外来種ツマアカスズメバチの食性と繁殖性を利用した防除の検証試験.研究分担者.

  文部科学省 平成28年度挑戦的萌芽研究:身近な昆虫を利用した行動観察法の確立:ボウフラの捕食回避行動に着目して.研究代表者.

  文部科学省 平成25年度若手研究(B):種間比較に基づく大型ゲンゴロウ類の生態の解明と保全.研究代表者.

  
文部科学省 平成22年度科学研究費補助金(特別研究員奨励費):性淘汰が駆動する雄による子育て行動の進化:コオイムシ科昆虫を用いた実験的検証.研究代表者
 
   第27期(2016年度) プロ・ナトゥーラ・ファンド助成:侵略的外来種の除去が水生動物の生存に及ぼす影響.研究代表者.

   第26期(2015年度) プロ・ナトゥーラ・ファンド助成:侵略的外来種の除去が絶滅危惧水生昆虫類の個体群動態に及ぼす影響.研究代表者.

   2008
年度:財団法人八雲環境科学振興財団:絶滅危惧種タガメの繁殖・越冬成功に適した餌の解明.研究代表者.

  2006年度:公益信託富士フィルム・グリーンファンド:水田におけるゲンゴロウ幼虫の保全に関する野外調査研究.研究代表者.

  2002年度:公益信託増進会自然環境保全研究活動基金:タガメの繁殖生態に関する基礎的研究.研究代表者.
  
 
社会貢献・報道など
  
   長崎ケーブルメディア『ケーブルワイド・NBC なんでんカフェ 「メダカじゃないよ!カダヤシの授業」』(2018年9月26日放送) 取材協力

   産経新聞『ケシゲンゴロウの生態の謎 突起は「狩り」に使用』(2018年9月22日)

   長崎新聞『突起の役割突き止めた!!』(2018年9月8日)取材協力.

   ゲンゴロウの幼虫の長い突起はミジンコを捕食するためのもの 長崎大の研究 (財経新聞)

   長崎ケーブルメディア『ケーブルワイド・NBC なんでんカフェ 「アメリカザリガニ」』(2018年6月18日放送) 取材協力

   長崎新聞 「外来生物 もっと関心持って」 (2017年10月25日)講演の紹介.

   KTN 『KTNみんなのニュース』(2017年9月14,15日放送) 取材協力

   渓流編集部 編 日曜日の狩猟採集生活 つり人社.監修(P. 34-43)

   NHK 『ダーウィンが来た!生き物新伝説』 第511回「毒ヘビを狩る!田んぼの王者 タガメ」     取材協力

   フジテレビ
MATSUぼっち』(2017316日放送)資料提供

  
 TNB48『タガメは脊椎動物を食べる』 琵琶湖博物館 原稿執筆

   長崎ケーブルメディア『ケーブルワイド なんでんカフェ 「イクメン コオイムシ」』(
2016年6月28日放送) 取材協力

   
長崎新聞 「アメリカザリガニ増殖 被害深刻」 (2016年6月9日)取材協力.
   
  
毎日新聞「<コオイムシ>「イクメン」がメスの好み』(2016年5月4日)取材協力.  

  長崎新聞「昆虫もイクメンがもてる?」(2016年6月24日)取材協力.


  雑誌・月刊つり人清流で会いたい 生き物図鑑2015年9月号.株式会社つり人社.取材協力 

  長崎ケーブルメディア『ケーブルワイド なんでんカフェ かえる先生「水生昆虫の授業」』(2014年9月29日放送)取材協力

  雑誌・
月刊つり人タモ網片手に里川を大調査!生き物同士の関係を知る!2013年9月号.株式会社つり人社.取材協力
  
  雑誌・
月刊つり人秋は素掘りへGO! タナゴとゆかいな仲間たち2012年11月号.株式会社つり人社.取材協力
  
  雑誌・グリーン・パワータガメ 成虫はドジョウが好き』公益財団法人 森林文化協会発行、2012年10月号(研究の紹介)
  
   親子で行く!はじめての里山冒険教科書 里山冒険へ Let's Go! 監修  

   朝日新聞
「タガメも好き?マムシエキス」(2011914日発行)取材協力

   BBC Nature News "Giant water bug photographed devouring baby turtle" (26 May 2011). 取材協力

   BBC Nature News (in Portuguese)"Inseto é fotografado comendo filhote de tartaruga no Japão" (27 May 2011). 取材協力

   German web sites(GMX1UND1WEB)"Die fiesesten Monster-Tiere " (27 May 2011). 取材協力

   UOL "Imagens do mês (maio/2011)", (27 May 2011). 取材協力

   
Provda daily "Zámena predátorov, chrobák loví korytnačky", (31 May 2011). 取材協力

   INFOX "Клопы охотятся на черепах", (30 May 2011), 取材協力

   NHK
『地球・ふしぎ大自然』「田んぼの王者 タガメが飛んだ」(2005926日放送)取材協力
  
  「タガメと共生する水田に!」(ビデオ)企画 兵庫県立人と自然の博物館.取材協力

雑誌・月刊つり人「ガサガサの聖地へ タガメ,ゲンゴロウ,ギギ,カマツカ・・・20089月号.株式会社つり人社.取材協力

山陽新聞「手と手と手 岡山発国際貢献 現場が育てる-下 求められる研究に喜び」(200646日発行)取材協力

パネル展示『なくなるタガメの爪』:タガメ展~タガメ里親の発表と世界のタガメ~,主催:豊田ホタルの里ミュージアム(山口県下関市),平成18711日~平成1893


 その他

   環境省 希少野生動植物種保存推進委員(2018年7月~2021年6月)

   京都産業大学総合生命科学部客員研究員(2010年8月~2012年3月)


   京都大学生態学研究センター 協力研究員(2012年6月~2014年3月)   

   文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術動向センター 科学技術専門調査員(2013年~2014年)

   長崎県希少野生動植物指定等検討会委員(2013年~)

   長崎県生物多様性評価地図作成及び保全手法検討委員会委員(2013年~2014年)

   長崎県環境影響評価審査会委員(2015年~)
   
   長崎県希少野生動植物モニタリング委員会委員(2014年~)

   ふるさと自然再生事業検討会委員(2015年~2016)

  学術論文の査読 (Alphabetization): Acta Tropica, Alytes, Annals of the Entomological Society of America, Applied Entomology and Zoology (9), Aquatic Ecology, Aquatic Science, Arthropod Development and Structure, Biological Control, Biology Letters, Entomological Science (7), Environmental Entomology, Ethology, European Journal of Entomology, Hydrobiologia (7), Insects, Insect Science, International Aquatic Research, Invertebrate Biology, Invertebrate Reproduction & Development, 日本応用動物昆虫学会誌[Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology] (4), 昆蟲ニューシリーズ[Japanese Journal of Entomology (New Series)] (2), 環動昆[Japanese Journal of Environmental Entomology and Zoology)] (3), 保全生態学研究[Japanese Journal of Conservation Ecology], Journal of Freshwater Ecology, Journal of Medical Entomology, Journal of Natural History, Journal of Vector Ecology (2), Limnology (3), Medical Entomology and Zoology (2), 衛生動物 (3), PeerJ, PLoS One, Polish Journal of Entomology, Population Ecology (2), The Coleopterists Bulletin, Zoological Letters, Zoological Science (3), 都市有害生物管理


リンク

長崎大学教育学部生物学教室

長崎県生物学会

京都大学生態学研究センター

長崎大学熱帯医学研究所病害動物学分野

岡山大学大学院環境学研究科昆虫生態学分野

岡山大学大学院環境学研究科進化生態学分野

玉川大学農学部応用動物昆虫学領域
 

愛媛大学農学部附属農場 

玉川大学硬式野球部