自己破産手続きを詳しく解説します。大阪,兵庫,京都,滋賀で無料相談会

ごあいさつ


さて、自己破産とはどのような手続きなのかを知ってもらうために、自己破産に特化したサイトを作成しました。 「会社をクビになり、身ぐるみ剥ぎ取られる」というネガティブなイメージがあります。しかし、この手続きは、 あくまでも生活の再建のための手続きなのです。誤解の無い知識を身につけて、明るい生活を取り戻しましょう。

理事長 用山恵子

■ 自己破産について ■

 長期的な景気の低迷や失業率の増加より、リストラ拡大、収入減少による個人破産が急増し、その手続きの利用が増えることにより、破産法を中心とする倒産処理手続きの関心が高まっています。
 平成17年に施行された『新破産法』では、従来の破産法を全面的に見直して、より使いやすく合理的な手続きが可能となりました。
 当サイトでは、自己破産に関する基本知識から、申立て手続きについての疑問・質問などについてできるだけわかりやすく解説しています。

お金と生活自己破産手続きとは、多額の負債を抱えてしまい「支払い不能」の状態に陥ってしまった債務者が、自身の住んでいる住所を管轄する地方裁判所に破産手続きの開始を求めて申請をして、手続き開始時点の債務者が所有する換価価値のある財産を破産管財人が換価処分をして債権者に平等に配当(あくまでも管財人が選任されている場合に限る)して、残った負債については、免責によって、請求を行う法的強制力を奪うことで、債務者の債務の負担から完全に解放して、 借金地獄の状態から救済する手続きです。

 さて、自己破産といっても、その対象は個人から団体・大企業にまで様々であり。しかも実際の申立は個人によるものが大部分であり、そのほとんどが管財人の選任されない同時廃止です。
 同時廃止とは、裁判所が破産手続を開始するという決定を行うと、直ちにその手続を終わらせる決定をすることであり、手続きの開始と同時に破産は廃止されるので、前述の財産処分手続き(換価処分)などは何ら行われません。

つまり皆さんが心配するように、資産を取り上げられたりすることはありません。(財産の処分はまったく行われず)預貯金・現金は今後の生活に使えばいいわけです。
また、皆さんを悩ませる破産者の制限なども影響は極少ないということです。
 皆さんが自己破産と聞くと、何だかとても悪いことをするように、さも破廉恥行為をしたかのように思われる方もおられるようですが、日本においてこのような感覚の存在が、どれほど皆さんを苦しめていることでしょうか。それ故に、やみくもに自己破産を避けようとして、新たな借金を繰り返し、ヤミ金にも手を出してしまい、その被害が家族や親族にまで派生することさえあります。
そもそも、自己破産は国が認めた「生活再建のための手続き」であり、国民の基本的な権利でなのであり、一切恥じることなどはないのです。
 一番のポイントは、破産に対する正しい知識を持って処理を行い、明るい生活を取戻しましょう。

私どもは、多重債務を抱えた皆さんに、債務整理を通じて生活の立て直しを図るべく非営利のNPO法人として、無料相談を行っています。当センターは弁護士・司法書士等事務所ではありませんので、すべて無料でアドバイスが受けられます。大阪・京都・兵庫での相談会にもぜひお越し下さい。

お問い合わせ電話番号大阪06-6782-5811

●マイナスイメージに捉えるべからず!

大阪ボーヤ

自己破産手続を借金の踏み倒しと捉え、さも犯罪かのように思っている方がいます。 特に年配の方にはこの世の終わりの如く「とんでもない」と考えていらっしゃることが多々あります。
 また相談に来られる方でもどうしても自己破産手続き以外の整理を希望されることが多いのですが、その多くが、 自己破産以外に進みようが無い状況であることが見受けられます。
 理由を聞くと、「よくは解らないが自己破産をするととんでもない状況が待ち受けている」と勝手に想像している場合が多々あります。 要するに思い込みです。勝手なマイナスイメージは意味がありません。
 客観的に今後の返済が無理な事案において、自己破産 以外の手続きを無理に行っても、いずれまた支払いが不能となることが目に見えています。
自己破産手続きにより、新たな人生の再スタートを切るべきです。

へんなプライドも意味がない!

 「自己破産は人生の敗者だ!自分のプライドが許さない」と言われる方もいます。
プライドを捨てろとは言いません。つまり「それが如何したの!」と言いたいだけです。
プライドではご飯は食べて行けません。ましてプライドが故に借金の返済のための借金を繰り返すことに意味はなく、配偶者や親に連帯保証人に なってもらい、さらには親しい友人まで巻き込んでしまう・・・本末転倒でしょう!

 会社の自己破産であれば会社は消滅します。しかし人間は消滅できません。 これからも生きていかなくてはならないのです。
  「自己破産は人生の敗者だ」と思ってもかまいません。敗者復活戦と思えばいいのでは・・・まずは、今すぐ取立を止めて心の準備を致しましょう。

当サイトは、大阪を中心に活動をしている、NPO消費者サポートセンター大阪が運営しています。出来るだけ簡単に私たちの蓄積されたノウハウを詳しく解説していきます。
 ※自己破産についてもっと詳しく知りたい方は 自己破産についてのQ&A
大阪と京都で借金の相談をするなら無料相談会にお越し下さい。

■ 大きな負債を抱えてしまった方の手助けとして ■

●費用が用意できなくても大丈夫です。大阪以外の方も相談して下さい。

当サイトは大阪府認証の特定非営利活動法人が運営していますのでご安心下さい。
法的手続きを含む債務整理が必要な場合に費用が捻出できないと諦める方もおられます。
相談風景しかし、自力での返済が困難になった以上、生活の再建を行うためにはどうしても手続きが必要なのです。そして弁護士や司法書士にとって、借金自体の整理を行うことはさほど難しいことではないはずなのですが、その手続きの事案等によってもかなり違ってきます。
これら費用の問題も含め敷居か高く感じてしまうのも事実かも知れません。
いずれにしても、弁護士・司法書士の費用については、債務整理を行う債務者の生活に支障を来さぬように細かい分割支払が可能なようにお願いが出来るよう考えております。
このように皆様の手助けになればと考え、積極的にNPO法人がアドバイスを行っています。もちろん全て無料ですから安心してお問い合わせ下さい。大阪・京都・神戸で相談会実施

自己破産HOME 無料相談 サイトマップ クレジットサラ金被害者の会大阪 ユーズマップ