最も有効な手続き方法選択,自己破産についてのあれこれ、大阪、京都

最も有効な手続き方法を一緒に考えましょう

■ 「自己破産」手続き以外選択の余地がない場合もある ■

皆さん「自己破産」と言う言葉には、敏感に反応されますね。何か、 人生に敗北感を感じてしまう方(特に男性)がおられます。
「債務整理」はご本人がどの手続きをしたいかが問題ではなく、 家計収支上、どの手続きをとる事により生活再建できるかが問題です。
そうなれば「自己破産」をしたくても出来ない方がいる一方「自己破産」しか選択の余地がない方が、心理的抵抗感で決断できず、 生活再建の第一歩を踏み出せません。と言う事は、まったく状況改善ができないのです。

「自己破産」は生活再建のプログラムの1つです。何も人生が終わるわけではないですし、 人格を否定されるような事もありません。
ただ、借入れした金銭の返済ができなくなっただけです。(ちなみに、私達が暮らしている日本にも国として多額の借金があります。 私達と同じように返済の目処を立てながら借入れをしておきながら、私達以上に返済ができず、 予定が大幅に狂っています。)
この事態から考えても、借金の返済が困難になる事は罪ではありません。しかし、 返済困難な状態でありながら「自己破産」を含め、「債務整理」を行わず、放置してしまう状況は決して正しいとは言えません。
「自己破産」「個人再生」「特定調停」「任意整理」等、借金問題の解決方法は多々あります。基本、たった一度の機会ですから、 最も有効な手続き方法を気持ちに振り回される事なく、冷静に選択して欲しいと思います。
いつも相談に来られた相談者の方々に説明しているお話です。

お問い合わせ電話番号06-6782-5811

NPOの無料相談

無料相談会はこちらから
無料相談 電話相談
日曜祝日でもOK AM9:00~PM8:00
土曜日曜      AM9:00~PM6:00 無料相談06-6782-5811

専門の相談員が直接ご相談をお聞きします。

当サイトは非営利です。
スペース2
自己破産HOME 無料相談 サイトマップ クレジットサラ金被害者の会大阪 ユーズマップ