生活を守る手段、自己破産の解説、冷静な判断が必要

債務整理の有効性はタイミングが重要

■返済が滞る前に・・・冷静な判断■

●生活を守る手段

債務整理は、生活再建を行う為に大変有効な手段です。
そもそも約定通りの返済が困難になれば、 現実的には返済ができている状況ではないと思われます。返済しているつもりが、 どんどん借金が増える場合や借入元本が困った男性減っていない場合など、ご本人の自覚とは異なり、ご自分の収入から返済ができていない状況になります。

このような現状が続けば、自転車操業も困難になり、遅かれ早かれ支払い不能になります。 できるだけ、無理な返済を行う前に債務整理について考えて欲しいと思います。
債務整理には、 自己破産をはじめ収入と生活状況に応じて手続き方法が色々あります。
ご本人やご家族の生活を守る為にも、適切な時期に適切な対応をする必要があるかと思います。

●危険な借入行為

返済が厳しくなっている債務者は、何とか返済するお金を用意する為に、 正常な判断を誤るような借入を行うようになります。特に、インターネットの普及で簡単に「審査の甘いサラ金やクレジットカード」 「ブラックOK」などの検索文句で借入先を探し、ヤミ金にひっかかってしまいます。

どうしてもお金を借りたい一心で、簡単に個人情報を伝えてしまい、伝えた後に気付くケースもあり、 個人情報を伝えた段階で、かなり窮地に追い込まれてしまいます。

一方、クレジットカードのキャッシング枠を限度一杯まで利用し、 これ以上の借入ができない方にショッピング枠の不正利用を促すような手段も多くみうけられます。
冷静に考えれば、 犯罪である事にも気付くでしょうし、 換金率を考えても割りに合わない事くらい判断できるような行為を行ってしまう恐ろしさがあります。

こういった危険な借入を行う前に、債務整理(自己破産など)を検討された方が、 家族や仕事を失う事なく、生活の再建ができるのではないでしょうか?

●冷静な判断

窮地に追い込まれると、平常心がなくなり冷静な判断ができなくなるのは当たり前です。 この平常心を失うまでに、元の生活を取り戻す方法を考えて戴きたいのです。

ご家族やお身内に、借金のご相談は大変辛い事だとよくわかります。
ただ、危険な借入行為を行ってしまうと、現実仕事を失ったり、ご家族離散なども十分あり得る話になります。 ですが、自己破産をはじめ債務整理については、もちろん犯罪ではないですし、手続きの内容をしっかりご理解いただければ、 ご協力もいただけると思います。

特に、自己破産については「人間失格」などのイメージを持っておられる方もみうけられますが、 誤った認識である上、生活をする上にも何ら制約を受けるものではありません。イメージ先行で思い込む前に、 ご自身の本当に冷静な判断で自己破産はじめ債務整理についてお考えいただきたいです。

■なぜ自己破産が必要なのか

お問い合わせ電話番号06-6782-5811
無料相談会はこちらから

●最も有効な手続き方法  ●按分弁済とは  ●自己破産よもやま話

スペース2
自己破産HOME 無料相談 サイトマップ クレジットサラ金被害者の会大阪 ユーズマップ