学資保険の破産財産,自己破産の解説,神戸 大阪

学資保険は教育資金の位置づけ?

■学資保険と自己破産について■

■将来の教育資金の為に・・・

女性のイラスト子供の誕生と共に加入するのが、学資保険ですが、有効な預貯金になっているか検証した事はありますか?
将来の教育資金の為に貯蓄するものですから、保険部分の費用がどの程度必要かは、把握されていた方がいいかと思います。
最近は、色々なオプションがついているケースもありますが、費用対効果を熟慮した上で、加入する必要があります。

■保険は誰の資産になるのでしょうか?

可愛い孫の為に祖父母が掛け金を支払っているケースもありますが、大切な事は「契約者」が誰であるかと言う事です。
学資保険なんで、被保険者のお子さんの預貯金と思い込んでいる方々もおられますが、基本的には「契約者」の資産です。 特に、注意すべきは、学資保険をご家族やお身内の間では、お子さんの教育資金と位置づけられている事です。 この事が、自己破産問題浮上の折に大変なネックになり、行動を起こせない場合もあります。

原則が「契約者」の資産ですから、仮にご主人が契約者で自己破産を行おうとした場合、祖父母や奥さんのやり繰りで月々支払っていても、ご主人の資産になります。
学資保険の満期金を入学金や授業料に予定し、奨学金の申込みをしていなかったケースなどでは、取り返しのつかない事態にもなりかねません。
誰も、自己破産を予定した人生を歩んでいる方はいませんが、避けられない事情で自己破産手続を行い、生活再建される方はおられます。

お問い合わせ電話番号06-6782-5811

●なぜ手続きが必要なのか  ●ブラックリスト  ●携帯電話が原因で破綻

■有効な教育資金の貯蓄方法は?

子供の誕生=学資保険の認識を改め、預貯金と保険を分離して考えてはいかかでしょうか? 健康で健やかに成長しているお子さんの為には、子供共済の利用を考えられてはいかがでしょうか?
保険ですから、もちろんお子さんの病気・怪我の保障は大切ですが、重要な事は、賠償責任保険の有無だと考えます。 保険の内容を吟味し、性別や年齢を考慮しながら保険は保険として選択すべきだと思います。

一方、教育資金に関しては、自己破産を前提の話ではないですが、安全な積立・定期預金をお子様名義で行えばいかがですか?
ご主人・奥さんの給与口座からに現金を引き出し、家計のやり繰りを行う中で、確実にお子様の預貯金を行えば、学資保険の代わりになるでしょう。
万が一の事態になった折、生活再建の手段である自己破産手続を有効に利用できる事は大切だと思います。

●よもやま話  ●海外旅行に行けなくなる  ●ブラックになるとどうなる

無料相談会はこちらから

●最も有効な手続き方法  ●按分弁済とは  ●住宅ローンと任意売却

スペース2
自己破産HOME 無料相談 サイトマップ クレジットサラ金被害者の会大阪 ユーズマップ