甲斐武田を探検っ!!

       但馬守館跡

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

yn036

史跡・関係地名:但馬守館(但馬屋敷・大村但馬守屋敷跡)

住所:山梨県山梨市牧丘町倉科

場所のわかりやすさ:×

駐車場:×

説明板:×

売店:×

地図:

関係人物:大村但馬守など

<大村但馬守忠友>甲斐武田氏に仕え、雁坂口の警備を担っていた大村党。信玄の時代には大村加賀守、勝頼の代には大村伊賀守が党を率いましたが、武田氏滅亡後の天正壬午の乱では北条氏に通じ徳川軍に攻められ一族滅亡したと甲斐国志は伝わります。さて但馬守忠友は大村伊賀守の義理の弟で、兄ともに武田氏に仕え、兄よりこの地を与えられ真智不動川以西を所領地としました。新たにこの地に館を構えたので「新居」と呼ばれ、現在も小字新井と呼ばれます。

但馬守忠友は、武田氏滅亡後の天正壬午の乱では一族とともに北条方に組しますが、大野砦で徳川軍の先方である三枝土佐守と戦い討死。大野砦近くの三十六塚に葬られたとも伝わります。

 

 

<遺構は・・・>牧丘町誌によると、東西は窪んだ地形で一帯は南面丘陵地。昭和初期まで遺構が存在したようですが、現在は耕地化し消滅。館中央部には鎮守稲荷があり石祠2基と西に石仏が並ぶとあり、中央祠には文化九申年と刻まれています。付近を捜してみましたが、葡萄畑の中に石祠を発見。横並びに三つ並ぶ石祠(中央は近年のものらしく真新しい感じです)なので、牧丘町誌がいう館中央部とは少し違うのですが、こちらが鎮守稲荷となります。

牧丘町誌がいうとおり、周囲の眺望がきき、東西は窪んでいます。小字は新井。図説山城探訪によるとこの稲荷社の南東側が屋敷のあった場所だと考えられています。

周辺の甲斐武田氏関係地:大村氏屋敷跡中牧城跡など

参考文献など:甲斐国志・牧丘町誌・天正壬午の乱/平山優・図説山城探訪第16集/宮坂武男など

<2011/12/14>