松井コンサルタント  【M・OB経営企画】

葉山の松井艦長の経営コンサルタントとして実績のある葉山町堀内 信頼のISOエキスパート審査員・経営士の松井貞之が誠実に対応いたします。

 
【 葉山の経営士 松井貞之】電話のお問い合わせはこちら
Consultant
葉山の松井コンサルタント
事例紹介

  事例紹介

今次は不測事態の対処法に特化してシステム化の手法を紹介する。
本システムは自分が何をしたら良いかを、自分の携帯で知る事ができる仕組みである。
事例として韓国フェリー事故を取り上げ、担当各位が何時・どの時点で・自分は何を処置すべきかを確認する仕組みとして紹介する。

  把握責任事項細部

今次フェリー事故に関し、どの様な責任があったか
2-1 ;  船改造時把握責任
2-1-1 ;  船の基本性能変化
航行性能変化
復元性能変化
復元機能変化(バラスト等)
2-1-2 ;  船の安全機能変化
救命装置等諸安全装置
2-2 ;  定期修理整備時把握責任
2-2-1 ;  船の基本性能変化
2-2-2 ;  船の安全機能変化
2-3 ;  出港前把握責任
2-3-1 ;  1等航海士
安全運航管理において船長を補佐する責任がある1等航海士は下記の正確な現状を把握すべきである。
積載担当者からの積載物搭載現状、固縛現状、
機関管理長からのバラスト水現状
船の安全設備現状
過積載許容、積載物不固縛、バラスト不活用意思は1等航海士の権限を越える事象なので、船長に現状を報告して判断を仰ぐべきである。
2-3-2 ;  船長
上記積載現状の報告を受け、航行中の海象・気象の予察を進め、上記C;クライシスへの陥り回避の指示をすべきである。
又、航行中の安全確保を配慮すべく、上記R;リスク管理の当直勤務大要を指示すべきである。
2-4 ;  航行中把握責任
2-4-1 ;  当直責任者
リスク現状
2-4-2 ;  1等航海士
クライシス関連変化情報
2-4-3 ;  船長
クライシス関連処置情報

  リスクコントロールの細部

当直者(今次は3等航海士)が当直勤務中に状況監視
  • R1;過積載
    満載値を超えた転覆の危険リスクがあると判定して積載状況を把握して警戒監視し、当直交代時は危険リスク 事項として申し継を励行する
  • R2;積載物の不固定
    積載物の移動が生じると復元性能に影響が出る事を知り、荷くずれが起きているか否かは当直勤務中常時巡回 監視が必要である。
  • R3;燃料消費による重心変化
    燃料消費による重心変化も復元性能に影響する。燃料消費は計測し予想可能であるので、事前に安全範囲・警 戒範囲・危険域・の予察を図示しておき、定時に現状把握をして、予想と現状とを対比した現状確認活動は必要である。
  • R4;バラスト活用
    船の復元性能としてバラスト機能がある。バラスト水は殆ど排水されていたようであるが性能・機能の予備知識教育と、当直中の現状把握は必要である。
  • R5;兆候監視

  クライシスコントロールの細部

上記R3の燃料消費による重心変化連続計測、危険予想値の明確化
船の針路と風向及び予想風力の定期的計測(復元要素に影響の大きい、側面風力監視)危険予想値の明確化

船長を補佐する1等航海士が処置・指示すべき事

  • C1;復元性能
    復元性能上の重要事項である3倍の過積載、搭載物の不固縛、バラストの不活用等に付いての良識欠除は危機的レベルであり、この様な事が許容される社会は異常なレベルである。
    船の復元性能に関する教育の履修が必要である。
  • C2;過積載
    過積載が即転覆の危険との評価には結びつかないが、今次事故の様に3倍を超えている事は要クライシスコントロールレベルにある。1等航海士は責任を自覚して過積載を回避すべきである。
  • C3;積載物の固縛
    過積載の現状は明白であり、動揺で積載物が移動して傾斜が増加して復元性能に及ぼす危険性は予知が必要であり、と同時に移動許容値の確認、許容値をオーバーした際の早期把握体制を確立の要がある。
    上記R2の荷崩れ監視の責任は現当直者にあるとしても、当直の心得、監視体制の整備は1等航海士の責務である。
    事故発生初期に積載物が移動した物音が有ったらしいが、早急な現状調査実施の確認指導は1等航海士の責務である。
  • C4;バラスト活用
    燃料消費がもたらす重心移動に関し、安全範囲・警戒範囲・危険域に応じてバラスト水調整の実施は1等航海士の責務である。
  • C5;復元力回復処置
    上記R5の兆候監視に於いて、アップツ-デイトで報告を受け危険値への近接を予想して回避対策処置を行うのは1等航海士の責務である。

  ダメッジコントロールの細部

船の安全運航、非常時の危険回避は全て船長の責務である。
  • D1;責務不履行
    上記C1の過積載、固縛不実施、バラスト水排水が船長の意図で有ったとしたら非常識と断罪です。
    しかし、これらの実態の報告が船長に届いていなかったとしてもほぼ同レベルのマネジメント欠落の非常識である。
    上記Cにおける1等航海士の責務履行不足、上記Rにおける当直中の3等航海士の責務履行不足は船長の職務怠慢である。
    上記Rのリスクを認識せず、事故発生直前でも自室で仮眠していた良識欠除は危機的レベルであり、この様な事が許容される社会は異常なレベルである。
  • D2;傾斜角
    D2-1;復元性能は把握できていいると考えるが、許容傾斜角以上は復元不能と考えて傾斜鈍化の以下対策を取るべき反対弦への人の移動、バラスト注水処置
    D2-2;積載物の移動事故が事故初期に起きているが、現状把握と今後の傾斜予想、回復処置の可否を把握検討すべき
    D2-3;燃料消費による重心移動、バラスト水活用による重心回復並びに傾斜鈍化の処置要検討
  • D3;復元力回復処置
    D3-1;自由水面の減少処置(浸水部を中心に排水)
    D3-2;傾斜反対弦への急速なバラスト注水
  • D4;沈没回避手段として浅瀬乗り上げ処置
  • D5;救命浮缶活用の着意
  • D6;救命避難誘導
    D6-1;救命胴衣着用アナウンス
    D6-2;救命対策アナウンス

  事業活動調査手法

馬鹿と鋏は使いようとの昔のことわざがあるが、ISOも同じだ。多くの企業で認証に合格する事が目的化して仕組みが形骸化し、使い方への工夫が不足している傾向性がある。
ISOの要求事項が組織をマネジメントする際の要点を全て網羅しているとは言えないが、必要な要点をかなり体現化出来ている。
大切なポイントは自社の業態に沿わせて要求事項を活用した標準化を推進する事にある。

上記したISO9001を活用して社内体制の整備、ISO9001を活用したマネジメント、中間管理職の管理力の向上で要点を述べたが、これらの効果がコンサルタントを担当した数社で10年近く着実に業績が向上した成果を上げている。

さて、今話題にしょうとしている事業活動調査について、ISO認証合格の多くの企業で内部監査の実施が審査の際に不実施不適合とならないためだけの形骸化に陥り、効果が上がっていないのを方もした審査の場で多く所見する。
ここで、私が推奨する事業活動調査での評価手法を活用すると、社内体制が目覚ましく向上するので活用を推奨する。

事業活動調査
1;目的
  • 1-1;ISOのQMS運営を目指す企業は、規格への適合性を評価してISO9001認証合格を目指す。
  • 1-2;ISOの認証に合格している企業は、品質マネジメントの8原則を優先適用して、QMSの有効性評価、効果性評価をして継続的改善を推進する。
  • 1-3;現行事業活動での業務の確実性及び効率性の効果を監査し、現行マネジメントでの長所・短所・対策を明確化してマネジメントの有効性の継続的改善を図る。
    達成レベル;業績成果過去最高達成
  • 1-4;事業活動現状での潜在リスクの顕在化を図り、リスク管理体制、クライシス管理体制、ダメッジ管理体制の強化を図り、打たれ強い組織への成長を図る。
    達成レベル;業績成果3年連続過去最高達成
2;計画
  • 2-1;10年を超えるISO主任審査員としての活動経験を基に、規格の要求事項に品質マネジメントシステムが適合しているかを評価して認証合格性を評価する。
  • 2-2;同上の経歴を基盤として品質マネジメントシステムが現業務活動計画(製品実現計画)に適合しているか、品質マネジメントシステムで定めた規定が実行されているかのQMSの有効性を評価する。
  • 2-3;現行QMSを運用して業務の確実性が高まり、不良品が効果的に減少しているか、業務の効率が効果的に向上しているかを下記8点の評価指標で効果程度を評価する。
  • 2-4;現行事業活動に於いて自社における警戒すべき主用リスクは何かをリスクの洗い出しと、その影響度などを評価して、優先順位の明確化を図り、手順書等の整備で対策推進する基礎を培う。
QMS運営評価指標;(下記について5段階評価)
  • 1;業務の標準化による効率性向上
  • 2;方針・目標の一元化管理による組織の効率的運用
  • 3;リーダシップ発揮体制の確立による中間管理職の管理力向上
  • 4;M/R(マネジメントレビュー;経営判断)体制の合理的活用による経営判断の容易性・適切性向上
  • 5;監査体制の確立と監査結果活用による問題の摘出と改善効果
  • 6;自主的データ分析機能による要解決問題の合理的摘出と改善効果
  • 7;是正処置による重要問題の再発性削減改善効果
  • 8;予防処置による重要問題の未然防止効果
上記視点でレーダーチャート評価し、長所、短所、対策(今後強化要点)を明示すると効果的である。(コンサルタント先数社で大きな効果が表れ、業績が確実に向上している。) 「ISO9001運営による期待成果達成度評価表」サンプルを下記する。
総合所見
ISO9001運営による期待成果達成度評価表
会社名
総合所見

レーダーチャート3のラインがISO9001の適合性合格レベルです。
3は概ね良しとして、3以下は審査の場で不適合若しくは観察所見がでる可能性があります。
4・5評価の事項は御社の強みであり、今後の活動成果向上が期待できます。
2のレベルは対策提言事項を集中的に強化される必要があります。
総論として、概ねISOが運用されているかなのレベルであり、経営品質の改善向上が進み、ISO取得効果が生まれているとは未だ言えないレベルと思えます。
経営者及び管理責任者のリーダーシップ発揮の更なる積極性が肝要と思慮します。

個別所見(強点、弱点、対策);凡例
業務の標準化による効率性向上
1 項 3 強 点
弱 点
対 策
方針・目標の一元化管理による組織の効率的運用
2 項 3.5 強 点
弱 点
対 策
責任・権限の明確化とリーダシップ発揮体制の確立による中間管理職の管理力向上
3 項 4 強 点
弱 点
対 策
M/R(マネジメントレビュー;経営判断)体制の合理的活用による経営判断の容易性・適切性向上
4 項 3 強 点
弱 点
対 策
監査体制の確立と監査結果活用による問題の摘出と改善効果
5 項 3 強 点
弱 点
対 策
自主的データ分析機能による要解決問題の合理的摘出と改善効果
6 項 4 強 点
弱 点
対 策
是正処置による重要問題の再発性削減改善効果
7 項 3 強 点
弱 点
対 策
予防処置による重要問題の未然防止効果
8 項 2 強 点
弱 点
対 策

達成度総合評価図
  • 【経営士 葉山の松井貞之】このページのトップへ
  • 【経営士 葉山の松井貞之】このページのトップへ
  • 【ISOエキスパート審査員 葉山】「M・OB」最新セミナー情報
  • 【ISOエキスパート審査員 葉山】「M・OB」mailお問い合わせ
  • 「M・OB」【信頼されるM・OB経営企画】お楽しみ画廊
  • 「M・OB」【信頼されるM・OB経営企画】お楽しみ画廊