携帯電話で自己破産する??スマートフォン

携帯電話(スマートフォン)が無ければ生活できないの?

■携帯電話で自己破産する??■

●現代の必須アイテム

現在の必需品は何かと考えた時に、いつも身の回りにあるものとして、 携帯電話(スマートフォン)が考えられます。 一昔前、電話は会社や自宅にあるもので、よほど緊急でも無い限り、日常生活で使用する事はほとんど無かったかと思います。
それが、ごく僅かの間に成人から子供(小学生含む)まで、一人一台持つようになり、「携帯」と言えば「電話」を意味するようになりました。

今では、携帯電話が無ければ、友人・知人とのコミュニケーションをとる事すら困難な状況になっており、 職探しにはなくてなならない物になっています。
スマートフォンとバイ菌 サポートセンターに相談に来られる方も、全員と言っても過言ではないほど、携帯電話は皆さんお持ちです。 中には、ご自分や家族名義ではなく、友人に借りて貰っている方などもおられますが、必ず携帯電話は持っておられます。

相談の中で、皆さんが気にされる内容に、自己破産をしても携帯電話を持つ事は可能かどうか心配されます。特にご家族の場合、 お子さんが使用困難にならないか心配される親御さんも見受けられます。
今では、固定電話と同じように生活必需品(光熱費に準じる)扱いになっていますので、自己破産をしても何も影響は受けません。 (もちろん、料金滞納がない事が前提です。)仕事上でもプライベートでも、重要な役割をはたすアイテムとして確立していますが、 使用方法を間違うと、経済的破綻の原因にもなり得る恐ろしさがあります。

●恐るべし落とし穴

前述しましたが、自己破産の原因に携帯電話が起因するケースも見受けられます。
比較的若年層では、パソコン代わりに携帯電話のサイトを閲覧する事が多く、 出会い系やアダルトサイトの決済にクレジットカードを限度額まで利用する例もある。
また、無料ゲームがきっかけで、ゲームに没頭しゲーム内で利用するアイテムを、コンビニエンスストア等でクレジットカード決済し、 エキサイトする例もある。
単純な場合には、情報料や通話料金等で、1ヶ月に数万円も支払い続ける相談者もいます。 (クレジットカード決済をしていると、高額な支払いが実感できないようになる。)これらの例は、相談に来られた方々の話を聞き取り、 通常では考えられない行為が、常態化しつつある現実の恐ろしさの一端です。

究極の内容では、携帯電話に届いたメールで架空請求され数百万円の支払いを行い、 借入の返済の為に自宅を担保に入れたケース等もあり、自己破産で生活再建を行うしかない場合もありました。
携帯電話が電話本来の使用ではなく、パソコンに変わる利用をされている現代、起こるべくして起こっている現状のように思います。 犯罪行為や悪質な行為も横行していますが、パソコン同様いたちごっこになっている為、自己防衛するしかない状況です。

どんどん低年齢化している携帯電話の利用状況下、 10代後半や20代前半で自己破産を行うケースも出てきています。
何か遊興費に利用したわけでもなく、 贅沢に買い物をしたわけでもなく、ご本人の中にさほど意識もないまま、借金がどんどん増えてしまう現象が起こっているようです。 解決方法も模索できず、まったく支払いができなくなり慌てる状態の為、生活再建を最優先に考慮すれば、債務整理が唯一の方法と思われます。

お問い合わせ電話番号06-6782-5811
無料相談会はこちらから

●最も有効な手続き方法  ●按分弁済とは  ●自己破産のよもやま話

スペース2
HOME 無料相談 サイトマップ クレジットサラ金被害者の会大阪 ユーズマップ