じいじの魚釣り


稲取

ばあばは野菜つくりに夢中。じいじは畑の土台つくりを終わりやっと自分の時間をもてたとばかりに
早速釣り道具の手入れを始めた。しかし、じいじの釣道具は何十年も押入れに入っている代物である
であるから、おかずになるような獲物は今だお目にかかったことはない。期待もしていない
やはり、のんびりと出来る時間が持てるようになり釣りでもしようかという心境になったようである
大川〜北川〜熱川〜白田〜稲取 釣り場は選り取り見取り。
しかし、魚も人を見るでしょうね


めじな

刺身
22匹の大漁

正直ちょっとびっくり初めてでこんなにつれるなんて・・・。
祖母の実家が仕出屋さん(魚屋)だったため子供の頃祖母を真似して魚を下ろすこと覚えた
おかげで魚大好き一家です。 早速、22匹のメジナを前に腕を振るう。
刺身は身がこりこりとして大変美味しいし小さいものはから揚げで骨までバリバリと食べつくす。


横須賀

横浜に帰り、釣り道具のリサイクルを始める
私の留守に横須賀で「アイナメ」が釣れて一時間がかりで刺身を作り
それが絶品だったようで
是非食べさせたいとのこと。私が撮影をしていないのでどうかな?
しかし、釣れたのは・・・3匹の?。
でも、から揚げは美味しかったですよ
バイクに釣り道具をセットし今日も横須賀へ
目指すアイナメはこない
名前なんと言うのかなフナのような格好でやはりから揚げかな?


片瀬白田

軽自動車は便利だ。伊豆のカーブが多くて細い道を50キロのスピードですいすいと走る
私の買い物のために買ったのがすっかり釣りの足になってしまった
少し雑誌などを読み知識も得たようで道具も少しずつ揃えているようだ

釣竿を少しグレードアップしたみたいでこんなに大きいのがつれた
量より質かな?これは刺身でしょう。因みに出刃包丁は小型です。
ぴんぴん跳ねている魚を絞めるということはどうも
気持ちのいいものではない
2箇所の絞めるポイントを「ごめんね」と言い「えい!」と
包丁を入れる

釣竿と餌の使い分けで今日はバラエティに富んでいる
「べら」は素焼きにして三杯酢でおいしい
今日は甘辛く煮てみたが美味しい!
「こち」の子供、「はぜ」のようなのもいる。大物を釣る人は
海に返すそうだがまだそこまでの余裕はないようだ。

大きいでしょ
めじなは「鯛」のようで鱗が大きく硬い
吸い物が又美味〜〜〜い
獲物を夢見て道具の手入れに余念がありません。
こんどは「イカ」釣りを目指すようです 期待してますよ〜 

横須賀・江ノ島近辺・打越

どうも横浜に帰ってから魚が寄り付かないようだ。もっとも釣り人の数も違い
休日の江ノ島なんぞは防波堤は釣り人で一杯だそうな
運良く餌に食いついてくれるのをひたすら待つのみ。気の長〜い話である海中を覗くと
こんなにも一杯泳いでいるのに・・・と恨めしい。
最近は小魚は「ばあばが」捌くのをもてあますので逃がしてやるとのこと。益々収穫なし。

潮干狩り

シーズン到来!
今年は昨年の学習効果か時機を逃がさず何度も出かけ効率よく大量にとって来た
砂を吐かせよく洗って冷凍保存。味噌汁が美味しい

朝釣り

初めて早朝の釣りに出かける。魚も食事時らしく伊豆白田で始めての収穫
 
メバルとワカシ。キスは小さいが刺身が良い

 「いなだ?」
今がシーズンとのこと。しかし、釣り仲間もびっくりのまたしても大物。
クーラーボックスに入りきらず曲がってしまって調理に手こずる
刺身用、焼き物、味噌漬け、漬け焼、吸い物・・・

 縞鰺がつれたよ〜 美味しい! メールで知らせてくるが味は空想。
  

縞鰺



    

メバル  メジナ  大メジナ



早朝から海に出かけるようになって釣り仲間の情報も行きかっていろいろと挑戦している
暮れには念願の「あおりイカ」を釣ることができて大喜び。
急いで駆けつけて調理(刺身)噂に違わず非常に美味しい物でした
残念なことに貴重なものを釣り上げたときに限って写真に収めていない
本人の脳裏に焼きついているのみ。



「小あじ」 「いわし」

2月は寒い。以下も海の深いところに移動し疑似餌では釣れなくなったそうだ
熱川ではでは2〜30センチの「あじ」が良くつれるようで刺身、塩焼き残りは干物にして冷凍保存
下田で「いわし」が沢山釣れたそうで煮つけや「みりん干」など作ったようだ

一人での支度はあれもこれも食べたくて作り忙しいそうです
    



 イナダ 鰯の群れを追っかけてこんな大物が引っかかった
   
     
 
 やったー! あおりいかだー
 

またしても。今度のは大物で周りもびっくり。上げるのにおおわらわ
私は今度は冷凍保存してあったものを頂きましたが、やはり美味でありました。

    

     
         


「キス」

今年はさっぱりだあ〜〜
よく聞くと、狙いすぎのようだ。だんだん欲が出てくると難しいものに挑戦するようで・・・
いつかの、あおりいかは夢のようだでも小物はおいしい干物になりどんどん冷凍品が増える


かさご

きす


干物


おっ!
釣れるもんだ〜

どの魚も、まずお刺身に。残りは干物か冷凍庫行
すぐ焼き魚にすると身がはじけてしまい形が崩れる。1日置いた方がおいしいそうだが・・・
カワハギは大きいぶつ切りで鍋に入りました。


かわはぎ


夫が釣りを始めたころはぴんぴん跳ねる小さなメジナを一度に何匹も持って帰るものだから
出刃包丁を片手に目をつむりながらの料理にちょっと憂鬱だったが
釣り仲間からのアドバイスでその場で絞めてから持って帰るようになったので料理は随分と
簡単になった。夫は刺身に下ろすこともできるようになり、干物も作る。
大助かりだ。
スーパーで魚を買わなくなったなあ

「味りん干し」

下田にイワシが来てるよ〜

釣り仲間からの電話で釣り道具一式を乗せたワゴンを走らせる
夕方暗くなって、”これだけだあ”と言いながら、バケツに20匹くらいの鰯を持って帰る
朝のうちは、相当獲れていたそうだが、タイミングが悪かった
大きいものは刺身に、次のは味りん干し、小さいのはフードプロセッサーにかけ鰯団子。


「こはだ」

鰯を釣りに行って”こはだ”を釣ってきた
大きいので、3枚に下して昆布締めにする。お正月用である。


「いわし大漁」

何度もタイミングがずれて、イワシの群れに出会わなかったが、きようこそはと朝から出かけて行った
昼過ぎまでは2〜3尾だったが1時頃から、群れがどっと押し寄せて入れ食い状態。
クーラーボックスも満杯で、帰る途中の友人2人に御すそ分けしてくるも、なんと100尾
さて、ねじり鉢巻きにたすき掛けに腕まくり100尾の鰯を下ろしにかかる


80尾

手開き

    
 

下ろすのも手が痛くなり、1/3はぶつ切りにして圧力釜で煮る
調理済みと残ったものは冷凍。
当分イワシは間に合います。


ブレンダーでミンチにして
さつま揚げ

2009年もまずまずの収獲にて終わろうとしています
来年早々にはヒラメを釣りたいと話していますが・・・
やはり、高級魚がいいですねえ。期待していま〜す。