NO MORE FUKUSHIMA 2011
トリチウム海洋放出問題

【大拡散のお願い!】[ストップ汚染水!キャンペーン]
 
http://goo.gl/3Gg0CR  海はあらゆるいのちの源です。 これ以上の放射能を海へ流さないでください。

更新日 2017.07.20
地下水バイパスにおける、これまでの海洋への放出回数 178回 /これまでの排水量 293,053t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 453億 1,201.3万Bq
(第三者機関測定値)
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 445回 /これまでの排水量 365,288t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 2,332億 1,516万Bq(第三者機関測定値)

トリチウムなど放射性 物質で汚染された地下水バイパス&サブドレン等の海洋放出には断固反対!
【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は 中止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

東京電力 http://www.tepco.co.jp/index-j.html
東京電力 サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げ http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/sub-drain/index-j.html
東京電力 地下水バイパスの取り組み http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/groundwater/index-j.html
東京電力 一時貯留タンクの運用状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/info/baypassold-j.html
東京電力 廃炉プロジェクト 報道・データ
http://www.tepco.co.jp/decommision/news/index-j.html
東京電力 報道関係各位一斉メール 2014年 http://www.tepco.co.jp/cc/press/index_ho-j.html
東京電力
リリース・お知らせ一覧 http://www.tepco.co.jp/notice/index-j.html
東京電力 報道配布資料
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/index-j.html
東京電力 福島第一原子力発電所における日々の放射性物質の分析結果 http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/disclosure/index-j.html
経済産業省 廃止措置に向けた取組 http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning.html
経済産業省 福島第一原子力発電所における汚染水対策
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku.html
経済産業省 地下水バイパス計画
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku.html#bypass_plan
経済産業省 トリチウム水タスクフォース報告書 http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/tritium_tusk/pdf/160603_01.pdf
経済産業省 トリチウム水タスクフォース http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku.html#task_force3
経済産業省 汚染水処理対策委員会 http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku.html#osensuitaisaku_mt
経済産業省 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku.html#task_force4
私設原子力情報室 トリチウムの恐怖(前編)
http://nucleus.asablo.jp/blog/2013/05/04/6799143
私設原子力情報室 トリチウムの恐怖(後編)http://nucleus.asablo.jp/blog/2013/05/04/6799155
JF 全漁連 福島第一原発の中期的リスクの低減目標マップに対する 会長声明 https://www.zengyoren.or.jp/cmsupload/press/98/20150127130119.pdf

原発事故に関する安倍総理の答え IOC総会質疑応答(13/09/08)


2014.3.25 福島県漁連が条件付きで地下水バイパスを認める


2014.5.14 海の放射能汚染、放射能汚染水を考える講演会 講師:湯浅一郎氏


2014.5.20 無責任な「地下水バイパス」実施に対する中止要請行動        


2014.5.21 地下水バイパス放出実施について京都大学原子炉実験所の小出裕章氏からのコメント


以下上記音声コメントをテキストにしました。

京都大学原子炉実験所の小出裕章です。
東京電力福島第一原子力発電所で、とうとう地下水バイパスを行ったということで、まずは残念です。

地下水と言っても、もう既に汚染しています。例えばトリチウムという放射性物質でも、1リッターあたり何百ベクレル、あるいは千ベクレルを超えて含ま れていて、
そのものは自然界にはないものですので、福島第一原子力発電所の溶け落ちてしまった原子炉から流れてきたものです。それが地下水と称して海に流されるとい う、
そのこと自身が問題だと私は思います。

ただしですけれども、今私達が直面している事態は大変困難な事態で、汚染水も次々と増えてきていますし、敷地にはタンクを増設するにも限度がありますの で、
そう遠くない将来、汚染水そのものを海に流さざるを得なくなるのではないか、ということを私自身は危惧しています。

抜本的な対策を取らない限りは、そう遠くない将来もっと酷い事態に追い込まれてしまうだろうと思います。皆さんも十分に東京電力、あるいは国に対する監視 を
続けて頂きたいと思います。 以上です。


2014.5.29 廃炉推進カンパニー増田代表の発言(東京電力HPより引用)


そして、2014.09.18サブドレン水の浄化と海洋放出問題へ突入した!


2014.9.18 東電サブドレン水+地下水ドレン水の浄化と放出計画等をいわき市漁協へ説明


2014.9.18 福島県漁連会長 「ALPS処理水の希釈放出は認めない」 https://youtu.be/5fP4mSvlCE0?t=1h11m00s

上記説明会では東電から「海洋汚染をより確実に防止するための取り組み 平成26年9月18日 東京電力株式会社」という説明資料が配布されたが、
この東電の資料は福島県漁連組合長会議説明資料として、下記が最新版(2014.8.25日付け)として同タイトル名で同社HPに掲載されている。
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_140825_04-j.pdf

また、廃炉・汚染水対策福島評議会事務局からの「「福島第一原子力発電所」の現状と廃炉に向けた取り組み」という資料も同時に配布された。
こちらの資料は経済産業省がHPで掲載している。http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/torikumi_01.pdf

2014.9.30 崎山比早子先生がトリチウムの危険性を指摘


2014.12.22 東電交渉 再開第16回(いわき市にて)


2015.2.19 再開第18回 東電交渉(いわき市)


2015.3.24 これ以上海へ流すな!ストップ汚染水!院内集会


2015.4.7 東電交渉 再開第19回(いわき市)
東電へ排水路からの高濃度汚染水の海洋放出に抗議し厳正なる処置を求める要請書を提出



2015.7.28 ストップ汚染水 国際署名提出・院内集会と政府東電交渉


広瀬隆氏 トリチウムの危険性


2016.5.19 東電交渉 再開第27回(いわき市) トリチウム汚染水の海洋放出問題など


2016.7.18 福島原発告訴団 7・18海の日「これ以上 命の海を汚さないで」集会


2017.7.15 いわき市長 トリチウム水海洋放出報道を受け東電へ抗議文送付へ


【JAEA】トリチウム防護具 http://www.jaea.go.jp/04/fugen/about/dbase/tritium/tritium004.html
トリチウム水「海洋放出」を危 惧する福島の漁業者 http://www.huffingtonpost.jp/foresight/fukushima-fishery_b_12614460.html
以下上記より一部引用
野崎会長は「我々の漁業の死滅を意味する」と受け入れない考えを示し、「デブリ(溶融した核燃料)の取り 出しまで、少 なくとも10年間タンクでの
保管を続けてほしい、というのが県漁連の立ち位置」と訴えた。

引用終わり
2016.11.11【経産省】多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第1回)‐配付資料 https://goo.gl/2ECf6t
2016.11.13東電、ロシア国営原子力企業と技術提携へ チェルノブイリの経験、「福島第1」廃炉に活用 https://goo.gl/6DYy6X
2016.11.15【経産省】汚染水処理対策委員会 第1回多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 議事概要 https://goo.gl/Wy2lGF
2016.12.09【経産省】多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第2回)-開催通知 https://goo.gl/7qtG6n
2016.12.16【経産省】多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第2回)‐ 配付資料
https://goo.gl/cS2Jax 第1回の議事録も同時に公表
2016.12.16ロシアの国営原子力企業「ロスアトム」と、経済産業省・文部科学省は、原 子力平和的利用における協力覚書に調印
https://goo.gl/ArjfOp
2016.12.22【経産省】汚染水処理対策委員会 第2回多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 議事概要
https://goo.gl/ZbLD3o
2017.02.20【経産省】多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第3回)-開催通知 https://goo.gl/nzpAoG
2017.02.23【経産省】多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第3回)‐配付資料 https://goo.gl/AWW9TF
2017.03.04 清水敏男・いわき市長は「廃炉・汚染水対策福島評議会」で海洋放出せず、違う方法の検討を要請
https://goo.gl/6CEv9z 動画→ https://youtu.be/jZYpllSxrIE?t=1h26m40s
2017.03.08 【原子力規制委員会】田中俊一氏:トリチウム水の海洋放出について「分離するのは不可能」と言及
https://youtu.be/J1VXkPpdfOM?t=12m35s
2017.04.17
【経産省】第4回多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会-開催通知 https://goo.gl/TMiKHe
2017.04.21
【経産省】多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第4回)‐配布資料 https://goo.gl/XQZAlf
2017.05.26 【経産省】第5回多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会-開催通知
https://goo.gl/iJDwrJ
2017.06.02 【経産省】多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第5回)‐配布資料
https://goo.gl/cmS0E4
2017.07.10 【原子力規制委員会】田中俊一氏:「トリチウムを除去するなんてことは天文学的なエネルギーを注ぎ込めば出来ないとこはない」 
https://youtu.be/BN3ue81LrYM?t=31m42s


2017.07.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17071801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1445310_8981.html
(2017.07.19)の濃度はトリチウ810Bq/Lだそうです。810×1,000×717=580,770,000Bq相当です。これまでの排水 量は365,288t。
すなわち、本日5億8,077万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,332億1,516万Bqにもなるのだ!

2017.07.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17071701-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1445215_8981.html
(2017.07.18)の濃度はトリチウ810Bq/Lだそうです。810×1,000×822=665,820,000Bq相当です。これまでの排水 量は364,571t。
すなわち、本日6億6,582万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,326億3,439万Bqにもなるのだ!

2017.07.18 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/bypastank_170716_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17071601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1445012_8981.html
(2017.07.17)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,622=227,080,000Bq相当です。これまで の排水量は293,053t。
すなわち、昨日2億2,708万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると453億1,201.3万Bqにもなるのだ!。
(2017.07.17)の濃度はトリチウ790Bq/Lだそうです。790×1,000×886=699,940,000Bq相当です。これまでの排水 量は363,749t。
すなわち、本日6億9,994万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,319億6,857万Bqにもなるのだ!

2017.07.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17071401-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17071301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1444709_8981.html
(2017.07.15)の濃度はトリチウ740Bq/Lだそうです。740×1,000×598=448,500,000Bq相当です。これまでの排水 量は362,863t。
すなわち、本日4億4,850万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,312億6,863万Bqにもなるのだ!
(2017.07.14)の濃度はトリチウ730Bq/Lだそうです。730×1,000×727=530,710,000Bq相当です。これまでの排水 量は3612,265t。
すなわち、昨日5億3,071万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,308億1,487万Bqにもなるのだ!


2017.07.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17071201-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17071101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1444258_8981.html
(2017.07.13)の濃度はトリチウ750Bq/Lだそうです。750×1,000×678=508,500,000Bq相当です。これまでの排水 量は361,538t。
すなわち、本日5億0,850万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,302億8,416万Bqにもなるのだ!
(2017.07.12)の濃度はトリチウ810Bq/Lだそうです。810×1,000×505=409,050,000Bq相当です。これまでの排水 量は360,860t。
すなわち、昨日4億0,905万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,297億7,566万Bqにもなるのだ!

2017.07.12 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/bypastank_170710_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1444074_8981.html
(2017.07.11)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,698=220,740,000Bq相当です。これまで の排水量は291,431t。
すなわち、昨日2億2,074万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると450億8,493.3万Bqにもなるのだ!。

2017.07.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17070901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1444016_8981.html
(2017.07.09)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960×1,000×739=709,440,000Bq相当です。これまでの排水 量は360,355t。
すなわち、昨日7億0,944万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,293億6,661万Bqにもなるのだ!

2017.07.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17070801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1443959_8981.html
(2017.07.09)の濃度はトリチウ930Bq/Lだそうです。930×1,000×736=684,480,000Bq相当です。これまでの排水 量は359,616t。
すなわち、昨日6億8,448万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,286億5,717万Bqにもなるのだ!

2017.07.09 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17070701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1443808_8981.html
(2017.07.08)の濃度はトリチウ980Bq/Lだそうです。980×1,000×723=708,540,000Bq相当です。これまでの排水 量は358,880t。
すなわち、昨日7億0,854万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,279億7,269万Bqにもなるのだ!

2017.07.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17070601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1443660_8981.html
(2017.07.07)の濃度はトリチウ1,000Bq/Lだそうです。1,000×1,000×769=769,000,000Bq相当です。これま での排水量は358,157t。
すなわち、昨日7億6,900万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,272億6,415万Bqにもなるのだ!

2017.07.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17070401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1443408_8981.html
(2017.07.05)の濃度はトリチウ880Bq/Lだそうです。880×1,000×782=688,160,000Bq相当です。これまでの排水 量は357,388t。
すなわち、昨日6億8,816万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,264億9,515万Bqにもなるのだ!

2017.07.05 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/bypastank_170703_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17070301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1443312_8981.html
(2017.07.04)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,793=233,090,000Bq相当です。これまで の排水量は289,733t。
すなわち、昨日2億3,309万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると448億6,419.3万Bqにもなるのだ!。
(2017.07.04)の濃度はトリチウ870Bq/Lだそうです。870×1,000×811=705,570,000Bq相当です。これまでの排水 量は356,606t。
すなわち、昨日7億0,557万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,258億0,699万Bqにもなるのだ!
昨日 (2017.07.04)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は2700億Bq超となりました。

2017.07.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17070201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1443109_8981.html
(2017.07.03)の濃度はトリチウ1,000Bq/Lだそうです。1,000×1,000×864=864,000,000Bq相当です。これま での排水量は355,795t。
すなわち、昨日8億6,400万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,251億0,142万Bqにもなるのだ!

2017.07.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images3/drain_stank_17070101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1442959_8981.html
(2017.07.02)の濃度はトリチウ1,000Bq/Lだそうです。1,000×1,000×930=930,000,000Bq相当です。これま での排水量は354,931tt。
すなわち、昨日9億3,000万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,242億3,742万Bqにもなるのだ!

2017.07.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17062901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1442758_8981.html
(2017.06.30)の濃度はトリチウ950Bq/Lだそうです。950×1,000×989=939,550,000Bq相当です。これまでの排水 量は354,001t。
すなわち、昨日9億3,955万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,233億0,742万Bqにもなるのだ!
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17062801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1442661_8981.html
(2017.06.29)の濃度はトリチウ940Bq/Lだそうです。940×1,000×775=728,500,000Bq相当です。これまでの排水 量は353,012t。
すなわち、一昨日7億2,850万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,223億6,787万Bqにもなるのだ!

2017.06.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17062701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1442460_8981.html
(2017.06.28)の濃度はトリチウ930Bq/Lだそうです。930×1,000×793=737,490,000Bq相当です。これまでの排水 量は352,237t。
すなわち、昨日7億3,749万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,216億3,937万Bqにもなるのだ!

2017.06.28 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170626_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17062601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1442258_8981.html
(2017.06.27)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,753=245,420,000Bq相当です。これまで の排水量は287,940t。
すなわち、昨日2億4,542万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると446億3,110.3万Bqにもなるのだ!。
(2017.06.27)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960×1,000×753=722,880,000Bq相当です。これまでの排水 量は351,444t。
すなわち、昨日7億2,288万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,209億0,188万Bqにもなるのだ!

2017.06.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17062401-j.pdf

福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1441862_8981.html
(2017.06.25)の濃度はトリチウ920Bq/Lだそうです。920×1,000×755=694,600,000Bq相当です。これまでの排水 量は351,444t。
すなわち、昨日6億9,460万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,201億7,900万Bqにもなるのだ!

2017.06.24 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17062301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1441612_8981.html
(2017.06.24)の濃度はトリチウ1,000Bq/Lだそうです。1,000×1,000×710=710,000,000Bq相当です。これま での排水量は350,689t。
すなわち、昨日7億1,000万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,194億8,440万Bqにもなるのだ!

2017.06.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17062201-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17062101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1441563_8981.html
(2017.06.23)の濃度はトリチウ1,100Bq/Lだそうです。1,100×1,000×643=707,300,000Bq相当です。これま での排水量は349,979t。
すなわち、昨日7億0,730万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,187億7,440万Bqにもなるのだ!
(2017.06.22)の濃度はトリチウ1,000Bq/Lだそうです。1,000×1,000×731=731,000,000Bq相当です。これま での排水量は349,336t。
すなわち、昨日7億3,100万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,180億6,710万Bqにもなるのだ!

2017.06.21 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170619_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17061901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1441162_8981.html
(2017.06.20)の濃度はトリチウム120Bq/Lだそうです。120×1,000×1,725=207,000,000Bq相当です。これまで の排水量は286,187t。
すなわち、昨日2億0,700万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると443億8,568.3万Bqにもなるのだ!。
(2017.06.20)の濃度はトリチウ970Bq/Lだそうです。970×1,000×742=719,740,000Bq相当です。これまでの排水 量は348,605t。
すなわち、昨日7億1,974万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,173億3,668万Bqにもなるのだ!
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1441162_8981.html
以下上記より一部引用
※2016年12月29日にお知らせした、サブドレン他水処理施設一時 貯水タンクFの排水実績(12月28日排水分)について以下のとおり訂正。
正:929m3 誤:930m3
引用終わり
(2016.12.28)の濃度はトリチウ580Bq/Lですので、-(580×1,000=580,000)となり、本日分までの
サブドレン等トリチウム総量から差し引きました。
2,173億3,668万Bq-58万Bq=2,173億3,610万Bq

2017.06.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17061801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1440960_8981.html
(2017.06.19)の濃度はトリチウ950Bq/Lだそうです。950×1,000×772=733,400,000Bq相当です。これまでの排水 量は347,863t。
すなわち、昨日7億3,340万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,166億1,694万Bqにもなるのだ!
昨日 (2017.06.19)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は2600億Bq超となりました。

2017.06.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17061701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1440760_8981.html
(2017.06.18)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960×1,000×909=872,640,000Bq相当です。これまでの排水 量は347,091t。
すなわち、昨日8億7,264万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,158億8,354万Bqにもなるのだ!

2017.06.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17061601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1440660_8981.html
(2017.06.17)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960×1,000×813=780,480,000Bq相当です。これまでの排水 量は346,182t。
すなわち、昨日7億8,048万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,150億1,090万Bqにもなるのだ!

2017.06.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17061401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1440360_8981.html
(2017.06.15)の濃度はトリチウ930Bq/Lだそうです。930× 1,000×732=680,760,000Bq相当です。これまでの排水量は345,369t。
すなわち、昨日6億8,076万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると2,142億3,042万Bqにもなるのだ!

2017.06.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17061301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1440208_8981.html
(2017.06.14)の濃度はトリチウ900Bq/Lだそうです。900×1,000×834=750,600,000Bq相当です。これまでの排水 量は344,637t。
すなわち、昨日7億5,060万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,135億4,966万Bqにもなるのだ!

2017.06.14 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170612_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17061201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1440184_8981.html
(2017.06.13)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,779=249,060,000Bq相当です。これまで の排水量は284,462t。
すなわち、昨日2億4,906万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると441億7,868.3万Bqにもなるのだ!。
(2017.06.13)の濃度はトリチウ880Bq/Lだそうです。880×1,000×876=770,880,000Bq相当です。これまでの排水 量は343,803t。
すなわち、昨日7億7,088万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,127億9,906万Bqにもなるのだ!

2017.06.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17061101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1440165_8981.html
(2017.06.12)の濃度はトリチウ830Bq/Lだそうです。830×1,000×981=814,230,000Bq相当です。これまでの排水 量は342,927t。
すなわち、昨日8億1,423万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,120億2,818万Bqにもなるのだ!

2017.06.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17060901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1440118_8981.html
(2017.06.10)の濃度はトリチウ830Bq/Lだそうです。830×1,000×981=814,230,000Bq相当です。これまでの排水 量は341,943t。
すなわち、昨日8億1,423万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,112億1,395万Bqにもなるのだ!

2017.06.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17060801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1440111_8981.html
(2017.06.09)の濃度はトリチウ810Bq/Lだそうです。810×1,000×938=759,780,000Bq相当です。これまでの排水 量は340,962t。
すなわち、昨日7億5,978万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,103億9,972万Bqにもなるのだ!

2017.06.09 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17060701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1440069_8981.html
(2017.06.08)の濃度はトリチウ900Bq/Lだそうです。900×1,000×693=623,700,000Bq相当です。これまでの排水 量は340,024t。
すなわち、昨日6億2,370万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,096億3,994万Bqにもなるのだ!

2017.06.07 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17060601-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170605_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1439917_8981.html
(2017.06.07)の濃度はトリチウ900Bq/Lだそうです。900×1,000×424=381,600,000Bq相当です。これまでの排水 量は339,331t。
すなわち、本日3億8,160万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,090億1,624万Bqにもなるのだ!
(2017.06.06)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,846=231,790,000Bq相当です。これまで の排水量は282,683t。
すなわち、昨日2億3,179万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると439億2,962.3万Bqにもなるのだ!。

2017.06.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17060401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1439903_8981.html
(2017.06.05)の濃度はトリチウ900Bq/Lだそうです。900×1,000×734=660,600,000Bq相当です。これまでの排水 量は338,907t。
すなわち、昨日6億6,060万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,086億3,464万Bqにもなるのだ!

2017.06.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17060301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1439401_8981.html
(2017.06.04)の濃度はトリチウ880Bq/Lだそうです。880×1,000×770=677,600,000Bq相当です。これまでの排水 量は338,173t。
すなわち、昨日6億7,760万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,079億7,404万Bqにもなるのだ!

2017.06.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17060201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1438201_8981.html
(2017.06.03)の濃度はトリチウ870Bq/Lだそうです。870×1,000×728=633,360,000Bq相当です。これまでの排水 量は337,403t。
すなわち、昨日6億3,336万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,072億9,644万Bqにもなるのだ!

2017.06.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17060101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1438001_8981.html
(2017.06.02)の濃度はトリチウ910Bq/Lだそうです。910×1,000×747=679,770,000Bq相当です。これまでの排水 量は336,675t。
すなわち、昨日6億7,977万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,066億6,308万Bqにもなるのだ!
昨日 (2017.06.02)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は2500億Bq超となりました。

2017.06.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17053001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1437001_8981.html
(2017.05.31)の濃度はトリチウ910Bq/Lだそうです。910×1,000×757=688,870,000Bq相当です。これまでの排水 量は335,928t。
すなわち、昨日6億8,887万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,059億8,331万Bqにもなるのだ!

2017.05.31 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170529_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17052901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1435551_8981.html
(2017.05.30)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,783=231,790,000Bq相当です。これまで の排水量は280,837t。
すなわち、昨日2億3,179万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると436億9,783.3万Bqにもなるのだ!。
(2017.05.30)の濃度はトリチウ890Bq/Lだそうです。890×1,000×776=690,640,000Bq相当です。これまでの排水 量は335,171t。
すなわち、昨日6億9,064万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,052億9,444万Bqにもなるのだ!

2017.05.30 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17052801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1434651_8981.html
(2017.05.29)の濃度はトリチウ910Bq/Lだそうです。910×1,000×751=683,410,000Bq相当です。これまでの排水 量は334,395t。
すなわち、昨日6億8,341万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,046億0,380万Bqにもなるのだ!

2017.05.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17052701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1434101_8981.html
(2017.05.28)の濃度はトリチウ930Bq/Lだそうです。930×1,000×914=850,020,000Bq相当です。これまでの排水 量は333,644t。
すなわち、昨日8億5,002万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,039億2,039万Bqにもなるのだ!

2017.05.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17052501-j.pdf

福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1433251_8981.html
(2017.05.26)の濃度はトリチウ850Bq/Lだそうです。850×1,000×971=825,350,000Bq相当です。これまでの排水 量は332,730t。
すなわち、昨日8億2,535万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,030億7,037万Bqにもなるのだ!

2017.05.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17052401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1432651_8981.html
(2017.05.25)の濃度はトリチウ870Bq/Lだそうです。870×1,000×971=844,770,000Bq相当です。これまでの排水 量は331,759t。
すなわち、昨日8億4,477万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,022億4,502万Bqにもなるのだ!

2017.05.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17052301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1431451_8981.html
(2017.05.24)の濃度はトリチウ860Bq/Lだそうです。860×1,000×915=833,340,000Bq相当です。これまでの排水 量は330,788t。
すなわち、昨日8億3,334万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,014億0,025万Bqにもなるのだ!

2017.05.24 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170522_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1431151_8981.html
(2017.05.23)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,802=234,260,000Bq相当です。これまで の排水量は279,054t。
すなわち、昨日2億3,465万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると434億6,604.3万Bqにもなるのだ!。

2017.05.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17052101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1430251_8981.html
(2017.05.22)の濃度はトリチウ800Bq/Lだそうです。800×1,000×915=732,000,000Bq相当です。これまでの排水 量は329,819t。
すなわち、昨日7億3,200万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると2,005億6,691万Bqにもなるのだ!

2017.05.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17052001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1429501_8981.html
(2017.05.21)の濃度はトリチウ870Bq/Lだそうです。870×1,000×974=847,380,000Bq相当です。これまでの排水 量は328,904t。
すなわち、昨日8億4,738万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,998億3,491万Bqにもなるのだ!

2017.05.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17051801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1428301_8981.html
(2017.05.19)の濃度はトリチウ950Bq/Lだそうです。950×1,000×559=531,050,000Bq相当です。これまでの排水 量は327,930t。
すなわち、本日5億3,105万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,989億8,753万Bqにもなるのだ!

2017.05.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17051701-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17051601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1427501_8981.html
(2017.05.18)の濃度はトリチウ970Bq/Lだそうです。970×1,000×458=444,260,000Bq相当です。これまでの排水 量は327,371t。
すなわち、本日4億4,426万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,984億5,648万Bqにもなるのだ!
(2017.05.17)の濃度はトリチウ940Bq/Lだそうです。940×1,000×735=690,900,000Bq相当です。これまでの排水 量は326,913t。
すなわち、昨日6億9,090万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,980億1,222万Bqにもなるのだ!

2017.05.17 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170515_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1426601_8981.html
(2017.05.16)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,805=234,650,000Bq相当です。これまで の排水量は277,252t。
すなわち、昨日2億3,465万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると432億3,178.3万Bqにもなるのだ!。

2017.05.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17051401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1425951_8981.html
(2017.05.15)の濃度はトリチウ940Bq/Lだそうです。940×1,000×799=751,060,000Bq相当です。これまでの排水 量は326,178t。
すなわち、昨日7億5,106万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,973億2,132万Bqにもなるのだ!
昨日 (2017.05.15)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は2400億Bq超となりました。

2017.05.14 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17051201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1424901_8981.html
(2017.05.13)の濃度はトリチウ900Bq/Lだそうです。900×1,000×803=722,700,000Bq相当です。これまでの排水 量は325,379t。
すなわち、昨日7億2,270万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,965億7,026万Bqにもなるのだ!

2017.05.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17051101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1424701_8981.html
(2017.05.12)の濃度はトリチウ950Bq/Lだそうです。950×1,000×888=843,600,000Bq相当です。これまでの排水 量は324,576t。
すなわち、昨日8億4,360万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,958億4,756万Bqにもなるのだ!

2017.05.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17050901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1423601_8981.html
(2017.05.10)の濃度はトリチウ910Bq/Lだそうです。910×1,000×896=815,360,000Bq相当です。これまでの排水 量は323,688t。
すなわち、昨日8億1,536万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,950億0,396万Bqにもなるのだ!

2017.05.10 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170508_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17050801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1422601_8981.html
(2017.05.09)の濃度はトリチウム120Bq/Lだそうです。120×1,000×1,740=208,800,000Bq相当です。これまで の排水量は275,447t。
すなわち、昨日2億0,880万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると429億9,713.3万Bqにもなるのだ!。
(2017.05.09)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960×1,000×897=861,120,000Bq相当です。これまでの排水 量は322,792t。
すなわち、昨日8億6,112万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,941億8,860万Bqにもなるのだ!

2017.05.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17050601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1420951_8981.html
(2017.05.06)の濃度はトリチウ940Bq/Lだそうです。940×1,000×822=772,680,000Bq相当です。これまでの排水 量は322,792t。
すなわち、昨日7億7,268万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,933億2,748万Bqにもなるのだ!

2017.05.07 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17050501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1420452_8981.html
(2017.05.06)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960×1,000×938=900,480,000Bq相当です。これまでの排水 量は321,970t。
すなわち、昨日9億0,448万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,925億5,480万Bqにもなるのだ!

2017.05.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17050301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1420101_8981.html
(2017.05.04)の濃度はトリチウ860Bq/Lだそうです。860×1,000×936=804,960,000Bq相当です。これまでの排水 量は321,032t。
すなわち、昨日8億0,496万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,916億4,992万Bqにもなるのだ!

2017.05.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17050201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1419901_8981.html
(2017.05.03)の濃度はトリチウ950Bq/Lだそうです。950×1,000×894=849,300,000Bq相当です。これまでの排水 量は320,096t。
すなわち、昨日8億4,930万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,908億4,496万Bqにもなるのだ!

2017.05.03 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170501_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1419701_8981.html
(2017.05.02)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,825=237,250,000Bq相当です。これまで の排水量は273,707t。
すなわち、昨日2億3,725万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると427億8,833.3万Bqにもなるのだ!。

2017.05.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17043001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1419251_8981.html
(2017.05.01)の濃度はトリチウ970Bq/Lだそうです。970×1,000×978=948,660,000Bq相当です。これまでの排水 量は319,202t。
すなわち、昨日9億4,866万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,899億9,566万Bqにもなるのだ!

2017.05.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17042901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1418801_8981.html
(2017.04.30)の濃度はトリチウ890Bq/Lだそうです。890×1,000×995=885,550,000Bq相当です。これまでの排水 量は318,224t。
すなわち、昨日8億8,555万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,890億4,700万Bqにもなるのだ!

2017.04.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17042701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1418301_8981.html
(2017.04.28)の濃度はトリチウ920Bq/Lだそうです。920×1,000×796=732,320,000Bq相当です。これまでの排水 量は317,229t。
すなわち、昨日7億3,232万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,881億6,145万Bqにもなるのだ!
昨日(2017.04.28)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量 は2300億Bq超となりました。

2017.04.28 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17042601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1417451_8981.html
(2017.04.27)の濃度はトリチウ940Bq/Lだそうです。940×1,000×988=928,720,000Bq相当です。これまでの排水 量は316,433t。
すなわち、昨日9億2,872万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,874億2,913万Bqにもなるのだ!

2017.04.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17042501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1416551_8981.html
(2017.04.26)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960×1,000×794=762,240,000Bq相当です。これまでの排水 量は315,445t。
すなわち、昨日7億6,224万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,865億0,041万Bqにもなるのだ!

2017.04.26 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170424_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17042401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1414901_8981.html
(2017.04.25)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,794=233,220,000Bq相当です。これまで の排水量は271,882t。
すなわち、昨日2億3,322万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると425億5,108.3万Bqにもなるのだ!。
(2017.04.25)の濃度はトリチウ1000Bq/Lだそうです。1000×1,000×994=994,000,000Bq相当です。これまでの 排水量は314,651t。
すなわち、昨日9億9,400万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,857億3,817万Bqにもなるのだ!

2017.04.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17042301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1414001_8981.html
(2017.04.24)の濃度はトリチウ930Bq/Lだそうです。930×1,000×966=898,380,000Bq相当です。これまでの排水 量は313,657t。
すなわち、昨日8億9,838万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,847億4,417万Bqにもなるのだ!

2017.04.24 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17042201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1413251_8981.html
(2017.04.23)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960×1,000×995=955,200,000Bq相当です。これまでの排水 量は312,691t。
すなわち、昨日9億5,520万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,838億4,579万Bqにもなるのだ!

2017.04.21 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17041901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1412101_8981.html
(2017.04.20)の濃度はトリチウ940Bq/Lだそうです。940×1,000×750=705,000,000Bq相当です。これまでの排水 量は311,696t。
すなわち、昨日7億0,500万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,828億9,059万Bqにもなるのだ!

2017.04.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17041801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1411601_8981.html
(2017.04.19)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960×1,000×977=937,920,000Bq相当です。これまでの排水 量は310,946t。
すなわち、昨日9億3,792万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,821億8,559万Bqにもなるのだ!

2017.04.19 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170417_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1411251_8981.html
(2017.04.18)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,809=235,170,000Bq相当です。これまで の排水量は270,088t。
すなわち、昨日2億3,517万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると423億1,786.3万Bqにもなるのだ!。

2017.04.17 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17041501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1409501_8981.html
(2017.04.16)の濃度はトリチウ940Bq/Lだそうです。940×1,000×771=724,740,000Bq相当です。これまでの排水 量は309,969t。
すなわち、昨日7億2,474万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,812億4,767万Bqにもなるのだ!

2017.04.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17041401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1409151_8981.html
(2017.04.15)の濃度はトリチウ970Bq/Lだそうです。970×1,000×982=952,540,000Bq相当です。これまでの排水 量は309,198t。
すなわち、昨日9億5,254万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,805億2,293万Bqにもなるのだ!

2017.04.15 記述
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1409001_8981.html
以下上記より一部引用
※サブドレン他浄化設備については、これまで1系統で運転していたが、当該設備と同一の設備を増設し、2系列化する工事を実施。この度、サブドレン他浄化
設備A系(新設分)の調整運転等を行い、準備が整ったことから、4月14日午後4時25分に運転を開始。運転後の状況については、漏えい等の異常がないこ とを確認。
引用終わり

2017.04.14 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17041201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1408451_8981.html
(2017.04.13)の濃度はトリチウ920Bq/Lだそうです。920×1,000×912=839,040,000Bq相当です。これまでの排水 量は308,216t。
すなわち、昨日8億3,904万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,795億7,039万Bqにもなるのだ!

2017.04.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17041101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1407451_8981.html
(2017.04.12)の濃度はトリチウ990Bq/Lだそうです。990×1,000×939=929,610,000Bq相当です。これまでの排水 量は307,304t。
すなわち、昨日9億2,961万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,787億3,135万Bqにもなるのだ!
昨日 (2017.04.12)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は2200億Bq超となりました。

2017.04.12 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170410_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1406601_8981.html
(2017.04.11)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,774=230,620,000Bq相当です。これまで の排水量は268,279t。
すなわち、昨日2億3,062万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると420億8,269.3万Bqにもなるのだ!。

2017.04.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17040901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1406151_8981.html
(2017.04.10)の濃度はトリチウ940Bq/Lだそうです。940×1,000×981=922,140,000Bq相当です。これまでの排水 量は306,401t。
すなわち、昨日9億2,214万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,778億0,174万Bqにもなるのだ!

2017.04.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17040801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1405651_8981.html
(2017.04.09)の濃度はトリチウ1,000Bq/Lだそうです。1,000×1,000×979=979,000,000Bq相当です。これま での排水量は305,420t。
すなわち、昨日9億7,900万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,768億7,960万Bqにもなるのだ!

2017.04.09 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17040701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1405201_8981.html
(2017.04.08)の濃度はトリチウ1,000Bq/Lだそうです。1,000×1,000×984=984,000,000Bq相当です。これま での排水量は304,441t。
すなわち、昨日9億8,400万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,759億0,060万Bqにもなるのだ!

2017.04.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17040601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1404951_8981.html
(2017.04.07)の濃度はトリチウ1,000Bq/Lだそうです。1,000×1,000×987=987,000,000Bq相当です。これま での排水量は303,457t。
すなわち、昨日9億8,700万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,749億1,660万Bqにもなるのだ!

2017.04.07 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17040501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1404701_8981.html
(2017.04.06)の濃度はトリチウ850Bq/Lだそうです。850×1,000×982=834,700,000Bq相当です。これまでの排水 量は302,470t。
すなわち、昨日8億3,470万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,739億2,960万Bqにもなるのだ!

2017.04.05 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/bypastank_170403_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17040301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1403202_8981.html
(2017.04.04)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,779=231,270,000Bq相当です。これまで の排水量は266,505t。
すなわち、昨日2億3,127万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると418億5,207.3万Bqにもなるのだ!。
(2017.04.04)の濃度はトリチウ890Bq/Lだそうです。890×1,000×979=871,310,000Bq相当です。これまでの排水 量は301,488t。
すなわち、昨日8億7,131万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,730億9,490万Bqにもなるのだ!

2017.04.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images2/drain_stank_17040101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1402301_8981.html
(2017.04.02)の濃度はトリチウ880Bq/Lだそうです。880×1,000×1,005=884,400,000Bq相当です。これまでの 排水量は300,509t。
すなわち、昨日8億8,440万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,722億2,359万Bqにもなるのだ!

2017.04.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17033001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1401602_8981.html
(2017.03.31)の濃度はトリチウ930Bq/Lだそうです。930×1,000×982=913,260,000Bq相当です。これまでの排水 量は299,504t。
すなわち、昨日9億1,326万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,713億3,919万Bqにもなるのだ!

2017.03.31 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17032901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1401051_8981.html
(2017.03.30)の濃度はトリチウ800Bq/Lだそうです。800×1,000×699=559,200,000Bq相当です。これまでの排水 量は298,524t。
すなわち、昨日5億5,920万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,704億2,593万Bqにもなるのだ!

2017.03.30 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17032801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1400201_8981.html
(2017.03.29)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960×1,000×970=931,200,000Bq相当です。これまでの排水 量は297,825t。
すなわち、昨日9億3,120万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,698億6,673万Bqにもなるのだ!

2017.03.29 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170327_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1399501_8981.html
(2017.03.21)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,607=208,910,000Bq相当です。これまで の排水量は264,726t。
すなわち、昨日2億0,891万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると416億2,080.3万Bqにもなるのだ!。

2017.03.28 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17032601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1398501_8981.html
(2017.03.27)の濃度はトリチウ900Bq/Lだそうです。900×1,000×863=776,700,000Bq相当です。これまでの排水 量は296,855t。
すなわち、昨日8億9,362万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,689億3,553万Bqにもなるのだ!
昨日 (2017.03.27)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は2100億Bq超となりました。

2017.03.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17032401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1397301_8981.html
(2017.03.25)の濃度はトリチウ910Bq/Lだそうです。910×1,000×982=893,620,000Bq相当です。これまでの排水 量は295,992t。
すなわち、昨日8億9,362万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,681億5,883万Bqにもなるのだ!

2017.03.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17032301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1397051_8981.html
(2017.03.24)の濃度はトリチウ830Bq/Lだそうです。830×1,000×973=807,590,000Bq相当です。これまでの排水 量は295,010t。
すなわち、昨日8億0,759万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,672億6,521万Bqにもなるのだ!

2017.03.24 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17032201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1396651_8981.html
(2017.03.23)の濃度はトリチウ850Bq/Lだそうです。850×1,000×892=758,200,000Bq相当です。これまでの排水 量は294,037t。
すなわち、昨日7億5,820万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,664億5,762万Bqにもなるのだ!

2017.03.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17032101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1396151_8981.html
(2017.03.22)の濃度はトリチウ830Bq/Lだそうです。830×1,000×941=781,030,000Bq相当です。これまでの排水 量は293,145t。
すなわち、昨日7億8,103万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,656億9,942万Bqにもなるのだ!

2017.03.22 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170320_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1395551_8981.html
(2017.03.21)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,339=187,460,000Bq相当です。これまで の排水量は263,119t。
すなわち、昨日1億8,746万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると414億1,189.3万Bqにもなるのだ!。

2017.03.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17031801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1394451_8981.html
(2017.03.19)の濃度はトリチウ890Bq/Lだそうです。890×1,000×978=870,420,000Bq相当です。これまでの排水 量は292,204t。
すなわち、昨日8億7,042万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,649億1,839万Bqにもなるのだ!

2017.03.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17031701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1394101_8981.html
(2017.03.18)の濃度はトリチウ880Bq/Lだそうです。880×1,000×945=831,600,000Bq相当です。これまでの排水 量は291,226t。
すなわち、昨日8億3,160万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,640億4,797万Bqにもなるのだ!

2017.03.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17031601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1393751_8981.html
(2017.03.17)の濃度はトリチウ880Bq/Lだそうです。880×1,000×980=862,400,000Bq相当です。これまでの排水 量は290,281t。
すなわち、昨日8億6,240万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,632億1,637万Bqにもなるのだ!

2017.03.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17031401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1392801_8981.html
(2017.03.15)の濃度はトリチウ900Bq/Lだそうです。900×1,000×730=657,000,000Bq相当です。これまでの排水 量は289,301t。
すなわち、昨日6億5,700万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,623億5,397万Bqにもなるのだ!

2017.03.15 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170313_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1392252_8981.html
(2017.03.14)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,535=214,900,000Bq相当です。これまで の排水量は261,780t。
すなわち、昨日2億1,490万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると412億2,443.3万Bqにもなるのだ!。

2017.03.14 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17031201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1391501_8981.html
(2017.03.13)の濃度はトリチウ940Bq/Lだそうです。940×1,000×981=922,140,000Bq相当です。これまでの排水 量は288,571t。
すなわち、昨日9億2,214万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,616億9,697万Bqにもなるのだ!

2017.03.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17031101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1391051_8981.html
(2017.03.12)の濃度はトリチウ820Bq/Lだそうです。820×1,000×989=810,980,000Bq相当です。これまでの排水 量は287,590t。
すなわち、昨日8億1,098万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,607億7,483万Bqにもなるのだ!

2017.03.12 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17031001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1390801_8981.html
(2017.03.11)の濃度はトリチウ930Bq/Lだそうです。930×1,000×780=725,400,000Bq相当です。これまでの排水 量は286,601t。
すなわち、昨日7億2,540万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,599億6,385万Bqにもなるのだ!

2017.03.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17030801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1390101_8981.html
(2017.03.09)の濃度はトリチウ930Bq/Lだそうです。930×1,000×883=774,690,000Bq相当です。これまでの排水 量は285,821t。
すなわち、昨日7億7,469万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,592億3,845万Bqにもなるのだ!
昨日(2017.03.09)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量 は2000億Bq超となりました。

2017.03.09 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17030701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1389201_8981.html
(2017.03.08)の濃度はトリチウ910Bq/Lだそうです。910×1,000×982=893,620,000Bq相当です。これまでの排水 量は284,938t。
すなわち、昨日8億9,362万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,584億6,376万Bqにもなるのだ!

2017.03.08 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170306_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1388701_8981.html
(2017.03.07)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,752=245,280,000Bq相当です。これまで の排水量は260,245t。
すなわち、昨日2億4,528万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると410億0,953.3万Bqにもなるのだ!。

2017.03.07 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17030501-j.pdf

福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1388203_8981.html
(2017.03.06)の濃度はトリチウ860Bq/Lだそうです。860×1,000×870=748,200,000Bq相当です。これまでの排水 量は283,956t。
すなわち、昨日7億4,820万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,575億7,014万Bqにもなるのだ!

2017.03.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17030401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1387751_8981.html
(2017.03.05)の濃度はトリチウ920Bq/Lだそうです。920×1,000×821=755,320,000Bq相当です。これまでの排水 量は283,086t。
すなわち、昨日7億5,532万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,568億2,194万Bqにもなるのだ!

2017.03.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17030201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2017/images1/handouts_170303_03-j.pdf
(2017.03.03)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。930×1,000×627=583,110,000Bq相当です。これまでの排水 量は282,265t。
すなわち、本日5億8,311万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,560億6,662万Bqにもなるのだ!

2017.03.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17022801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2017/images1/handouts_170302_09-j.pdf
(2017.03.01)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960×1,000×976=936,960,000Bq相当です。これまでの排水 量は281,638t。
すなわち、昨日9億3,696万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,554億8,351万Bqにもなるのだ!

2017.03.01 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170227_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17022701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1385702_8981.html
(2017.02.28)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,787=251,720,000Bq相当です。これまで の排水量は258,493t。
すなわち、昨日2億5,172万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると407億6,425.3万Bqにもなるのだ!。
(2017.02.28)の濃度はトリチウ900Bq/Lだそうです。900×1,000×902=811,800,000Bq相当です。これまでの排水 量は280,662t。
すなわち、昨日8億1,180万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,545億4,655万Bqにもなるのだ!

2017.02.28 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17022601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1384551_8981.html
(2017.02.27)の濃度はトリチウ980Bq/Lだそうです。980×1,000×724=709,520,000Bq相当です。これまでの排水 量は279,760t。
すなわち、昨日7億0,952万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,537億3,475万Bqにもなるのだ!

2017.02.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17022401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1383101_8981.html
(2017.02.25)の濃度はトリチウ920Bq/Lだそうです。920×1,000×828=761,760,000Bq相当です。これまでの排水 量は279,036t。
すなわち、昨日7億6,176万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,530億2,523万Bqにもなるのだ!

2017.02.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17022301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1382901_8981.html
(2017.02.24)の濃度はトリチウ830Bq/Lだそうです。830×1,000×976=810,080,000Bq相当です。これまでの排水 量は278,208t。
すなわち、昨日8億1,008万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,522億6,347万Bqにもなるのだ!

2017.02.24 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17022201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1382701_8981.html
(2017.02.23)の濃度はトリチウ840Bq/Lだそうです。840×1,000×890=747,600,000Bq相当です。これまでの排水 量は277,232t。
すなわち、昨日7億4,760万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,514億5,366万Bqにもなるのだ!

2017.02.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17022101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1381851_8981.html
(2017.02.22)の濃度はトリチウ860Bq/Lだそうです。860×1,000×706=607,160,000Bq相当です。これまでの排水 量は276,342t。
すなわち、昨日6億0,716万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,507億0,606万Bqにもなるのだ!

2017.02.22 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170220_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1381301_8981.html
(2017.02.21)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,798=251,720,000Bq相当です。これまで の排水量は256,706t。
すなわち、昨日2億5,172万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると405億1,253.3万Bqにもなるのだ!。

2017.02.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17021801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1380501_8981.html
(2017.02.19)の濃度はトリチウ870Bq/Lだそうです。870×1,000×825=717,750,000Bq相当です。これまでの排水 量は275,636t。
すなわち、昨日7億1,775万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,500億9,890万Bqにもなるのだ!
昨日 (2017.02.19)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は1900億Bq超となりました。

2017.02.17 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17021601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2017/images1/handouts_170217_04-j.pdf
(2017.02.17)の濃度はトリチウ960Bq/Lだそうです。960× 1,000×794=762,240,000Bq相当です。これまでの排水量は274,811t。
すなわち、昨日7億6,224万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると1,493億8,115万Bqにもなるのだ!
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17021501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2017/images1/handouts_170216_07-j.pdf
(2017.02.16)の濃度はトリチウ970Bq/Lだそうです。970×1,000×703=681,910,000Bq相当です。これまでの排水 量は274,017t。
すなわち、昨日6億8,191万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,486億1,891万Bqにもなるのだ!

2017.02.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17021401-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170213_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1377751_8981.html
(2017.02.15)の濃度はトリチウ920Bq/Lだそうです。920×1,000×364=334,880,000Bq相当です。これまでの排水 量は273,314t。
すなわち、本日3億3,488万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,479億3,700万Bqにもなるのだ!
(2017.02.14)の濃度はトリチウム150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,673=250,950,000Bq相当です。これまで の排水量は254,908t。
すなわち、昨日2億5,095万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると402億6,081.3万Bqにもなるのだ!。

2017.02.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17021201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1376701_8981.html
(2017.02.13)の濃度はトリチウ950Bq/Lだそうです。950×1,000×654=621,300,000Bq相当です。これまでの排水 量は272,950t。
すなわち、本日6億2,130万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,476億0,212万Bqにもなるのだ!

2017.02.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17021001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1376101_8981.html
(2017.02.11)の濃度はトリチウ950Bq/Lだそうです。950×1,000×627=595,650,000Bq相当です。これまでの排水 量は272,269t。
すなわち、本日5億9,565万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,469億8,082万Bqにもなるのだ!

2017.02.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17020901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1375751_8981.html
(2017.02.10)の濃度はトリチウ890Bq/Lだそうです。890× 1,000×560=498,400,000Bq相当です。これまでの排水量は271,669t。
すなわち、本日4億9,840万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると1,463億8,517万Bqにもなるのだ!

2017.02.09 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17020801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1374901_8981.html
(2017.02.09)の濃度はトリチウ840Bq/Lだそうです。840×1,000×356=299,040,000Bq相当です。これまでの排水 量は271,109t。
すなわち、本日2億9,904万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,458億8,677万Bqにもなるのだ!

2017.02.08 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170206_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1374101_8981.html
(2017.02.07)の濃度はトリチウム150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,693=253,950,000Bq相当です。これまで の排水量は253,235t。
すなわち、昨日2億5,395万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると400億0,986.3万Bqにもなるのだ!。

2017.02.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17020501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1372901_8981.html
(2017.02.06)の濃度はトリチウ890Bq/Lだそうです。890×1,000×529=470,810,000Bq相当です。これまでの排水 量は270,753t。
すなわち、本日4億7,081万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,455億8,773万Bqにもなるのだ!

2017.02.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17020401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1372601_8981.html
(2017.02.05)の濃度はトリチウ930Bq/Lだそうです。930×1,000×506=470,580,000Bq相当です。これまでの排水 量は270,224t。
すなわち、本日4億7,058万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,451億1,692万Bqにもなるのだ!

2017.02.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17020301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1372451_8981.html
(2017.02.04)の濃度はトリチウ910Bq/Lだそうです。910×1,000×520=473,200,000Bq相当です。これまでの排水 量は269,718t。
すなわち、本日4億7,320万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,446億4,634万Bqにもなるのだ!

2017.02.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17020101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1371402_8981.html
(2017.02.02)の濃度はトリチウ940Bq/Lだそうです。940×1,000×527=495,380,000Bq相当です。これまでの排水 量は269,198t。
すなわち、本日4億9,538万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,441億7,314万Bqにもなるのだ!

2017.02.01 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170130_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)

http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1370552_8981.html

(2017.01.31)の濃度はトリチウム160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,793=286,880,000Bq相当です。これまで の排水量は251,542t。
すなわち、昨日2億8,688万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると397億5,591.3万Bqにもなるのだ!。

2017.01.31 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17012901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1369951_8981.html
(2017.01.30)の濃度はトリチウ820Bq/Lだそうです。820×1,000×905=742,100,000Bq相当です。これまでの排水 量は268,671t。
すなわち、昨日7億4,210万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,436億7,776万Bqにもなるのだ!

2017.01.30 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17012801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1369002_8981.html
(2017.01.29)の濃度はトリチウ710Bq/Lだそうです。710×1,000×714=506,940,000Bq相当です。これまでの排水 量は267,766t。
すなわち、昨日5億0,694万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,429億3,566万Bqにもなるのだ!

2017.01.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17012601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2017/images1/handouts_170127_09-j.pdf
(2017.01.27)の濃度はトリチウ700Bq/Lだそうです。700×1,000×593=415,100,000Bq相当です。これまでの排水 量は267,052t。
すなわち、本日4億1,510万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,424億2,872万Bqにもなるのだ!

2017.01.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17012501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2017/images1/handouts_170126_13-j.pdf
(2017.01.26)の濃度はトリチウ670Bq/Lだそうです。670×1,000×686=459,620,000Bq相当です。これまでの排水 量は266,459t。
すなわち、本日4億5,962万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,420億1,362万Bqにもなるのだ!

2017.01.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17012401-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170123_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1366851_8981.html
(2017.01.25)の濃度はトリチウ680Bq/Lだそうです。680×1,000×712=484,160,000Bq相当です。これまでの排水 量は265,773t。
すなわち、本日4億8,416万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,415億5,400万Bqにもなるのだ!
(2017.01.24)の濃度はトリチウム150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,831=274,650,000Bq相当です。これまで の排水量は249,749t。
すなわち、昨日2億7,465万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると394億6,903.3万Bqにもなるのだ!。

2017.01.24 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17012201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1366301_8981.html
(2017.01.23)の濃度はトリチウ710Bq/Lだそうです。710×1,000×722=512,620,000Bq相当です。これまでの排水 量は265,061t。
すなわち、昨日5億1,262万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,410億6,984万Bqにもなるのだ!
昨日 (2017.01.23)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は1800億Bq超となりました。

2017.01.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17012001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1365301_8981.html
(2017.01.21)の濃度はトリチウ690Bq/Lだそうです。690×1,000×726=500,940,000Bq相当です。これまでの排水 量は264,339t。
すなわち、昨日5億0,094万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,405億5,722万Bqにもなるのだ!

2017.01.21 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17011901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1365051_8981.html
(2017.01.20)の濃度はトリチウ630Bq/Lだそうです。630×1,000×789=497,070,000Bq相当です。これまでの排水 量は263,613t。
すなわち、昨日4億9,707万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,400億5,628万Bqにもなるのだ!

2017.01.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17011801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1364603_8981.html
(2017.01.19)の濃度はトリチウ670Bq/Lだそうです。670×1,000×836=560,120,000Bq相当です。これまでの排水 量は262,824t。
すなわち、昨日5億6,012万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,395億5,921万Bqにもなるのだ!

2017.01.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17011701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1364001_8981.html
(2017.01.18)の濃度はトリチウ550Bq/Lだそうです。550×1,000×755=415,250,000Bq相当です。これまでの排水 量は261,988t。
すなわち、昨日4億1,525万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,389億9,909万Bqにもなるのだ!

2017.01.18 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170116_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1363701_8981.html
(2017.01.17)の濃度はトリチウム160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,842=294,720,000Bq相当です。これまで の排水量は247,918t。
すなわち、昨日2億9,472万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると391億9,438.3万Bqにもなるのだ!。

2017.01.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17011401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1362902_8981.html
(2017.01.15)の濃度はトリチウ570Bq/Lだそうです。570×1,000×732=417,240,000Bq相当です。これまでの排水 量は261,233t。
すなわち、昨日4億1,724万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,385億8,384万Bqにもなるのだ!

2017.01.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17011301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1362651_8981.html
(2017.01.14)の濃度はトリチウ590Bq/Lだそうです。590×1,000×717=423,030,000Bq相当です。これまでの排水 量は260,501t。
すなわち、昨日4億2,303万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,381億6,660万Bqにもなるのだ!

2017.01.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17011101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1362101_8981.html
(2017.01.12)の濃度はトリチウ570Bq/Lだそうです。570×1,000×743=423,510,000Bq相当です。これまでの排水 量は259,784t。
すなわち、昨日4億2,351万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,377億4,357万Bqにもなるのだ!

2017.01.12 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17011001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1361352_8981.html
(2017.01.11)の濃度はトリチウ570Bq/Lだそうです。570×1,000×749=426,930,000Bq相当です。これまでの排水 量は259,041t。
すなわち、昨日4億2,693万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,373億2,006万Bqにもなるのだ!

2017.01.11 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170109_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1360601_8981.html
(2017.01.10)の濃度はトリチウム160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,895=303,200,000Bq相当です。これまで の排水量は246,076t。
すなわち、昨日3億0,320万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると388億9,966.3万Bqにもなるのだ!。

2017.01.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17010801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1360002_8981.html
(2017.01.09)の濃度はトリチウ580Bq/Lだそうです。580×1,000×767=444,860,000Bq相当です。これまでの排水 量は258,292t。
すなわち、昨日4億4,486万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,368億9,313万Bqにもなるのだ!

2017.01.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17010601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1359151_8981.html
(2017.01.07)の濃度はトリチウ590Bq/Lだそうです。590×1,000×740=436,600,000Bq相当です。これまでの排水 量は257,525t。
すなわち、昨日4億3,660万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,364億4,827万Bqにもなるのだ!

2017.01.07 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17010501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1358951_8981.html
(2017.01.06)の濃度はトリチウ560Bq/Lだそうです。560×1,000×819=458,640,000Bq相当です。これまでの排水 量は256,785t。
すなわち、昨日4億5,864万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,360億1,167万Bqにもなるのだ!

2017.01.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17010401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1358854_8981.html
(2017.01.05)の濃度はトリチウ540Bq/Lだそうです。540×1,000×954=515,160,000Bq相当です。これまでの排水 量は255,966t。
すなわち、昨日5億1,516万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,355億5,303万Bqにもなるのだ!

2017.01.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17010301-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/bypastank_170102_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1357751_8981.html
(2017.01.04)の濃度はトリチウ610Bq/Lだそうです。610×1,000×639=389,790,000Bq相当です。これまでの排水 量は255,012t。
すなわち、昨日3億8,979万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,350億3,787万Bqにもなるのだ!
(2017.01.03)の濃度はトリチウム160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,669=267,040,000Bq相当です。これまで の排水量は244,181t。
すなわち、昨日2億6,704万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると385億9,646.3万Bqにもなるのだ!。

2017.01.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2017/images1/drain_stank_17010101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1357351_8981.html
(2017.01.02)の濃度はトリチウ610Bq/Lだそうです。610×1,000×737=449,570,000Bq相当です。これまでの排水 量は254,373t。
すなわち、昨日4億4,957万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,346億4,808万Bqにもなるのだ!

2017.01.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16123001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2017/1356901_8981.html
(2016.12.31)の濃度はトリチウ580Bq/Lだそうです。580×1,000×976=566,080,000Bq相当です。これまでの排水 量は253,636t。
すなわち、昨日5億6,608万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,341億9,851万Bqにもなるのだ!

2016.12.31 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16122901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1356701_8693.html
(2016.12.30)の濃度はトリチウ570Bq/Lだそうです。570×1,000×948=540,360,000Bq相当です。これまでの排水 量は252,660t。
すなわち、昨日5億4,036万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,336億3,243万Bqにもなるのだ!

2016.12.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16122701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1356401_8693.html
(2016.12.28)の濃度はトリチウ580Bq/Lだそうです。580×1,000×930=539,400,000Bq相当です。これまでの排水 量は251,712t。
すなわち、昨日5億3,940万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,330億9,207万Bqにもなるのだ!

2016.12.28 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161226_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1355801_8693.html
(2016.12.27)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,791=250,740,000Bq相当です。これまで の排水量は242,512t。
すなわち、昨日2億5,074万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると383億2,942.3万Bqにもなるのだ!。

2016.12.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16122501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1354651_8693.html
(2016.12.26)の濃度はトリチウ620Bq/Lだそうです。620×1,000×798=494,760,000Bq相当です。これまでの排水 量は250,782t。
すなわち、昨日4億9,476万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,325億5,267万Bqにもなるのだ!

2016.12.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16122401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1353951_8693.html
(2016.12.25)の濃度はトリチウ700Bq/Lだそうです。700×1,000×985=689,500,000Bq相当です。これまでの排水 量は249,984t。
すなわち、昨日6億8,950万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,320億5,791万Bqにもなるのだ!
昨日(2016.12.25)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量 は1700億Bq超となりました。

2016.12.24 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16122201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1353151_8693.html
(2016.12.23)の濃度はトリチウ620Bq/Lだそうです。620×1,000×978=606,360,000Bq相当です。これまでの排水 量は248,999t。
すなわち、昨日6億0,636万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると
1,313億6,841万Bqにもなるのだ!

2016.12.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16122101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1352951_8693.html
(2016.12.22)の濃度はトリチウ590Bq/Lだそうです。590×1,000×975=575,250,000Bq相当です。これまでの排水 量は248,021t。
すなわち、昨日5億7,525万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,307億6,205万Bqにもなるのだ!

2016.12.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16122001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1352401_8693.html
(2016.12.21)の濃度はトリチウ610Bq/Lだそうです。610×1,000×783=477,630,000Bq相当です。これまでの排水 量は247,046t。
すなわち、昨日4億7,763万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,301億8,680万Bqにもなるのだ!

2016.12.21 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161219_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1351801_8693.html
(2016.12.20)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,842=257,880,000Bq相当です。これまで の排水量は240,721t。
すなわち、昨日2億5,788万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると380億7,868.3万Bqにもなるのだ!。

2016.12.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16121801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1351302_8693.html
(2016.12.19)の濃度はトリチウ590Bq/Lだそうです。590×1,000×955=563,450,000Bq相当です。これまでの排水 量は246,263t。
すなわち、昨日5億6,345万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,297億0,917万Bqにもなるのだ!

2016.12.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16121601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1350151_8693.html
(2016.12.17)の濃度はトリチウ610Bq/Lだそうです。610× 1,000×988=602,680,000Bq相当です。これまでの排水量は245,308t。
すなわち、昨日6億0,268万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると1,291億4,572万Bqにもなるのだ!

2016.12.17 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16121501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1349951_8693.html
(2016.12.16)の濃度はトリチウ660Bq/Lだそうです。660×1,000×978=645,480,000Bq相当です。これまでの排水 量は244,320t。
すなわち、昨日6億4,548万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,285億4,304万Bqにもなるのだ!

2016.12.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16121401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1349551_8693.html
(2016.12.15)の濃度はトリチウ670Bq/Lだそうです。670×1,000×978=655,260,000Bq相当です。これまでの排水 量は243,342t。
すなわち、昨日6億5,526万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,278億9,756万Bqにもなるのだ!

2016.12.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16121301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1349152_8693.html
(2016.12.14)の濃度はトリチウ680Bq/Lだそうです。680×1,000×989=672,520,000Bq相当です。これまでの排水 量は242,364t。
すなわち、昨日6億7,252万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,272億4,230万Bqにもなるのだ!

2016.12.14 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161212_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1348801_8693.html
(2016.12.13)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,570=219,800,000Bq相当です。これまで の排水量は238,879t。
すなわち、昨日2億1,980万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると378億2,080.3万Bqにもなるのだ!。

2016.12.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16121101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1348001_8693.html
(2016.12.12)の濃度はトリチウ680Bq/Lだそうです。680×1,000×857=582,760,000Bq相当です。これまでの排水 量は241,375t。
すなわち、昨日5億8,276万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,265億6,978万Bqにもなるのだ!

2016.12.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16120901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1347152_8693.html
(2016.12.10)の濃度はトリチウ680Bq/Lだそうです。680×1,000×977=664,360,000Bq相当です。これまでの排水 量は240,518t。
すなわち、昨日6億6,436万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,259億8,702万Bqにもなるのだ!

2016.12.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16120801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1347001_8693.html
(2016.12.09)の濃度はトリチウ630Bq/Lだそうです。630×1,000×964=607,320,000Bq相当です。これまでの排水 量は239,541t。
すなわち、昨日6億0,732万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,253億4,266万Bqにもなるのだ!

2016.12.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16120601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1346351_8693.html
(2016.12.07)の濃度はトリチウ680Bq/Lだそうです。680×1,000×985=669,800,000Bq相当です。これまでの排水 量は238,577t。
すなわち、昨日6億6,980万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,247億3,534万Bqにもなるのだ!

2016.12.07 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161205_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1345902_8693.html
(2016.12.06)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×2,219=288,470,000Bq相当です。これまで の排水量は237,309t。
すなわち、昨日2億8,847万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると376億0,100.3万Bqにもなるのだ!。

2016.12.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16120401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images2/handouts_161206_05-j.pdf
(2016.12.05)の濃度はトリチウ680Bq/Lだそうです。680×1,000×1,002=681,360,000Bq相当です。これまでの 排水量は237,592t。
すなわち、昨日6億8,136万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,240億6,554万Bqにもなるのだ!

2016.12.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16120301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1344801_8693.html
(2016.12.04)の濃度はトリチウ700Bq/Lだそうです。700×1,000×964=674,800,000Bq相当です。これまでの排水 量は236,590t。
すなわち、昨日6億7,480万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,233億8,418万Bqにもなるのだ!

2016.12.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16113001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1343351_8693.html
(2016.12.01)の濃度はトリチウ650Bq/Lだそうです。650×1,000×977=635,050,000Bq相当です。これまでの排水 量は235,626t。
すなわち、昨日6億3,505万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,227億0,938万Bqにもなるのだ!
昨 日(2016.12.01)サブドレン等 と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は1600億Bq超となりました。

2016.12.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16112901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1342751_8693.html
(2016.11.30)の濃度はトリチウム480Bq/Lだそうです。480×1,000×976=468,480,000Bq相当です。これまでの排 水量は234,649t。
すなわち、昨日4億6,848万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,220億7,433万Bqにもなるのだ!

2016.11.30 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161128_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16112801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1342101_8693.html
(2016.11.29)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,916=268,240,000Bq相当です。これまで の排水量は235,090t。
すなわち、一昨日2億6,824万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると373億1,253.3万Bqにもなるのだ!。
(2016.11.29)の濃度はトリチウム480Bq/Lだそうです。480×1,000×975=468,000,000Bq相当です。これまでの排 水量は233,673t。
すなわち、昨日4億6,800万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,216億0,585万Bqにもなるのだ!

2016.11.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16112701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1341151_8693.html
(2016.11.28)の濃度はトリチウム490Bq/Lだそうです。490×1,000×972=476,280,000Bq相当です。これまでの排 水量は232,698t。
すなわち、昨日4億7,628万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,211億3,785万Bqにもなるのだ!

2016.11.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16112501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1339951_8693.html
(2016.11.26)の濃度はトリチウム530Bq/Lだそうです。530×1,000×976=517,280,000Bq相当です。これまでの排 水量は231,726t。
すなわち、昨日5億1,728万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,206億6,157万Bqにもなるのだ!

2016.11.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16112401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1339804_8693.html
(2016.11.25)の濃度はトリチウム550Bq/Lだそうです。550×1,000×978=537,900,000Bq相当です。これまでの排 水量は230,750t。
すなわち、昨日5億3,790万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,201億4,429万Bqにもなるのだ!

2016.11.25 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161121_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16112201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images2/handouts_161124_04-j.pdf
(2016.11.23)の濃度はトリチウム150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,940=291,000,000Bq相当です。これまで の排水量は233,174t。
すなわち、一昨日2億9,100万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると370億4,429.3万Bqにもなるのだ!。
(2016.11.23)の濃度はトリチウム540Bq/Lだそうです。540×1,000×969=534,060,000Bq相当です。これまでの排 水量は229,772t。
すなわち、一昨日5億3,406万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,196億0,639万Bqにもなるのだ!

2016.11.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16112001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1339001_8693.html
(2016.11.21)の濃度はトリチウム490Bq/Lだそうです。490×1,000×705=345,450,000Bq相当です。これまでの排 水量は228,803t。
すなわち、昨日3億4,545万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,190億7,233万Bqにもなるのだ!

2016.11.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16111801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1338151_8693.html
(2016.11.19)の濃度はトリチウム520Bq/Lだそうです。520×1,000×970=504,400,000Bq相当です。これまでの排 水量は228,098t。
すなわち、昨日5億0,440万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,187億2,688万Bqにもなるのだ!

2016.11.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16111701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1338051_8693.html
(2016.11.18)の濃度はトリチウム500Bq/Lだそうです。500×1,000×972=486,000,000Bq相当です。これまでの排 水量は227,128t。
すなわち、昨日4億8,600万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,182億2,248万Bqにもなるのだ!

2016.11.17 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16111501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1337654_8693.html
(2016.11.16)の濃度はトリチウム480Bq/Lだそうです。480×1,000×997=478,560,000Bq相当です。これまでの排 水量は226,156t。
すなわち、昨日4億7,856万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,177億3,648万Bqにもなるのだ!

2016.11.16 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161114_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1337404_8693.html
(2016.11.15)の濃度はトリチウム160Bq/Lだそうです。160×1,000×2,010=321,600,000Bq相当です。これまで の排水量は231,234t。
すなわち、昨日3億2,160万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると367億5,329.3万Bqにもなるのだ!。

2016.11.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16111301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1337051_8693.html
(2016.11.14)の濃度はトリチウム490Bq/Lだそうです。490×1,000×723=354,270,000Bq相当です。これまでの排 水量は225,159t。
すなわち、昨日3億5,427万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,172億5,792万Bqにもなるのだ!

2016.11.14 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16111201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1336802_8693.html
(2016.11.13)の濃度はトリチウム490Bq/Lだそうです。490×1,000×927=454,230,000Bq相当です。これまでの排 水量は224,436t。
すなわち、昨日4億5,423万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,169億0,365万Bqにもなるのだ!

2016.11.12 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16111001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1336602_8693.html
(2016.11.11)の濃度はトリチウム460Bq/Lだそうです。460×1,000×937=431,020,000Bq相当です。これまでの排 水量は223,509t。
すなわち、昨日4億3,102万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,164億4,942万Bqにもなるのだ!

2016.11.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16110901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1336451_8693.html
(2016.11.10)の濃度はトリチウム450Bq/Lだそうです。450×1,000×972=437,400,000Bq相当です。これまでの排 水量は222,572t。
すなわち、昨日4億3,740万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,160億1,840万Bqにもなるのだ!

2016.11.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16110801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1336252_8693.html
(2016.11.09)の濃度はトリチウム490Bq/Lだそうです。490×1,000×968=474,320,000Bq相当です。これまでの排 水量は221,600t。
すなわち、昨日4億7,432万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,155億8,100万Bqにもなるのだ!

2016.11.09 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161107_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1335902_8693.html
(2016.11.08)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×2,095=272,350,000Bq相当です。これまで の排水量は229,224t。
すなわち、昨日2億7,235万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると364億3,169.3万Bqにもなるのだ!。

2016.11.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16110601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1335753_8693.html
(2016.11.07)の濃度はトリチウム510Bq/Lだそうです。510×1,000×967=493,170,000Bq相当です。これまでの排 水量は220,632t。
すなわち、昨日4億9,317万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,151億0,668万Bqにもなるのだ!

2016.11.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16110401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1335206_8693.html
(2016.11.05)の濃度はトリチウム510Bq/Lだそうです。510×1,000×965=492,150,000Bq相当です。これまでの排 水量は219,665t。
すなわち、昨日4億9,215万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,146億1,351万Bqにもなるのだ!

2016.11.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16110301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1335104_8693.html
(2016.11.04)の濃度はトリチウム460Bq/Lだそうです。460×1,000×973=447,580,000Bq相当です。これまでの排 水量は218,700t。
すなわち、昨日4億4,758万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,141億2,136万Bqにもなるのだ!
昨 日(2016.11.04)サブドレン等 と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は1500億Bq超となりました。

2016.11.04 記述
【経産省】多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第1回)-開催通知 https://wwws.meti.go.jp/interface/honsho/committee/index.cgi/committee/13785
以下上記より一部引用
開催概要 日時 2016年11月11日(金)  10時00分〜11時30分 場所経済産業省本館17階第1特別会議室 議題 小委員長の選出、今後の進め方 等
引用終わり
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16110201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1334953_8693.html
(2016.11.03)の濃度はトリチウム460Bq/Lだそうです。460×1,000×898=413,080,000Bq相当です。これまでの排 水量は217,727t。
すなわち、昨日4億1,308万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,136億7,378万Bqにもなるのだ!

2016.11.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16110101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1334754_8693.html
(2016.11.02)の濃度はトリチウム500Bq/Lだそうです。500×1,000×954=477,000,000Bq相当です。これまでの排 水量は216,829t。
すなわち、昨日4億7,700万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,132億6,070万Bqにもなるのだ!

2016.11.02 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161031_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1334701_8693.html
(2016.11.01)の濃度はトリチウム170Bq/Lだそうです。170×1,000×2,133=362,610,000Bq相当です。これまで の排水量は227,129t。
すなわち、昨日3億6,261万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると361億5,934.3万Bqにもなるのだ!。

2016.10.31 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16102901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1333901_8693.html
(2016.10.30)の濃度はトリチウム530Bq/Lだそうです。530×1,000×980=519,400,000Bq相当です。これまでの排 水量は215,875t。
すなわち、昨日5億1,940万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,127億8,370万Bqにもなるのだ!
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16102801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1333652_8693.html
(2016.10.29)の濃度はトリチウム490Bq/Lだそうです。490×1,000×976=478,240,000Bq相当です。これまでの排 水量は214,895t。
すなわち、昨日4億7,824万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,122億6,430万Bqにもなるのだ!

2016.10.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16102701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1333551_8693.html
(2016.10.28)の濃度はトリチウム460Bq/Lだそうです。460×1,000×796=454,480,000Bq相当です。これまでの排 水量は213,919t。
すなわち、昨日4億5,448万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,117億8,606万Bqにもなるのだ!

2016.10.28 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16102601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1333358_8693.html
(2016.10.27)の濃度はトリチウム470Bq/Lだそうです。470×1,000×796=458,720,000Bq相当です。これまでの排 水量は212,931t。
すなわち、昨日4億5,872万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,113億3,158万Bqにもなるのだ!

2016.10.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16102601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1333051_8693.html
(2016.10.26)の濃度はトリチウム470Bq/Lだそうです。470×1,000×983=462,010,000Bq相当です。これまでの排 水量は212,135t。
すなわち、昨日4億6,201万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,108億7,286万Bqにもなるのだ!

2016.10.26 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161024_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1332801_8693.html
(2016.10.25)の濃度はトリチウム170Bq/Lだそうです。170×1,000×2,219=377,230,000Bq相当です。これまで の排水量は224,996t。
すなわち、昨日3億7,723万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると357億9,673.3万Bqにもなるのだ!。

2016.10.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16102301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1332551_8693.html
(2016.10.24)の濃度はトリチウム420Bq/Lだそうです。420×1,000×976=409,920,000Bq相当です。これまでの排 水量は211,152t。
すなわち、昨日4億0,992万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,104億1,085万Bqにもなるのだ!

2016.10.24 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16102201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1332303_8693.html
(2016.10.23)の濃度はトリチウム400Bq/Lだそうです。400×1,000×987=394,800,000Bq相当です。これまでの排 水量は210,176t。
すなわち、昨日3億9,480万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,100億0,093万Bqにもなるのだ!

2016.10.21 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16101901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1331912_8693.html
(2016.10.20)の濃度はトリチウム460Bq/Lだそうです。460×1,000×727=334,420,000Bq相当です。これまでの排 水量は209,189t。
すなわち、昨日3億3,442万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,096億0,613万Bqにもなるのだ!

2016.10.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16101701-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161017_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1331455_8693.html
(2016.10.18)の濃度はトリチウム480Bq/Lだそうです。480×1,000×993=476,640,000Bq相当です。これまでの排 水量は208,462t。
すなわち、昨日4億7,664万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,092億7,171万Bqにもなるのだ!
(2016.10.18)の濃度はトリチウム170Bq/Lだそうです。170×1,000×2,121=360,570,000Bq相当です。これまで の排水量は222,777t。
すなわち、昨日3億6,057万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると354億1,950.3万Bqにもなるのだ!。

2016.10.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16101601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1331152_8693.html
(2016.10.17)の濃度はトリチウム460Bq/Lだそうです。460×1,000×836=384,560,000Bq相当です。これまでの排 水量は207,469t。
すなわち、昨日3億8,456万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,087億9,507万Bqにもなるのだ!

2016.10.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16101401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1330403_8693.html
(2016.10.15)の濃度はトリチウム410Bq/Lだそうです。410×1,000×794=325,540,000Bq相当です。これまでの排 水量は206,633t。
すなわち、昨日3億2,554万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,084億1,051万Bqにもなるのだ!

2016.10.14 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16101201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1330254_8693.html
(2016.10.13)の濃度はトリチウム480Bq/Lだそうです。480×1,000×969=465,120,000Bq相当です。これまでの排 水量は205,839t。
すなわち、昨日4億6,512万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,080億8,497万Bqにもなるのだ!

2016.10.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16101101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1330102_8693.html
(2016.10.12)の濃度はトリチウム490Bq/Lだそうです。490×1,000×983=481,670,000Bq相当です。これまでの排 水量は204,870t。
すなわち、昨日4億8,167万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,076億1,985万Bqにもなるのだ!

2016.10.12 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161010_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1329852_8693.html
(2016.10.11)の濃度はトリチウム180Bq/Lだそうです。180×1,000×1,977=355,860,000Bq相当です。これまで の排水量は220,656t。
すなわち、昨日3億5,586万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると350億5,893.3万Bqにもなるのだ!。

2016.10.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16101001-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16100901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images2/handouts_161011_03-j.pdf
(2016.10.11)の濃度はトリチウム420Bq/Lだそうです。420×1,000×549=230,580,000Bq相当です。これまでの排 水量は203,887t。
すなわち、本日2億3,058万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,071億3,818万Bqにもなるのだ!
(2016.10.10)の濃度はトリチウム320Bq/Lだそうです。320×1,000×726=232,320,000Bq相当です。これまでの排 水量は203,338t。
すなわち、昨日2億3,232万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,069億0,760万Bqにもなるのだ!

2016.10.09 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16100701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1329153_8693.html
(2016.10.08)の濃度はトリチウム430Bq/Lだそうです。430×1,000×1,000=430,000,000Bq相当です。これまで の排水量は202,612t。
すなわち、昨日4億3,000万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,066億7,528万Bqにもなるのだ!

2016.10.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16100601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1329104_8693.html
(2016.10.07)の濃度はトリチウム440Bq/Lだそうです。440×1,000×627=275,880,000Bq相当です。これまでの排 水量は201,612t。
すなわち、昨日2億7,588万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,062億4,528万Bqにもなるのだ!

2016.10.07 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16100501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1328904_8693.html
(2016.10.06)の濃度はトリチウム420Bq/Lだそうです。420×1,000×711=298,620,000Bq相当です。これまでの排 水量は200,985t。
すなわち、昨日2億9,862万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,059億6,940万Bqにもなるのだ!

2016.10.05 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/bypastank_161003_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1328202_8693.html
(2016.10.04)の濃度はトリチウム170Bq/Lだそうです。170×1,000×1,927=327,590,000Bq相当です。これまで の排水量は218,679t。
すなわち、昨日3億2,759万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると347億0,307.3万Bqにもなるのだ!。
昨 日(2016.10.04)サブドレン等 と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は1400億Bq超となりました。

2016.10.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16100301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1328001_8693.html
*サブドレン他水処理施設一時貯水タンクDの10月3日の排水量について、一部誤り があり訂正。
(2016.10.04)の濃度はトリチウム460Bq/Lだそうです。460×1,000×314=144,440,000Bq相当です。これまでの排 水量は200,274t。
すなわち、本日1億4,444万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,056億7,078万Bqにもなるのだ!
(2016.10.03)の濃度はトリチウム470Bq/Lだそうです。470×1,000×442=207,740,000Bq相当です。これまでの排 水量は199,960t。
すなわち、昨日2億0,744万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,055億2,634万Bqにもなるのだ!

2016.10.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images4/drain_stank_16100201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1327752_8693.html
(2016.10.03)の濃度はトリチウム470Bq/Lだそうです。470×1,000×440=206,800,000Bq相当です。これまでの排 水量は199,958t。
すなわち、本日2億0,680万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,055億2,540万Bqにもなるのだ!

2016.10.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16093001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1327453_8693.html
(2016.10.01)の濃度はトリチウム520Bq/Lだそうです。520×1,000×497=258,440,000Bq相当です。これまでの排 水量は199,518t。
すなわち、昨日2億5,844万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,053億1,860万Bqにもなるのだ!

2016.10.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16092901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1327306_8693.html
(2016.09.30)の濃度はトリチウム530Bq/Lだそうです。530×1,000×939=497,670,000Bq相当です。これまでの排 水量は199,021t。
すなわち、昨日4億9,767万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,050億6,016万Bqにもなるのだ!

2016.09.30 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16092801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1327151_8693.html
(2016.09.29)の濃度はトリチウム470Bq/Lだそうです。470×1,000×973=457,310,000Bq相当です。これまでの排 水量は198,082t。
すなわち、昨日4億5,731万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,045億6,249万Bqにもなるのだ!

2016.09.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16092701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1326710_8693.html
(2016.09.28)の濃度はトリチウム450Bq/Lだそうです。450×1,000×980=441,000,000Bq相当です。これまでの排 水量は197,106t。
すなわち、昨日4億4,100万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,041億0,518万Bqにもなるのだ!

2016.09.28 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160926_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1326502_8693.html
(2016.09.27)の濃度はトリチウム180Bq/Lだそうです。180×1,000×1,785=321,300,000Bq相当です。これまで の排水量は216,752t。
すなわち、昨日3億2,130万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると343億7,548.3万Bqにもなるのだ!。

2016.09.27 記述
汚染水処理対策委員会(第18回)
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/osensuisyori/2016/0927_01.html
資料6 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(仮称)設置について(PDF形式: 128KB)
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/osensuisyori/2016/pdf/0927_01l.pdf
福島第1のトリチウム水、処分巡り有識者会議 経産省 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO07665210W6A920C1CR8000/
以下上記より全文引用
東電福島第1原発の汚染水問題で、経済産業省は処理装置でも取り除けない放射性物質トリチウム(三重水素)を含む水の処分に関する新たな有識者会議を設け る。27日に
発表する。同省の作業部会は5月、海洋放出が最も低コストで短期間に処理できると公表したが、地元漁協が反発。新たな会議は風評被害対策なども含めて検討 する。
政府と東電はトリチウムを含む水について「2016年度上半期までに長期的な取り扱いの決定に向けた準備を開始する」としている。
引用終わり 海洋放出絶対反 対!。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16092501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1326252_8693.html
(2016.09.26)の濃度はトリチウム450Bq/Lだそうです。450×1,000×973=437,850,000Bq相当です。これまでの排 水量は196,126t。
すなわち、昨日4億3,785万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,036億6,418万Bqにもなるのだ!

2016.09.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16092401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1326101_8693.html
(2016.09.25)の濃度はトリチウム450Bq/Lだそうです。450×1,000×973=437,850,000Bq相当です。これまでの排 水量は195,153t。
すなわち、昨日4億3,785万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,032億2,633万Bqにもなるのだ!

2016.09.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16092301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1325903_8693.html
(2016.09.24)の濃度はトリチウム550Bq/Lだそうです。550×1,000×976=536,800,000Bq相当です。これまでの排 水量は194,180t。
すなわち、昨日5億3,680万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,027億8,848万Bqにもなるのだ!

2016.09.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16092001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1325553_8693.html
(2016.09.21)の濃度はトリチウム560Bq/Lだそうです。560×1,000×923=516,880,000Bq相当です。これまでの排 水量は193,204t。
すなわち、昨日5億1,688万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,022億5,168万Bqにもなるのだ!

2016.09.21 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160919_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1325252_8693.html
(2016.09.20)の濃度はトリチウム190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,819=345,610,000Bq相当です。これまで の排水量は214,967t。
すなわち、昨日3億4,561万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると340億5,418.3万Bqにもなるのだ!。

2016.09.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16091901-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16091801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1324751_8693.html
(2016.09.20)の濃度はトリチウム470Bq/Lだそうです。470×1,000×630=296,100,000Bq相当です。これまでの排 水量は192,281t。
すなわち、本日2億9,610万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,017億3,480万Bqにもなるのだ!
(2016.09.19)の濃度はトリチウム530Bq/Lだそうです。530×1,000×932=493,960,000Bq相当です。これまでの排 水量は191,651t。
すなわち、昨日4億9,396万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,014億3,870万Bqにもなるのだ!

2016.09.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16091701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1324552_8693.html
(2016.09.18)の濃度はトリチウム520Bq/Lだそうです。520×1,000×967=502,840,000Bq相当です。これまでの排 水量は190,719t。
すなわち、昨日5億0,284万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,009億4,474万Bqにもなるのだ!

2016.09.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16091601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1324453_8693.html
(2016.09.17)の濃度はトリチウム510Bq/Lだそうです。510×1,000×970=494,700,000Bq相当です。これまでの排 水量は189,752t。
すなわち、昨日4億9,470万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると1,004億4,190万Bqにもなるのだ!

2016.09.17 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16091501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1324301_8693.html
(2016.09.16)の濃度はトリチウム480Bq/Lだそうです。480×1,000×975=468,000,000Bq相当です。これまでの排 水量は188,782t。
すなわち、昨日4億6,800万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると999億4,720万Bqにもなるのだ!

2016.09.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16091401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1324055_8693.html
(2016.09.15)の濃度はトリチウム520Bq/Lだそうです。520×1,000×981=510,120,000Bq相当です。これまでの排 水量は187,807t。
すなわち、昨日5億1,012万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると994億7,920万Bqにもなるのだ!

2016.09.14 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160912_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1323403_8693.html
(2016.09.13)の濃度はトリチウム110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,664=183,040,000Bq相当です。これまで の排水量は213,148t。
すなわち、昨日1億8,304万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると337億0,857.3万Bqにもなるのだ!。

2016.09.12 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16091001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1322805_8693.html
(2016.09.11)の濃度はトリチウム540Bq/Lだそうです。540×1,000×962=519,480,000Bq相当です。これまでの排 水量は186,826t。
すなわち、昨日5億1,948万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると989億6,908万Bqにもなるのだ!

2016.09.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16090901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1322701_8693.html
(2016.09.10)の濃度はトリチウム580Bq/Lだそうです。580×1,000×976=566,080,000Bq相当です。これまでの排 水量は185,864t。
すなわち、昨日5億6,608万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると984億4,960万Bqにもなるのだ!

2016.09.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16090801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1322603_8693.html
(2016.09.09)の濃度はトリチウム680Bq/Lだそうです。680×1,000×968=658,240,000Bq相当です。これまでの排 水量は184,888t。
すなわち、昨日6億5,824万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると978億8,352万Bqにもなるのだ!

2016.09.09 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16090701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1322503_8693.html
(2016.09.08)の濃度はトリチウム520Bq/Lだそうです。520×1,000×943=490,360,000Bq相当です。これまでの排 水量は183,920t。
すなわち、昨日4億9,036万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると972億2,528万Bqにもなるのだ!

2016.09.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16090601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1322255_8693.html
(2016.09.07)の濃度はトリチウム560Bq/Lだそうです。560×1,000×974=545,440,000Bq相当です。これまでの排 水量は182,977t。
すなわち、昨日5億4,544万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると967億3,492万Bqにもなるのだ!
昨日(2016.09.07)サブドレン等 と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は1300億Bq超となりました。

2016.09.07 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160905_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16090501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1322057_8693.html
(2016.09.06)の濃度はトリチウム130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,764=229,320,000Bq相当です。これまで の排水量は211,484t。
すなわち、昨日2億3,730万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると335億2,553.3万Bqにもなるのだ!。
(2016.09.06)の濃度はトリチウム520Bq/Lだそうです。520×1,000×973=505,960,000Bq相当です。これまでの排 水量は182,003t。
すなわち、昨日5億0,700万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると961億8,948万Bqにもなるのだ!

2016.09.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16090301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1321651_8693.html
(2016.09.04)の濃度はトリチウム520Bq/Lだそうです。520×1,000×975=507,000,000Bq相当です。これまでの排 水量は181,030t。
すなわち、昨日5億0,700万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると956億8,352万Bqにもなるのだ!

2016.09.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16090201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1321454_8693.html
(2016.09.03)の濃度はトリチウム570Bq/Lだそうです。570×1,000×978=557,460,000Bq相当です。これまでの排 水量は180,055t。
すなわち、昨日5億5,746万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると951億7,652万Bqにもなるのだ!

2016.09.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16090101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images2/handouts_160902_05-j.pdf
(2016.09.02)の濃度はトリチウム710Bq/Lだそうです。710×1,000×656=465,760,000Bq相当です。これまでの排 水量は179,077t。
すなわち、本日4億6,576万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると946億1,906万Bqにもなるのだ!

2016.09.01 記述
福島第一原子力発電所の状況 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images2/handouts_160901_04-j.pdf
以下一部引用:(サブドレン他水処理施設の状況)9/17〜 地下水のくみ上げを昼間のみの間欠運転から 24 時間連続運転に切り替え。
夜間も汲み上げるということは、汲み上げないと海側遮水壁から汚染水が港湾内に溢水するからか?。浄化設備や一時貯留タンクの容量に余裕はあるのか?。

2016.08.31 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16083001-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160829_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images2/handouts_160831_03-j.pdf
(2016.08.31)の濃度はトリチウム560Bq/Lだそうです。560×1,000×980=548,800,000Bq相当です。これまでの排 水量は178,421t。
すなわち、本日5億4,880万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると941億5,330万Bqにもなるのだ!
(2016.08.30)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,695=237,300,000Bq相当です。これまで の排水量は209,720t。
すなわち、昨日2億3,730万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると332億9,621.3万Bqにもなるのだ!。

2016.08.30 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16082901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images2/handouts_160830_05-j.pdf
(2016.08.30)の濃度はトリチウム550Bq/Lだそうです。550×1,000×986=542,300,000Bq相当です。これまでの排 水量は177,441t。
すなわち、本日5億4,230万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると936億0,450万Bqにもなるのだ!

2016.08.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16082701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1320102_8693.html
(2016.08.28)の濃度はトリチウム510Bq/Lだそうです。510×1,000×976=497,760,000Bq相当です。これまでの排 水量は176,155t。
すなわち、昨日4億9,776万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると930億6,220万Bqにもなるのだ!

2016.08.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16082501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1319903_8693.html
(2016.08.26)の濃度はトリチウム410Bq/Lだそうです。410×1,000×979=401,390,000Bq相当です。これまでの排 水量は175,179t。
すなわち、昨日4億0,139万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると925億6,444万Bqにもなるのだ!

2016.08.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16082401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1319803_8693.html
(2016.08.25)の濃度はトリチウム370Bq/Lだそうです。370×1,000×983=363,710,000Bq相当です。これまでの排 水量は174,200t。
すなわち、昨日3億6,371万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると921億6,305万Bqにもなるのだ!

2016.08.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16082301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images2/handouts_160825_08-j.pdf
(2016.08.24)の濃度はトリチウム390Bq/Lだそうです。390×1,000×970=378,300,000Bq相当です。これまでの排 水量は173,217t。
すなわち、昨日3億7,830万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると917億9,934万Bqにもなるのだ!

2016.08.24 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160822_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16082201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1319201_8693.html
(2016.08.23)の濃度はトリチウム150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,627=244,050,000Bq相当です。これまで の排水量は208,025t。
すなわち、昨日2億4,405万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると330億5,891.3万Bqにもなるのだ!。
(2016.08.23)の濃度はトリチウム410Bq/Lだそうです。410×1,000×716=293,560,000Bq相当です。これまでの排 水量は172,247t。
すなわち、昨日2億9,356万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると914億2,104万Bqにもなるのだ!

2016.08.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16082101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1319003_8693.html
(2016.08.22)の濃度はトリチウム410Bq/Lだそうです。410×1,000×982=402,620,000Bq相当です。これまでの排 水量は171,531t。
すなわち、昨日4億0,262万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると911億2,748万Bqにもなるのだ!

2016.08.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16082001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1318706_8693.html
(2016.08.21)の濃度はトリチウム410Bq/Lだそうです。410×1,000×978=400,980,000Bq相当です。これまでの排 水量は170,549t。
すなわち、昨日4億0,098万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると907億2,486万Bqにもなるのだ!

2016.08.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16081801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1318303_8693.html
(2016.08.19)の濃度はトリチウム420Bq/Lだそうです。420×1,000×977=410,340,000Bq相当です。これまでの排 水量は169,571t。
すなわち、昨日4億1,034万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると903億2,388万Bqにもなるのだ!

2016.08.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16081701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1318101_8693.html
(2016.08.18)の濃度はトリチウム410Bq/Lだそうです。410×1,000×963=394,830,000Bq相当です。これまでの排 水量は168,594t。
すなわち、昨日3億9,483万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると899億1,354万Bqにもなるのだ!

2016.08.17 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16081601-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160815_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1317702_8693.html
(2016.08.17)の濃度はトリチウム380Bq/Lだそうです。380×1,000×597=226,860,000Bq相当です。これまでの排 水量は167,631t。
すなわち、本日2億2,686万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると895億1,871万Bqにもなるのだ!
(2016.08.16)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,650=231,000,000Bq相当です。これまで の排水量は206,398t。
すなわち、昨日2億3,100万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると328億1,486.3万Bqにもなるのだ!。

2016.08.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16081501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1317401_8693.html
(2016.08.16)の濃度はトリチウム370Bq/Lだそうです。370×1,000×611=226,070,000Bq相当です。これまでの排 水量は167,034t。
すなわち、本日2億2,607万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると892億9,185万Bqにもなるのだ!

2016.08.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16081201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1316803_8693.html
(2016.08.13)の濃度はトリチウム360Bq/Lだそうです。360×1,000×574=206,640,000Bq相当です。これまでの排 水量は166,423t。
すなわち、本日2億0,664万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると890億6,578万Bqにもなるのだ!

2016.08.12 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16081101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1316604_8693.html
(2016.08.12)の濃度はトリチウム340Bq/Lだそうです。340×1,000×395=134,300,000Bq相当です。これまでの排 水量は165,849t。
すなわち、本日1億3,430万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると888億5,914万Bqにもなるのだ!

2016.08.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16081001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1316506_8693.html
(2016.08.11)の濃度はトリチウム340Bq/Lだそうです。340×1,000×600=204,000,000Bq相当です。これまでの排 水量は165,454t。
すなわち、本日2億0,400万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると887億2,484万Bqにもなるのだ!

2016.08.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16080901-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160808_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1316353_8693.html
(2016.08.10)の濃度はトリチウム360Bq/Lだそうです。360×1,000×596=214,560,000Bq相当です。これまでの排 水量は164,854t。
すなわち、本日2億1,456万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると885億2,084万Bqにもなるのだ!
(2016.08.09)の濃度はトリチウム190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,586=301,340,000Bq相当です。これまで の排水量は204,748t。
すなわち、昨日3億0,134万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると325億8,386.3万Bqにもなるのだ!。

2016.08.09 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16080801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1316102_8693.html
(2016.08.09)の濃度はトリチウム380Bq/Lだそうです。380×1,000×582=221,160,000Bq相当です。これまでの排 水量は164,258t。
すなわち、本日2億2,116万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると883億0,628万Bqにもなるのだ!

2016.08.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16080601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1315901_8693.html
(2016.08.07)の濃度はトリチウム360Bq/Lだそうです。360×1,000×596=214,560,000Bq相当です。これまでの排 水量は163,676t。
すなわち、昨日2億1,456万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると880億8,512万Bqにもなるのだ!

2016.08.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16080401-j.pdf

福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1315503_8693.html
(2016.08.05)の濃度はトリチウム350Bq/Lだそうです。350×1,000×409=143,150,000Bq相当です。これまでの排 水量は163,080t。
すなわち、本日1億4,315万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると878億7,056万Bqにもなるのだ!

2016.08.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16080301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1315392_8693.html
(2016.08.04)の濃度はトリチウム380Bq/Lだそうです。380×1,000×436=165,680,000Bq相当です。これまでの排 水量は162,671t。
すなわち、本日1億6,568万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると877億2,741万Bqにもなるのだ!
本日(2016.08.04)サブドレン等 と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は1200億Bq超となりました。

2016.08.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16080201-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160801_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1315369_8693.html
(2016.08.03)の濃度はトリチウム380Bq/Lだそうです。380×1,000×573=217,740,000Bq相当です。これまでの排 水量は162,235t。
すなわち、本日2億1,774万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると875億6,173万Bqにもなるのだ!
(2016.08.02)の濃度はトリチウム200Bq/Lだそうです。200×1,000×1,607=321,400,000Bq相当です。これまで の排水量は203,162t。
すなわち、昨日3億2,140万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると322億8,252.3万Bqにもなるのだ!。

2016.08.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16080101-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16073101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images2/handouts_160802_03-j.pdf
(2016.08.02)の濃度はトリチウム380Bq/Lだそうです。380×1,000×584=221,920,000Bq相当です。これまでの排 水量は161,662t。
すなわち、本日2億2,192万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると873億4,399万Bqにもなるのだ!
(2016.08.01)の濃度はトリチ360Bq/Lだそうです。360×1,000×935=336,600,000Bq相当です。これまでの排水量 は161,078t。
すなわち、昨日3億3,660万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると871億2,207万Bqにもなるのだ!

2016.08.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16073001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1315051_8693.html
(2016.07.31)の濃度はトリチウム360Bq/Lだそうです。360×1,000×971=291,300,000Bq相当です。これまでの排 水量は160,143t。
すなわち、昨日2億9,130万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると867億8,547万Bqにもなるのだ!

2016.07.31 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16072901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1314551_8693.html
(2016.07.30)の濃度はトリチウム300Bq/Lだそうです。300×1,000×813=243,900,000Bq相当です。これまでの排 水量は159,172t。
すなわち、昨日2億4,390万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると864億9,417万Bqにもなるのだ!

2016.07.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16072701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1314102_8693.html
(2016.07.28)の濃度はトリチウム320Bq/Lだそうです。320×1,000×772=247,040,000Bq相当です。これまでの排 水量は158,359t。
すなわち、昨日2億4,704万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると862億5,027万Bqにもなるのだ!

2016.07.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16072601-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160725_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1312451_8693.html
(2016.07.27)の濃度はトリチウム390Bq/Lだそうです。390×1,000×530=206,700,000Bq相当です。これまでの排 水量は157,587t。
すなわち、本日2億0,670万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると860億0,323万Bqにもなるのだ!
(2016.07.25)の濃度はトリチウム200Bq/Lだそうです。200×1,000×1,634=326,800,000Bq相当です。これまで の排水量は201,555t。
すなわち、昨日3億2,680万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると319億6,112.3万Bqにもなるのだ!。

2016.07.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16072501-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16072401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1312101_8693.html
(2016.07.26)の濃度はトリチウム390Bq/Lだそうです。390×1,000×537=209,430,000Bq相当です。これまでの排 水量は157,057t。
すなわち、本日2億0,943万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると857億9,653万Bqにもなるのだ!
(2016.07.25)の濃度はトリチ410Bq/Lだそうです。410×1,000×557=228,370,000Bq相当です。これまでの排水量 は156,520t。
すなわち、昨日2億2,837万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると855億8,710万Bqにもなるのだ!

2016.07.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16072201-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16072101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1310951_8693.html
(2016.07.23)の濃度はトリチウム410Bq/Lだそうです。410×1,000×562=230,420,000Bq相当です。これまでの排 水量は156,525t。
すなわち、本日2億3,042万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると853億5,873万Bqにもなるのだ!
(2016.07.22)の濃度はトリチウム420Bq/Lだそうです。420×1,000×919=385,980,000Bq相当です。これまでの排 水量 は155,963t。
すなわち、昨日3億8,598万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると851億2,831万Bqにもなるのだ!

2016.07.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16072001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1310751_8693.html
(2016.07.21)の濃度はトリチウム430Bq/Lだそうです。430×1,000×969=416,670,000Bq相当です。これまでの排 水量は155,044t。
すなわち、昨日4億1,667万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると847億4,233万Bqにもなるのだ!

2016.07.21 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16071901-j.pdf

福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1310051_8693.html
(2016.07.20)の濃度はトリチウム480Bq/Lだそうです。480×1,000×918=440,640,000Bq相当です。これまでの排 水量は154,075t。
すなわち、昨日4億4,064万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると843億2,566万Bqにもなるのだ!

2016.07.20 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160718_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1309751_8693.html
(2016.07.19)の濃度はトリチウム200Bq/Lだそうです。200×1,000×1,621=324,200,000Bq相当です。これまで の排水量は199,921t。
すなわち、昨日3億2,420万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると316億3,432.3万Bqにもなるのだ!。

2016.07.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16071701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1309252_8693.html
(2016.07.18)の濃度はトリチウム500Bq/Lだそうです。500×1,000×927=463,500,000Bq相当です。これまでの排 水量 は153,157t。
すなわち、昨日4億6,350万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると838億8,502万Bqにもなるのだ!

2016.07.17 記述
【福島原発告訴団】7・18海の日「これ以上 命の海を汚さないで」集会 http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2016/06/718.html
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16071501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1308801_8693.html
(2016.07.16)の濃度はトリチウム480Bq/Lだそうです。480×1,000×715=343,200,000Bq相当です。これまでの排 水量 は152,230t。
すなわち、昨日3億4,320万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると834億2,152万Bqにもなるのだ!

2016.07.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16071401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1308651_8693.html
(2016.07.15)の濃度はトリチウム530Bq/Lだそうです。530×1,000×910=482,300,000Bq相当です。これまでの排 水量 は151,515t。
すなわち、昨日4億8,230万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると830億7,832万Bqにもなるのだ!

2016.07.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16071301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1308254_8693.html
(2016.07.14)の濃度はトリチウム510Bq/Lだそうです。510×1,000×939=478,890,000Bq相当です。これまでの排 水量 は150,605t。
すなわち、昨日4億7,889万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると825億9,302万Bqにもなるのだ!

2016.07.14 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16071201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1307802_8693.html
(2016.07.13)の濃度はトリチウム550Bq/Lだそうです。550×1,000×621=341,550,000Bq相当です。これまでの排 水量 は149,666t。
すなわち、昨日3億4,155万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると821億1,413万Bqにもなるのだ!

2016.07.13 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160711_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16071101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1307452_8693.html
(2016.07.12)の濃度はトリチウム190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,643=312,170,000Bq相当です。これまで の排水量は198,300t。
すなわち、昨日3億1,217万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると313億1,012.3万Bqにもなるのだ!。
(2016.07.12)の濃度はトリチウム570Bq/Lだそうです。570×1,000×972=554,040,000Bq相当です。これまでの排 水量 は149,045t。
すなわち、昨日5億5,404万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると817億7,258万Bqにもなるのだ!

2016.07.12 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16071001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1306951_8693.html
(2016.07.11)の濃度はトリチウム570Bq/Lだそうです。570×1,000×937=534,090,000Bq相当です。これまでの排 水量 は148,073t。
すなわち、昨日5億3,409万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると812億1,854万Bqにもなるのだ!

2016.07.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16070901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1306352_8693.html
(2016.07.10)の濃度はトリチウム550Bq/Lだそうです。550×1,000×972=534,600,000Bq相当です。これまでの排 水量 は147,136t。
すなわち、昨日5億3,460万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると806億8,445万Bqにもなるのだ!

2016.07.09 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16070701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1305451_8693.html
(2016.07.08)の濃度はトリチウム590Bq/Lだそうです。590×1,000×973=574,070,000Bq相当です。これまでの排 水量 は146,164t。
すなわち、昨日5億7,407万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると801億4,985万Bqにもなるのだ!

2016.07.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16070601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1304954_8693.html
(2016.07.07)の濃度はトリチウム540Bq/Lだそうです。540×1,000×750=405,000,000Bq相当です。これまでの排 水量 は145,191t。
すなわち、昨日4億0,500万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると795億7,578万Bqにもなるのだ!

2016.07.07 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16070501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1304402_8693.html
(2016.07.06)の濃度はトリチウム540Bq/Lだそうです。540×1,000×976=527,040,000Bq相当です。これまでの排 水量 は144,441t。
すなわち、昨日5億2,704万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると791億7,078万Bqにもなるのだ!
昨日(2016.07.06)サブドレン等 と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は1100億Bq超となりました。

2016.07.06 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/bypastank_160704_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1303901_8693.html
(2016.07.05)の濃度はトリチウム190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,560=296,400,000Bq相当です。これまで の排水量は196,657t。
すなわち、昨日2億9,640万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると309億9,795.3万Bqにもなるのだ!。

2016.07.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16070301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1303402_8693.html
(2016.07.04)の濃度はトリチウム540Bq/Lだそうです。540×1,000×977=527,580,000Bq相当です。これまでの排 水量 は143,465t。
すなわち、昨日5億2,758万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると786億4,374万Bqにもなるのだ!

2016.07.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/drain_stank_16070101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1302301_8693.html
(2016.07.02)の濃度はトリチウム550Bq/Lだそうです。550×1,000×730=401,500,000Bq相当です。これまでの排 水量 は142,488t。
すなわち、昨日4億0,150万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると781億1,616万Bqにもなるのだ!

2016.07.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16063001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1302104_8693.html
(2016.07.01)の濃度はトリチウム570Bq/Lだそうです。570×1,000×796=453,720,000Bq相当です。これまでの排 水量 は141,758t。
すなわち、昨日4億5,372万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると777億0,466万Bqにもなるのだ!

2016.06.30 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16062901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160630_04-j.pdf
(2016.06.30)の濃度はトリチウム570Bq/Lだそうです。570×1,000×982=559,740,000Bq相当です。これまでの排 水量 は140,962t。
すなわち、本日5億5,974万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると772億5,094万Bqにもなるのだ!

2016.06.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16062801-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160627_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160629_06-j.pdf
(2016.06.29)の濃度はトリチウム600Bq/Lだそうです。600×1,000×988=592,800,000Bq相当です。これまでの排 水量 は139,980t。
すなわち、本日5億9,280万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると766億9,120万Bq万Bqにもなるのだ!
(2016.06.28)の濃度はトリチウム180Bq/Lだそうです。180×1,000×1,619=291,420,000Bq相当です。これまで の排水量は195,097t。
すなわち、昨日2億9,142万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると307億0,155.3万Bqにもなるのだ!。

2016.06.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16062501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1301157_8693.html
(2016.06.26)の濃度はトリチ570Bq/Lだそうです。570×1,000×983=560,310,000Bq相当です。これまでの排水量 は137,992t。
すなわち昨日5億6,031万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると760億9,840万Bq万Bqにもなるのだ!

2016.06.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16062401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1301006_8693.html
(2016.06.25)の濃度はトリチウム580Bq/Lだそうです。580×1,000×982=569,560,000Bq相当です。これまでの排 水量 は137,009t。
すなわち昨日5億6,956万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると755億3,809万Bq万Bqにもなるのだ!

2016.06.24 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16062301-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16062201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1300910_8693.html
(2016.06.24)の濃度はトリチウム610Bq/Lだそうです。610×1,000×722=440,420,000Bq相当です。これまでの排 水量 は136,027t。
すなわち本日4億4,042万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると749億6,853万Bq万Bqにもなるのだ!
(2016.06.23)の濃度はトリチ560Bq/Lだそうです。560×1,000×777=435,120,000Bq相当です。これまでの排水量 は135,305t。
すなわち昨日4億3,512万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると745億2,811万Bq万Bqにもなるのだ!

2016.06.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16062101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160623_03-j.pdf
(2016.06.22)の濃度はトリチウム580Bq/Lだそうです。580×1,000×984=570,720,000Bq相当です。これまでの排 水量 は134,528t。
すなわち昨日5億7,072万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると740億9,299万Bq万Bqにもなるのだ!

2016.06.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16062001-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160620_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160622_08-j.pdf
(2016.06.21)の濃度はトリチウム490Bq/Lだそうです。490×1,000×978=479,220,000Bq相当です。これまでの排 水量 は133,544t。
すなわち昨日4億7,922万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると735億2,227万Bq万Bqにもなるのだ!
(2016.06.21)の濃度はトリチウム180Bq/Lだそうです。180×1,000×1,545=278,100,000Bq相当です。これまで の排水量は193,478t。
すなわち、昨日2億7,810万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると304億1,013.3万Bqにもなるのだ!。

2016.06.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16061701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1300303_8693.html
(2016.06.18)の濃度はトリチウム560Bq/Lだそうです。560×1,000×804=450,240,000Bq相当です。これまでの排 水量 は132,566t。
すなわち昨日4億5,024万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると730億4,305万Bq万Bqにもなるのだ!

2016.06.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16061601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1300254_8693.html
(2016.06.17)の濃度はトリチウム540Bq/Lだそうです。540×1,000×847=457,380,000Bq相当です。これまでの排 水量 は131,762t。
すなわち昨日4億5,738万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると725億9,281万Bq万Bqにもなるのだ!

2016.06.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16061501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160616_03-j.pdf
(2016.06.16)の濃度はトリチウム550Bq/Lだそうです。550×1,000×449=246,950,000Bq相当です。これまでの排 水量 は130,915t。
すなわち本日2億4,695万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると721億3,543万Bqにもなるのだ!

2016.06.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16061301-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160613_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160615_09-j.pdf
(2016.06.15)の濃度はトリチウム590Bq/Lだそうです。590×1,000×512=302,080,000Bq相当です。これまでの排 水量 は
130,466t
すなわち本日3億0,208万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると718億8,848万Bqにもなるのだ!
(2016.06.14)の濃度はトリチウム190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,506=286,140,000Bq相当です。これまで の排水量は191,933t。
すなわち、昨日2億8,614万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると301億3,203.3万Bqにもなるのだ!。

2016.06.14 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16061301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160614_04-j.pdf
(2016.06.14)の濃度はトリチウム590Bq/Lだそうです。590×1,000×780=460,200,000Bq相当です。これまでの排 水量 は129,954t。
すなわち本日4億6,020万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると715億8,640万Bqにもなるのだ!

2016.06.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16061101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1299753_8693.html
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16060901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1299351_8693.html
(2016.06.12)の濃度はトリチウム600Bq/Lだそうです。600×1,000×808=484,800,000Bq相当です。これまでの排 水量 は129,174t。
すなわち昨日4億8,480万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると711億2,620万Bqにもなるのだ!
(2016.06.10)の濃度はトリチウム610Bq/Lだそうです。610×1,000×539=328,790,000Bq相当です。これまでの排 水量 は128,366t。
すなわち一昨昨日3億2,879万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると706億4,140万Bqにもなるのだ!
一昨昨日(2016.06.10)サブドレ ン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は1000億Bq超となりました。

2016.06.09 記述サブドレ ン等からのトリチウムの外洋放出700億Bq超え
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16060801-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16060702-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1299207_8693.html
(2016.06.09)の濃度はトリチウム650Bq/Lだそうです。650×1,000×563=365,950,000Bq相当です。これまでの排 水量 は127,827t。
すなわち本日3億6,595万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると703億1,261万Bqにもなるのだ!
(2016.06.08)の濃度はトリチウム710Bq/Lだそうです。710×1,000×902=640,420,000Bq相当です。これまでの排 水量 は127,264t。
すなわち昨日6億4,042万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると699億4,666万Bqにもなるのだ!

2016.06.08 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160606_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1299002_8693.html
(2016.06.07)の濃度はトリチウム190Bq/Lだそうです。190× 1,000×1,571=298,490,000Bq相当です。これまでの排水量は190,427t。
すなわち、昨日2億9,849万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると298億4,589.3万Bqにもなるのだ!。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16060601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1299002_8693.html
(2016.06.07)の濃度はトリチウム660Bq/Lだそうです。660×1,000×871=574,860,000Bq相当です。これまでの排 水量 は126,362t。
すなわち昨日5億7,486万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると693億0,624万Bqにもなるのだ!

2016.06.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16060501-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16060401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160606_06-j.pdf
(2016.06.06)の濃度はトリチウム620Bq/Lだそうです。620×1,000×890=551,800,000Bq相当です。これまでの排 水量 は125,491t。
すなわち本日5億5,180万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると687億3,138万Bqにもなるのだ!
(2016.06.05)の濃度はトリチウム600Bq/Lだそうです。600×1,000×919=551,400,000Bq相当です。これまでの排 水量 は124,601t。
すなわち、昨日5億5,140万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると681億7,958万Bqにもなるのだ!

2016.06.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16060201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1297593_8693.html
(2016.06.03)の濃度はトリチ640Bq/Lだそうです。640×1,000×947=606,080,000Bq相当です。これまでの排水量 は123,682t。
すなわち、昨日6億0,608万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると676億2,818万Bqにもなるのだ!

2016.06.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16060101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160603_03-j.pdf
(2016.06.02)の濃度はトリチウム660Bq/Lだそうです。660×1,000×909=599,940,000Bq相当です。これまでの排 水量 は122,735t。
すなわち、昨日5億9,994万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると670億2,210万Bqにもなるのだ!

2016.06.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16053101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160602_04-j.pdf
(2016.06.01)の濃度はトリチウム660Bq/Lだそうです。660×1,000×931=614,460,000Bq相当です。これまでの排 水量 は121,826t。
すなわち、昨日6億1,446万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると664億2,216万Bqにもなるのだ!

2016.06.01 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160530_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160601_10-j.pdf
(2016.05.31)の濃度はトリチウム180Bq/Lだそうです。180×1,000×1,553=279,540,000Bq相当です。これまで の排水量は188,856t。
すなわち、昨日2億7,954万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると295億4,740.3万Bqにもなるのだ!。

2016.05.30 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16052901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160530_05-j.pdf
(2016.05.30)の濃度はトリチウム680Bq/Lだそうです。680×1,000×963=654,840,000Bq相当です。これまでの排 水量 は120,895t。
すなわち、本日6億5,484万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると658億0,770万Bqにもなるのだ!

2016.05.29 記述
福島第1のトリチウム汚染水、処分法巡り新検討会 経産省 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG28H0G_Y6A520C1NNE000/
によると、経済産業省は新たな検討会を6月末までに作り、社会的な影響などを含めて 評価するとのと。この報道は現在まで日本経済新聞だけです。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16052701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1292643_8693.html
(2016.05.28)の濃度はトリチウム710Bq/Lだそうです。710×1,000×971=689,410,000Bq相当です。これまでの排 水量 は119,932t。
すなわち、昨日6億8,941万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると651億5,286万Bqにもなるのだ!

2016.05.27 記述
漁業が死んでしまう」=トリチウム放出に反対−福島県漁連 http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052700923&g=soc
トリチウム水 放出がコスト安 http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055616401.html
経済産業省 トリチウム水タスクフォース(第15回)
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/tritium_tusk/20160527_01.html
トリチウム水タスクフォース報告書(案)平成28年5月27日 トリチウム水タスク フォース
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/tritium_tusk/pdf/160527_03.pdf
参考資料集 http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/tritium_tusk/pdf/160527_04.pdf
以後は 経済産業省 汚染水処理対策委員会 http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku.html#osensuitaisaku_mt での検討か!。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16052601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160527_06-j.pdf
(2016.05.27)の濃度はトリチウム570Bq/Lだそうです。570×1,000×895=510,150,000Bq相当です。これまでの排 水量 は118,961t。
すなわち、本日5億1,015万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると644億6,345万Bqにもなるのだ!

2016.05.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16052501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160526_13-j.pdf
(2016.05.26)の濃度はトリチウム560Bq/Lだそうです。560×1,000×804=450,240,000Bq相当です。これまでの排 水量 は118,066t。
すなわち、本日4億5,024万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると639億5,330万Bqにもなるのだ!

2016.05.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16052401-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160523_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160525_07-j.pdf
(2016.05.25)の濃度はトリチ580Bq/Lだそうです。580×1,000×810=469,800,000Bq相当です。これまでの排水量 は117,262t。
すなわち、本日4億6,980万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると635億0,306万Bqにもなるのだ!
(2016.05.24)の濃度はトリチウム180Bq/Lだそうです。180×1,000×1,581=284,580,000Bq相当です。これまで の排水量は187,303t。
すなわち、昨日2億8,458万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると292億6,786.3万Bqにもなるのだ!。

2016.05.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16052101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160523_05-j.pdf
(2016.05.22)の濃度はトリチウム700Bq/Lだそうです。700×1,000×834=583,800,000Bq相当です。これまでの排 水量 は116,452t。
すなわち、昨日5億8,380万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると630億3,326万Bqにもなるのだ!

2016.05.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16052001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1287843_8693.html
(2016.05.21)の濃度はトリチウム670Bq/Lだそうです。670×1,000×905=606,350,000Bq相当です。これまでの排 水量 は115,618t。
すなわち、昨日6億0,635万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると624億4,946万Bqにもなるのだ!

2016.05.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16051901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160520_04-j.pdf
(2016.05.20)の濃度はトリチウム680Bq/Lだそうです。680×1,000×908=617,440,000Bq相当です。これまでの排 水量 は114,713t。
すなわち、本日6億1,744万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると618億4,311万Bqにもなるのだ!

2016.05.19 記述 サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム 放出量は900億Bq超となりました。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16051801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160519_04-j.pdf
(2016.05.19)の濃度はトリチウム630Bq/Lだそうです。630×1,000×928=584,640,000Bq相当です。これまでの排 水量 は113,805t。
すなわち、本日5億8,464万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると612億2,567万Bqにもなるのだ!

2016.05.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16051701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160518_10-j.pdf
(2016.05.18)の濃度はトリチウム570Bq/Lだそうです。570×1,000×961=547,770,000Bq相当です。これまでの排 水量 は112,877t。
すなわち、本日5億4,777万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると606億4,103万Bqにもなるのだ!

2016.05.17 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160516_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160517_07-j.pdf
(2016.05.17)の濃度はトリチウム160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,614=258,240,000Bq相当です。これまで の排水量は185,722t。
すなわち、本日2億5,824万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると289億8,328.3万Bqにもなるのだ!。

2016.05.16 記述サブドレ ン等からのトリチウムの外洋放出600億Bq超え
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16051501-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16051401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160516_04-j.pdf
(2016.05.16)の濃度はトリチウム610Bq/Lだそうです。610×1,000×909=554,490,000Bq相当です。これまでの排 水量 は111,916t。
すなわち、本日5億5,449万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると600億9,326万Bqにもなるのだ!
(2016.05.15)の濃度はトリチウム610Bq/Lだそうです。610×1,000×917=559,370,000Bq相当です。これまでの排 水量 は111,007t。
すなわち、本日5億5,937万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると595億3,877万Bqにもなるのだ!

2016.05.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16051201-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16051101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160513_04-j.pdf
(2016.05.13)の濃度はトリチウム680Bq/Lだそうです。680×1,000×917=623,560,000Bq相当です。これまでの排 水量 は110,090t。
すなわち、本日6億2,356万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると589億7,940万Bqにもなるのだ!
(2016.05.12)の濃度はトリチウム700Bq/Lだそうです。700×1,000×926=648,200,000Bq相当です。これまでの排 水量 は109,173t。
すなわち、昨日6億4,820万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると583億5,584万Bqにもなるのだ!

2016.05.11 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160509_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1283693_8693.html
(2016.05.10)の濃度はトリチウム170Bq/Lだそうです。170×1,000×1,610=273,700,000Bq相当です。これまで の排水量は184,108t。
すなわち、昨日2億7,370万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると287億0,958.3万Bqにもなるのだ!。

2016.05.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16050801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1283193_8693.html
(2016.05.09)の濃度はトリチウム680Bq/Lだそうです。680×1,000×976=663,680,000Bq相当です。これまでの排 水量 は108,247t。
すなわち、昨日6億6,368万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると577億1,034万Bqにもなるのだ!

2016.05.09 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16050701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1282743_8693.html
(2016.05.08)の濃度はトリチ680Bq/Lだそうです。680×1,000×971=660,280,000Bq相当です。これまでの排水量 は107,271t。
すなわち、昨日6億6,028万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると570億4,666万Bqにもなるのだ!

2016.05.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16050601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1282495_8693.html
(2016.05.07)の濃度はトリチウム670Bq/Lだそうです。670×1,000×828=554,760,000Bq相当です。これまでの排 水量 は
106,300t
すなわち、昨日5億5,476万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると563億8,638万Bqにもなるのだ!

2016.05.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16050401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1282243_8693.html
(2016.05.05)の濃度はトリチウム670Bq/Lだそうです。670×1,000×866=580,220,000Bq相当です。これまでの排 水量 は105,472t。
すなわち、昨日5億8,022万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると558億3,162万Bqにもなるのだ!

2016.05.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16050301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1282096_8693.html
(2016.05.04)の濃度はトリチウム660Bq/Lだそうです。660×1,000×963=635,580,000Bq相当です。これまでの排 水量 は104,606t。
すなわち、昨日6億3,558万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると552億5,140万Bqにもなるのだ!

2016.05.04 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160502_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1282050_8693.html
(2016.05.03)の濃度はトリチウム180Bq/Lだそうです。180×1,000×1,581=284,580,000Bq相当です。これまで の排水量は182,498t。
すなわち、昨日2億8,458万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると284億3,588.3万Bqにもなるのだ!。

2016.05.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16050101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160502_05-j.pdf
(2016.05.02)の濃度はトリチウム730Bq/Lだそうです。730×1,000×838=611,740,000Bq相当です。これまでの排 水量 は103,643t。
すなわち、昨日6億1,174万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると546億1,582万Bqにもなるのだ!

2016.05.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16043001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1281594_8693.html
(2016.05.01)の濃度はトリチウム700Bq/Lだそうです。700×1,000×966=676,200,000Bq相当です。これまでの排 水量 は102,805t。
すなわち、昨日6億7,620万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると540億0,408万Bqにもなるのだ!

2016.05.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16042901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1281199_8693.html
(2016.04.30)の濃度はトリチウム740Bq/Lだそうです。740×1,000×876=648,240,000Bq相当です。これまでの排 水量 は101,839t。
すなわち、昨日6億4,824万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると533億2,788万Bqにもなるのだ!

2016.04.30 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16042801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1281145_8693.html
(2016.04.29)の濃度はトリチウム680Bq/Lだそうです。680×1,000×878=597,040,000Bq相当です。これまでの排 水量 は100,963t。
すなわち、昨日5億9,704万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると526億7,964万Bqにもなるのだ!

2016.04.27 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160425_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160427_09-j.pdf
(2016.04.26)の濃度はトリチウム140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,536=215,040,000Bq相当です。これまで の排水量は180,917t。
すなわち、昨日2億1,504万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると281億5,130.3万Bqにもなるのだ!。

2016.04.25 記述 サ ブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は800億Bq超と なりました。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16042401-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16042301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160425_08-j.pdf
(2016.04.25)の濃度はトリチウム850Bq/Lだそうです。850×1,000×861=731,850,000Bq相当です。これまでの排 水量 は100,085t。
すなわち、本日7億3,185万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると520億8,260万Bqにもなるのだ!
(2016.04.24)の濃度はトリチウム770Bq/Lだそうです。770×1,000×947=729,190,000Bq相当です。これまでの排 水量 は99,224t。
すなわち、昨日7億2,919万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると513億5,075万Bqにもなるのだ!

2016.04.24 記述サブドレ ン等からのトリチウムの外洋放出500億Bq超え
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16042201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1278797_8693.html
(2016.04.23)の濃度はトリチウム740Bq/Lだそうです。740×1,000×936=692,640,000Bq相当です。これまでの排 水量 は98,277t。
すなわち、昨日6億9,264万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると506億2,156万Bqにもなるのだ!

2016.04.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16042101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1278744_8693.html
(2016.04.22)の濃度はトリチウム790Bq/Lだそうです。790×1,000×934=737,860,000Bq相当です。これまでの排 水量 は98,277t。
すなわち、昨日7億3,786万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると499億2,892万Bqにもなるのだ!

2016.04.21 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16041901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1278044_8693.html
(2016.04.20)の濃度はトリチウム720Bq/Lだそうです。720×1,000×910=655,200,000Bq相当です。これまでの排 水量 は97,343t。
すなわち、昨日6億5,520万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると491億9,106万Bqにもなるのだ!

2016.04.19 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160418_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160419_03-j.pdf
(2016.04.19)の濃度はトリチウム180Bq/Lだそうです。180×1,000×1,388=249,840,000Bq相当です。これまで の排水量は179,381t。
すなわち、本日2億4,984万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると279億3,626.3万Bqにもなるのだ!。

2016.04.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16041701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160418_04-j.pdf
(2016.04.18)の濃度はトリチウム740Bq/Lだそうです。740×1,000×931=688,940,000Bq相当です。これまでの排 水量 は96,433t。
すなわち、本日6億8,894万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると485億3,586万Bqにもなるのだ!

2016.04.17 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16041501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1276898_8693.html
(2016.04.16)の濃度はトリチウム760Bq/Lだそうです。760×1,000×802=609,520,000Bq相当です。これまでの排 水量 は95,520t。
すなわち、昨日6億0,952万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると478億4,692万Bqにもなるのだ!

2016.04.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16041401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160415_09-j.pdf
(2016.04.15)の濃度はトリチウム900Bq/Lだそうです。900×1,000×729=656,100,000Bq相当です。これまでの排 水量 は94,718t。
すなわち、本日6億5,610万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると472億3,740万Bqにもなるのだ!

2016.04.14 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16041301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160414_02-j.pdf
(2016.04.14)の濃度はトリチウム830Bq/Lだそうです。830×1,000×701=581,830,000Bq相当です。これまでの排 水量 は93,989t。
すなわち、本日5億8,183万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると465億8,130万Bqにもなるのだ!

2016.04.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16041201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160413_11-j.pdf
(2016.04.13)の濃度はトリチウム950Bq/Lだそうです。950×1,000×729=692,550,000Bq相当です。これまでの排 水量 は93,288t。
すなわち、本日6億9,255万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると459億9,947万Bqにもなるのだ!

2016.04.12 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160411_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160412_08-j.pdf
(2016.04.12)の濃度はトリチウム190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,377=261,630,000Bq相当です。これまで の排水量は177,993t。
すなわち、本日2億6,163万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると276億8,642.3万Bqにもなるのだ!。

2016.04.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16040901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1275695_8693.html
(2016.04.10)の濃度はトリチウム900Bq/Lだそうです。900×1,000×714=642,600,000Bq相当です。これまでの排 水量 は92,361t。
すなわち、昨日6億4,260万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると453億0,692万Bqにもなるのだ!

2016.04.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16040801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1275446_8693.html
(2016.04.09)の濃度はトリチウム1,000Bq/Lだそうです。1,000×1,000×689=689,000,000Bq相当です。これ まで の排水量は91,647t。
すなわち、昨日6億8,900万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると446億6,432万Bqにもなるのだ!

2016.04.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16040701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160408_08-j.pdf
(2016.04.08)の濃度はトリチウム950Bq/Lだそうです。950×1,000×665=631,750,000Bq相当です。これまでの排 水量 は90,958t。
すなわち、本日6億3,175万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると439億7,532万Bqにもなるのだ!

2016.04.07 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16040601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160407_03-j.pdf
(2016.04.07)の濃度はトリチウム1,000Bq/Lだそうです。1,000×1,000×721=721,000,000Bq相当です。これ まで の排水量は90,293t。
すなわち、本日7億2,100万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると433億4,357万Bqにもなるのだ!

2016.04.06 記述 サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム 放出量は700億Bq超となりました。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16040501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160406_08-j.pdf
(2016.04.06)の濃度はトリチウム870Bq/Lだそうです。870×1,000×703=611,610,000Bq相当です。これまでの排 水量 は89,572t。
すなわち、本日6億1,161万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると426億2,257万Bqにもなるのだ!

2016.04.05 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/bypastank_160404_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160405_04-j.pdf
(2016.04.05)の濃度はトリチウム190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,237=235,030,000Bq相当です。これまで の排水量は176,616t。
すなわち、本日2億3,503万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると274億2,479.3万Bqにもなるのだ!。

2016.04.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16040201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1274093_8693.html
(2016.04.03)の濃度はトリチウム920Bq/Lだそうです。920×1,000×719=661,480,000Bq相当です。これまでの排 水量 は88,869t。
すなわち、昨日6億6,148万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると420億1,096万Bqにもなるのだ!

2016.04.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images2/drain_stank_16040101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/press/report/2016/1273799_8693.html
(2016.04.02)の濃度はトリチウム910Bq/Lだそうです。910×1,000×696=633,360,000Bq相当です。これまでの排 水量 は88,150t。
すなわち、昨日6億3,336万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると413億4,948万Bqにもなるのだ!

2016.04.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16033101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160401_04-j.pdf
(2016.04.01)の濃度はトリチウム930Bq/Lだそうです。930×1,000×744=691,920,000Bq相当です。これまでの排 水 量は86,710t。
すなわち、本日6億9,192万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると407億1,612万Bqにもなるのだ!

2016.03.30 記述サブドレ ン等からのトリチウムの外洋放出400億Bq超え
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/bypastank_160328_01-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16032901-j.pdf
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16032801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160330_07-j.pdf
(2016.03.29)の濃度はトリチウムが230Bq/Lだそう です。230×1,000×1,312=301,760,000Bq相当です。これまでの排水量は175,379t。
すなわち、昨日3億0,176万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると271億8,976.3万Bqにもなるのだ!。

(2016.03.30)の濃度はトリチウム860Bq/Lだそうです。860×1,000×807=694,020,000Bq相当です。これまでの排 水 量は86,710t。
すなわち、本日6億9,402万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると400億2,420万Bqにもなるのだ!

(2016.03.29)の濃度はトリチウム920Bq/Lだそうです。920×1,000×843=775,560,000Bq相当です。これまでの排 水 量は85,903t。
すなわち、昨日7億7,556万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると393億3,018万Bqにもなるのだ!

2016.03.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16032701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1271844_7788.html
(2016.03.28)の濃度はトリチウム950Bq/Lだそうです。950×1,000×858=815,100,000Bq相当です。これまでの排 水 量は85,060t。
すなわち、昨日8億1,510万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると385億5,462万Bqにもなるのだ!。

2016.03.28 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16032601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1271593_7788.html
(2016.03.27)の濃度はトリチウム890Bq/Lだそうです。890×1,000×823=732,470,000Bq相当です。これまでの排 水 量は84,202t。
すなわち、昨日4億5,162万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると377億3,952万Bqにもなるのだ!。

2016.03.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16032501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1271383_7788.html
(2016.03.26)の濃度はトリチウム780Bq/Lだそうです。780×1,000×579=451,620,000Bq相当です。これまでの排 水 量は83,379t。
すなわち、本日4億5,162万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると370億0,705万Bqにもなるのだ!。

2016.03.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16032401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160325_07-j.pdf
(2016.03.25)の濃度はトリチウム910Bq/Lだそうです。910×1,000×573=521,430,000Bq相当です。これまでの排 水 量は82,800t。
すなわち、本日5億2,143万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると365億5,543万Bqにもなるのだ!。

2016.03.23 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/bypastank_160321_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1270656_7788.html
(2016.03.22)の濃度はトリチウムムが260Bq/Lだそうです。260×1,000×1,358=353,080,000Bq相当です。これ ま での排水量は174,067t。
すなわち、昨日3億5,308万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると268億8,800.3万Bqにもなるのだ!。

2016.03.21 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16031901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1270448_7788.html
(2016.03.20)の濃度はトリチウム920Bq/Lだそうです。920×1,000×830=763,600,000Bq相当です。これまでの排 水 量は82,227t。
すなわち、昨日7億6,360万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると360億7,400万Bq万Bqにもなるのだ!。

2016.03.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16031801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1270395_7788.html
(2016.03.19)の濃度はトリチウム990Bq/Lだそうです。990×1,000×867=858,330,000Bq相当です。これまでの排 水 量は81,397t。
すなわち、昨日8億5,833万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると353億1,040万Bqにもなるのだ!。

2016.03.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16031701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1270352_7788.html
(2016.03.18)の濃度はトリチウム790Bq/Lだそうです。790×1,000×824=650,960,000Bq相当です。これまでの排 水 量は80,530t。
すなわち、昨日6億5,096万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると344億5,207万Bqにもなるのだ!。

2016.03.18 記述 17日のサブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は600億Bq 超となりました。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16031601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1270255_7788.html
(2016.03.17)の濃度はトリチウム850Bq/Lだそうです。850×1,000×825=701,250,000Bq相当です。これまでの排 水 量は79,706t。
すなわち、昨日7億0,125万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると338億0,111万Bqにもなるのだ!。

2016.03.16 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/bypastank_160314_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1270053_7788.html
(2016.03.15)の濃度はトリチウムが210Bq/Lだそうです。210×1,000×1,455=305,550,000Bq相当です。これま での排水量は172,709t。
すなわち、昨日3億0,555万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると265億3,492.3万Bqにもなるのだ!。

2016.03.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16031301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1269952_7788.html
(2016.03.14)の濃度はトリチウム760Bq/Lだそうです。760×1,000×843=640,680,000Bq相当です。これまでの排 水 量は78,881t。
すなわち、昨日6億4,068万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると330億9,986万Bqにもなるのだ!。

2016.03.14 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16031201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1269918_7788.html
(2016.03.13)の濃度はトリチウム810Bq/Lだそうです。810×1,000×856=693,360,000Bq相当です。これまでの排 水 量は78,038t。
すなわち、昨日6億9,336万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると324億5,918万Bqにもなるのだ!。

2016.03.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16031101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1269853_7788.html
(2016.03.12)の濃度はトリチウム760Bq/Lだそうです。760×1,000×761=578,360,000Bq相当です。これまでの排 水 量は77,182t。
すなわち、昨日5億7,836万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると317億6,582万Bqにもなるのだ!。

2016.03.12 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16031001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1269795_7788.html
(2016.03.11)の濃度はトリチウム750Bq/Lだそうです。750×1,000×827=620,250,000Bq相当です。これまでの排 水 量は76,421t。
すなわち、昨日6億2,025万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると311億8,746万Bqにもなるのだ!。

2016.03.11 記述サブドレ ン等からのトリチウムの外洋放出300億Bq超え
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16030901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1269697_7788.html
(2016.03.10)の濃度はトリチウム680Bq/Lだそうです。680×1,000×857=582,760,000Bq相当です。これまでの排 水 量は75,594t。
すなわち、昨日5億8,276万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると305億6,721万Bqにもなるのだ!。

2016.03.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16030801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1268793_7788.html
(2016.03.09)の濃度はトリチウム690Bq/Lだそうです。690×1,000×845=583,050,000Bq相当です。これまでの排 水 量は74,737t。
すなわち、昨日5億8,305万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると299億8,445万Bqにもなるのだ!。

2016.03.09 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/bypastank_160307_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1268705_7788.html
(2016.03.08)の濃度はトリチウムが200Bq/Lだそうです。200×1,000×1,618=323,600,000Bq相当です。これま での排水量は171,254t。
すなわち、昨日3億2,360万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると262億2,937.3万Bqにもなるのだ!。

2016.03.07 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16030501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1268558_7788.html
(2016.03.06)の濃度はトリチウム660Bq/Lだそうです。660×1,000×796=525,360,000Bq相当です。これまでの排 水 量は73,892t。
すなわち、昨日5億2,536万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると294億0,140万Bqにもなるのだ!。

2016.03.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16030401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1268547_7788.html
(2016.03.05)の濃度はトリチウム760Bq/Lだそうです。760×1,000×812=617,120,000Bq相当です。これまでの排 水 量は73,096t。
すなわち、昨日6億1,712万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると288億7,604万Bqにもなるのだ!。

2016.03.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16030301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1268495_7788.html
(2016.03.04)の濃度はトリチウム570Bq/Lだそうです。570×1,000×859=489,630,000Bq相当です。これまでの排 水 量は72,284t。
すなわち、昨日4億8,963万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると282億5,892万Bqにもなるのだ!。

2016.03.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16030101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1268349_7788.html
(2016.03.02)の濃度はトリチウム610Bq/Lだそうです。610× 1,000×922=562,420,000Bq相当です。これまでの排水量は71,425t。
すなわち、昨日5億6,242万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると277億6,929万Bqにもなるのだ!

2016.03.02 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/bypastank_160229_01-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1268293_7788.html
(2016.03.01)の濃度はトリチウムが220Bq/Lだそうです。220× 1,000×1,287=283,140,000Bq相当です。これま での排水量は169,636t。
すなわち、昨日2億8,314万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると259億0,577.3万Bqにもなるのだ!。

2016.02.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16022701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1268150_7788.html
(2016.02.28)の濃度はトリチウ690Bq/Lだそうです。690× 1,000×900=621,000,000Bq相当です。これまでの排水量は70,503t。
すなわち、昨日6億1,410万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると272億0,687万Bqにもなるのだ!

2016.02.28 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16022601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1268096_7788.html
(2016.02.27)の濃度はトリチウ690Bq/Lだそうです。690× 1,000×890=614,100,000Bq相当です。これまでの排水量は69,603t。
すなわち、昨日6億1,410万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると265億8,587万Bqにもなるのだ!

2016.02.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16022501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1268048_7788.html
(2016.02.26)の濃度はトリチウ640Bq/Lだそうです。640×1,000×930=595,200,000Bq相当です。これまでの排水 量は68,713t。
すなわち、昨日5億9,520万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると259億7,177万Bqにもなるのだ!

2016.02.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16022401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1268018_7788.html
(2016.02.25)の濃度はトリチウ750Bq/Lだそうです。750×1,000×713=534,750,000Bq相当です。これまでの排水 量は67,783t。
すなわち、昨日5億3,475万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると253億7,657万Bqにもなるのだ!

2016.02.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16022301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1267698_7788.html
(2016.02.24)の濃度はトリチウ670Bq/Lだそうです。670×1,000×683=457,610,000Bq相当です。これまでの排水 量は67,070t。
すなわち、昨日4億5,761万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると248億4,182万Bqにもなるのだ!

2016.02.23 記述 21 日のサブドレン等と本日の地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は500億Bq超と なりました。
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1267606_7738.html
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1267597_7738.html
(2016.02.23)の濃度はトリチウムが190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,587=301,530,000Bq相当です。これま での排水量は168,349t。
すなわち、本日3億0,153万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると256億2,263.3万Bqにもなるのだ!。

2016.02.21 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16022001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1267502_7788.html
(2016.02.21)の濃度はトリチウ700Bq/Lだそうです。700×1,000×617=431,900,000Bq相当です。これまでの排水 量は66,387t。
すなわち、本日4億3,190万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると243億8,421万Bqにもなるのだ!

2016.02.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16021901-j.pdf
(2016.02.20)の濃度はトリチウ720Bq/Lだそうです。720×1,000×650=468,000,000Bq相当です。これまでの排水 量は65,770t。
すなわち、本日4億6,800万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると239億5,231万Bqにもなるのだ!
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16021801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1267497_7788.html
(2016.02.19)の濃度はトリチウ770Bq/Lだそうです。770×1,000×661=508,970,000Bq相当です。これまでの排水 量は65,120t。
すなわち、昨日5億0,897万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると234億8,431万Bqにもなるのだ!

2016.02.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16021701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1267450_7788.html
(2016.02.18)の濃度はトリチウ530Bq/Lだそうです。530×1,000×703=372,590,000Bq相当です。これまでの排水 量は64,459t。
すなわち、昨日3億7,259万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると229億7,534万Bqにもなるのだ!

2016.02.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16021601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1267401_7788.html
(2016.02.17)の濃度はトリチウム660Bq/Lだそうです。660×1,000×805=531,300,000Bq相当です。これまでの排 水量は63,756t。
すなわち、昨日5億3,130万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると226億0,275万Bqにもなるのだ!

2016.02.16 記述
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1267302_7738.html
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1267296_7738.html
(2016.02.16)の濃度はトリチウムが180Bq/Lだそうです。180×1,000×1,445=260,100,000Bq相当です。これま での排水量は166,762t。
すなわち、本日2億6,010万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると253億2,477.3万Bqにもなるのだ!。

2016.02.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16021301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1267259_7788.html
(2016.02.14)の濃度はトリチウム620Bq/Lだそうです。620×1,000×818=507,160,000Bq相当です。これまでの排 水量は62,951t。
すなわち、昨日5億0,716万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると220億7,145万Bqにもなるのだ!

2016.02.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16021101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1267195_7788.html
(2016.02.12)の濃度はトリチウム570Bq/Lだそうです。570×1,000×678=386,460,000Bq相当です。これまでの排 水量は62,133t。
すなわち、昨日3億8,646万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると215億6,429万Bqにもなるのだ!

2016.02.12 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16021001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1267148_7788.html
(2016.02.11)の濃度はトリチウム500Bq/Lだそうです。500× 1,000×727=363,500,000Bq相当です。これまでの排水量は61,455t。
すなわち、昨日3億6,350万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると211億7,783万Bqにもなるのだ!

2016.02.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16020901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1267095_7788.html
(2016.02.10)の濃度はトリチウム580Bq/Lだそうです。580× 1,000×816=473,280,000Bq相当です。これまでの排水量は60,728t。
すなわち、昨日4億7,328万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると208億1,433万Bqにもなるのだ!

2016.02.09 記述サブドレ ン等からのトリチウムの外洋放出200億Bq超え
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1267018_7738.html
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1267001_7738.html
(2016.02.09)の濃度はトリチウムが150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,532=229,800,000Bq相当です。これま での排水量は165,317t。
すなわち、本日2億2,798万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると250億6,467.3万Bqにもなるのだ!。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16020701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1267007_7788.html
(2016.02.08)の濃度はトリチウム580Bq/Lだそうです。580×1,000×766=444,280,000Bq相当です。これまでの排 水量は59,912t。
すなわち、昨日4億4,428万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると203億4,105万Bqにもなるのだ!

2016.02.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16020601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266946_7788.html
(2016.02.07)の濃度はトリチウムが610Bq/Lだそうです。610×1,000×770=469,700,000Bq相当です。これまでの 排水量は59,146t。
すなわち、昨日4億6,970万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると198億9,677万Bqにもなるのだ!

2016.02.07 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16020501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266897_7788.html
(2016.02.06)の濃度はトリチウムが480Bq/Lだそうです。480×1,000×794=381,120,000Bq相当です。これまでの 排水量は58,376t。
すなわち、昨日3億8,112万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると194億2,707万Bqにもなるのだ!

2016.02.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16020301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266801_7788.html
(2016.02.04)の濃度はトリチウムが480Bq/Lだそうです。480×1,000×797=382,560,000Bq相当です。これまでの 排水量は57,582t。
すなわち、昨日3億8,256万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると190億4,595万Bqにもなるのだ!

2016.02.03 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16020201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160203_09-j.pdf
(2016.02.03)の濃度はトリチウムが440Bq/Lだそうです。440×1,000×838=368,720,000Bq相当です。これまでの 排水量は56,785t。
すなわち、本日3億6,872万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると186億6,339万Bqにもなるのだ!
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1266650_7738.html
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1266596_7738.html
(2016.02.02)の濃度はトリチウムが130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,248=162,240,000Bq相当です。これま での排水量は163,785t。
すなわち、昨日1億6,224万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると 248億3,669.3万Bqにもなるのだ!。

2016.02.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16013101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266644_7788.html
(2016.02.01)の濃度はトリチウムが450Bq/Lだそうです。450×1,000×936=421,200,000Bq相当です。これまでの 排水量は55,947t。
すなわち、昨日4億2,604万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると182億9,467万Bqにもなるのだ!

2016.01.31 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16013001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266556_7788.html
(2016.01.31)の濃度はトリチウムが410Bq/Lだそうです。410×1,000×628=257,480,000Bq相当です。これまでの 排水量は55,011t。
すなわち、本日2億5,748万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると178億6,863万Bqにもなるのだ!

福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16012901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266556_7788.html
(2016.01.30)の濃度はトリチウムが380Bq/Lだそうです。380×1,000×858=326,040,000Bq相当です。これまでの 排水量は54,383t。
すなわち、昨日3億2,604万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると176億1,115万Bqにもなるのだ!

2016.01.30 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16012801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266545_7788.html
(2016.01.29)の濃度はトリチウムが430Bq/Lだそうです。430×1,000×886=380,980,000Bq相当です。これまでの 排水量は53,525t。
すなわち、昨日3億8,098万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると172億8,511万Bqにもなるのだ!

2016.01.28 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16012601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266468_7788.html
(2016.01.27)の濃度はトリチウムが380Bq/Lだそうです。380×1,000×922=350,360,000Bq相当です。これまでの 排水量は52,639t。
すなわち、昨日3億5,036万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると169億0,413万Bqにもなるのだ!

2016.01.27 記述
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1266456_7738.html
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1266447_7738.html
(2016.01.27)の濃度はトリチウムが130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,827=237,510,000Bq相当です。これま での排水量は162,537t。
すなわち、本日2億3,751万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると246億7,445.3万Bqにもなるのだ!。

2016.01.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16012401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266401_7788.html
(2016.01.25)の濃度はトリチウムが400Bq/Lだそうです。400×1,000×904=361,600,000Bq相当です。これまでの 排水量は51,717t。
すなわち、昨日3億6,160万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると165億5,377万Bqにもなるのだ!

2016.01.24 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16012201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266345_7788.html
(2016.01.23)の濃度はトリチウムが380Bq/Lだそうです。380×1,000×850=323,000,000Bq相当です。これまでの 排水量は50,813t。
すなわち、昨日3億2,300万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると161億9,217万Bqにもなるのだ!

2016.01.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16012101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266298_7788.html
(2016.01.22)の濃度はトリチウムが390Bq/Lだそうです。390×1,000×874=340,860,000Bq相当です。これまでの 排水量は49,963t。
すなわち、昨日3億4,086万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると158億6,917万Bqにもなるのだ!

2016.01.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16012001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266249_7788.html
(2016.01.21)の濃度はトリチウムが430Bq/Lだそうです。430×1,000×924=397,320,000Bq相当です。これまでの 排水量は49,089t。
すなわち、昨日3億9,732万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると155億2,831万Bqにもなるのだ!

2016.01.20 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1266148_7738.html
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1266097_7738.html
(2016.01.20)の濃度はトリチウムが150Bq/Lだそうです。150× 1,000×1,798=269,700,000Bq相当です。これまでの排水量は160,710t。
すなわち、本日2億6,970万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると244億3,694.3万Bqにもなるのだ!。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16011801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266143_7788.html
(2016.01.19)の濃度はトリチウムが260Bq/Lだそうです。260×1,000×765=198,900,000Bq相当です。これまでの 排水量は48,165t。
すなわち、昨日1億9,890万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると151億3,099万Bqにもなるのだ!

2016.01.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16011701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266053_7788.html
(2016.01.18)の濃度はトリチウムが250Bq/Lだそうです。250×1,000×789=197,250,000Bq相当です。これまでの 排水量は47,400t。
すなわち、昨日1億9,725万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると149億3,209万Bqにもなるのだ!

2016.01.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16011601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1266000_7788.html
(2016.01.17)の濃度はトリチウムが260Bq/Lだそうです。260×1,000×802=208,520,000Bq相当です。これまでの 排水量は46,611t。
すなわち、昨日2億0,852万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると147億3,484万Bqにもなるのだ!

2016.01.15 記述
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1265902_7738.html
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1265893_7738.html
(2016.01.15)の濃度はトリチウムが150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,804=270,600,000Bq相当です。これま での排水量は158,912t。
すなわち、本日2億7,060万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると241億6,724.3万Bqにもなるのだ!。

2016.01.14 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16011301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160114_06-j.pdf
(2016.01.14)の濃度はトリチウムが270Bq/Lだそうです。270×1,000×818=220,860,000Bq相当です。これまでの 排水量は45,809tt。
すなわち、本日2億2,086万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると145億2,632万Bqにもなるのだ!

2016.01.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16011101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1265756_7788.html
(2016.01.12)の濃度はトリチウムが270Bq/Lだそうです。270×1,000×853=230,310,000Bq相当です。これまでの 排水量は44,991t。
すなわち、昨日2億3,031万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると143億0,546万Bqにもなるのだ!

2016.01.12 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16011001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1265701_7788.html
(2016.01.11)の濃度はトリチウムが270Bq/Lだそうです。270×1,000×914=246,780,000Bq相当です。これまでの 排水量は44,138t。
すなわち、昨日2億4,678万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると140億7,515万Bqにもなるのだ!

2016.01.11 記述
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1265647_7788.html
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16010901-j.pdf
(2016.01.10)の濃度はトリチウムが270Bq/Lだそうです。270×1,000×958=258,660,000Bq相当です。これまでの 排水量は43,224t。
すなわち、昨日2億5,866万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると138億2,837万Bqにもなるのだ!

2016.01.10 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16010801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1265599_7788.html
(2016.01.09)の濃度はトリチウムが280Bq/Lだそうです。280×1,000×832=232,960,000Bq相当です。これまでの 排水量は42,266t。
すなわち、昨日2億3,296万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると135億6,971万Bqにもなるのだ!

2016.01.06 記述
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1265378_7738.html
報道関係各位一斉メール 2016年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1265000_7738.html
(2016.01.06)の濃度はトリチウムが150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,791=268,650,000Bq相当です。これま での排水量は157,108t。
すなわち、本日2億6,865万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると238億9,664.3万Bqにもなるのだ!。

2016.01.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16010301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images1/handouts_160104_03-j.pdf
(2016.01.04)の濃度はトリチウムが260Bq/Lだそうです。260× 1,000×706=183,560,000Bq相当です。これまでの排水量は41,434t。
すなわち、本日1億8,356万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると133億3,675万Bqにもなるのだ!
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images/drain_stank_16010201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1265263_7788.html
(2016.01.03)の濃度はトリチウムが260Bq/Lだそうです。260×1,000×711=184,860,000Bq相当です。これまでの 排水量は40,728t。
すなわち、昨日1億8,486万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると131億5,319万Bqにもなるのだ!

2016.01.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15123001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2016/1265202_7788.html
(2015.12.31)の濃度はトリチウムが320Bq/Lだそうです。320×1,000×806=257,920,000Bq相当です。これまでの 排水量は40,017t。
すなわち、昨日2億5,792万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると129億6,833万Bqにもなるのだ!

2015.12.30 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15122801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1265105_6869.html
(2015.12.29)の濃度はトリチウムが330Bq/Lだそうです。330×1,000×957=315,810,000Bq相当です。これまでの 排水量は39,211t。
すなわち、昨日3億1,581万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると127億1,041万Bqにもなるのだ!
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/bypastank_151229_01-j.pdf
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1265110_6818.html
(2015.12.30)の濃度はトリチウムが150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,816=272,400,000Bq相当です。これま での排水量は155,317t。
すなわち、本日2億7,240万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると236億2,799.3万Bqにもなるのだ!。

2015.12.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15122501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1264948_6869.html
(2015.12.26)の濃度はトリチウムが300Bq/Lだそうです。300×1,000×960=288,000,000Bq相当です。これまでの 排水量は38,254t。
すなわち、昨日2億8,800万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると123億9,460万Bqにもなるのだ!

2015.12.25 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15122301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151225_04-j.pdf
(2015.12.24)の濃度はトリチウムが270Bq/Lだそうです。270×1,000×873=235,710,000Bq相当です。これまでの 排水量は37,294t。
すなわち、昨日2億3,571万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると121億0,660万Bqにもなるのだ!

2015.12.23 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1264702_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1264696_6818.html
(2015.12.23)の濃度はトリチウムが180Bq/Lだそうです。180×1,000×1,640=295,200,000Bq相当です。これま での排水量は153,501t。
すなわち、本日2億9,520万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると236億5,079.3万Bqにもなるのだ!。

2015.12.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15122001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1264653_6869.html
(2015.12.21)の濃度はトリチウムが260Bq/Lだそうです。260×1,000×955=248,300,000Bq相当です。これまでの 排水量は36,421t。
すなわち、昨日2億4,830万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると118億7,089万Bqにもなるのだ!

2015.12.21 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15121901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151221_03-j.pdf
(2015.12.20)の濃度はトリチウムが250Bq/Lだそうです。250×1,000×957=239,250,000Bq相当です。これまでの 排水量は35,466t。
すなわち、昨日2億3,925万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると116億2,259万Bqにもなるのだ!

2015.12.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15121801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1264555_6869.html
(2015.12.19)の濃度はトリチウムが260Bq/Lだそうです。260×1,000×937=243,620,000Bq相当です。これまでの 排水量は34,509t。
すなわち、昨日2億4,362万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると113億8,334万Bqにもなるのだ!

2015.12.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15121401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151216_05-j.pdf
(2015.12.15)の濃度はトリチウムが280Bq/Lだそうです。280×1,000×962=269,360,000Bq相当です。これまでの 排水量は33,572t。
すなわち、昨日2億6,936万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると111億3,972万Bqにもなるのだ!
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1264415_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1264398_6818.html
(2015.12.16)の濃度はトリチウムが170Bq/Lだそうです。170×1,000×1,769=300,730,000Bq相当です。これま での排水量は151,861t。
すなわち、本日3億0,073万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると233億5,559.3万Bqにもなるのだ!。

2015.12.14 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15121201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151214_04-j.pdf
(2015.12.13)の濃度はトリチウムが270Bq/Lだそうです。270×1,000×951=256,770,000Bq相当です。これまでの 排水量は32,565t。
すなわち、昨日2億5,677万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると108億6,991万Bqにもなるのだ!

2015.12.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15121101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1264245_6869.html
(2015.12.12)の濃度はトリチウムが310Bq/Lだそうです。310×1,000×913=283,030,000Bq相当です。これまでの 排水量は31,614t。
すなわち、昨日2億8,303万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると106億1,314万Bqにもなるのだ!

2015.12.11 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15120901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151211_06-j.pdf
(2015.12.10)の濃度はトリチウムが330Bq/Lだそうです。330×1,000×974=321,420,000Bq相当です。これまでの 排水量は30,701t。
すなわち、昨日3億2,142万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると103億3,011万Bqにもなるのだ!

2015.12.09 記述サブドレ ン等からのトリチウムの外洋放出100億Bq超え
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15120701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1264074_6869.html
(2015.12.08)の濃度はトリチウムが290Bq/Lだそうです。290×1,000×937=271,730,000Bq相当です。これまでの 排水量は29,727t。
すなわち、昨日2億7,173万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると100億0,869万Bqにもなるのだ!
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1264078_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1264061_6818.html
(2015.12.09)の濃度はトリチウムが170Bq/Lだそうです。170×1,000×1,716=291,720,000Bq相当です。これま での排水量は150,092t。
すなわち、本日2億9,172万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると230億5,486.3万Bqにもなるのだ!。

2015.12.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15120401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1264003_6869.html
(2015.12.05)の濃度はトリチウムが330Bq/Lだそうです。330×1,000×734=242,220,000Bq相当です。これまでの 排水量は28,790t。
すなわち、昨日2億4,222万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると97億3,696万Bqにもなるのだ!

2015.12.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15120301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1263996_6869.html
(2015.12.04)の濃度はトリチウムが350Bq/Lだそうです。350×1,000×811=283,850,000Bq相当です。これまでの 排水量は28,056t。
すなわち、昨日2億8,385万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると94億9,474万Bqにもなるのだ!

2015.12.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15120201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151204_12-j.pdf
(2015.12.03)の濃度はトリチウムが310Bq/Lだそうです。310×1,000×989=306,590,000Bq相当です。これまでの 排水量は27,245t。
すなわち、昨日3億0,659万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると92億1,089万Bqにもなるのだ!

2015.12.02 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1263860_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1263848_6818.html
(2015.12.02)の濃度はトリチウムが140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,638=229,320,000Bq相当です。これま での排水量は148,376t。
すなわち、本日2億2,932万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると227億6,314.3万Bqにもなるのだ!。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15113001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151202_08-j.pdf
(2015.12.01)の濃度はトリチウムが290Bq/Lだそうです。290×1,000×821=238,090,000Bq相当です。これまでの 排水量は26,256t。
すなわち、昨日2億3,809万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると89億0,430万Bqにもなるのだ!

2015.11.29 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15112701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1263767_6869.html
(2015.11.28)の濃度はトリチウムが300Bq/Lだそうです。300×1,000×785=235,500,000Bq相当です。これまでの 排水量は25,435t。
すなわち、昨日2億3,550万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると86億6,621万Bqにもなるのだ!

2015.11.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15112501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151126_07-j.pdf
(2015.11.26)の濃度はトリチウムが260Bq/Lだそうです。260×1,000×722=187,720,000Bq相当です。これまでの 排水量は24,650t。
すなわち、本日1億8,772万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると84億3,071万Bqにもなるのだ!

2015.11.25 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1263674_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1263661_6818.html
(2015.11.25)の濃度はトリチウムが160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,523=243,680,000Bq相当です。これま での排水量は146,738t。
すなわち、本日2億4,368万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると225億3,382.3万Bqにもなるのだ!。

2015.11.24 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15112301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151124_05-j.pdf
(2015.11.24)の濃度はトリチウムが280Bq/Lだそうです。280×1,000×758=212,240,000Bq相当です。これまでの 排水量は23,928t。
すなわち、本日2億1,224万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると82億4,299万Bqにもなるのだ!

2015.11.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15112001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1263595_6869.html
(2015.11.21)の濃度はトリチウムが320Bq/Lだそうです。320×1,000×742=237,440,000Bq相当です。これまでの 排水量は23,170t。
すなわち、一昨日2億3,744万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると80億3,075万Bqにもなるのだ!

2015.11.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15111901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151120_06-j.pdf
(2015.11.20)の濃度はトリチウムが290Bq/Lだそうです。290×1,000×684=198,360,000Bq相当です。これまでの 排水量は22,428t。
すなわち、本日1億6,416万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると77億9,331万Bqにもなるのだ!

2015.11.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15111801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151119_07-j.pdf
(2015.11.19)の濃度はトリチウムが270Bq/Lだそうです。270×1,000×608=164,160,000Bq相当です。これまでの 排水量は21,744t。
すなわち、本日1億6,416万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると75億9,495万Bqにもなるのだ!

2015.11.18 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1263458_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1263448_6818.html
(2015.11.18)の濃度はトリチウムが160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,494=239,040,000Bq相当です。これま での排水量は145,215tt。
すなわち、本日2億3,904万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると222億9,014.3万Bqにもなるのだ!。

2015.11.17 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15111501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151116_04-j.pdf
(2015.11.16)の濃度はトリチウムが270Bq/Lだそうです。270×1,000×623=168,210,000Bq相当です。これまでの 排水量は21,136t。
すなわち、昨日1億6,821万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると74億3,079万Bqにもなるのだ!

2015.11.15 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15111301-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1263386_6869.html
(2015.11.14)の濃度はトリチウムが240Bq/Lだそうです。240×1,000×599=143,760,000Bq相当です。これまでの 排水量は20,513t。
すなわち、昨日1億4,376万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると72億6,258万Bqにもなるのだ!

2015.11.13 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15111201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151113_04-j.pdf
(2015.11.13)の濃度はトリチウムが270Bq/Lだそうです。270×1,000×617=166,590,000Bq相当です。これまでの 排水量は19,914t。
すなわち、本日1億6,659万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると71億1,882万Bqにもなるのだ!

2015.11.12 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15111101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151112_08-j.pdf
(2015.11.12)の濃度はトリチウムが260Bq/Lだそうです。260×1,000×649=168,740,000Bq相当です。これまでの 排水量は19,297t。
すなわち、本日1億6,874万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると69億5,223万Bqにもなるのだ!

2015.11.11 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1263293_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1263280_6818.html
(2015.11.11)の濃度はトリチウムが160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,722=275,520,000Bq相当です。これま での排水量は143,721t。
すなわち、本日2億7,552万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると220億5,110.3万Bqにもなるのだ!。

2015.11.09 記述
福 島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15110701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151109_03-j.pdf
(2015.11.08)の濃度はトリチウムが280Bq/Lだそうです。280×1,000×660=184,800,000Bq相当です。これまでの 排水量は18,648t。
すなわち、昨日1億8,480万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると
67億8,349万Bqにもなるのだ!
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15110601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1263188_6869.html
(2015.11.07)の濃度はトリチウムが300Bq/Lだそうです。300×1,000×706=211,800,000Bq相当です。これまでの 排水量は17,988t。
すなわち、本日2億1,180万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると65億9,869万Bqにもなるのだ!

2015.11.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15110501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151106_04-j.pdf
(2015.11.06)の濃度はトリチウムが260Bq/Lだそうです。260×1,000×557=144,820,000Bq相当です。これまでの 排水量は17,282t。
すなわち、本日1億4,482万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると63億8,689万Bqにもなるのだ!

2015.11.04 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1263099_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1263088_6818.html
(2015.11.04)の濃度はトリチウムが180Bq/Lだそうです。180×1,000×1,808=325,440,000Bq相当です。これま での排水量は141,999t。
すなわち、本日3億2,544万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると221億0,102.3万Bqにもなるのだ!。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15110201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151104_06-j.pdf
(2015.11.03)の濃度はトリチウムが310Bq/Lだそうです。310×1,000×630=195,300,000Bq相当です。これまでの 排水量は16,725t。
すなわち、昨日1億9,530万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると62億4,207万Bqにもなるのだ!

2015.11.01 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15103001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1263041_6869.html
(2015.10.31)の濃度はトリチウムが270Bq/Lだそうです。270×1,000×557=150,390,000Bq相当です。これまでの 排水量は16,095t。
すなわち、昨日1億5,039万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると60億4,677万Bqにもなるのだ!

2015.10.30 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15102901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151030_06-j.pdf
(2015.10.30)の濃度はトリチウムが300Bq/Lだそうです。300×1,000×622=186,600,000Bq相当です。これまでの 排水量は15,538t。
すなわち、本日1億8,660万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると58億9,638万Bqにもなるのだ!

2015.10.28 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1262904_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1262885_6818.html
(2015.10.28)の濃度はトリチウムが170Bq/Lだそうです。170×1,000×1,825=310,250,000Bq相当です。これま での排水量は140,191t。
すなわち、本日3億1,025万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると217億7,558.3万Bqにもなるのだ!。

2015.10.27 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15102601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151027_06-j.pdf
(2015.10.27)の濃度はトリチウムが300Bq/Lだそうです。300×1,000×647=194,100,000Bq相当です。これまでの 排水量は14,916t。
すなわち、本日1億9,410万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると57億0,978万Bqにもなるのだ!

2015.10.26 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15102401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151026_05-j.pdf
(2015.10.25)の濃度はトリチウムが300Bq/Lだそうです。300×1,000×693=207,900,000Bq相当です。これまでの 排水量は14,269t。
すなわち、昨日2億0,790万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると55億1,568万Bqにもなるのだ!

2015.10.23 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15102201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151023_05-j.pdf
(2015.10.23)の濃度はトリチウムが290Bq/Lだそうです。290×1,000×736=213,440,000Bq相当です。これまでの 排水量は13,576t。
すなわち、本日3億0,476万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると53億0,778万Bqにもなるのだ!

2015.10.22 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15102101-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151022_06-j.pdf
(2015.10.22)の濃度はトリチウムが380Bq/Lだそうです。380×1,000×802=304,760,000Bq相当です。これまでの 排水量は12,840t。
すなわち、本日3億0,476万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると50億9,434万Bqにもなるのだ!

2015.10.21 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1262748_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1262730_6818.html
(2015.10.21)の濃度はトリチウムが180Bq/Lだそうです。180×1,000×2,006=379,440,000Bq相当です。これま での排水量は138,366t。
すなわち、本日3億6,108万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると218億2,641.3万Bqにもなるのだ!。

2015.10.20 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15101901-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151020_06-j.pdf
(2015.10.20)の濃度はトリチウムが370Bq/Lだそうです。370×1,000×822=304,140,000Bq相当です。これまでの 排水量は12,038t。
すなわち、本日3億0,414万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると47億8,958万Bqにもなるのだ!

2015.10.19 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15101701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151019_03-j.pdf
(2015.10.18)の濃度はトリチウムが350Bq/Lだそうです。350×1,000×800=280,000,000Bq相当です。これまでの 排水量は11,216t。
すなわち、昨日2億8,000万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると44億8,544万Bqにもなるのだ!

2015.10.16 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15101501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151016_10-j.pdf
(2015.10.16)の濃度はトリチウムが360Bq/Lだそうです。360×1,000×905=325,800,000Bq相当です。これまでの 排水量は10,416t。
すなわち、本日3億2,580万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると42億0,544万Bqにもなるのだ!
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15101401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151015_08-j.pdf
(2015.10.15)の濃度はトリチウムが270Bq/Lだそうです。270×1,000×727=196,290,000Bq相当です。これまでの 排水量は9,511t。
すなわち、昨日1億9,629万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると38億7,964万Bqにもなるのだ!

2015.10.14 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1262226_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1262175_6818.html
(2015.10.14)の濃度はトリチウムが180Bq/Lだそうです。180×1,000×2,109=379,440,000Bq相当です。これま での排水量は136,360t。
すなわち、本日3億7,944万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると214億6,533.3万Bqにもなるのだ!。

2015.10.12 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15101001-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1262024_6869.html
(2015.10.11)の濃度はトリチウムが280Bq/Lだそうです。280× 1,000×778=217,840,000Bq相当です。これまでの排水量は8,784t。
すなわち、昨日2億1,784万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これま でを合わせると36億8,335万Bqにもなるのだ!

2015.10.09 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15100801-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151009_07-j.pdf
(2015.10.09)の濃度はトリチウムが300Bq/Lだそうです。300×1,000×833=249,900,000Bq相当です。これまでの 排水量は8,006t。
すなわち、本日2億4,990万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると34億6,551万Bqにもなるのだ!

2015.10.08 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15100701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151008_07-j.pdf
(2015.10.08)の濃度はトリチウムが320Bq/Lだそうです。320×1,000×652=208,640,000Bq相当です。これまでの 排水量は7,173t。
すなわち、本日2億0,864万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると32億1,561万Bqにもなるのだ!。

2015.10.07 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1261790_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1261773_6818.html
(2015.10.07)の濃度はトリチウムが140Bq/Lだそうです。140×1,000×2,115=296,100,000Bq相当です。これま での排水量は136,360t。
すなわち、本日2億9,610万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると213億8,199.3万Bqにもなるのだ!。

2015.10.06 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15100501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151006_05-j.pdf
(2015.10.06)の濃度はトリチウムが330Bq/Lだそうです。330×1,000×451=148,830,000Bq相当です。これまでの 排水量は6,512t。
すなわち、本日1億4,883万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると30億0,697万Bqにもなるのだ!。

2015.10.05 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15100401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151005_07-j.pdf
(2015.10.05)の濃度はトリチウムが380Bq/Lだそうです。380×1,000×727=276,260,000Bq相当です。これまでの 排水量は6,070t。
すなわち、本日2億7,626万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると28億6,814万Bqにもなるのだ!。

2015.10.04 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15100201-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
http://www.tepco.co.jp/nu-news/2015/1261473_6869.html
(2015.10.03)の濃度はトリチウムが500Bq/Lだそうです。500×1,000×532=266,000,000Bq相当です。これまでの 排水量は5,343t。
すなわち、昨日2億6,600万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると25億9,188万Bqにもなるのだ!。

2015.10.02 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の詳細分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15100102-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151002_06-j.pdf
(2015.10.02)の濃度はトリチウムが490Bq/Lだそうです。490×1,000×786=385,140,000Bq相当です。これまでの 排水量は4,811t。
すなわち、本日3億8,514万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると23億2,588万Bqにもなるのだ!。

2015.10.01 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1261324_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1261289_6818.html
(2015.09.30)の濃度はトリチウムが180Bq/Lだそうです。180×1,000×2,003=360,540,000Bq相当です。これま での排水量は134,245t。
すなわち、昨日3億6,054万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると210億8,589.3万Bqにもなるのだ!。

2015.09.28 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15092501-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_150928_04-j.pdf
(2015.09.28)の濃度はトリチウムが510Bq/Lだそうです。510×1,000×715=364,650,000Bq相当です。これまでの 排水量は4,025t。
すなわち、本日3億6,465万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると19億4,074万Bqにもなるのだ!。

2015.09.24 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1260678_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1260672_6818.html
(2015.09.23)の濃度はトリチウムが160Bq/Lだそうです。160×1,000×2,236=357,760,000Bq相当です。これま での排水量は132,242t。
すなわち、昨日3億5,776万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると207億2,535.3万Bqにもなるのだ!。

2015.09.18 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15091701-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_150918_09-j.pdf
(2015.09.18)の濃度はトリチウムが480Bq/Lだそうです。480×1,000×799=383,520,000Bq相当です。これまでの 排水量は3,310t。
すなわち、本日3億8,352万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると15億7,609万Bqにもなるのだ!。

2015.09.17 記述
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15091601-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_150917_09-j.pdf
(2015.09.17)の濃度はトリチウムが600Bq/Lだそうです。600×1,000×856=513,600,000Bq相当です。これまでの 排水量は2,511t。
すなわち、本日5億1,360万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると11億9,257万Bqにもなるのだ!。

2015.09.16 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1260237_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1260226_6818.html
(2015.09.16)の濃度はトリチウムが140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,583=221,620,000Bq相当です。これま での排水量は130,006t。
すなわち、本日2億2,162万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると203億6,759.3万Bqにもなるのだ!。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_stank_15091401-j.pdf
福島第一原子力発電所の状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_150915_08-j.pdf
(2015.09.15)の濃度はトリチウムが390Bq/Lだそうです。390×1,000×817=318,630,000Bq相当です。これまでの 排水量は1,655t。
すなわち、昨日3億1,863万Bqの危険なトリチウムを海洋へ放出した!、これまでを合わせると6億7,897万Bqにもなるのだ!。

2015.09.14 記述サブドレン等放出開始
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 サブドレン他水処理施設の一時貯水タンクからの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1259973_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 サブドレン他水処理施設の一時貯水タンクからの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1259923_6818.html
(2015.09.14)の濃度はトリチウムが430Bq/Lだそうです。430×1,000×838=360,340,000Bq相当です。これまでの 排水量は838t。
すなわち、本日3億6,034万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると3億6,034万Bqにもなるのだ!。
サブドレン等放出場所 Googleマップ
https://goo.gl/WKzyPy

2015.09.09 記述
【地下水バイパス問題】 福島第一原発 トリチウムの外洋放出200億Bq超え
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1259693_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1259675_6818.html
(2015.09.09)の濃度はトリチウムが130Bq/Lだそうです。130×1,000×2,095=272,350,000Bq相当です。これま での排水量は128,423t。
すなわち、本日2億7,235万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると201億4,597.3万Bqにもなるのだ!。

2015.09.02 記述
東京電力 報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 サブドレン他水処理施設の運用開始について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1259086_6818.html
東京電力 2015年9月2日 海洋汚染をより確実に防止するための取り組み(PDF 3.53MB)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_150902_07-j.pdf
トリチウムは浄化分離しないので直接的には港湾内だが、最終的には全量海洋へ放出さ れることになる!。トリチウムは330〜600Bq/Lと地下水バイパスの
実績に
比べても高い濃度となっている。国と東電は環境権を持つ市民へ の説明責任を果たせ!。
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1259027_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1258976_6818.html
(2015.09.01)の濃度はトリチウムが140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,875=262,500,000Bq相当です。これま での排水量は126,328t。
すなわち、昨日2億6,250万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると198億7,362.3万Bqにもなるのだ!。

2015.08.27 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1258578_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1258520_6818.html
(2015.08.26)の濃度はトリチウムが130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,944=252,720,000Bq相当です。これま での排水量は124,453t。
すなわち、昨日2億5,272万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると196億1,112.3万Bqにもなるのだ!。

2015.08.17 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1257629_6818.html

報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1257622_6818.html
(2015.08.17)の濃度はトリチウムが130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,947=253,110,000Bq相当です。これま での排水量は122,509t。
すなわち、本日2億5,311万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると193億5,840.3万Bqにもなるのだ!。

2015.08.10 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1257127_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1257122_6818.html
(2015.08.09)の濃度はトリチウムが130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,969=255,970,000Bq相当です。これま での排水量は120,562t。
すなわち、昨日2億5,597万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると191億0,529.3万Bqにもなるのだ!。

2015.08.02 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1256574_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1256524_6818.html
(2015.08.01)の濃度はトリチウムが86Bq/Lだそうです。86×1,000×1,747=150,242,000Bq相当です。これまでの 排水量は118,593t。
すなわち、昨日1億5,024.2万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると188億4,932.3万Bqにもなるのだ!。

2015.07.24 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1255874_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1255774_6818.html
(2015.07.24)の濃度はトリチウムが64Bq/Lだそうです。64×1,000×1,677=107,328,000Bq相当です。これまでの 排水量は116,846t。
すなわち、本日1億0,732.8万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると186億9,908.1万Bqにもなるのだ!。


2015.07.20 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス揚水井No.10のくみ上げ再開について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1255427_6818.html
以下上記より一部引用
地下水バイパス揚水井No.10については、トリチウム濃度が運用目標値(1,500Bq/L)を超えていたことから、くみ上げを2015年6月30日に 一旦停止し、週2回の傾向監視を
継続しておりました。
7月17日採水分の当該揚水井のトリチウム濃度は1,900Bq/Lであり、本日(7月18日)、あらかじめ定めていた対応にもとづき、一時貯留タンクに 対する評価を実施した結
果、運用目標値を満足すると評価しました。今回の評価結果から、同日午後4時9分からくみ上げを再開し、同日午後4時12分、漏えいなど異常がないことを 確認しました。
引用終わり

2015.07.16 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1255230_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1255222_6818.html
(2015.07.16)の濃度はトリチウムが110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,239=119,601,000Bq相当です。これま での排水量は115,169t。
すなわち、本日1億3,629万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると185億9,175.3万Bqにもなるのだ!。

2015.07.08 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1254677_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1254625_6818.html
(2015.07.08)の濃度はトリチウムが97Bq/Lだそうです。97×1,000×1,233=119,601,000Bq相当です。これまでの 排水量は113,930t。
すなわち、本日1億1,960.1万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると184億5,546.3万Bqにもなるのだ!。

2015.06.30 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1253972_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1253920_6818.html
(2015.06.30)の濃度はトリチウムが110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,165=128,150,000Bq相当です。これま での排水量は112,697t。
すなわち、本日1億2,815万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると183億3,586.2万Bqにもなるのだ!。

2015.06.24 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1253282_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1253278_6818.html
(2015.06.24)の濃度はトリチウムが88Bq/Lだそうです。88×1,000×1,229=108,152,000Bq相当です。これまでの 排水量は111,532t。
すなわち、本日1億0,815.2万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると182億0,771.2万Bqにもなるのだ!。

2015.06.18 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1252822_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1252770_6818.html
(2015.06.18)の濃度はトリチウムが83Bq/Lだそうです。83×1,000×1,258=109,908,000Bq相当です。これまでの 排水量は110,303t。
すなわち、本日1億0,441.4万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると180億9,956万Bqにもなるのだ!。

2015.06.13 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1252378_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1252371_6818.html
(2015.06.12)の濃度はトリチウムが86Bq/Lだそうです。86×1,000×1,278=109,908,000Bq相当です。これまでの 排水量は109,045t。
すなわち、昨日1億0,990.8万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると179億9,514.6万Bqにもなるのだ!。

2015.06.07 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251727_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251722_6818.html
(2015.06.06)の濃度はトリチウムが100Bq/Lだそうです。100×1,000×1,322=132,200,000Bq相当です。これま での排水量は107,767t。
すなわち、昨日1億3,220万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると178億8,523.8万Bqにもなるのだ!。

2015.06.02 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251376_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251372_6818.html
(2015.05.31)の濃度はトリチウムが91Bq/Lだそうです。91×1,000×1,450=131,950,000Bq相当です。これまでの 排水量は106,445t。
すなわち、一昨日1億3,195万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると177億1,523.8万Bqにもなるのだ!。

2015.05.25 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251012_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251006_6818.html
(2015.05.25)の濃度はトリチウムが91Bq/Lだそうです。91×1,000×1,463=133,133,000Bq相当です。これまでの 排水量は104,995t。
すなわち、本日1億3,313.3万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると175億8,328.8万Bqにもなるのだ!。

2015.05.21 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1250918_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1250909_6818.html
(2015.05.19)の濃度はトリチウムが96Bq/Lだそうです。96× 1,000×1,748=167,808,000Bq相当です。これまでの排水量は103,532t。
すなわち、一昨日1億6,780.8万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、 これまでを合わせると174億5,015.5万Bqにもなるのだ!。

2015.05.14 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1250633_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1250618_6818.html
(2015.05.13)の濃度はトリチウムが110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,758=193,380,000Bq相当です。これま での排水量は101,784t。
すなわち、昨日1億9,338万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると172億8,234.7万Bqにもなるのだ!。

2015.05.07 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1250417_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1250411_6818.html
(2015.05.07)の濃度はトリチウムが100Bq/Lだそうです。100×1,000×1,448=144,800,000Bq相当です。これま での排水量は100,026t。
すなわち、本日1億4,480万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると170億8,896.7万Bqにもなるのだ!。

2015.04.30 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1250219_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1250211_6818.html
(2015.04.30)の濃度はトリチウムが110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,486=163,460,000Bq相当です。これま での排水量は98,578t。
すなわち、本日1億6,346万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると169億4,416.7万Bqにもなるのだ!。

2015.04.24 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1249921_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1249912_6818.html
(2015.04.23)の濃度はトリチウムが100Bq/Lだそうです。100×1,000×1,431=143,100,000Bq相当です。これま での排水量は97,092t。
すなわち、昨日1億4,310万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると167億8,070.7万Bqにもなるのだ!。

2015.04.17 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1249791_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1249765_6818.html
(2015.04.17)の濃度はトリチウムが100Bq/Lだそうです。100×1,000×1,472=147,200,000Bq相当です。これま での排水量は95,661t。
すなわち、本日1億4,720万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると166億3,760.7万Bqにもなるのだ!。

2015.04.12 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1249665_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1249662_6818.html
(2015.04.11)の濃度はトリチウムが120Bq/Lだそうです。120×1,000×1,527=183,240,000Bq相当です。これま での排水量は94,189t。
すなわち、昨日1億8,324万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると164億9,040.7万Bqにもなるのだ!。

2015.04.06 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1249415_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1249411_6818.html
(2015.04.05)の濃度はトリチウムが100Bq/Lだそうです。100×1,000×1,512=151,200,000Bq相当です。これま での排水量は92,662t。
すなわち、昨日1億5,120万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると163億0,716.7万Bqにもなるのだ!。

2015.03.031 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1249280_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1249264_6818.html
(2015.03.30)の濃度はトリチウムが91Bq/Lだそうです。91×1,000×1,428=129,948,000Bq相当です。これまでの 排水量は91,150t。
すなわち、昨日1億2,994.8万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると161億5,596.7万Bqにもなるのだ!。

2015.03.025 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248985_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248982_6818.html
(2015.03.24)の濃度はトリチウムが110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,459=160,490,000Bq相当です。これま での排水量は89,722t。
すなわち、昨日1億6,049万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると160億2,601.9万Bqにもなるのだ!。

2015.03.018 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248795_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248787_6818.html
(2015.03.18)の濃度はトリチウムが110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,395=153,450,000Bq相当です。これま での排水量は88,263t。
すなわち、本日1億5,345万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると158億6,552.9万Bqにもなるのだ!。

2015.03.012 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248666_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所地下水バイパス一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248662_6818.html
2015.03.12)の濃度はトリチウムが130Bq/Lだそうです。130×1,000× 1,204=156,520,000Bq相当です。これまでの排水量は86,868t。
すなわち、本日1億5,652万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると157億1,207.9万Bqにもなるのだ!。


2015.03.06 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248577_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248565_6818.html
(2015.03.06)の濃度はトリチウムが170Bq/Lだそうです。170×1,000×1,924=327,080,000Bq相当です。これま での排水量は85,664t。
すなわち、本日3億2,708万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると155億5,555.9万Bqにもなるのだ!。

2015.03.01 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248433_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248427_6818.html
(2015.02.28)の濃度はトリチウムが170Bq/Lだそうです。170×1,000×1,700=289,000,000Bq相当です。これま での排水量は83,740t。
すなわち、昨日2億8,900万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると152億2,847.9万Bqにもなるのだ!。

2015.02.23 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248320_6818.html
以下上記より一部引用
本日(2月23日)の排水量については1,515トンでした。なお、昨日(2月22日)の排水量については65トンでした。
引用終わり
(※注意)当サイトでは、22日の65tが50回目で、23日の 1,515tが51回目とカウントすることとします。
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248310_6818.html
以下上記より一部引用
昨日(2月22日)構内側溝排水放射線モニタにおいて「高」警報、「高高」警報が発生したことに伴い、同日予定していた地下水バイパス一時貯留タンク (Gr3)
からの排水について、同日午前10時3分、地下水バイパス一時貯留タンク(Gr3)に貯留してある水の海洋への排水を開始いたしましたが、同日午前10時 18分に、
念のため、排水を停止しておりました。
引用終わり
(2015.02.22と23)の濃度はトリチウムが140Bq/Lだそうです。140×1,000×(65+1,515)=221,200,000Bq 相当です。これまでの排水量は82,040t。
すなわち、昨日と本日2億2,120万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると149億3,947.9万Bqにもなるのだ!。

2015.02.16 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248170_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248163_6818.htm
(2015.02.16)の濃度はトリチウムが140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,667=233,380,000Bq相当です。これま での排水量は80,460t。
すなわち、本日2億3,338万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると147億1,827.9万Bqにもなるのだ!。
サブドレンでいわき市漁協集約
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055430501.html

2015.02.11 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248071_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1248063_6818.html
(2015.02.10)の濃度はトリチウムが140Bq/Lだそうです。140×1,000×1,629=228,060,000Bq相当です。これま での排水量は78,793t。
すなわち、昨日2億2,806万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると144億8,489.9万Bqにもなるのだ!。

2015.02.06 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247966_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247959_6818.html
(2015.02.04)の濃度はトリチウムが160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,679=268,640,000Bq相当です。これま での排水量は77,164t。
すなわち、一昨日2億6,864万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると142億5,683.9万Bqにもなるのだ!。

2015.01.30 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247881_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247874_6818.html
(2015.01.29)の濃度はトリチウムが150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,730=259,500,000Bq相当です。これま での排水量は75,485t。
すなわち、昨日2億5,950万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると139億8,819.9万Bqにもなるのだ!。

2015.01.29 記述
福島第1原発:サブドレン計画 県漁協、年度内了承へ 要望書への東電回答後 /福島
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20150129ddlk07040267000c.html
地下水放出計画 漁協ごと要望集約へ
http://www.asahi.com/articles/CMTW1501290700001.html
各漁協の意見を2月集約 第1原発・サブドレン地下水放出
http://www.minyu-net.com/news/news/0129/news10.html
汚染水浄化排水 県漁連判断へ
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054677591.html

2015.01.27 記述
福島第一の汚染水、海洋放出に反対 全漁連
http://www.asahi.com/articles/ASH1W546WH1WULBJ00H.html
全漁連会長、汚染水放出に反対 経産相に要望
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015012701000591.html
福島第1原発の汚染水放出に反対姿勢 全漁連会長が経産相に要望
http://www.sankei.com/economy/news/150127/ecn1501270025-n1.html
全漁連会長 汚染水対策巡り要望
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150127/k10015007461000.html
福島第1原発:ALPS処理水、安易に流すな 全漁連要望
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20150128k0000m040054000c.html
汚染水の海洋放出に反対=宮沢経産相へ要請−全漁連
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2015012700612

2015.01.23 記述
地下水放出、2月にも判断=福島第1建屋周辺−県漁連
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2015012300779
浄化地下水放出、福島漁連会長が容認
http://s.nikkei.com/1y7y76i
東電、相馬市で「漁業者の理解なしに海への放出ない」と説明(福島15/01/23)
http://youtu.be/kmRfARt565I
第一原発サブドレン地下水 放出の是非判断時期は未定 県漁連会長
http://www.minpo.jp/news/detail/2015012320536
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247728_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247673_6818.html
(2015.01.23)の濃度はトリチウムが160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,850=296,000,000Bq相当です。これま での排水量は73,806t。
すなわち、本日2億9,600万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると137億2,869.9万Bqにもなるのだ!。

2015.01.22 記述
第51回 原子力規制委員会 配布資料
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/h26fy/20150121.html
平成26年度 第51回原子力規制委員会 (平成27年1月21日)
http://goo.gl/g0uUVC
以下上記より一部引用
傍聴者「海洋放出は認められません!」  田中委員長「人が死んでもか!」  説明者「サブドレン他水処理施設」・・・
引用終わり
原子力規制委員会 定例記者会見 (平成27年1月21日)
http://goo.gl/X8mbbX
福島第1原発:サブドレン計画、規制委認可 漁業者の理解、道険しく 東電、廃炉へ軸足移す方針 /福島
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20150122ddlk07040229000c.html
“汚染地下水浄化し海へ排出”計画認可
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150121/k10014848111000.html
規制委浄化後放出を認可 第一原発サブドレン地下水
http://www.minpo.jp/news/detail/2015012220512
規制委が海洋放出を認可 第1原発の浄化地下水
http://www.minyu-net.com/news/news/0122/news1.html
規制委:「17年以降、海洋放出を」処理済みの汚染水
http://mainichi.jp/select/news/20150122k0000m040123000c.html
漁業者ら戸惑いの声…原子力規制委認可
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20150121-OYTNT50137.html
福島第1原発汚染水、「処理後に海洋放出」 規制委が明文化
http://www.sankei.com/affairs/news/150121/afr1501210021-n1.html
建屋付近の地下水、規制委が放出認可 福島第1原発
http://s.nikkei.com/1woq1Ws
建屋周辺の放出計画を認可=実施には地元同意必要−福島第1
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015012100390
福島第1原発:水処理施設の本格稼働了承 規制委
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20150121k0000e040214000c.html

2015.01.18 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247456_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247451_6818.html
(2015.01.17)の濃度はトリチウムが150Bq/Lだそうです。150×1,000×2,120=318,000,000Bq相当です。これま での排水量は71,956t。
すなわち、昨日3億1,800万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると134億3,269.9万Bqにもなるのだ!。

2015.01.17 記述
漁業者、不満あらわ いわき・地下水放出で説明会
http://www.minyu-net.com/news/news/0117/news6.html
いわきの漁業者に説明 第一原発のサブドレン水海洋放出
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011720410
汚染地下水放出計画 4度目の説明も漁業者の理解得られず(福島15/01/16)
http://youtu.be/RmG-7GjpYRg

2015.01.12 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247132_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247130_6818.html
(2015.01.11)の濃度はトリチウムが140Bq/Lだそうです。140×1,000×2,120=296,800,000Bq相当です。これま での排水量は69,836t。
すなわち、昨日2億9,680万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると131億1,469.9万Bqにもなるのだ!。

2015.01.05 記述
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247012_6818.html
報道関係各位一斉メール 2015年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1247008_6818.html
(2015.01.05)の濃度はトリチウムが120Bq/Lだそうです。120×1,000×1,789=225,480,000Bq相当です。これま での排水量は67,716t。
すなわち、本日2億2,548万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると128億1,789.9万Bqにもなるのだ!。

2014.12.29 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1246861_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1246855_5851.html
(2014.12.29)の濃度はトリチウムが110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,789=196,790,000Bq相当です。これま での排水量は65,837t。
すなわち、本日1億9,679万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると125億9,241.9万Bqにもなるのだ!。

2014.12.22 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1246700_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1245009_5851.html
(2014.12.22)の濃度はトリチウムが110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,784=196,240,000Bq相当です。これま での排水量は64,048t。
すなわち、本日1億9,624万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると123億9,562.9万Bqにもなるのだ!。

2014.12.16 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244861_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244854_5851.html
(2014.12.16)の濃度はトリチウムが110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,806=198,660,000Bq相当です。これま での排水量は62,264t。
すなわち、本日1億9,866万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると121億9,938.9万Bqにもなるのだ!。

2014.12.12 記述
浄化排水計画 漁業者から批判
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053830751.html

2014.12.11 記述
漁業者「基本的に反対」 いわきで浄化後の水放出説明
http://www.minyu-net.com/news/news/1211/news8.html
地下水浄化設備、試験結果の説明開始
http://www.asahi.com/articles/CMTW1412100700001.html
国と東電が漁業者に説明 浄化地下水の海洋放出計画
http://www.minpo.jp/news/detail/2014121119771

2014.12.10 記述
東京電力 報道配布資料(2014年12月10日付)
(いわき市漁協組合員説明会資料)トレンチ内の汚染水除去の取組み(PDF 505KB)PDF
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_141210_10-j.pdf
(いわき市漁協組合員説明会資料)No.18,19サブドレンピットの放射性物質濃 度上昇への対策(PDF 211KB)PDF
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_141210_09-j.pdf
(いわき市漁協組合員説明会資料)サブドレン及び地下水ドレンの運用方針(案) (PDF 120KB)PDF
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_141210_08-j.pdf
(いわき市漁協組合員説明会資料)サブドレン及び地下水ドレンの運用方針の基本的な 考え方(案)(PDF 73.9KB)PDF
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_141210_07-j.pdf
(いわき市漁協組合員説明会資料)海洋汚染をより確実に防止するための取り組み〜浄 化試験結果〜(PDF 145KB)PDF
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_141210_06-j.pdf
県漁連会長「理解してほしい」=建屋周辺地下水放出で−漁業者向け説明会・福島第1
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014121000756
汚染地下水排出を漁業者へ説明
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053830701.html
地下水の海放出計画 国と東電が漁協に説明
http://www.fct.co.jp/news/news_30791382.html?url_day=201412102120
汚染地下水浄化・放出計画 3 度目の説明も漁業者の理解得られず(福島14/12/10)
http://youtu.be/UmERDlCqUoc
【本日の取材報告】
本日現在13:30〜いわき市小名浜魚市場にて行われている県漁連への東電説明会ですが、ビデ オによる取材をと今回も試みましたが、県漁連さんに
断られました。なんでも本日からは新聞・TVの既存メディアに限定するとのことです。そこで取 材制限の理由を尋ねましたが明確な回答は得られません
でした。「本日からフリーのジャーナリストも市民メディアも、お断りさせて頂きます」とのことでした。大変残念ですね。

報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244773_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244762_5851.html
(2014.12.10)の濃度はトリチウムが93Bq/Lだそうです。93×1,000×1,722=160,146,000Bq相当です。これまでの 排水量は60,458t。
すなわち、本日1億6,014.6万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると120億0,072.9万Bqにもなるのだ!。

2014.12.04 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244650_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244641_5851.html
(2014.12.04)の濃度はトリチウムが130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,386=180,180,000Bq相当です。これま での排水量は
58,736t
すなわち、本日1億8,018万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると118億4,058.3万Bqにもなるのだ!。

2014.11.28 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244520_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244504_5851.html
(2014.11.28)の濃度はトリチウムが110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,442=158,620,000Bq相当です。これま での排水量は57,350t。
すなわち、本日1億5,862万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると116億6,040.3万Bqにもなるのだ!。

2014.11.24 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244410_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244402_5851.html
(2014.11.22)の濃度はトリチウムが120Bq/Lだそうです。120×1,000×1,470=176,400,000Bq相当です。これま での排水量は55,908t。
すなわち、一昨日1億7,640万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると115億0,178.3万Bqにもなるのだ!。

2014.11.18 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244236_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244211_5851.html
(2014.11.17)の濃度はトリチウムが110Bq/Lだそうです。110×1,000×1,477=162,470,000Bq相当です。これま での排水量は54,438t。
すなわち、昨日1億6,247万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると113億2,538.3万Bqにもなるのだ!。

2014.11.13 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244053_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1244040_5851.html
(2014.11.12)の濃度はトリチウムが120Bq/Lだそうです。120×1,000×1,499=247,840,000Bq相当です。これま での排水量は52,961t。
すなわち、昨日1億7,988万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると111億6,291.3万Bqにもなるのだ!。

2014.11.08 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1243884_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1243877_5851.html
(2014.11.07)の濃度はトリチウムが160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,549=247,840,000Bq相当です。これま での排水量は51,462t。
すなわち、昨日2億4,784万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると109億8,303.3万Bqにもなるのだ!。

2014.11.04 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1243776_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1243774_5851.html
(2014.11.02)の濃度はトリチウムが120Bq/Lだそうです。120×1,000×1,474=176,880,000Bq相当です。これま での排水量は49,913t。
すなわち、一昨日1億7,688万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると107億3,519.3万Bqにもなるのだ!。

2014.10.28 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1243641_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1243596_5851.html
(2014.10.28)の濃度はトリチウムが150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,625=243,750,000Bq相当です。これま での排水量は48,439t。
すなわち、本日2億4,375万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると105億5,831.3万Bqにもなるのだ!。

2014.10.23 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1243351_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1243344_5851.html
(2014.10.23)の濃度はトリチウムが190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,638=311,220,000Bq相当です。これま での排水量は46,814t。
すなわち、本日3億1,122万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると103億1,456.3万Bqにもなるのだ!。

2014.10.22 記述
福島第一原発の井戸に謎の生物 地下水くみ上げ阻む?
http://www.asahi.com/articles/ASGBP6D2CGBPUGTB00P.html
地下水バイパスが停止 東京電力福島第一原発の南側1カ所 大量の異物くみ上げ
http://www.minpo.jp/news/detail/2014102218800
井戸に藻類が大量発生 第1原発、地下水くみ上げ停止
http://www.minyu-net.com/news/news/1022/news9.html
この事態の報告までに6日間をようしている。トラブル時は速やかに情報伝達するとしていた説明はどうするのか!。
東電は速やかに謝罪と責任の所在を明らかにせよ!。関係自治体や漁業関係者また市民に対しての説明責任を果たせ!。

2014.10.20 記述
【地下水バイパス問題】 福島第一原発 トリチウムの外洋放出100億Bq超え
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)

http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1243098_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1243096_5851.html
(2014.10.18)の濃度はトリチウムが220Bq/Lだそうです。220×1,000×1,545=339,900,000Bq相当です。これま での排水量は45,176t。
すなわち、一昨日3億3,990万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると100億0,334.3万Bqにもなるのだ!。

2014.10.14 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242850_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242848_5851.html
(2014.10.13)の濃度はトリチウムが170Bq/Lだそうです。170×1,000×1,512=257,040,000Bq相当です。これま での排水量は43,631t。
すなわち、昨日2億5,704万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると96億6,344.3万Bqにもなるのだ!。

2014.10.09 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242704_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242695_5851.html
(2014.10.08)の濃度はトリチウムが190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,557=246,560,000Bq相当です。これま での排水量は42,119t。
すなわち、昨日2億9,583万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると94億0,640.3万Bqにもなるのだ!。

2014.10.03 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242553_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242541_5851.html
(2014.10.03)の濃度はトリチウムが160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,541=246,560,000Bq相当です。これま での排水量は40,562t。
すなわち、本日2億4,656万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると91億1,057.3万Bqにもなるのだ!。

2014.10.02 記述
福島第1の汚染水処理、米キュリオンが日本政府と契約へ
http://jp.wsj.com/news/articles/SB12785023003277603623104580161052301788166
「福島の住民はこれに反対している」って私のことですね!。やって頂きましょう!トリチウムの除去をキュリオンさんに!。

2014.09.28 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242293_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242291_5851.html
(2014.09.28)の濃度はトリチウムが130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,422=184,860,000Bq相当です。これま での排水量は39,021t。
すなわち、本日1億8,486万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると88億6,401.3万Bqにもなるのだ!。

2014.09.24 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242179_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242175_5851.html
(2014.09.23)の濃度はトリチウムが190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,620=307,800,000Bq相当です。これま での排水量は37,599t。
すなわち、昨日3億0780万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると86億7,915.3万Bqにもなるのだ!。

2014.09.18 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242032_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1242018_5851.html
(2014.09.18)の濃度はトリチウムが150Bq/Lだそうです。150×1,000×1,511=226,650,000Bq相当です。これま での排水量は35,979t。
すなわち、本日2億2665万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると83億7,135.3万Bqにもなるのだ!。

2014.09.13 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1241796_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1241792_5851.html
(2014.09.13)の濃度はトリチウムが160Bq/Lだそうです。160×1,000×1,526=244,160,000Bq相当です。これま での排水量は34,468t。
すなわち、本日2億4416万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると81億4470.3万Bqにもなるのだ!。

2014.09.09 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1241557_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1241547_5851.html
(2014.09.08)の濃度はトリチウムが260Bq/Lだそうです。260×1,000×1,749=454,740,000Bq相当です。これま での排水量は32,942t。
すなわち、昨日4億5474万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると79億0054.3万Bqにもなるのだ!。

2014.09.03 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1241357_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1241344_5851.html
(2014.09.03)の濃度はトリチウムが200Bq/Lだそうです。200×1,000×1,559=311,800,000Bq相当です。これま での排水量は31,193t。
すなわち、本日3億1180万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると74億4580.3万Bqにもなるのだ!。

2014.08.30 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1241159_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1241142_5851.html
(2014.08.29)の濃度はトリチウムが180Bq/Lだそうです。180×1,000×2,117=381,060,000Bq相当です。これま での排水量は29,634t。
すなわち、昨日3億8106万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると71億3403.3万Bqにもなるのだ!。

2014.08.24 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1241042_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1241040_5851.html
(2014.08.24)の濃度はトリチウムが210Bq/Lだそうです。210×1,000×2,203=462,630,000Bq相当です。これま での排水量は27,517t。
すなわち、本日4億6,263万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると67億5297.3万Bqにもなるのだ!。

2014.08.20 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1240796_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1240791_5851.html
(2014.08.19)の濃度はトリチウムが260Bq/Lだそうです。260×1,000×1,253=325,780,000Bq相当です。これま での排水量は25,314t。
すなわち、昨日3億2,578万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると62億9,034.3万Bqにもなるのだ!。

2014.08.13 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1240552_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1240549_5851.html
(2014.08.12)の濃度はトリチウムが330Bq/Lだそうです。330×1,000×2,123=700,590,000Bq 相当です。これまでの排水量は24,061t。
すなわち、昨日7億0,059万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると59億6,456.3万Bqにもなるのだ!。

2014.08.06 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1240105_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1240091_5851.html
(2014.08.05)の濃度はトリチウムが340Bq/Lだそうです。340×1,000×2,007=682,380,000Bq 相当です。これまでの排水量は21,938t。
すなわち、昨日6億8,238万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると52億6,697.3万Bqにもなるのだ!。

2014.08.03 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1239914_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1239894_5851.html
(2014.08.01)の濃度はトリチウムが310Bq/Lだそうです。310×1,000×2,140=663,400,000q 相当です。これまでの排水量は19,931t。
すなわち、昨日6億6,340万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると45億8,459.3万Bqにもなるのだ!。

2014.07.27 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/bypastank_140725_01-j.pdf
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1239648_5851.html
(2014.07.26)の濃度はトリチウムが310Bq/Lだそうです。310×1,000×1,963=608,530,000Bq 相当です。これまでの排水量は17,791t。
すなわち、昨日6億0,853万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると39億2,119.3万Bqにもなるのだ!。

2014.07.25 記述
地下水BPの効果は限定的か
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053288771.html
以下上記より全文引用
東京電力福島第一原発の汚染水対策の柱の1つ「地下水バイパス」によって、この2か月間の地下水の水位の低下は、最大で10センチにとどまっている
ことがわかりました。東京電力は、雨水の影響が大きいとみて、追加の対策を急ぐことにしています。
福島第一原発では、建屋に流れ込む地下水の影響で、高濃度の汚染水が1日およそ400トンのペースで増えていることから、ことし5月から、地下水を
上流側でくみ上げて海に放出する、地下水バイパスが行われています。
この地下水バイパスの効果について、東京電力は、25日に開かれた経済産業省の有識者会議で、原子炉建屋から、70メートルから150メートル離れた
3つの井戸の水位の下がり方が、最大で10センチ程度にとどまっていると報告しました。
これに対して専門家などからは、「この状態が続くのであれば、効果は限定的としか言いようがない」とか、「福島県の漁業者は、大きな効果を期待して
地下水バイパスを受け入れた。建屋への流入量がどれくらい減っているかを、きちんと評価すべきだ」といった批判が相次ぎました。
東京電力は、建屋に流れ込む地下水をどれだけ減らせたか、今後、評価するとともに、敷地内に降る雨が効果を妨げているとして、今年度中に、山側の
地面の大部分をアスファルトなどで覆って、雨水の浸透を防ぐ対策を急ぎたいとしています。
引用終わり

2014.07.22 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/bypastank_140719_01-j.pdf
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報2)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1239339_5851.html
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1239321_5851.html
以下上記より一部引用
当社社員が流量計についた水滴を拭き取る際に、計器の操作部に誤って触れたためと考えられ
引用終わり
(2014.07.21)の濃度はトリチウムが340Bq/Lだそうです。340×1,000×1,820=618,800,000Bq 相当です。これまでの排水量は15,828t。
すなわち、昨日6億1,880万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると33億1,266.3万Bqにもなるのだ!。
また、上記のように社員によるトラブルも発生させたようです。マニュアルはないのか!社員教育に力を入れなさい!。

2014.07.15 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/bypastank_140713_01-j.pdf
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1239107_5851.html
昨日(2014.07.14)の濃度はトリチウムが300Bq/Lだそうです。300×1,000× 1,790=537,000,000Bq 相当です。これまでの排水量は14,008t。
すなわち、昨日5億3,700万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると26億9,386.3万Bqにもなるのだ!。

2014.07.10 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/bypastank_140707_01-j.pdf
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1238844_5851.html
今回(2014.07.08)の濃度はトリチウムが230Bq/Lだそうです。230×1,000× 1,725=396,750,000Bq 相当です。これまでの排水量は12,218t。
すなわち、一昨日3億9,675万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると21億5,686.3万Bqにもなるのだ!。

2014.07.03 記述
しかしついに!、この事実を報道するメディアが無くなったようだ。。。17億Bqを外洋に垂れ流しなんですけど。。。
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images//bypastank_140701_01-j.pdf
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1238703_5851.html
今回の濃度はトリチウムが250Bq/Lだそうです。250×1,000× 1,858=464,500,000Bq 相当です。これまでの排水量は10,493t。
すなわち、昨日4億6,450万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると17億6011.3万Bqにもなるのだ!。

2014.06.28 記述
2014.6.26 東電株主総会にて廃炉推進カンパニー代表増田氏:「綺麗な水を汚染源に近づけない、汚染水を増やさない」
https://www.youtube.com/watch?v=8796UdEHjzk#t=399
トリチウムで汚染された地下水のどこが「綺麗な水」なんでしょうか?。科学的に証明せよ!。

2014.06.27 記述
汚染水抑制、効果見えず=開始1カ月の地下水バイパス−福島第1
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014062700984
以下上記より全文引用
東京電力福島第1原発で放射能汚染水が増加し続けている問題で、東電は27日、抑制策として5月から始めた「地下水バイパス」と呼ばれる対策の効果が
確認できていないと明らかにした。
地下水バイパスは、高濃度汚染水がたまっている1〜4号機の原子炉建屋などに地下水が入る前に、一部を井戸でくみ上げて海へ放出することで、汚染水増
加の抑制を目指す対策。東電によると、5月21日から放出を開始し、これまでに1日平均約300トンの地下水をくみ上げ、計8635トンを排水した。
しかし、原子炉建屋近くに掘った3カ所の観測用井戸では、地下水バイパス開始以降も降雨があった日に水位が上昇する傾向が顕著で、明確に水位が下がっ
ていることは確認できなかった。東電福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏代表は記者会見で、「ゆっくりとやりながら効果を待つ」と述べ、数カ月程度の時
間が必要との見方を示した。
引用終わり

2014.06.26 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/bypastank_140625_01-j.pdf
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1238407_5851.html
今回の濃度はトリチウムが160Bq/Lだそうです。160×1,000× 1,829=237,770,000Bq 相当です。これまでの排水量は8,635t。
すなわち、本日2億3,777万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これま でを合わせると12億9561.3万Bqにもなるのだ!。
地下水汚染の拡大に抗議、東電交渉
http://skazuyoshi.exblog.jp/22144849/
福島第1原発:地下水バイパス、止まらない濃度上昇 くみ上げ井戸、放射性物質 1年4カ月で4.7倍 /福島
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20140626ddlk07040145000c.html
トリチウム2100ベクレル検出 第一原発地下水井戸
http://www.minpo.jp/news/detail/2014062616526

2014.06.25 記述
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/pump_well_14062501-j.pdf
福島第1原発地下水バイパス 井戸から最高濃度のトリチウム(福島14/06/25)
http://youtu.be/LSsMuMq_n1o
以下上記より一部引用
最も南側にある井戸から、これまで最も高い濃度の、1リットルあたり2,100ベクレル(Bq)のトリチウムが検出された。
引用終わり
参考までに、以下の分析結果等を見ると、No12のトリチウム濃度が次第に上昇傾向ですので、注意して監視しましょう。
地下水バイパス揚水井のくみ上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について(その2)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_140625_09-j.pdf
福島第一 地下水バイパス揚水井 No.12 分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/pump_well_14062502-j.pdf
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/bypastank_140625_01-j.pd

2014.06.21 記述
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/bypastank_140619_01-j.pdf
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1238065_5851.html
今回の濃度はトリチウムが130Bq/Lだそうです。130×1,000×1,765=229,450,000Bq 相当です。これまでの排水量は6,806t。
すなわち、昨日2億2945万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると10億5,784.3万Bqにもなるのだ!。

2014.06.19 記述
海洋放水トリチウム濃度上昇 地下水バイパス暗雲
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014061902000093.html
以下上記より全文引用
東京電力福島第一原発で、地下水が建屋に流れ込んで汚染水になる前にくみ上げ、海に放出する「地下水バイパス」をめぐり、放出している水に含まれる
放射性物質のトリチウム濃度がじりじり上がり続けている。昨年夏に三百トン超の高濃度処理水が漏れたタンク群近くの井戸水が、全体の濃度を押し上げ
ている。東電はこの事実に気づきながら、対策を取ろうとしない。 (小倉貞俊)
地下水バイパスは、汚染水の発生抑制のため、1〜4号機の西側にある十二本の井戸からくみ上げた水をいったんタンクに集め、混ぜた状態で放出基準
(トリチウムは一リットル当たり一五〇〇ベクレル)未満だと確認できれば海に流す仕組み。
これまで最も南側の井戸では、基準を超えるトリチウムが検出され、十六日に採取した水では過去最高の二〇〇〇ベクレルを記録した。東電は、個別の井戸
で高い数値が出ても「水を混ぜて基準を下回れば問題はない」と主張。現在は混ぜた状態で二三〇〜三二〇ベクレルで、急上昇しない限り放出を続けるとい
う。だが、混ぜても濃度が上昇してきていることは、東電自身の分析結果でも明らかだ。
どの井戸からトリチウムが多くもたらされたのか。東電の分析では、南側三本の井戸だけで、全体の九割以上を占めていることが判明。これらの井戸は、
いずれも水漏れを起こしたタンクから百数十メートルと近く、地下水の流れの下流に当たる。ほぼ水と同じ性質のトリチウムが先行して流れ込んだとみられる。
最も南の井戸だけでもくみ上げを止めれば、全体の濃度は現在の二割程度に下がることは確実。放出する地下水を増やしたいなら、汚染度が低いとみられ
る北側に新たに井戸を掘るなどの手段も考えられる。
しかし東電は「地下水バイパスは十二本の井戸を一体として運用している。地元住民の方々のご理解は得ている」(小林照明原子力立地・本部長代理)など
として新たな手を打とうとはしない。ただ、このまま濃度が上がれば、地元漁協の理解が得られ続けるかどうかは疑問で、地下水バイパスそのものが頓挫し
かねない。
引用終わり

2014.06.18 記述
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/pump_well_14061802-j.pdf
基準超え井戸で最高値=くみ上げは継続−福島第1
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014061800346
以下上記より一部引用
16日採取の水で1リットル当たり2000ベクレルのトリチウムを検出(放出基準は同1500ベクレル未満)。タンクでの分析結果は、
12本ある井戸の水量割合から、同306.8ベクレルになると評価している。
引用終わり
福島第一原子力発電所 地下水バイパスの現状について
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_140425_09-j.pdf
運用目標(トリチウム)1,500Bq/Lを超えているのは明らか!。次第にトリチウムの濃度が上がっても外洋放出か!。

2014.06.15 記述
報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1237746_5851.html
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/bypastank_140613_01-j.pdf
今回の濃度はトリチウムが91Bq/Lだそうです。91×1,000×1,443=131,313,000Bq 相当です。これまでの排水量は5,041t。
すなわち、本日1億3131.3万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると8億2,839.3万Bqにもなるのだ!。

2014.06.14 記述
基準値超でもくみ上げ継続 東電「急上昇なら再停止」
http://www.minyu-net.com/news/news/0614/news8.html
以下上記より一部引用
東電は「2000ベクレル台ならば全体の試算数値は基準を下回る」として、基準を超えてもくみ上げを続ける方針を強調している。
引用終わり
2000Bq台/Lのトリチウムでも汲み上げるそうです。総じて外洋へ放出するトリチウムは次第に量が多くなること必至!。

2014.06.13 記述
地下水くみ上げ再開 東電「混ぜれば放出の条件達成」
http://www.minyu-net.com/news/news/0613/news5.html
以下上記より一部引用
東電は基準を超える放射性物質が検出された井戸ごとに使用を停止し、濃度の傾向を監視した上で再開の可否を判断するとしていた。
引用終わり
「基準を超えたら汲み上げを停止する」と広瀬社長が言及していた筈。最初から運用が 定まっていたのか非常に疑問です!。
増田氏もそれに同調していたと理解していたが、もう場当たり的な運用は止めろ!。
使用停止井戸 くみ上げ再開 第一原発地下水バイパス 基準下回れば放出
http://www.minpo.jp/news/detail/2014061316265
以下上記より一部引用
東電は、この井戸でトリチウムの上昇傾向が続いた場合、最高で同2300ベクレルに達すると分析。他の11カ所の井戸からくみ上げた水と
混ぜて一時貯留タンクで保管すると、排出基準を下回る同231・8ベクレルに薄まると予測した。このため、一時貯留タンクから海洋に放出
しても問題はないとしている。
東電は12日までに、県や県漁連、第一原発周辺の13市町村に問題の井戸での地下水くみ上げ再開を報告した。
県原子力安全対策課は「基準値を超えている井戸の水の値が急上昇しないかどうか監視を強化してほしい」と求めている。
引用終わり
「問題はない」とする東電の姿勢が問われる問題だ!。県漁連への汲み上げ前の説明はあったのだろうか?。

2014.06.12 記述
基準超えの井戸、くみ上げ再開=「全体に影響なし」−福島第1
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2014061200938
以下上記より一部引用
12本ある井戸から集めれば、タンク内の水は基準を超えないと評価した。
引用終わり
国や東電、それに自治体等も全く理念なし!。それにしても了解を取るスピードが恐るべき速さだな!。
「そう遠くない将来、汚染水そのものを海に流さざるを得なくなるのではないかとの小出先生の予感が的中しないように望むが、
私達市民が国・東電・自治体等を積極的に監視しましょう。そして抗議の意思を表明しよう!。

福島第1原発:地下水バイパス 東電、くみ上げ再開へ 基準超えの井戸 /福島
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20140612ddlk07040242000c.html
以下上記より一部引用
東電は問題の井戸の放射性物質濃度の推移を考慮してほかの11本の井戸の水とタンクで混じった場合の計算をしたところ、同約230ベクレル以下に
薄まるとの結果を県などに提示。県は、(1)原発周辺自治体への十分な説明(2)問題の井戸で放射性物質濃度が急上昇した場合、再停止も含めて検討
−−を条件にくみ上げ再開を容認した。東電は周辺自治体への説明が終わり次第、くみ上げを再開するとしている。
引用終わり
福島県も東電の言いなりか!。
福島県漁連も追認するのかな???。

2014.06.11 記述
地下水BP くみ上げ再開へ
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055135371.html
以下上記より一部引用
外部の検査機関も交えて、週に2回のペースでこの井戸の地下水を分析していて、目標値をわずかに上回る濃度で推移しているということです。
このため、東京電力は、この井戸からのくみ上げを再開してもタンクに集める地下水への影響は少ないとして、地元の自治体や漁協などの了承を
得た上で、近く、くみ上げを再開する方針です。
引用終わり
しかし運用方法がコロコロ変わるね!、自分達で決めた基準も形骸化しとるわ!。

2014.06.09 記述
【地下水バイパス実施報道などについて】
大手メディアの多くが4回目の外洋への放出事実を報じていません。今後は小出先生の言う通り、 市民が国と東電を監視しなければならないと思います。
それと関連したことで、大変気になることが有りましたので以下報告させて頂きます。
2014/05/29 Jヴィレッジで行われた中長期ロードマップの進捗状況の会見の中で、廃炉推進カンパニー代表の増田氏が冒頭以下のように発言している。

以下、東京電力映像アーカイブ動画
http://www.tepco.co.jp/tepconews/library/archive-j.htmlより一部引用
「これまで21日、27日の2回、国や県の関係者に立会いを頂きまし て、地下水バイパス一時貯留タンクからの排水を行わさせて頂きました。今回の地下水バイパスの
開始は漁業関係者の皆様の苦渋の決断をはじめ、地域の皆様のご理解の賜物であります。改めて心より感謝を申し上げます。」
「こうした地域の皆様の信頼にしっかりとお答えして行く為に、慎重に設備の管理・運用を行ってまいります。」

引用終わり
福島県内外の76団体の市民は、汚染された地下水バイパス実施計画自体全く理解出来ませ ん!!。また現在、上記の発言を含めて東京電力を全く信頼出来る
状況ではございません。
2014.5.14と2014.5.20の両日、地下水 バイパスの中止と市民への説明会開催の要請を行いましたが、これらを東京電力によって
完全に無視された格好です。
このような誠意のない態度は断じて許されるものでは ないと思います。まさに市民無視の東京電力によるゴリ押しではないか!。
ここに断固抗議する!。


2014.06.08 記述
東京電力 報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1237295_5851.html
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/bypastank_140607_01-j.pdf
今回の濃度はトリチウムが190Bq/Lだそうです。190×1,000×1,563=296,970,000Bq 相当です。これまでの排水量は3,598t。
すなわち、本日2億9,697万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると6億9,708万Bqにもなるのだ!。

2014.06.03 記述
地下水BP県の分析で変化なし
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054736931.html
汚染水のトリチウム処理で説明会 政府、分離技術検証へ
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014060301001842.html
昨日までの「これまで外洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ
4億1170万Bq」 を訂正致します。
東京電力によりますと、実際に外洋へ放出された量はhttp://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/info/baypassold-j.htmlに記載されますので、
そちらの量を計算式に当てはめて再度計算した結果、下記のように訂正させて頂きます。
2014.05.21 トリチウム 230Bq/L 
561t 総量 1億2903万Bq
2014.05.27 トリチウム 150Bq/L 
641t 総量 0億9615万Bq
2014.06.02 トリチウム 210Bq/L 
833t 総量 1億7493万Bq
「これまで外洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 4億0011万Bq(第 三者機関測定値)となりますので、お詫びして訂正致します。

2014.06.02 記述
東京電力 報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr2)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1237002_5851.html
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/bypastank_140530_01-j.pdf
東電、3回目の海洋放出を実施 福島原発の地下水バイパス
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014060201001589.html
今回の濃度はトリチウムが210Bq/Lだそうです。210×1,000×890=186,900,000Bq 相当です。
すなわち、本日1億8,690万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、これまでを合わせると4億1,170万Bqにもなるのだ!。

2014.05.29 記述
東京電力 福島県漁連組合長会議説明資料 福島第一原子力発電所 地下水バイパスについて
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_140529_05-j.pdf
福島県漁連さんへは随時説明している模様ですが、市民への説明責任は一体どうなっているのだ!。

2014.05.28 記述
東京電力 福島第一原子力発電所 地下水バイパス揚水井No.12の測定結果について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1236733_5851.html
井戸1カ所で再び基準超=くみ上げ停止、海放出後初−福島第1
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014052800031
昨日外洋へ放出したニュースもだが、本日各社が報じている基準超のニュースも、なぜ かNHKの全国放送で流れていないようなので、
きちんと報道するようにNHKふれあいセンターまで要望を出しました。さて本日の夜 までに報道するでしょうか?。

2014.05.27 記述
東京電力 報道関係各位一斉メール 2014年 福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3−1)からの排水について(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1236713_5851.html
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr3−1)からの排水について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1236708_5851.html
東京電力 報道配布資料
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/index-j.html
2014年5月26日 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果(PDF 11.5KB)PDF
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/bypastank_140526_01-j.pdf
今回の濃度はトリチウムが150Bq/Lだそうで す。150×1,000×640=96,000,000Bq 相当です。
すなわち、本日9千600万Bqの危険なトリチウムを外洋へ放出した!、21日分と合わせると2億2480万Bqにもなるのだ!。