甲斐武田を探検っ!!

       竪石山東前寺

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

yn031

史跡・関係地名:竪石山東前寺 窪川氏菩提寺

住所:山梨県山梨市南

場所のわかりやすさ:△

駐車場:×

説明板:×

売店:×

地図:

関係人物:武田信虎・窪川雅楽助など

<南地区の東前寺>曹洞宗竪石山東前寺、山梨市南地区の公園といいますか広場の隅、野球のバックネット裏にひっそりあります。もちろん?無住のお寺さんです。普通にはおそらく気づかれないのではないのでしょうか。なお、遊具などもあるちびっ子広場?の隅にあるので、駐車場はありません。古い家が多いので道も狭め。地区のはずれに自動車を停め、徒歩でお邪魔しました。山梨市史によると、山号「堅石山」ではなく、正しくは「竪石山」。・・・お寺も「堅」となっていましたが。

 

<窪川氏と武田氏>東前寺は武田信虎の祖父信昌が眠る永昌院の末寺。山梨市史によると大永元年(1521)もしくは永正八年(1511)創建と伝わり、窪川雅楽助が同家菩提寺として、近くの地域にある名勝「差出の磯」に十王堂を創建したのが始まりだそうです。その窪川雅楽助ですがこのあたりを領していた土豪。信虎に仕えたと伝わります。雅楽助自身の情報は少ないのですが、同じ窪川氏で同じ地域だと思われる長吉は弘治二年(1556)などに信玄から感状をもらい、長篠で59歳で討死。その後長吉子孫の吉隆は武田家滅亡後徳川家に召しだされています。彼の子孫は後に帰農し代々名主をつとめたのだか。今現状でわかるのはここまで。また窪川氏の系図なども勉強しておきます。

個人的な感想ですが、地域の中に残るこういう逸話?好きです。謎めいてそれでいて地域の誇りになっていたり。実際の歴史とは違うのかも知れないのですが、何かしらの足跡がないと伝説などもできないのでは?と思うのですが、いかがでしょうか。

周辺の甲斐武田氏関係地:万力林大井俣窪八幡神社など

参考文献:山梨市誌など

<2010/5/14>