甲斐武田を探検っ!!

 

武田龍宝屋敷跡

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

kfn020

武田龍宝(龍芳とも)は武田信玄の次男ですよね!長男は義信、三男信之、四男勝頼、五男盛信・・・などとなっています。「信親」と名乗ったとも言われていますが、確実な史料でははっきり確定できないんだとか。よってこちらも「海野二郎信親」を「武田龍宝」に変更します。

さて、こちらの屋敷跡と呼ばれる場所、このあたりは聖道小路とよばれているそうです。近隣の方は「聖道さんの墓」などといって大切にされているそうです。いいですよね、そういう地域でのまとまり!

武田神社前の道を道なり進み、北方にむかうとあります。道が右側に曲がるところです。非常にわかりやすい場所にあります。案内板もあるので、ゼヒ武田神社とセットでどうぞ。

龍宝は幼少時に疱瘡で失明してしまいます。戦国を生き抜くどちらかというと、血も涙もなさそうなイメージ?の父信玄ですが自分の子供が関わるとかなり必死になり、彼の眼に再び光が戻るよう願文などを書いています。

ちなみに龍宝のお墓は、甲府市住吉にある入明寺にもあります。織田家侵攻をうけ、龍宝が自刃したお寺です。

<2006/8/11>