甲斐武田を探検っ!!

       大村氏屋敷(間瀬屋敷)

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

yn035

史跡・関係地名:大村氏屋敷(間瀬屋敷)

住所:山梨県山梨市牧丘町倉科

場所のわかりやすさ:×

駐車場:×

説明板:×

売店:×

地図:

 

関係人物:間瀬讃岐守・大村伊賀守・大村加賀守など

<大村党>倉科地区の土豪集団で、武田家統治時代は秩父地方に通じる雁坂道の守備を担っていた大村党。大村氏・間瀬氏らが中心になって構成されていたようです。彼等は他の土豪集団(武川衆・津金衆など有名ですね)同様に、党内でそれぞれ姻戚関係にあったと伝わっています。「天正壬午の乱/平山優」によると、武田家滅亡後の天正壬午の乱と呼ばれる旧武田領の徳川氏と北条氏さらに上杉氏との間の戦いでは、甲斐国内の多くの武士らは徳川方につきますが、大村党と甲斐奈神社(橋立明神)の大井氏らは北条方につきます。大村党は雁坂口からの北条軍侵攻を期待し、大野砦さらには中牧城(浄古寺城)に籠城しますが北条方になびく者はなく、徳川方の先方である穴山衆らにより壊滅しました。

 

<土塁が残る屋敷>屋敷跡の北西側には竹やぶがあり、その北端から西に向かい土塁が残されています。

 

 

 

甲斐国志によると、古跡部には「鈴ノ宮ト云処ニ縦百五十間横百間許四方ニ土塁アリ中ニ石地蔵一基ヲ安キ背ニ大村伊賀守墓ト刻メリ」とあります。同士庶部では間瀬讃岐の項に「世々大村氏ノ一族也讃岐男孫四郎壬午ノ時戦死幼子長七郎本村ニ蟄ス」「大村伊賀守ノ石碑モ此ニ在リ」とあります。

 

竹やぶの南側には何かの小さな建物の背が見えますが、何でしょうか?何かを祀ってある可能性が高いと勝手に思ったのですが、今回こちらに住まわれている方はお留守。確認は取れていません。

屋敷の西方には小さな沢があったようです。現在は整備されていますが、かつてはある程度の深さを持つ沢だったのでしょうか。

 

屋敷の竹やぶ横の道を挟んで東隣には間瀬氏の真新しい墓所があります。墓石をよく見ると最近南西の方向にある場所からこの地に移したと記されています。せっかくなので、屋敷の南西側にまわり、上で紹介した沢を渡り少し進むと、墓地を発見。

 

見晴らしのよい、晴れていると富士山も望める場所です。

北西方向から、遠めに見てみた大村氏屋敷跡。

<大村氏と間瀬氏>徳川勢、さらにはかつての仲間であった武田遺臣により、歴史から消えてしまった大村党。ただし完全に血脈が絶えたわけではなく、現在も御子孫の方がこの地に住んでいます。牧丘町誌によると武田信玄の時代、大村党主大村加賀守晴忠がいましたが、彼には男子がなかったので間瀬讃岐守鎮信の二男忠堯を養子として迎え、大村伊賀守忠行と名乗るようになります。その際、今まで住んでいた屋敷を間瀬氏に譲ったとされ、ソレが現在のこの場所であると伝わっています。なお伊賀守忠行の義弟には但馬守忠友がいたとも伝わり、加賀守晴忠・伊賀守忠行・但馬守忠とも天正壬午の乱では北条方につき、晴忠と忠友は大野砦で討死、忠行や同じく大村党の倉科左衛門尉信棟は中牧城で討死したと言われています。

大村党に関してはなかなか表に出てきませんが、筑前原塁と同様、やはり徳川に敵対した事が影響しているのでしょうか。

周辺の甲斐武田氏関係地:浄古寺城跡琵琶城など

参考文献など:甲斐国志・天正壬午の乱/平山優・日本城郭大系・牧丘町誌など

<2011/12/8>