コインコレクターのホームページ

天保通宝

天保通宝は、金色小判形で発行当初は喜ばれたそうです。しかし大量発行され、重さが20g程度のため、100文銭でありながら実力は40文程度まで落ちたそうです。天保通宝は、幕末に多くの贋金が作られたようです。明治になって一枚8厘で交換・回収されましたが、その量は幕府が作ったとされる数より多かったそうです。しかも現在でもまだコレクターが楽しめるほど大量に残っています。一体どれだけの贋金が作られたのでしょう。当時の贋金も現在では、○○藩鋳の本物です。おもしろいですね。

お手持ちの天保通宝の評価も気になるところです。写真右横へ、私の経験も交えて、もしコイン屋さんの店頭で販売されるとしたら○○円くらいと記してみました。百円は100、千円は1K、一万円以上は10K〜とします私の主観によるものなので、どこまで行っても参考です。もし1Kと評価が付いていて、その種類をコイン屋さんへ買取持ち込みしても、ほとんど買取値段は付かないでしょう。1000円以下の品の売価内訳は、ほとんどコイン屋さんの手間賃、管理費です。100種以上ある天保通宝の中なら分類を確定して、いつ売れるかわからない在庫をコイン屋さんは持ち続けています。コイン屋さんの業態は、現在追及されている在庫は早く回転、在庫を持たないことを最良とする商スタイルとは真逆にあります。

見分け方、ポイント:銅色、作り、仕上げ、書体でしょうか。寛永通宝と同じです。表裏に文字、花押が有り、寛永通宝より観点が多いです。クイズで天保通宝の見分け方、ポイントの一部が分かります。

どうぞ→古銭検定「天保通宝」編

分類は、天保通寶研究会「天保通寶と類似貨幣カタログ」に従って、番号順に載せています。日本貨幣商協同組合発行(JNDA)の「日本貨幣カタログ」に記載されているNo.も赤字でJNDA ○○と併記しておきます。

TOPへ戻る

国別目次へ行く

年順目次へ行く

その他の日本コインは、

こちら↓↓↓↓↓

日本コインへ行く

寛永通宝へ行く

穴銭色々へ行く


3-2 本座銭 長郭 JNDA 1

天保通宝 本座銭 長郭1K

表から見た四角い穴の枠(郭)がわずかに縦長。

「天」は中心線よりわずかに右へ外れ、仰ぐ。


5-3 本座銭 細郭 JNDA 2

天保通宝 本座銭 細郭1K

上と似ていますが「通」の之繞に違いがよく出ている。

郭は細く正方形に見る。


9-2 本座銭 中郭手

天保通宝 本座銭 中郭手2K

書体は上と同じ。郭が少し太めに作られている。

輪形には太い細いが見られる。


10-3 本座銭 広郭 JNDA 3

800

書体は上と同じ。郭は一番太いです。

残数最大で、本座銭の6割を占めるようです。


13 本座銭 広郭 痩通宝 JNDA 8

天保通宝 本座銭 広郭 痩通宝1K

表:天保と裏:花押が太く、「當」字、田の中の十が細い。

JNDAカタログでは「岡 痩通」。


18 薩摩藩鋳銭 横郭 仰冠當 JNDA 5

天保通宝 薩摩藩鋳銭 横郭 仰冠當4K

本座長郭の真似?郭は横の方が長い。

JNDAは「短尾通 横郭」と類名は異るが、面の特徴は同じ。


24 薩摩藩鋳銭 美制

天保通宝 薩摩藩鋳銭 美制1K

本座広郭より文字・花押ともに大きい。

「通」の最後がピンっていう感じで伸る。


30 薩摩藩鋳銭 深字 離足宝 大通小字

3K

寳字最終二画が輪から離れている。

24、33と比べても「通」は確かに大きい。


33 薩摩藩鋳銭 深字 美制 JNDA 6

33 薩摩藩鋳銭 深字 美制1K

「24 美制」と似ている。「保」字の左点がわずかに短く、離れている。

JNDAは、このタイプを薩摩広郭として載せている。

細分類が多く24、30、35、40も薩摩広郭に含まれる。


35 薩摩藩鋳銭 深字 仰冠當

天保通宝 薩摩藩鋳銭 深字 仰冠當3K

33と比べ、當の冠が左下がりになっている。

之繞の最初が少し急角度で上がっている。


40 薩摩藩鋳銭 深字 闊字手

40 薩摩藩鋳銭 深字 闊字手3K

見るからに深字。通字用画が幅広。しかしマ頭は、39濶字より短い。


41 福岡藩鋳銭 離郭 JNDA 7

41 福岡藩鋳銭 離郭10K〜

保と通が真ん中の四角い穴(郭)から離れる。

「百」字最終画の右端がクネッと曲る。郭が他種より小さ目。


48 高知藩鋳銭 額輪

天保通宝 高知藩鋳銭 額輪2K

輪が外側より内側の方が低くなっています。文字も輪より低いです。


51 高知藩鋳銭 額輪 短尾通 JNDA 9

天保通宝 高知藩鋳銭 額輪 短尾通4K

上記 48の特徴 + 通字之繞の末尾が短い。


54 萩藩鋳銭 曳尾 JNDA 10

天保通宝 萩藩鋳銭 曳尾10K〜

通字之繞の末尾が長く伸びています。

本座銭に似せようとする意思を感じさせない独特の書体。


97 水戸藩鋳銭 接郭

天保通宝 水戸藩鋳銭 接郭2K

「天」、「寳」、「當」、花押が輪から離れているため、文字が郭へ近づいて見えます。

よって接郭。


102 水戸藩鋳銭 大字 JNDA 15

天保通宝 水戸藩鋳銭 大字4K

文字全部が大きいですが、「天」が特に大きく見えます。


108 水戸藩鋳銭 短足寳 JNDA 14

天保通宝 水戸藩鋳銭 短足寳2K

「通」之繞の点が横向きになっています。

「寳」最後の二画が短くて丸く見えます。


135 秋田藩鋳銭 広郭 JNDA 20

天保通宝 秋田藩鋳銭 広郭10K

銘文、花押すべてが大きいです。赤い銅色が独特です。


TOPへ戻る

国別目次へ行く

年順目次へ行く

その他の日本コインは、

こちら↓↓↓↓↓

日本コインへ行く

寛永通宝へ行く

穴銭色々へ行く