Home > ノッツェ

ノッツェの人気の秘密

結婚相談所の中でも顧客満足度の高いのがノッツェ。 仕事が忙しい人に人気の高い結婚相談所になります。 会員数も4万人と大手の結婚相談所です。 パーティ数は年間100以上と他の結婚相談所に比べると少ないですが、誰でも気軽に参加できるパーティが多いです。

ノッツェといえば他にはないサービスが人気の秘密です。 まずは相手のプロフィールを動画付きで見ることができます。 多くの結婚相談所がプライバシー保護のため、写真などは店舗でしか見ることができません。

しかし、仕事の忙しい人は店舗に行く時間をつくることがなかなかできません。 そういう人にとって動画で相手を見ることができるのはとてもいいサービスになっています。

また写真だけでは分からない雰囲気を動画で確認することもできると人気があります。 パソコンだけでなく、携帯からも相手を探すことのできる気軽さも魅力の一つです。 動画の方が相手の印象もつかめるため、実際に会うことのできる確率が高くなるそうです。 そして、写真とは違うと思うこともありません。

そしてノッツェの特徴といえば、細かなサービスがあるという点です。 何より結婚相談カウンセラーの存在が大きいとされています。結婚に至るまで、様々な相談を聞いてくれます。

中高年の方でパソコンや携帯が苦手な方への郵送サービスやカウンセリングなど、登録者のことを考えたサービスを提供してくれます。 そのためあらゆる世代の人から利用されている結婚相談所になります。

結婚活動

就職する事を目的として、さまざまな企業から情報収集したり、自分のやってみたい仕事を探して面接に言ったりする活動を「就職活動」、略して「就活」と言います。

この「就職」を「結婚」に置き換えた言葉が「結婚活動」、略して「婚活」です。

「婚活」という言葉は、2008年に誕生しました。

就職するのと同じように、結婚も自分から動かなければ良い結婚につながらないという事を意味しています。

そもそも、なぜ婚活しなければ結婚できないような時代になってしまったのでしょうか。

お見合い結婚が盛んな頃は、その人しか対象にならないために結婚相手は比較的すんなり決まっていったのだと思います。

出会いも数少ないため、その時その時の出会いを大切にし、結婚相手を決めやすかったのではないでしょうか。

しかし、自分で相手を見つける恋愛の場合は、それだけたくさんの出会いを経験する事になります。

出会いの機会が増えた分、相手に対して求めるものの基準も高くなってきました。

その結果、お互いに少しの事では妥協しなくなり、結婚までたどりつく確率が低くなってしまったのです。

今では、婚活なくして結婚できる人は少なくなってきたと言ってもいいでしょう。

結婚相談所の年齢層

結婚相談所を利用している人の年齢層や男女比はどうなっているのかということを紹介したいと思います。

まず、結婚相談所を利用している人の年齢層ですが、20代後半から40代くらいが一番多いといわれています。

20代から40代というのが結婚相談所を利用している人の年齢層のなかで70パーセントの割合を占めているのだそうです。

やはり20代後半といえば結婚適齢期ですが、最近は男女ともに晩婚化が進んでいますが、20代後半くらいから結婚を意識する人は意識すると思います。

また30代では結婚適齢期を過ぎて少し焦りも見えてくると思います。

この20代後半から40代前半という時期はこのように結婚適齢期、結婚適齢期を少し過ぎてしまっている人、晩婚期と呼ばれる期間に差し掛かっている人たちが結婚相談所を利用していることが多いようです。

結婚相談所を利用している年齢層は一番多いのが20代から40代ということがわかりましたが、それ以外にも20代前半から50代くらいまでの人が結婚相談所を利用しているようです。

結婚相談所を利用している人の年齢層が多い20代後半から40歳くらいまでの人達は、仕事が一番忙しい時期でもあって、なかなか自然に異性に出会うチャンスがなかったりする時期かもしれません。

そんな時期に、結婚を意識するようになって、結婚適齢期になり、結婚適齢期が過ぎてしまうと結婚について真剣に考えるようになりますから結婚相談所を利用するようになるのですね。