ウィニングショット(PCエンジン)

(作成日・2009/04/25)

  • 発売…データーイースト(1989年)
  • 価格…5500円
  • 分類…スポーツ(ゴルフ)
  • 最大4人プレイ可能
  • 任天堂のゲーム機「Wii」のバーチャルコンソールに対応。
    (消費Wiiポイント=600)

操作説明(基本)


  • 十字ボタン…カーソル移動。画面のスクロール。
  • IIボタン…選択した項目を決定する。ボールを打つ。
  • Iボタン…選択した項目をキャンセルする。
  • RUNボタン…ゲームスタート。
  • セレクトボタン…使用しない。


ゲームモード

ストローク(STROKE) 18ホールをプレイして、スコアを競う。1〜4人までプレイ可能。
マッチ(MATCH) 18ホールをプレイして、ホールごとに勝敗を競う。2人プレイ専用。
トーナメント(TOURNAMENT) 実際のプロトーナメントツアーのように、4日間の大会期間中に得られた賞金総額で争われる。
ホールによって、ドラコン賞やニアピン賞、ホールインワン賞等が用意されている。1〜4人までプレイ可能。
長時間になるため、パスワードによる継続プレイが可能。
全18ホールの成績次第で、19番ホールにチャレンジ出来る。(強制ではない。)

3種類のゲームモードでの対戦プレイは、キャラクター選択画面で対人・対コンピューター戦の選択が出来る。


キャラクター選択画面

 
実在のプロゴルファーをモデルにした6人のキャラクターから、好みのを選択する。
登場するキャラクターには、あらかじめ個性が設定されているが、
ポイントを自由に振り分ける事によって、プレイヤーが任意で設定出来る。
ポイントは合計27ポイント。各項目の最大設定値は9ポイント。
対人・対コンピューター戦の設定も、この画面で行う。ポイント調整でコンピューターの強さも変更出来る。
全てのプレイヤーをコンピューターに任せる事も可能。(ウォッチモード)
パワー 数値が大きいほど、通常のショットでの飛距離が伸びる。
コントロール 数値が大きいほど、ボールが正確な位置に飛ぶ。
スピン 数値が大きいほど、大きくスピンが掛かる。バンカーからの脱出やグリーン上では重宝する。
パッティング グリーン上のパットの正確さ。
フルパワー ジャストミートで飛距離がさらに伸びる。
数値が大きいほど、パワーゲージの上に←このマークが出る位置が下がる。
LEFT 残りポイント数。全部使わなくても可。

キャラクター

おあき

くらもち
ながしま

J・おさき

ありゃこ
(女子選手)

きゃっしゅ
(女子選手)


コース画面の解説


上部のウィンドゥ。主に現在のホールの情報が表示される。
  • プレイヤーの名前。変更可能。
  • 現在プレイ中のホール。
  • PAR(ホールの規定打数)
  • 現在の打数。
  • カップまでの距離(単位は、ヤード)
  • 現在のスコア。
    (マッチプレイとストロークプレイでは表示が異なる。)

下部のウィンドゥ。このウィンドゥでボールのショットの操作を行う。
黄色くなった項目が、現在選択中の項目。
選択する項目が無い状態で、方向キーを動かすと
コースをスクロールして見渡す事が出来る。
  • 使用するクラブ。
    項目が黄色い状態で、十字ボタンの上下でクラブを選択。
    Iボタンで決定。IIボタンでキャンセル。
  • ボールの打点を設定。
    項目が黄色い状態で、十字ボタンの上下左右で赤いポイントの位置を選択。
    Iボタンで決定。IIボタンでキャンセル。
  • 風向きと風速。

グリーン上の操作。
使用クラブをパターに合わせると芝目が表示される。
他ゲームと違い、方向は一方向のみ。
矢印の色が、青→黄→赤の順に芝目がきつくなる。
ちなみに、グリーンで使用するクラブの種類に制限は無い。

ホール解説→別ページへ


クラブの種類と平均飛距離

風の影響と、パワー・フルパワー・スピンのパラメーターの調整次第で、飛距離に変化が生じる。

【ウッド】
ヘッドが大きく飛距離が出るため、主にロングホールでのティーショットで使用する。

【アイアン】
ウッドでは飛び過ぎる可能性のある場面で使用する。

【ピッチングウェッジ&サンドウェッジ】
アイアンの一種。飛距離よりもボールを高く上げる性質のため、バンカーや深いラフからの脱出に使用する。

【パター】
基本的に、グリーン上のみで使用するクラブ。このゲームでは使用しなくても構わない。


テクニック

― 一発逆転!?―
このゲームは、グリーン上でも自由にクラブの選択が出来る。
ロングパットに自信が無くても、離れた場所からピッチングウェッジで、直接カップインを狙うことも出来る。

―あの有名なゴルフ漫画も真っ青!?―
このゴルフゲームは、他社のゴルフゲームには無いような、妙なリアルさに拘った面が見られる。
例えば、立ち木だけではなく、グリーン上に立つピンにまで当たり判定が有るのもその1つ。
驚くべき事に旗竿だけではなく、風に靡く旗にまで当たり判定がある。
これを利用して、高く打ち上げて落下点を旗竿の真上にすると、ボールが旗竿に絡まりながらカップインする。(モズ落とし)
旗に直接ボールを当てて、ボールが旗竿に絡まりながらカップインする。(旗包み)
フルパワーで打って、水辺に入ったボールが水中に潜って強引にフェアウェイに上陸することがある。
(他のゲームのような、水切りショットではない)
…など、運にも左右されるが「プロゴルファー○」並の超絶テクニックが楽しめる。


戯言

スポーツ系のゲームは、あまり好みではありませんが、ゴルフと野球は結構好きなジャンルです。
古くはファミコンの「ゴルフ」から始まり、それ以降どの機種でも取り合えず、
野球とゴルフのゲームは購入するようにしています。
(ただ、実物をプレイしたりテレビの試合中継を見たりはしませんが…)
ゴルフは好きなんですが、ショットが苦手なんですよねぇ。
超高速移動するゲージをタイミングを合わせて、3回ボタン押してショットを打つタイプは、特に苦手です。

PCエンジンが発売されて間も無い1989年頃〜91年くらいまで、各メーカーからゴルフゲームが多数発売されました。
本体価格が当時としては高価だったので、お父さんに本体買って貰う口実に使ってもらえるようにと、
狙って出したんでしょうね。
そういえば麻雀ゲームが少なかったのは、今思えば意外な事ですが。

筆者達も、発売と同時に購入して以来、現在まで所有しています。
このゲームは、同社のビリヤードゲーム「サイドショット」に近い操作感覚で、打球の方向と打点を決めたあと、
上下に移動するゲージに合わせて打つだけという、実にシンプルな操作。
他のゴルフゲームでは、プレイヤーの擬似3D風の拡大画面とコース画面が分かれて表示されるタイプが多いですが、
このゲームは、画面全体にコースが僅かに斜め俯瞰で表示され、プレイヤーもコース上に直接表示されるため、
周りの地形が把握し易くなっています。
本物のルールではどうなのかは知りませんが、当時驚いたのが、グリーン上でも自由にクラブの選択が出来る事。
大抵の他のゴルフゲームでは、パターに固定されて変更出来ませんが、このゲームではお構い無し。
ロングパットに自信が無くても、離れた場所からピッチングウェッジで、直接カップインを狙うことも出来ます。
これまで、数多くのゴルフゲームをプレイしましたが、これ以上に初心者に易しく、自由度の高いゴルフゲームに
出合った事が無いと感じるほど、お気に入りのゴルフゲームです。
強いて悪い所を挙げると、パワーゲージの目盛りと打球方向のカーソルが見辛い事くらいかな?
特にバンカーと重なると判別し辛くなります。

今回の記事を書くに当たって、久々に「トーナメント」でプレイしてみたら、
なんと、7番ホールでホールインワンが出てしまいました。
所有20年目にして、初ホールインワン…。・゚・(ノ∀`)・゚・。 


2009/04/25


レトロゲーム徒然草に戻る