甲斐武田を探検っ!!

 

真豊院

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

 ma003

南アルプス市古市場にある真豊院です。

北方には古長禅寺もあるこの地域は、大井氏の本拠とも言っていい地域。大井氏といえば、武田信虎と争ったり、そして和睦の際は信虎の正室として大井信達の娘が嫁いでいますよね。信虎の時代、国人衆最大手の一つでありました。

すっかりこじんまりと無住になっていますが、こちらの真豊院もその大井氏の関係あるお寺。

 

信虎と大きな争いを演じた国人衆の一人大井信達の父、大井信包の位牌があったのだそうです。ただ、火災により本堂などとともに焼失してしまったのだとか。甲斐国志によると、法名は徹翁乾透。

 

武田菱がなんらかの関連性を物語っているように思えます・・・

正直にいうと非常にわかりにくい場所にあります。普通車でお寺の前に乗りつけるのは不可能だと思います。学校の駐車場に駐車してのんびり民家の間の未舗装の道を歩いていきましょう。

 <2008/12/28>