甲斐武田を探検っ!!

 

上原城跡

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

nn009

長野県は茅野市にある上原城跡です。諏訪頼重のお城として有名ですよね!

行き方ですが、諏訪氏菩提寺頼岳寺(諏訪頼忠以降の菩提寺)を目指していただいて、そこから看板に従いチョット細めの道をのぼって行くとつきます。

少し車を走らせると途中右手に石碑が。「上原城諏訪氏館跡」と書かれています!ここにはかつて諏訪氏の館がありましたが、天文十一年(1542)諏訪領主頼重が滅ぼされた後は、武田氏の諏訪郡代(この地域を統括する役)の館が置かれます。初代諏訪郡代は板垣駿河守信方。武田氏の信濃攻略の拠点として大変重要な場所となります。ちなみに信方が上田原にて討死した後を継いだ信方嫡子信憲は、信玄から「怠慢」を指摘され解任されてしまっています。この頃も仕事はサボれない世の中だったんですね(笑)また、小宮山昌友・吉田信生なども諏訪郡代を務めています。

この辺りは現在でも「板垣平」と呼ばれており、実際の地名も「板垣平」なんだそうです。

そのまま道なりに山をのぼっていくと上原城跡に到着!と言っても主郭部には歩いていかなければなりません。左のような場所を行くのですが、今回はカナリの強行軍で長野に入りましたので「パス」。また、行ってちゃんとみなければいけませんよね。ということで、またまた中途半端な「お城編」になってしまいました・・・

この辺り、上記の頼岳寺・そして諏訪頼重の供養塔のある頼重院などがあり、結構手軽に?歴史にふれることのできる場所となっていますよね。

 <2007/4/19>