甲斐武田を探検っ!!

       川浦口留番所

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

yn033

史跡・関係地名:川浦口留番所(復元)

住所:山梨県山梨市三富川浦

場所のわかりやすさ:○

駐車場:○

説明板:○

売店:×

地図:

関係人物:武田氏・徳川氏など

 

<復元ですが・・・>国道140号、雁坂道沿いに平成六年になって復元された、川浦口留番所。国道脇なのでわかりやすく、駐車場もあるので比較的行きやすいと思います。

武田家が滅亡し織田・豊臣支配が終わり、江戸時代になると全国の主な街道沿いには番所が設置されました。人やモノの動きを厳しく監視するようになります。しかしながら、川浦周辺、雁坂道の監視自体は戦国時代以前から行われていたようです。土豪などが雁坂峠・道を監視し、異常があれば烽火で躑躅ヶ崎へ・・・、という流れでしょうね。

実際に番所があった場所ではないのですが、雰囲気を味わうにはよろしいのではないでしょうか。敷地内には説明板も設置されています。建物内には精巧な人形が設置されており、驚きました(笑)

周辺の甲斐武田氏関係地:川浦温泉川浦口留番所跡など

参考文献など:甲斐国志など

<2006/9/7 2011/11/25リニューアル>