自己破産のブラックリスト、借金相談、多重債務、自己破産、兵庫 神戸 大阪、債務整理

■ブラックリストとは

●「ブラックリスト」という「リスト」は存在しない!

ブラックリスト自体は存在しない。
通称であり、 長期延滞や自己破産などのトラブルが記録される個人信用情報です。
(自己破産に限ったことではありません。 延滞・任意整理・特定調停なども同じ)

返済に滞りのない通常の情報をホワイト情報、返済が滞った事故情報をブラック情報と言うことから、 ブラック情報が個人信用情報機関に登録されたことを、「ブラックリストに載った」 という言い方をされているだけです。

債務者に借金を延滞した等の事故情報(借金の返済における事故)がある場合、 通常の金融機関では資金を貸出さないようにする。金融業者は業者同士で事故情報を共有することによって、 借金申込者の事故情報の有無を確認をできるようになっている。
個人信用情報の中に金融業者が融資不適格者リストとして ブラックリストを作成しているわけではありません。

●事故情報とは?

個人信用情報機関によって多少異なりますが、次の情報が登録されます。

延滞の内容
長期延滞、延滞後入金、延滞回収、延滞後解約等

代位弁済
保証会社から代位弁済が行われた場合

債務整理、自己破産など官報情報

取引停止、強制退会

等です。

●個人信用情報機関名

株式会社 日本信用情報機構(JICC)
消費者金融専業者が主な会員

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
信販、クレジットカード会社、家電・量販店・自動車メーカー・百貨店系クレジット等

銀行系(全銀協)
銀行、銀行クレジットカード

などが存在します。

信用情報機関というと、国が運営しているようにも聞こえますが、 あくまでも民間独自の機関です、サラ金業者や銀行などの金融機関が加盟しているものです。
また、 サラ金業者など必ず加盟しているとは限りません。

※株式会社シーシービー(CCB)は、 平成21年8月1日をもって株式会社日本信用情報機構(JICC)と合併、統合されました。

■ブラックリストに記載される場合

以下にブラックリストに載る事例を紹介します。

・長期に渡る返済の遅滞

・任意整理・特定調停を行なった場合

・自己破産・個人再生など

結局、延滞しようと、任意整理だろうと自己破産であろうと同じであると考えてください。

なお、ブラック情報以外にも、例えば借入れを申し込んでもその情報が記載されるので、 数件の申し込みをするだけで「要注意」として借入れが出来ない場合もあります

スペース2
自己破産HOME 無料相談 サイトマップ クレジットサラ金被害者の会大阪 ユーズマップ