甲斐武田を探検っ!!

 

四郎作古戦場

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

 ks024

甲州市大和町初鹿野(確か初鹿野伝右衛門と関係ある地名のような・・・また調べておきますね!)にある、四郎作(しろうつくり)古戦場です。景徳院にむかう途中、道沿い左側にあります。駐車場がないので車は道路わきに停めました。

この地の古戦場ということは、やはり武田氏滅亡に関わる戦場でして。

武田信玄の下で上野松井田城代などをつとめ活躍した小宮山丹後守虎高(昌友とも)の嫡子、小宮山内膳友晴は使番として、侍大将として前線で活躍していましたが、勝頼の側近跡部勝資・長坂長閑斎・秋山摂津守を批判、さらに郡内小山田氏の系統である小山田彦三郎と口論したことを理由に蟄居させられてしまいます。側近らの讒言があったといわれています。

その後、織田・徳川軍の甲斐侵攻の際、数多くの武田家臣が離反、逃亡します。しかし内膳友晴は「譜代の身でありながら、武田最後の戦いに加わらないのは末代のまでの恥辱」と蟄居元を離れ勝頼のもとに駆けつけます。勝頼は感激し、今までの行為を詫びたのだとか。そして、内膳友晴は最前線のこの地にごく僅かな人数で布陣、織田方の滝川軍と戦い討死します。

内膳友晴には又七郎(又七とも)・拈橋の弟がいました。拈橋は広厳院の僧でしたが、のちに徳川家康の命により景徳院を創立。又七郎は「甲斐国社記寺記」によると、主命により母と兄の妻を連れ落ち延び中小河原(現甲府市)に住み、その後僧となり逸見村山(現北杜市高根町)に移って、兄らの菩提をともらったのだとか。

土砂降りの雨のなか行ったのですが、到着した瞬間に雨があがり出発するとまた大雨・・・なにか不思議な体験でした。

 <2007/5/5>