甲斐武田を探検っ!!

 

谷村城跡

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

 トップへはこちら→

tr007

都留市上谷にある谷村城跡。上の写真の石碑は小学校の敷地内に建っているのですが、もともと谷村城は小学校の隣の都留市市役所から、その反対側のちょっと奥まった場所にある(すみません、今回行けていません・・・)高尾神社を含む敷地だったそうです。すっかり市街地になっていまして、特に遺構などはないと思います。

天文元年(1532)火災により、中津森の館が焼失した小山田越中守信有(信茂祖父)はこの地に館を移し、さらに詰め城として勝山城をつくります。それ以後、小山田氏の本拠はこの地となります。また、天正十年(1582)武田氏滅亡の際「主家を裏切った者」などとして、織田信長の命により善光寺にて殺された小山田左兵衛尉信茂をもって郡内小山田氏は滅亡しますが、その後も郡内地方の中心として歴代統治者がここに住み、発展します。

・・・結構最近まで、岩殿城(大月市)が郡内の中心地だったと思っていました・・・

小学校の裏手にある山は勝山城跡。この二つの城を隔てているのは桂川。

市役所の前には秋元氏統治時代の谷村城・勝山城の案内板が建っており、ちょっと(いやかなりかな?)勉強になります!そうそう、今回車は市役所に駐車しました。

 <2007/5/20>