甲斐武田を探検っ!!

 

ヨシャーの温泉

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

ht035

「敵に塩を送る」・・・武田信玄が同盟を破り駿河の今川氏と敵対したことで、今川氏と同盟国の北条氏は怒り駿河・相模からの塩を止めてしまいます。人間の生活には欠かせない塩。困る武田氏!しかし上杉謙信はそのことを知り、武田信玄と決着をつけるのは戦で!ということで、塩を甲斐に送ったんだとか。実際そのようなことがあったかは疑問なんですが、ひとつの言葉として残ってしまっている武田VS上杉(+今川・北条)なのでした。

さて、物語の続きになるのですが、永禄十年(1567)塩止めという行動に困った武田信玄は甲斐国内の塩水を探させます。そのとき見つかったのがこちらの冷泉なのだとか。

近年、実際に試したところ塩がしっかり取れたんだそうです。炭酸も含まれた水なんだとか。

場所ですが、塩川ダムのほとりにあります。車道の下、人口湖(みずがき湖)のすぐほとりにありますので、ちょっと気づかないかも。下の写真の休憩所を目印にしてください。ちなみにご覧のように冬場に行くと危ないですから、クレグレもご注意を。

「ヨシャー」の由来・・・現地には大きい説明板が建っているんですよ!ゼヒ現場で確認を!(笑)

 

 <2007/1/21>